2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月15日 (日)

2012/1/15 2馬力ボートフィッシング その72(3) 挑戦

天気: 晴天

風: 微風

波: 凪

潮: 小潮 潮止まり 9:40頃

今年に入ってから3回目の釣りです。

このポイントで真鯛を釣りたければここだ!というのはなんとなく分かりました。

しかし広大なフィールドはまだまだ未開拓。

青物とかいないのかな?根魚はどこ?イカは釣れるのかな?

まだまだ調査すべきことはいっぱいです。

皆さんの新規開拓はナニを求めていますか?

新しい獲物との出会い?新鮮な景色?爆発的な釣果?

私の場合は「マンネリ化の打開」です。

昨シーズンの冬は某所へ通いましたがあまりにもアタリなく、相性も悪いので新しい場所をさがしていました。

ここのフィールドはどうでしょうか?この先なにがあるのか、本当に楽しみです。

さて、今回のターゲットは青物。

私にしては珍しいターゲット。

家族のハマチへの評価は上がったり下がったりを繰り返していますが。。。

釣り味はバツグンだし、なによりジギング自体が楽しいですよね。

しかしジギングはあまり得意ではない、、、というかあまりやっていないのでボウズ覚悟で挑みます。

さて、現地到着は午前5時40分。

アタリはもちろん日の出前なので真っ暗。

なのにすでに膨らんでいるボートが3つ。。。。

今日ご一緒してくれる人たちは

いつも仲良し究極の釣り家族:カイザーさんとソアラさんファミリー

今年はメバル先生と呼ぶべき?黒きフィッシャー:H!ROさん

私の尊敬すべきほんわか兄貴:なおさん

初めまして、なおさんのお友達:ZENさん

さすらいのフィッシングジャンキー:うえじゅんさん

と私にしては珍しく大人数w

薄暗い中みんなで準備を日の出を迎える頃にはすっかり準備を完了しておりました。

さて、準備の最中にうえじゅんさんと海図を見ながら海底の起伏から青物がいそうな場所を絞っておきました。

まずはいつものポイントにみんなと行きますが

私は青物のことがきになるのでこのポイントではまともに釣りができませんでした。

うーーん、我慢できん。

すぐにうえじゅんさんを誘って青物を調査に向かいます。

海底は起伏に飛んでますが根があるわけではないらしく

タイラバで調査してみましたが根魚すら釣れませんでした。

ちなみに私が使用しているタイラバはちょっと特別仕様っすw

ビンビン玉ハイアピールバージョンでかつ特別共同開発のやつっす。

こいつのグリーンゴールドがほしいのですがなかなか売ってなくてね~

普通のヤツよりもあたりはでる気がします。

でもアピールが強いからか大物よりも先に小物からくってくる可能性あり。

どっちがいいんだろうね??

さて、海底にベイトなのか魚影は映るのですがジグ、タイラバにあたりはありません。

ポイントを変えてみますが一向にあたりなし。

H!ROさんと合流してアタリを調査しますが相変わらずあたり無し。

うーーん、結論として海底の起伏があるし、ジギングをしている漁船もウロウロしていたのでポイントは悪くないと思うのですが本日は日が悪いんでしょうか、魚には会えませんでした。

また別の日に調査することにします。

ボウズを覚悟していたとはいえ、やはり魚のアタリが感じたい。

みんなと合流してタイラバを落とす事にします。

皆さんはというと思い思いの釣果が出ているようですが前回などにくらべてなんだか渋いみたい。

どれどれ?と私もタイラバを落としてみますが・・・確かに渋い。

潮止まりまではまだ時間があるはずなのにあんまし潮が流れていないみたい。

60gだと垂直に落ちてしまうので45gのタイラバにチェンジ。

ネクタイは前回絶好調だったエビオレンジを使用。

するとすぐに答えが出ます。

Img_0627

30cmくらいのホウボウ。

とりあえずボウズは逃れますw

ガシラと同じで頭を落とすと食べるところが極端になくなりますよね。

今日はまだ前回の魚が冷凍庫に眠っていることもあり贅沢にもこのサイズはリリースするときめてました。

その後も探ると細かいけど乗らないアタリが頻発。

どうやらエビオレンジだとアピールが強すぎるのか小さいホウボウが寄ってくるみたい。

ここでネクタイの色を赤、スカートをピンクにチェンジして探ってみます。

するとしばらくしてヒット。

Img_0628

まるまると太った良型のホウボウ(40cmくらいかな?)

コレくらいあると刺身も多く取れるしなによりうまい!ってことで本日初キープ。

しばらくここで粘りますがホウボウはもういらないし、真鯛が欲しいってことで移動します。

なんとなく深い場所よりも浅い方が良いようなきがするのでそのあたりを狙ってみました。

時々風が吹いたり、潮も流れ始めてなんだか良い感じ。

するとアタリがありましたが、、、ん?なんか竿を叩いているような気もするけどドラグが滑らない。。。

Img_0629

30cmくらいの俺的真鯛。

でも家の冷凍庫にこのサイズの鯛が2枚眠ってます。

勇気あるリリースを行って再びタイラバ巻き巻きします。

この頃うえじゅんさん、なおさん、ZENさん、H!ROさんと情報交換しながら探りますが相変わらず渋い。

1匹ホウボウを追加しますが30cmくらいなのでリリース。

ウロウロしながら良さげな海域を爆撃していると海底によさげな魚影が写ります。

なおさんの魚探にも同じように良さげな魚影が映っているみたい。

なおさんとふたりで興奮していたら私のタイラバに「ぬぼーーーーー」とした感触。

重いけどフッキングには至ってないみたい。

うえじゅんさん曰く「それ鯛ですって、ネクタイだけガジガジしてるんでしょう」って。

まじ?鯛なの?本当に?

巻き巻きしつづけますが一向に乗らない(汗)

あわせたい、でもこいつは絶対すっぽ抜ける。

巻き巻き巻き巻き。。。。

ああ、あわせたい、乗れ、はやく乗れ

巻き巻き巻き。。。。フッ・・・・・

「だーーーー、逃げられた~~(涙)」

しかしあわせたわけではないので再びタイラバ落とせばチャンスはあるはず!

フック、ラインをささっとチェックして再び落とすと再び同じようなもたーーーーんとしたアタリ。

巻き巻き巻き巻き。。。。

巻き巻き巻き巻き。。。。

巻き巻き巻き巻き。。。。フッ・・・・

がーーーん、くやしい

今度こそ!!と落としたら今度はヒット

Img_0630_2

え?鯛じゃないの? おそらくさっきまで相手してくれていたヤツはどこかへいってしまったらしい。

しかしなかなか太いくてよいホウボウぢゃん(40cmくらい)。

刺身でうまいので再びキープ。

その後アタリが遠のいたので再び移動。

しかし時間がもうないのでこれをラスト移動とします。

うえじゅんさんと相談した結果、浅い所をせめることに。

すると再びアタリ!

Img_0632

これまたチャリっとした真鯛さん30cmくらい。

もって帰っても塩焼き用はすでにあるし、、、歯を食いしばりながら頑張ってリリースしますw

渋いなぁ~もう駄目かなぁ

Img_0633

完全に諦めモードのうえじゅんさんw

時間も正午を回ったので納竿することに。

出艇ポイントにかえるまでにナブラを見つけて嬉々としてジグを投げ込みましたがこいつははずれ。

うーーん、悔しい。

やっぱり青物釣りたかったなぁ

結果:

 ホウボウ:キープ2匹(リリース2匹)

 真鯛(俺的):30cmくらい リリース2匹

やっぱ3回通ったくらいでは広大なフィールドは調査しきれませんね。

まだまだ未知のフィールドなのでもうしばらく試行錯誤しながらこのフィールドを楽しみたいと思います。

次は根魚の調査をしようかなぁ

本日ご一緒してくれた皆様どうもありがとうございました!!

2012年1月 8日 (日)

2012/1/8 2馬力ボートフィッシング その71(2) グーグーフィッシュ乱れ咲き

冬の寒さが身にしみるようになりました。
この時期は足先がすごく冷えるのでつま先にカイロを貼り付けて釣りに行ってまいりました。
現地着はAM6:00、まだ薄暗い中うえじゅん氏と挨拶し海図を見ながらどうやって釣ろうか作戦会議。
H!ROさんも起きてきたのでボート準備開始します。
のろのろと準備していざテイクオフ。
少々天気予報と違う強い風に戸惑いながらも向かいは前回おいしい思いをしたポイント!
なんだか漁船が集まっているのでなんだろうとおもったら海面にナブラ、正体こそわかりませんでしたがおそらくははまちかな?
でもこの場所は漁船の邪魔になるので別の水深へ。
今日もタイラバで爆撃開始。
まずまず強い風ですが今日は午後から風が弱くなることがわかっているため安心して釣りできます。
開始早々、数回目でヒット!
真鯛かとおもいましたが重いだけで竿を叩いてくれません。
慎重にやり取りしてあがってきたのは40cmくらいのアオハタ。
Img_0597

へ~、ここにはアオハタもいるんだね。
よいお土産ができてホクホクの私。
余裕ができたところに再びヒット。

Img_0601

30cmくらいのグーグーフィッシュがあがってきます。
刺身でうまいのでキープ。

「さあ、次こそ真鯛だぞ!」と気合を入れるもここから怒涛のグーグーラッシュ。。。

Img_0606

Img_0607

納竿までに6匹釣れました。

さて、グーグー以外にはこいつらが釣れました。

Img_0608

真鯛の引きと間違えた40cmオーバーのイトヨリ
海面すれすれ(3,4m手前)でバレたもののしばらくしたら浮き袋がパンパンとなり浮いてきたところをゲット!

そして本命の鯛族はというと・・・

Img_0609

30cmをちょっと切ったチャリコ

Img_0610

ホウボウのあとに30cmをちょっと超えた俺的真鯛(写真忘れた・・・)

そして40cmのみんな納得真鯛

Img_0611

途中風に悩まされたりもしましたがそんな風が吹いたときがチャンスだったりしました。
おそらく私のタイラバ仕掛けではよーく流されて仕掛けがかなり斜めになったときの方が魚的に魅力的な動きをしたみたいです。
あと前回はいつもの回転速度で好反応でしたが、今回はかなり低速でした

大物こそ釣れませんでしたがクーラーも満タンとなりましたのでタイラバを終えて冬のイカ調査に向かいます。

しかしこのあたりはイカが生息していそうな起伏もありませんし、ポイントが絞りにくいです。
最初に調査したあたりはまったく駄目
次に移動した場所は冬にしては水深が浅く、こちらも駄目っぽい。
時間を見ればすでに1時をまわっていたため、ここで納竿としました。

釣果:
 真鯛(30~40cm)3匹
 アオハタ 40cm 1匹
 イトヨリ 40cm 1匹
 ホウボウ 30~40cm 6匹(リリース含む)

大物こそでなかったもののこの時期の釣果としては大満足です。
しかしうえじゅんさんはあおものも釣っていたようなので今度は青物狙いでジギングしてみようかな??

2012年1月 4日 (水)

2012/1/4 2馬力ボートフィッシング その70 (1) 初釣りはタイラバ三昧

新年あけましておめでとうございます。
昨年末はバタバタしてまともにブログと向き合えませんでした。

せっかく続いているブログですのでやはりここで辞めるのは惜しいですからね。

もうしばらく続けてみようかと思ってますが相変わらずの多忙。

まあボチボチとすすめていきます。

Img_0588

さて、初釣りですが今回の同伴者は本日仮の初釣りとなる(謎)H!ROさんです。
前日までメールにてポイント選定を行いました。

あれやこれやと議論のすえ、某ポイントへ向かうことにします。
現地到着は朝の5:00、ちょっと早くつきすぎたためあたりは真っ暗。
しばらく仮眠したあと6時頃にH!ROさんと挨拶。
多少風がありますがボートが出せない風ではないのでえっちらおっちら準備していざテイクオフ。
ただし、本日は午後より強い風が吹くとのことでしたので強風が吹いたらその時点で中止にすることで合意。
安全第一ですからね。
さて、ここではどうやって釣ったらよいのか検討つきません。
とりあえず強風がきてもすぐに避難できるようにと出廷場所から近いところを選択。
なんとなく気になる水深まで移動していざタイラバ開始!
海上はまずまず強めの風が吹いていて潮もそこそこ流れている感じ。
落としてすぐラインが斜めになります。
でも私、実はこのくらいのライン角度のときのほうが真鯛との相性がよかったりします。
すると開始早々あたりがあってじっくり待ってからあわせを入れると桜魚のウルトラライトロッドが弓なりとなってドラグが気持ちよい音を立てながら出て行きます。
時々竿を叩くようなあたりは間違いなく真鯛です。
しかしドラグを滑らせる魚とのやりとりってめちゃ気持ちいいですね~
散々やり取りを楽しんであがってきたのは40cm前後のおめでた真鯛

Img_0589

今年一年は良いことがありそうです。
H!ROさんに散々自慢しまくって次の獲物を狙います。

Img_0590

お、おまえはどこにでもいるな、、、このエソっちはこのあとナチュラルリリース

Img_0591

しばらくして30cmくらいの塩焼きうましサイズゲット。

俺にしては1日2枚の真鯛は好調すぎね?

ホクホク顔の私、今年はほんとよい年になるとええなぁ~

しばらくしてヒットしますが真鯛のように竿を叩いてくれません。
あがってきたのは30cmくらいのホウボウでした。
Img_0592

Img_0593

このポイントはホウボウも釣れるのかと関心。
海底は砂地のようですし、、なるほど確かに釣れそうだね。
しばらく粘っているとあたりが頻発するポイントに入ります。
早合わせは行わずにドラグゆるゆるでじっくり食い込ませてあたりを取りました。

Img_0594

すると30cmくらいの真鯛をゲット。
塩焼きでうまそうなのでがっつりキープしたあたりで一旦風が止みます。

「これは風向きが変わるな??」と危険信号を感知
天気予報からして次に風が強く吹き出したら弱くなることはなさそう。
そのため次の強風で納竿とすることにします。
しかし風がなくなると今度はラインが真下に落ちて釣りにくくなります。
苦戦していると徐々に風が吹き始めます。
するとラインが斜めになり、私好みの角度に!!
チャンス!とおもったら案の定あたりがありました。
ゆっくりと食い込ませてからフッキング!
竿をバンバン叩いてくれるので真鯛と確信。
弓なりになる竿とすべるドラグからサイズも朝一のやつと同じくらいと想像できます。

Img_0596

あがってきたのは朝一の奴よりも少し大きめの真鯛(50cmには届かない)
一番うまいサイズの真鯛かも?
こいつを釣り上げた後くらいから風が強くなり始めましたのでH!ROさんに声をかけて早めの納竿としました。
釣果:
 真鯛 4匹(30~45cm)
 ホウボウ 2匹(30~40cm前後)

風が強くなったために釣り時間こそ短かったですが初釣りの釣果としては大満足です。
今年はよいことがあるかもしれませんね

またことポイントはなかなか開拓のし甲斐がありそうなのでしばらく通いたいとおもいます。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »