2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月13日 (日)

2012/5/13 2馬力ボートフィッシング その84(15)にぎやかな海

天気:晴れ 風:微風→10時頃より強 うねり:なし 潮:小潮

5月中旬。

私でも手軽にハマチクラスの魚をジグで楽しめるよい季節です。

釣り人の中には「簡単に釣れてつまんねー」とか「なんだよハマチかよ」なんていうんですが・・・

私には楽しいヒキを堪能させてくれるよいターゲットです。

大物が釣れない僻み?そうかもしれませんね。

以前は私の料理の腕のなさから「肉もどき」なんて敬遠されておりましたハマチたちも今ではすっかり家族の人気者。

相変わらず肉代わりに「バンバンジー」などに変化してますけどねw

さて、今週もその楽しい釣りを堪能したく海へ。

まだ薄暗い中ボートを準備していざ海へ!

本日はなおさん、アナログさんご夫婦と同じ海です。

皆様にはいつも色々と教えていただいて本当に感謝!!!

さて、このところ水深の浅い場所が好調のようなのでそこから流してみる事に。

ジグはスローブラッドの100g

ファーストヒットはなおさんとお話しながらスローピッチやっていたらいつのまにか釣れてましたw

Img_0856

本命の40cmくらいのハマチ?ツバス?ですが・・・

見ての通りイルカに噛まれた後がくっきりだったのでリリース。

その後ハマチが退屈しない程度にポツリポツリと釣れてくれます。

Img_0857

Img_0858

いつかワラサクラスが釣れてくれるだろうと釣り続けますが

なかなかサイズUPしてくれません。

小さいツバスをリリースしたりしながらクーラーに3匹のハマチをキープしてとりあえずお土産確保、一安心。

時間はまだ7時前。

ここでなおさんと一旦深い場所へ真鯛狙いに向かいます・・・が・・・・なんかしっくりこない。

あ、俺、もう少しハマチ釣りたいんだって気が付いて単身もう一度浅場へw

すると目の前に久しぶりのハマチナブラが!!

ワクワクで軽めのジグをキャストしてみますがなかなか釣れない。

こういうときってなぜかムキになりませんか?

なかなか大きいナブラのため一旦沈んでもすぐに別の場所でナブラ

追いかけてキャスト!キャスト!キャスト!

10秒ほどカウントして高速巻き!

ガツン!と来て横の引きを堪能

Img_0859

やっぱきもちいいーーー ( ̄▽ ̄)v

ジグはご存知「堤防ジグ」

ボートからでも「堤防ジグ」

サゴシにも人気の「堤防ジグ」

ちなみにボート釣りで使っているのは多分仲間の中では私くらいです(汗)

その後もナブラハマチを堪能。

よい機会なので今度は堤防ジグではなくこいつを使ってみる。

Img_0861

スリムロングなMMジグ80g

底まで早く落ちて巻き心地がよいのでお気に入り。

目の辺りに針がくるようにセットして

うえじゅんさんに教えていただいた「なんちゃってジャーク」を繰り返していたらゴン!!

45cmくらいのハマチ

今まで試した事がなかったジグでも釣れるので楽しいっす。

ハマチ、ハマチ、ハマチ、ハマチ

すっかりハマチ釣りを堪能したので今度こそ真鯛狙いにバビューーーーンと遠征。

遠い遠いポイントに着いた頃になぜだか風が強く吹き始めます。

とりあえず釣りを始めますが潮と風が同調して60gのタイラバではすぐに真横になってしまいます。

しかもうねりも出始めてつりにくい。

そして風が冷たくて・・・本日は暑いと予想していたため比較的薄い防寒着だったため寒い。

寒さに震えながら流してみるもタイラバにはあたりがありません。

最近タイラバ釣れないなぁ。

その後風と寒さに耐えながら頑張ったのですがタイラバでつれたのはコイツだけ

Img_0862

25cmくらいのカサゴ。

リリースしても浮き袋がパンパンでもぐれないみたい。

美味しくいただく事にします。

寒さに負けてなおさんにギブアップ宣言

11時に納竿といたしました。

本日の釣果:

ツバス~ハマチ(最大50cm) キープ10匹

(リリース少々)

カサゴ 25cm 

本日も楽しい釣りができました!

大物には今日も会えなかった。

俺には縁がないらしいw

ま、どーせ狙っても釣れないから関係ないやw

2012年5月 5日 (土)

2012/5/5 2馬力ボートフィッシング その83(14)GW釣行 第三弾 午後からタンデム

GW釣行後半戦は、5月3日、4日と家族サービスを行いましたので5月5日に釣行を企てていましたが天気が駄目っぽい。

最終日の6日にかけてましたが5日の朝の時点で6日は雨だの風だので浮くのは無理そう。

AM9:30分一緒に浮く予定だったうえじゅんさんにメールで「明日だめだね」って連絡するとしばらくして着信。

うえじゅん:「ふなさん、午後から天気よくなるみたいだし今から浮こうかとおもうのですがどうです?」

あー、なるほど、今から?新しいね~ってことでかみさんに話すと快諾。

むしろ「明日駄目みたいなんだけど・・・」って言葉だけで

かみさん:「ってことはもしかして今から浮くって?」と先読みされてましたw

さすがわが愛妻。

うえじゅんさんにOKの電話を入れると時間短縮のためタンデムを提案していただきました。

これはありがたいってことでボート用具を積み込まずに楽チンで現地へ向かいます。

途中GW渋滞にあいながらもなんとか回避して現地に到着したのはPM1時

途中なおさん合流の連絡もあり、釣りバカ3人が揃う事にw

みんな好きだね~

さあ、夕方までの短期決戦!!

早々に準備を完了させていざ青物が待つ海へ!!

狙いですか?そんなのないです。

来るもの拒まず!!釣りが楽しめればそれでいいっす!

Img_0841

心配したうねりですが海上はだいぶおさまっていました。

むしろなかなかの釣り日和。

まずは事前情報でハマチが釣れると噂される浅場でジグ勝負。

私はスリムロングタイプの80gジグでシャクリます。

しかしアタリがありません、もしかして青物いないんかな?って思ったらスローピッチをやっていたうえじゅんさんにアタリがありツバスを連続で釣り上げます。

ロングタイプジグで頑張ろうかと思ったのですがやっぱり釣りたいので私もジグを100gのスローブラッドにチェンジしてスローピッチでシャクリあげるとしばらくしてテンションが抜けました。

すかさずあわせを入れると青物独特のきもちよいヒキ。

Img_0842

40cmのギリハマチ君。

そーいえばハマチとの対面はなんだか久しぶり。

再び落として何回かしゃくりあげたところでドン!

を!でもあんまり引かないのでツバスかな?って思ったら・・・・

Img_0843

うれしいゲストのポン級アイナメ

うえじゅん風にいうと「ラブheartペロペロ」だそうな・・・

こういうくだらないことを言っているときの彼は本当に目がキラキラしている。

その後ハマチかツバスか微妙なサイズをダブル×2回とかを経験してなんだかんだでハマチを7本、どん底で27cmのカレイを釣り上げました。

おうおうなかなかクーラーがにぎやかになってきたぞ。

Img_0844

苦戦中のなおさん、何度か大物バラしてるみたい。

最近好調だったみたいなんで今日は余裕のバラシでしょw

この後も悲痛なバラシの叫びが聞こえてました、ガンバ!なおさん。

ちなみにうえじゅんさんは余裕のツバス・ハマチ爆でこんな感じ

Img_0846

途中深い場所に移動して真鯛を狙いますがコチラは完全に不発。

やっぱ深ければいいってもんじゃないんですよってことで朝好調だったあたりへ移動。

その後うえじゅんさんがまるで鮎のような可愛いツバスや謎の大物との格闘もラインブレイクするなどネタは尽きないもののなんとなく苦戦。

久しぶりにアタリがあったのでツバスだろうと思ったら・・・

Img_0847

本日2本目のアイナメ(35cm)

これはうれしいっすね。

どうやって食べようか迷いますわ~

しばらくするとうえじゅんさんに大物がヒット

Img_0850 

うえじゅん:「竿叩いてます、きもちいいーーー」

私の「ジグ絡ませ」「網救い損ね」というダブルの嫌がらせをかいくぐってゲットしたのは・・・

Img_0851

キレイな真鯛おそらく50cmかな?

うれしいジグ真鯛初ゲットだってさ!やったね~

対する私はコレ

Img_0853

なんかメチャ小さく見えるけど。。。

キジハタ35cm

いや、これ十分でかいんだけどねw

もっと突き出せばよかったかな??

こんな感じで17:45分まで楽しくつりをさせていただき納竿といたしました。

Img_0852

本日の釣果:

 ツバス・ハマチ 40~47cm 8本

 アイナメ 35~37cm 2本

 カレイ 27cm 1本

 キジハタ 35cm 1本

ハマチ(ツバス)、カレイ、アイナメ、キジハタ・・・・あ、あと1種で五目達成だったのに残念。

でも色々釣れて本当に楽しい釣行でした。

こういう釣行も翌日お休みであればありですね。

お誘い&タンデムしてくれたうえじゅんさん、お付き合いいただいたなおさんありがとうございました。

おかげさまでGW釣行を良い形で締める事ができました。

さて次は何を狙おうかな? 

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »