2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2012年12月23日 (日)

2012/12/23 2馬力ボートフィッシング その104(35)スローピッチ&タイラバ釣行

天気:曇天 風:やや→強風 うねり:あり 潮:若潮

本日はうえじゅんさん、なおさんと一緒に釣行。

しかも今日は途中でうえじゅんさんと合流しうえじゅんさんの車に荷物を積んでの楽チン移動。

うえじゅんさんはカヤックで俺はボート。

現地ではばらばらにつります。

ワガママな私達にはぴったりの方法ですなw

道中結構距離があったのですがさすがに2人であーでもないこーでもないって話をしていると時間もあっという間です。

話の内容です?

そりゃーもうくだらん内容でここには書けない内容ですわw

さて、本日の場所は私はじめてなんでどきどき。

現地でなおさんと挨拶して偶然お会いしたAさんとも挨拶。

さて、早々に準備してれっつらごー。

ポイントらしき場所について釣り開始します。

魚探がないので水深は分かりませんが多分40mくらいかな?

しかしいくら巻いてもアタリがない。

やばい、このパターン。前々回に似てる(汗)

予感的中でこの後1時間以上粘りましたが1回の魚信もなく、場所移動を決意。

皆さんとは別の場所へちょいと移動をし、ジギングを開始。

今日はタチウオパターンなるものに挑戦すべくロングジグを用意してきました。

しかしコレが裏目にでます。。。。

なかなかつれないのでタイラバにしようかとロッドチェンジ。

タイラバも空振なのでローテでスローピッチ用の竿を取ったときに事件発生。

スロー用のリールにジギングロッドが引っかかりボートの外へ。

ゆっくり沈んでいくバイオマスターSW。。。。

━━ΣΣ( ̄ロ ̄lll)━━!!!!!!!!!!!!!!

No!!!!!!!!!!!!!!!

しばらく呆然。

(;;;´Д`)

コレが噂の奉納か。

ダメージでかすぎ。

その後海が荒れてきたし、釣れる気もしないし、傷心なので湾内に戻りタイラバ。

しかし相変わらずあたり無し。

なおさんが「爆釣の根」を探し当てたので読んでいただきましたが時すでに遅し。

行ったときには釣れません。

もはや都市伝説並みの「さっきまではつれていたのですが」を味わいます。

でもこのあとなおさんはがっつりでかいオオモンハタをゲットしてましたからはっきり腕の差ですねw

13時まで粘りましたが釣れたのはエンピツエソと沖エソの2魚種。

空のクーラーを引っさげて重い足取りで帰りましたとさ。

ちなみに家に着いたのはなんとなんとの20時すぎだぜ!!!

なおさん、うえじゅんさんおつかれさまっした!!

Aさん、またどこかで!

2012年12月17日 (月)

2012/12/17 2馬力ボートフィッシング その103(34)スローピッチ釣行 爆釣

天気:曇天 風:やや→やや強め うねり:小波 潮:中潮

前回の釣りが不完全燃焼であったためこっそりとまたまた隠密釣行。

実はこっそり行ってたの、うえじゅんさん、なおさん黙っててごめんw 人( ̄ω ̄;) スマヌ

益々住所不定無職疑惑を深める本日の釣行。

波は想像通りなく、風も普通。

期待マンマンでれっつらごー

相変わらず貧乏なため魚探がないので野生の勘でポイント選定w

多分ちょい深めが良いだろうと適当にスタート。

スローピッチではアタリがない。

ならばせっかくレクター使ってるんだしスローもワンピッチも試してみる事に。

するといきなりドン!!

Img_1246

すげー引くから「とうとう着たか!ヒラマサ!!」と思ったらなんのことはないハマチのスレw

ここから怒涛のハマチラッシュ

レクター 100g 【 Rector 】シーフロアコントロール 《 SEAFLOOR CONTROL 》スロージギング メタルジグ

価格:1,450円
(2012/12/26 14:37時点)
感想(2件)

レクターで底を切ってからワンピッチを数回かますとズン!!

Img_1247

スローには反応なし、ワンピッチや早い巻きにだけ反応するみたい。

あっという間にクーラー満タンw

お持ち帰りできるのは精々7匹かなってことでそれ以上はリリースする事に。

そうこうしていると回りで何かが跳ね始める。

「サゴシか!!」ってことでアムロレイばりのニュータイプ振り返りを行い、すかさずトップウォーターをキャスト。

Img_1249

ドン、ってお前もハマチかい!

この後ロングジグでシャクってもハマチ!

もしかすると何でも良いのか?とおもいここで釣りクセをつけようと一度も釣れたことがないインチクを試しますがコレにはかすりもしない(汗)

あれ?群が散ったのか?とおもい再びレクターでワンピッチ。

Img_1248

・・・・ハマチダブル。

レクター恐るべし(まあ、ロングジグでもつれてるんですけどねw)

その後「いつかはワラサ」「いつかはヒラマサ」を夢見て釣り続ける俺。

釣り上げては口元をチェック

「違う!こいつはハマチ」

「違う!真四角ぢゃねーか」

「違う!顔がもうなんかハマチ」

なんだかんだで30匹以上釣りましたが全てハマチでした(汗)

あまりにもつりすぎて腕パンパン、少し手の筋がおかしくなりましたw

しかし隠密なんで誰にもこの釣果を自慢できず、、、、

でもここでブログに書いてしまう俺がかわいい今日この頃でした。

12時に納竿しました~

こんな贅沢なつりはしばらく出来ないだろうなぁ~

2012年12月14日 (金)

2012/12/14 2馬力ボートフィッシング その102(33)タイラバ&スローピッチ釣行

天気:晴れ 風:微風→凪 うねり:なし 潮:大潮

土曜日は天気が崩れそう。

でも釣りに行きたい病に悩まされている私は金曜に行きます。

うえじゅんさんからの痛烈なうらやましいビームを浴びながらもなおさんと2人で出航。

前回は美味しい思いをしたので今日はいっちょタイラバではなくスローピッチで勝負です。

天気予報通りの海況で、風は微風で程よく流されながらのつりとなりました。

おっと、ここで気が付いてしまいましたが、今日は私の苦手な大潮。

嫌な予感が的中し、しゃくれどしゃくれどアタリがない。。。

「スローピッチがいけないの?」と思い、タイラバに変えてみますがこちらもアタリがない。

ここであきらめちゃいかんってことでひたすら巻きまくり。

巻き巻き巻き巻き

巻き巻き

・・・

ガガガガガーー!!!ビビビン!!!

とようやくアタリがありました。

じっくり待ってからあわせてヒキを堪能。

しかし鯛特有の突っ込むような三段引きやドラグが出て行かないことから違う魚と確信。

Img_1241

アオハタ 35cm

よし、とりあえずボウズ回避。

しかしその後はアタリがない。

なおさんも苦戦してるみたい。

どうせ駄目ならってことでいつもは行かないポイントへ大移動をしてみる事に!

コレが裏目w

巻けども巻けどもあたり無し。

その後こんなのや

Img_1242

こんなのは釣れてくれました。

Img_1243

この巨サバフグはそれはそれはよいヒキを見せてくれましたよ(涙)

あーあ、つまらーーーん。

そんな中なおさんはというと

Img_1245

ええ感じで竿がしなっておりました。

この人はしっかりとチャンスをものにするなあ~すげー。

さて、最後まで頑張りましたが完全に風は止み、まったく流されず苦戦。

特になんのドラマもネタもなく(悲)

手の平チャリコを釣りますが勇気あるリリースを行い、

レギュラーサイズのホウボウをゲットしてお昼に納竿としました。

この時期に浮けるだけでも贅沢なんだろうけど正直不完全燃焼です。

やっぱ大潮苦手ですw

2012年12月 7日 (金)

2012/12/07 2馬力ボートフィッシング その101(32)タイラバ釣行 五目達成

天気:くもり 風:強風→やや→強風 うねり:風波 潮:小潮

寒い!

先日は雪もつもったし、すっかり寒くなりましたね。

こんなに寒くなる事が想像できていたので寒くなる前に・・・と先週金曜に行ってきました。

今回はタイラバメインです。

タイラバで満足したら先週爆釣したジグを試してみようと思ってます。

さて今回のミッションですが前回家族で好評だった「アクアパッツア」用のフライパンサイズの真鯛をゲットすること!!(少しハードル低い??)

キャッチ&イートの私としてはビッグな魚もうれしいですが美味しい魚の方がうれしい。

出艇早々にナブラ。

ついジグを投げてみますがキャスティングロッドは持って来ていないので手前にポチャン。。。もちろん釣れるわけないので諦めて沖へ

しかし沖へ出てみたら爆風。

みるみる艇が流されていきます。

でもこれくらい流された方がタイラバにはいいとおもいます。

早速タイラバを試してみますがあたりはなし。

しばらく試していると時々じゃれてくるアタリはあるものの乗らず。

フグ?かとおもってネクタイをチェックするも無事。

どうやら水温の低下でフグはいなくなった模様で一安心。

その分アタリが少ないのかな?

我慢して巻き巻きしているとアタリ!

まずまずの重量感、鯛と間違えるようなゴンゴンというあたり、でもドラグはでない。

あーあいつねってなんとなくわかっちゃいました。

Img_1231_2

ビッグホウボウ、見事に太いぜ。

刺身で美味しいのでもちキープ。

しかしアクアパッツアとしてはどーだろ??やっぱ真鯛でしょ。

その後もう1匹同型のホウボウをゲットします。

再びタイラバ投下、今度はネクタイの色をチェンジ。

派手なオレンジから地味なオキアミカラーをチョイス。

少しオリジナルのスカートを使用してます。内容は内緒w

風が強くなってきて波も出てきた、そんな中頑張る俺。

風が冷たくてとにかく手が痛い!!

一旦撤収しようかどうか悩むくらいになってきた。

どうしようかな??って思うと風が弱まる。

チャンスとばかりにタイラバを投下。

するとおとなしいアタリから竿先が一気にもって行かれた!!!

ゴンゴンゴンというあたり、ドラグも出て行く。

コレはなに?大きい真鯛か!?

フライパンに入るかなぁ~なんてのんきな事を考えながら魚とのやり取りを楽しみます。

ドラグ出る、巻く、巻けない、ドラグ出る、巻く、巻く・・・あー楽しい。

散々やり取りを楽しんでようやく魚体が見えてきた。

あれ?何か。。。鯛じゃないっす(汗)

Img_1232

丸々と太ったはまち(メジロにはがっつり届かない、45cm。。。ちっ)

この海でハマチを釣ったのは初めてか?うれしいなぁ。まだいるかな?とタイラバやジグを落としますがあたり無し。

ハマチって群れで行動するんじゃなかったっけ??

はぐれハマチ?そんなことあるの?群が散ってしまったのかな?

まあいいや、気を取り直してアクアパッツァを・・・いや真鯛を狙います。

今度はネクタイをグローにして見ます。

するとすぐにアタリ。

今度はひったくるようなアタリでした。いきなり竿がもっていかれたのでビックリ。

今度こそ真鯛?でも引きがなんかおかしい。

ドラグがガンガン出て行く。ヨコに逃げるのも真鯛とは違う動き。

数分のやり取りの後ようやく海面にその正体が・・・

さっきと同じハマチ?でもなんか違う、えーっとパタパタしてる。ん?パタパタ??

Img_1235

ソーダカツオでしたw(40cm)

マルソーダではなくヒラソーダなので刺身などでおいしくいただけます!

※マルソーダの場合は生でいただくとおなか痛くなる可能性ありだってさ

うれしい外道だ!新鮮な刺身はあのカツオをもしのぐとか?本当に?真偽の程は分かりませんが美味しくいただこう。

でもアクアパッツアには向かない魚ばかりw

今は海が穏やかなので良いがまた荒れてきたら撤収しようと思ってます。

まったく凪の状態になったのでタイラバで苦戦。ちょっとスローピッチに浮気してみましたが一度だけアタリがあったもののばらしてしまいました。

今日はタイラバに分があるようです。

そうこうしていたら少し風が出てきました。

良い感じで艇が流されているので「なんかつれそう」と思っていたらアタリ

今度こそ真鯛か!!と思ったらまったく引かない。

Img_1236

アオハタ40cm、白身なんで最悪こいつでアクアパッツァいこうかな。

いや、やっぱ真鯛だ!諦めんぞ~

そうこうしていたら段々と波、風が強くなってきました。

Img_1238

やばい、波しぶきが艇にあたるようになってきた。

くそー時間ないなぁ。

真鯛真鯛真鯛真鯛。一生懸命タイラバを巻く。

すると待望のアタリ!!

ゴンゴンゴン!

ををを!!これはまさに鯛じゃないの??

そんな思い通りになることってあるの?

まさかぁ

そんな

うまい事が

あるわけが

Img_1237

あった!!

うれしいフライパンサイズ35cm(それって釣り師としては微妙??)

しかも五目達成!

アクアパッツァ達成!

最近の俺はなんかついてるぞ。

ここで海も荒れてきたし、時間はやいけど撤収します。

Img_1240

ばばーーん、本日の釣果。

ホウボウ45cm 2匹

ハマチ45cm 1匹

ソーダカツオ 40cm 1匹

アオハタ 35cm 1匹

真鯛 35cm 1匹

えー、なかなかサイズがミドルサイズでまとまってますがw

まあその辺りは釣り師が俺なんで許してくださいw

さて、狙い通り魚が釣れたし、なんかこの海にも青物がいるってわかったし、今日はなかなか収穫が大きかったぞ!

さあ次は何を狙おうかな!!

雪が降ったんで水温が低下しているはずなんで

次は水温が落ち着いたくらいの頃に釣りに行きたいと思います。

ではでは!皆さん寒い季節ですががんばっていきましょー!!

2012年12月 3日 (月)

2012/12/03 2馬力ボートフィッシング その100(31)スローピッチ釣行

天気:晴れ 風:微風→やや うねり:なし 潮:中潮

記念すべき100回目の釣行は私の好きな某所で行いたくて、

波風なく絶好のコンディションを選んで釣行してきました。

さて、本日は試してみたいジグがあります。

レクター 100g グロー 【 Rector 】シーフロアコントロール 《 SEAFLOOR CONTROL 》スロージギング メタルジグ

価格:1,550円
(2012/12/4 09:32時点)
感想(1件)

雑誌で読んできになっていたジグです。佐藤印のシーフロアコントロールさんから出ているジグでスローピッチ用のジグなんですが青物をターゲットとしていてスローピッチだけでなく違うジギングにも使用できそうだったんで購入。

早速試してみたらコレがまた驚きでした。

Img_1205

入れ食いwメチャ楽しい!!

どんだけアピール力あるんだって感じですw

でも見ていただいて分かるようにドレもサイズがイマイチ。

アタリは多発しますがドレもリリースサイズ。

Img_1211

コイツはフォール中に喰ってきました。

レンコダイ (中) うーーん、でも干物に良いかなって事でキープ。

ようやくクーラーにおさまる魚ができてほっとします。

その後ジグカラーをチェンジしてみますがこれまたアタリが続きます。

こいつもフォールで食ってきましたが、あわせを入れるとメチャ重い!!

それになかなかのファイターです。

ときどき突っ込むので待望の青物??かとおもいましたが。。。。

Img_1212

クロソイ(40cm)

ナイスサイズ、よー引くわけだw

青物ではなかったけど散々引きを楽しませていただきました。

その後はコイツラが入れ食い

Img_1215_01

干物がたくさんできるなぁ~

しかしこの海にはよく来るけどいままであまり釣れたことない魚ばかりが釣れる。

ジグ1つでこうも変わるものかとちょっと驚き。

クーラーも大分にぎやかになってきたのでそろろそ別の奴が欲しいので狙いを変えてみます。

スローピッチをやめて底もの、それも「ヒラメ」にターゲットを絞ることにします。

その方法ですが雑誌でジグヒラメの特集をしてましたのでそれをまねて誘ってみます。

するとこれまた面白いようにヒット!!

なにがヒットしたかというと。。。

Img_1218

巨エソを含む、エソの4連発。

つれるのはいいけどエソはなぁ。。。。

もちろんALLリリースしてなんとか別の獲物をゲットしたい。

渾身のシャクリ!!

Img_1219

別すぎる。。。喰うところがない(涙)

3年後には2mくらいになってくれと期待してリリース。

その後こんなかわいいサイズしかつれず

Img_1216

うーーん、どうやらアピールがあるのは良いが小さいのまでつれてしまうのかな??

このあたりで大分腕が疲れてきていましたが「きっともうすぐでかい奴が食ってくるはず」と期待してシャクリ倒します!!!

おるぁぁぁぁ~ぁ~ぁ~ぁ~ぁ~

おるぁぁぁ~ぁ~ぁ~

おるぁ~ぁ~

Img_1217

魚じゃねーし、万能ジグ?そんな説明はなかったかとw

でもこれだけ忙しい釣りはほんと久しぶり。

でかい奴や青物はつれてませんがもう腕が痺れてきたいので12時に納竿としました。

Img_1222

本日の釣果:

レンコダイ(23~35cm) 5匹

クロソイ(40cm) 1匹

スミイカ 1杯

エソ 多数(ALLリリース)

キジハタ(25cm前後 ALLリリース)

カワハギ(極小 もちリリース) 

よくわかんない魚 1匹(当たり前だぜ、リリース)

とっても楽しい釣行でした。

それ以上によいジグが手に入ったことがうれしい。

次回こいつで是非青物を釣りたい!!

2012年11月29日 (木)

2012/11/29 2馬力ボートフィッシング その99(30)タイラバ釣行

天気:晴れ 風:微風 うねり:なし 潮:大潮

ぽっぽさんからメールで好釣果の報告があり、その画像には鯛がいっぱい!!

いてもたってもいられなくなっちゃいました。

本日は単独釣行。

本日はジグをすててタイラバに集中します。

天気は絶好。

微風で絶妙に流されます。

タイラバにこれ以上ないというくらいのコンディション。

どきどきの第一投下でさっそくあたりがあり、じっくりとまってあわせを入れると・・・・・

PEから切れてました(涙)

どうやらどこか痛んでいて切れやすい状況だったところにあわせを入れて切れたみたい。。

ビンビン玉のロストも痛いけど何よりアタリがあってすごく鯛っぽかったんだけどなぁってことが悔やまれます。

その後ボート上でもう一度システムから組みなおし、時間ロスしてようやく投下。

あたりが頻発しますがのせられません。

大分流されたのか海が深く暖かくなってくるとサバフグが増えるみたい。

もう一度最初のポイントまで戻り投下しなおします。

何度か惜しいアタリを逃して焦っているところにようやくヒット!!!

適度に出されるドラグ、叩かれる竿、ちょっと乱暴なこのあたり。

「コレは鯛だろ!」って確信しました。

引きを楽しみつつ、糸フケださないようテンションを意識して巻き続けてネットイン!

Img_1196

キレイな真鯛(36cm)

なんとなくこの場所のレギュラーサイズとなりつつありますね。もう少し大きい奴いないかな??

その後あたりがあってもドラグがでないけど、とても重かったボッグホウボウちゃん(45cm)

Img_1198

取れないアタリが多いのですが楽しい。

そしてようやくものにしたアタリの正体はこいつでした。

Img_1199

これまたキレイな真鯛38cm、うーーん贅沢ですが50くらいのが欲しいなぁ

Img_1200_2

その後30cmくらいの痩せたホウボウを追加、でもコイツはリリース。

もっと太ってから帰って来い!

しばらくしたら海が穏やかになっちゃいました。

風で流されないので辛い。

Img_1201

キャストしてもつれるのはサバフグのみ。

粘ってもつれそうにないので11時頃に納竿としました。

Img_1202

ちょっと真鯛は物足りないサイズですが釣行自体はアタリが多くて楽しめました。

タイラバを満喫できたよい釣りでした。

2012年11月25日 (日)

2012/11/25 2馬力ボートフィッシング その98(29)青物を求めて

天気:晴れ 風:微風 うねり:なし 潮:中潮

久しぶりにうえじゅんさん、8さんと一緒に釣りに行く事になりました。

この時期なのに珍しく釣り日和

ささっと準備して出航!

前回の釣果から爆釣を予感してうえじゅんさん、8さんの期待MAXの状態に誘導。

わははははは、釣るがよいぞ、皆の衆!!!

・・・・・・・・・

・・・・・

・・

絶好の釣り日和

穏やかな海

澄み渡る空

雄大な海

・・

穏やかな竿先

焦りまくる俺

雄大なクーラーのスペース

おかしい、まったく厳しすぎるぢゃん

ハマチ祭りどころか魚全部がどっかにいっちゃいました?

そんな厳しい状況でスローピッチでシャクっているとようやく魚信!

ゴンゴンと時折よいヒキを見せてくれる。

コレは青物の引きだと確信してにんまり ( ̄ー ̄)ニヤリ

しかし途中で痛恨のフックアウト。

逃がした獲物は大きかった、、、、かな?

その後もジグで早巻きをしてみたり、ワンピッチしてみたり、色々探るけどなーーーんも反応なしで疲れただけw

一休みにタイラバするもこちらもジャレてくれただけでフックには至らず。

あーあ、厳しいなぁ。

やっぱりこういうときはスローピッチに頼ってしまいます。

エバーグリーン(EVERGREEN) オーシャンフリート カプリス
エバーグリーン(EVERGREEN) オーシャンフリート カプリス

私はピンクグローを使ってます。

コレがまた暗闇で怪しく光ってくれますw

これが功を奏したのか久しぶりに魚がじゃれてくれたのでうれしい・・・・けど。。。。あれ?

なんかあんまし引かないぞ??

水深100m以上の深さでやっていたので腕が疲れて疲れて。。。。

Img_1189

やっぱり君かね。

見事35cmくらいのカサゴ、刺身でうまそう!

しかしこういう厳しい状況でもしっかり魚をゲットできるのはこのジグのグローが聴いたのかな??

最近好調のこのジグは根魚に好調です。

さて、根魚はもうよいので青物を釣りたい。

なんとかならないかとスローピッチでもジグをチェンジ

アングラーズリパブリック ゼッツ スローブラットS
アングラーズリパブリック ゼッツ スローブラットS

私はこいつのタイプが違う奴を使ってますけどね、ナックルで落ちるタイプではなくてシーソーのようにフラフラ落ちるタイプ。

100gで十分・・・・っていうか私のロッドではソレくらいが一番扱いやすいです。

こいつなら青物にも効果的のはずとおもったのですがこれまたあたり無し。

うえじゅんさんがスロージグの早巻きで大物をゲットしていますので私もして見ます。

すると・・・

Img_1195

すんなり50cmのハマチ君ゲット

えー!!!スローピッチ用のジグで早巻きって。。。うえじゅんさんとなんとかこの釣法を命名しようとしますが、、、、なーんもおもろい名前がでてこない。(そりゃそーだ)

こんな釣法がもちろん長続きするわけもなくその後は音信不通w

8さんも苦戦してるみたい。

このジグでまともなスルーピッチしていたらなんか引かないけど重い。

ん?釣れてる???ってな感じで巻き上げてみたら

Img_1193

40cm、見事なレンコダイ

でもコレが最後でした。

このあとしゃくりまくりましたがまったくあたりもジャレもなし。

厳しい釣行でしたが8さん、うえじゅんさんと会話しながらの釣りは楽しかった。

こういう厳しいときに仲間がいると楽しくつれますね

釣果:

カサゴ:35cm 1匹

ハマチ:50cm 1匹

レンコダイ:40cm 1匹

厳しいながら1家族分のお土産がしっかり確保できたのは成長の証?

冬になり、天気が厳しくなるのでしばらくこの海は浮けないかもしれないなぁ~

でものんびりしっかり楽しく釣りが出来たんで満足です。

帰りに事故渋滞に巻き込まれてALL下道で帰宅したのですがなんとなんとの自宅到着20時でした。

あー、疲れた~

2012年11月22日 (木)

2012/11/22 2馬力ボートフィッシング その97(28)スローピッチで青物狙い&イカ

天気:くもり 風:やや風→強い うねり:小うねり 潮:小潮

天気予報を見るとなんと某所がうけそうな雰囲気。

先日なおさんと隠密釣行しに某所へこっそりと行きましたが、うねりが強すぎて浮かべず断念しています。

だから今回も断念が予想されるのでこっそり単独釣行。(なおさんごめりんこ)

現地到着は5時30分、某所の出艇場所をチェックするとまったく問題なし!

まだ外が真っ暗なので夜明け近くまで再び仮眠、眠気も取れて元気よく準備して出航!!

まずは冷蔵庫のストックがすくなくなってきたので久しぶりにティップランでアオリイカ狙い。

水深は適当に深めからスタート、魚探ないからw

でもどーせ浅い所にはいないだろうしね。

しかし小さいうねりが残っていてティップであたりが取りにくい。

しかもくもり&風波で水面のPEが見えず着底がわからない。

こんなにもエギングがしにくい状況は今年初めてかも??

何度かトライしているうちに明らかなあたり!!

ドラグがジージーでて気持ちよい重量感、まちがいなく大きいっすw

Img_1186

胴長30cm超えのアオリイカ!!

キロUPは間違いないだろうなぁ~

その後何度もトライしますがやはり小うねりでアタリがわからないので諦めて青物を狙う事にします。

場所をもう少し深い所に移動してと・・・・やっぱ魚探がないんで水深がわかんない。

PEで計測したところ。。。。流されて斜めになっていることも考慮して、たぶん50mくらいかな。

スローピッチから始めますがあたりがない。

ではとジグを細長いタイプにチェンジ。

コレはなおさん情報で以前この場所での実績ジグ。

ワンピッチや高速巻きを繰り返してみますが、これも空振。

うーーん、青物への道は遠いなぁ

腕が疲れたので再びスローピッチに変えて探っていたらアタリがありました。

「そんなに引かないしカサゴかな?」

何ておもっていたら・・・

Img_1187

OH!!つれてーら!

40cmくらいのツバス/ハマチ!

でも久しぶりの青物に喜色満面

よーし2匹目を狙うぜ~っとシャクリ倒しますがその後アタリ無し。

うーーん、ツバスハマチが単独でいるとは思えないんだけどなぁ

群がちいさいのかな??

諦めて場所を移動。

今年の5月の実績ポイントへ移動。

まずはスローピッチから始めますが空振、アタリがないのでジグチェンジしようと早巻きで回収していたらいきなりバイト!!

Img_1188

やったー、これまた40cmくらいのツバス/ハマチですがうれしい!!

このポイントがアタリだったようでジグに関係なくツバス/ハマチがポンポンつれます。

3匹追加(内1匹はナチュラルリリース)したところでうねりが厳しくなってきました。

我が家的にはツバスハマチだろうが4匹もいれば十分だし、無理する必要もないので出艇場所近くへ戻ります。

しかしここもうねりが厳しくなってるし、風も強い。

深い場所は無理っぽいし、ツバス/ハマチはもう満足したんでお土産的にはもう2杯くらいアオリイカがほしい。

ってことでティップランを開始します。

しかしこのうねり、アタリが取れない中、適当にあわせていたらアオリイカ1匹追加w

その後粘りますがとてもティップランができる状況でもないし、ジギングも無理そうなので

AM10時20分、早めの撤収となりました。

本日の釣果

ツバス/ハマチ(40~50cm) 5匹

アオリイカ(胴長25、30cm) 2杯

ツバス/ハマチはうねりさえなければ祭り状態だったのですが残念。

でも無理しても楽しくないし、今回でも十分引きを堪能できたのでよしとします。

さて、次は何を狙いましょうね~

 

2012年11月13日 (火)

2012/11/13 2馬力ボートフィッシング その96(27)タイラバ釣行_仕留めたり!

天気:晴れ 風:やや風→凪 うねり:なし 潮:大潮

平日釣行第三弾。

苦手な大潮。

風はあって程よく流されるので広く探れるのでこれは◎

青物を狙いたいのでまずはポイントの開拓に向かいます。

ぽっぽさんから海図を見せていただいていたので「大体このアタリがあやしい」とアタリをつけて釣り開始。

まずはスロジギ、細長いジグで青物を探りますがあたりすらなく時間だけが過ぎていきます。

タイラバもやってみますがこれもあたりなし。

海底の起伏はあるものの魚の実績が相変わらずなし。

うーーん、難しい。

まだ開拓2回目なのでしばらくは調査を継続してみます。

さて、この場所では釣れないと見切りをつけていつもの鯛ポイントへ大移動。

完全にぶっ壊れた魚探はありませんので今日も適当にポイントを決めてタイラバ開始。

心配していたサバフグはどうやらいない模様。

前々日の雨で水温が下がったのがよかったのかな??

でもサバフグもいなければ魚もいない。

アタリがないけどネクタイは無事にもどってくるので魚のあたりに集中できるのは大きいです。

時々ネクタイや針にカツンとアタックしてくるアタリが出始めます。

(私的にはなんとなくコレが前アタリだと思ってます)

いつもより少し多めに巻いて大きく落としてみます。

すると読みどおりアタリがあり、しっかりと食い込ませてバタバタした竿先がグッっともっていかれて落ち着いた頃にあわせを入れてしっかりと乗せす。

竿を叩くこのあたり、まずまずの重量感と時々出て行くドラグ。間違いなく真鯛ですわw

しっかりとやり取りを堪能してネットイン

Img_1172

キレイな40cmの真鯛

食べ頃サイズに満足

この海域はほんと真鯛の魚影は濃いので冬の主戦場としては戦い甲斐がありますわ~。

さて、このあとアタリがよく出ますがなかなかアタリを乗せられません。

ここでネクタイの色を変えたり、巻く速度を変えたり、あれこれ試していると明確なアタリ。

しっかり食い込ませて再びあわせを入れると「ズン!!」となかなかの重量感。

俺:「これはさっきの奴よりでかい!」

って瞬時に分かりましたので慎重にやり取りを開始。

とにかくイトフケを出さないよう常に糸が張ってる状態を維持しつつ、ドラグを緩めて針がノされるのを回避。

ジージーだされるドラグですが根が荒いわけでもないので出されるだけ出させてやります。

少し巻いては出され少し巻いては出されを繰り返してましたがしばらくすると巻く量の方が多くなってきて徐々に浮かせることに成功。

そして海面に浮いてきた魚を見てちょっとビックリ

Img_1173

で、でかいやんか(汗)

俺の規格外なんですけど

Img_1175

唇にしっかり針がかかってる。

これならよほどのことがない限りとれないんですよね。

〆ても〆ても骨が固すぎてなかなかしまってくれかなった。

なんとか血ヌキだけでもして後は手探りで〆をおこないます。

Img_1176

クーラーに入らないw

うれしい悲鳴ですがなんとか頭を下にしてペットボトル氷を入れ替えてなんとかIN。

40cmの真鯛が小さく見えるのがなんか不思議

時間はまだAM10時。

でもなんだか満足w

その後またもや元祖チャリコを釣り上げるもお持ち帰りできるような魚は釣れず。

Img_1177

サバフグも出始めたので12時ジャストに納竿としました。

家で計測。

Img_1180

娘:「はい、69cm」

俺:「こ、こら。シッポもピンピンに伸ばすの!ほら71cmぢゃん」

娘:「ちがうじゃん、ピンピンに伸ばすのは反則じゃん、はいおまけで69.9cm」

俺:「反則ちゃうって、それが普通なの。69cmと70cmでは雲泥の差なんだよ!はい、71cm」

と散々娘と議論した結果

かみさん:「中間の70cmでいいぢゃん」

ってことで話がまとまりました(ほんとかよ)

とりあえず初の70cm超え。

ビックな魚は私のキャラに合わないのですがwやっぱり釣れるとうれしいですね。

刺身には向かなさそうなのでとりあえず煮物、焼き物にしようかと思いますが

兜割りして煮付けるのと

身をパイシートで包んでホワイトソースをかけて食べることにしようかと考えてます。

さて、冷蔵庫は魚でいっぱいになりましたがいけるチャンスがあるうちにもう一回行きたいですね。

次こそは青物を釣りたいな。

ま、贅沢かw

2012年11月12日 (月)

ボート釣りで気をつけてほしいこと【あたりまえ編】

皆さんこんにちわ

先日の釣行で地元の漁師のおじちゃんが話しかけてくれました。

非常に気のよいおじちゃんで地元でもかなり有名な方みたい。

そのときに非常にためになるお話を聞かせていただいたのでブログを通じて皆様にしっていただこうとペンを取りました。

ここで書く事は非常に当たり前のことであり、「しっとるわい!」との突っ込みもあるかと思いますがまあそのアタリは皆様の深い懐でしっかりと受け止めてください。

さて、その漁師さん、現役バリバリで毎日船で漁にでている用ですが以下のことだけは「まもってくれよ」と念を押されました。

①航路には絶対船を止めるなよ

 → 意外と多いのがこれ、船の航路って目印があるところも場所によってはありますが基本はありません。ポイント決めてボート停めてやたらと船が来るなぁなんて場所は暗黙の航路の可能性が高いです。

タダでさえ漁船から我々の小さなボートは見えにくいので航路付近(周辺)からは自ら避けて移動しましょう!!

②漁礁は暗黙の了解で漁師間で縄張りがあるからな

 → まえまえから気が付いていたことではありましたが改めて確認が出来ました。

おじさん曰く、「漁礁にはお金を払っていて、それぞれの船に縄張りがある」とのこと。

全ての海でそうなのかは、わかりません。でもお金を払ってる縄張りに我々が浮かんで釣りをしていたらそりゃ怒られますよね。お金が絡んでなくても漁師間には縄張りがあることは事実です。

「知りませんでした」は通用しません。

漁礁での釣りはよほど地元に精通している以外辞めるべきですね。

非常に当たり前の2つですが守れてない人多いかと思います。

また知らない人もいたのではないでしょうか?

改めてきをつけましょ!!

あと私の持論なので聞き流してもらってよいのですが・・・

「スロープは有料の場所以外使えない使わない」

もう以前のように「無料のスロープ」なんでものはないと思った方が良いと思います。

ここ近年で情勢は著しく変わりました。

今まではよかったのに。。。ってのはもう通用しないみたい。

だからもう一度皆さん確認してみてください。

以上、皆さんこれらを守って「安全」に「楽しく」ボート釣りをしましょうね。よろしく!!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー