2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月23日 (日)

2011/10/23 2馬力ボートフィッシング その63 (30) タンデムでエギング

「あー、楽しかった、、、やっぱ平日釣行にかぎるね~」そんな自己満足に浸っていた木曜の夜。週末の天気は相変わらず最悪。

これは出れないだろうなぁっておもっていたのですがこの人にとっては死活問題。

そうミスターうえじゅん氏!私をも凌駕するその釣りキチ度はもはや2週間釣りをしていない己を責めており、精神が崩壊寸前のようで「全身湿疹発生」という体調の異変をもたらしているようです。

とても「木曜日いって満足しちゃいました、てへ」とはいえず、その後もメールにてやり取り。その後UPしたブログでばれちゃいましたけどね、てへ

さてさて、土曜日はしとしとと降り続く雨と強い南風で釣行は無理と判断し、日曜日に望みをかけます。

しかし土曜日になっても天気予報は相変わらず好転しません。

ここで最終兵器を出します!てれれれってれー「たにしんウエザー」!!

もっとも信頼のおける現地実況生天気を「たにしん氏」に教えていただき、何度もメールして出られそうな場所を相談。

すると某所が候補に挙がります。

「現地は今べたなぎです!」のメールで釣行決定!

おそらく午後からは悪天候となるのは必死なので午前中勝負です。

私は家で仮眠をとってから集合場所へ、現地着は午前4時30分。

すでにおきている「うえじゅん氏」と当日出張があるにもかかわらずイカが釣りたいので急遽参戦を決めた「なおさん」がお出迎えしてくれました。

本日は短時間勝負ということもあり、うえじゅん氏のボートにのせていただくことにします。

そのため車を某所において荷物のみうえじゅん氏の車に詰め込んでいざ出陣!!

車を走らせて現地入り、まだまだ暗い中準備開始。

本日はうえじゅん氏にアオリイカで釣りを堪能してもらおうとエギングセットのみで・・・・と思いましたが釣りバカなのでジギングセットもこっそり積み込みます。

「うえじゅん氏、ごめん」とおもいながらチラ観するとうえじゅん氏もエギングセットとジギングセットをこっそり積んでました。

さすがだぜ、ブラザー

準備していると若さん、たにしん親子が順に到着します。みんなそれぞれ薄暗い中準備を完了していざ出発!

うえじゅん氏は久しぶりの海にもう狂喜乱舞。

全身からうれしさがにじみ出てます。

さて、心配していた天気ですがここのポイントはベタ凪、微風。

雨も結局撤収するまで降りませんでした。

(さすがは抜群の信頼性と的中率の「たにしんウエザー」これからもよろしくお願いします!! )

さて、本日のメイン「アオリイカ」と参ります。

(雨を予想して防水機能のない私の携帯はおいていきましたのでこの後のフォトはすべてうえじゅん氏です、ありがと!)

なおさんは今年アオリイカに恵まれていないとのこと。本日の釣行をめちゃ楽しみにされていた様子ですのでなんとしてもつってほしい。

木曜日に20cmオーバーが好調だったポイントに一直線で向かいます。

そしてしゃくる、しゃくる、しゃくる。。。。

あ、、、あれ??

あたりないんですけど。

わずか2日前にぽこぽこ釣れた場所はもうすでに賞味期限切れなのか???

明るくなって気がつきましたが原因はどうもポイントが大きくずれていたらしい。

もう一度ポイントを修正して流してみると私のティップがすっと持って行かれます。

すかさずあわせを入れるとクインクインとイカ独特の引きと重量感

ああ、やっぱこのやり取りたまりませんね~

Untitled3_2

釣り上げたのは胴長18cm程度のアオリイカでした。

その後あたりがめっきりないうえじゅん氏に対して空気をまったく読まずにポツリポツリと釣り上げて3杯のイカをゲット。

なおさんも4杯のアオリイカをゲットしている模様。

あたりすらないうえじゅん氏、かわいそうなので哀れみの言葉でもかけてやろうかとおもったら釣れやがった にも待望のあたり!!

これで波にのれるか!!とおもいますが二人ともやっぱり駄目。

うえじゅんさんがたにしんさんに連絡を入れてみると「渋いながらも・・・」とかいいながら10杯超えしてるし!!

さすがはここの主です!すげー。

たにしんさんにアドバイスいただいてそのままボートを流していきます。

なかなか波に乗れないので二人で対策を相談。

うえじゅん氏:「ふなさん、しゃくりじゃなくてしゃくれがたりないんですよ」とうえじゅん氏。

私:「なるほど、しゃくれかぁ、こうっすか?こう?こうなのか!(アゴ突き出して)ふん!ふん!ふん!・・・・あ、釣れた」

うえじゅん氏:「まぢで?じゃあ俺も(アゴ突き出して)ふん!ふん!ふん!・・・・あ、釣れた」

・・・となぜか顔がしゃくれると釣れるアオリイカたち。

ボート上で笑い転げる釣りバカ二人。

どうやら釣りの神様は見放しても笑いの神様が見守ってくれているみたい。

※注意 (たぶん「しゃくれ」は関係なくて(笑)しゃくりが不十分でエギが動いてなかったんでしょうねw)

最初こそ苦戦したもののこれで波にのった私たち。

ポツリポツリと追加して行きます。

なおさんも合流して一緒に釣ることになったんですが、ここからなおさんの独壇場でライントラブルでモタモタしている私達を尻目にイカ入れ掛かり!

なおさん、もうご満悦!いやぁ~大漁でよかったよかった。

こんな感じで海上で騒ぎ倒すわれら3人(なおさんいれちゃったごめんなさい)

そんなあるとき、私の竿が急にグインと持って行かれてます。

今まで聞いた事ないくらいドラグがジーーーーーーーッとだされます。

私:「うわ、なんじゃこれ?絶対、魚だぁ~」とおもいましたが、グイングインいってる??もしかしてイカ??

うえじゅん氏は完全にこいつを魚だと思っている様子。

こうなりゃ絶対バラさないで正体みきわめちゃる!

気合一発ドラグを出されながらもじりじりと巻き取って正体を確認!

私&うえじゅん氏:「あ!イカだぁ!!!」

Untitled1_2

どどーーーん、でました胴長30cmオーバーのアオリイカ。

正確には31cmでした。

重さは何キロなんでしょうね???

私の家の計りでは計測不能w

でも思い出にのこるイカが取れて私大満足!

その後も楽しく釣りすることができ、11時頃に風向きが変わって変な雲がはるか南に見え始めたので納竿としました。

結局最初から最後までよい釣り状況で、満足な一日となりました。

ボートを撤収して別のポイントで釣りをしていたカイザーさん一家、なびさん一家、H!ROさん、クリックさん、クリックさんのご友人さんと合流してアオリイカをアジやらウマヅラと交換していただきました。

やったーー!魚ゲット!めちゃうれしい!!カイザーさん、H!ROさんありがとうね。

その後海岸でカップめんをうえじゅん氏に恵んでいただいて食べ終わったら曇天がやってきてあめが降り始め、海もあれ始めました。

うーむ、今回の釣りは撤収のタイミングもよかったぞ。

本日ご一緒してくれた皆さん、ありがとうございました!!

次こそはがっつり魚いっときます!!

2011年10月20日 (木)

2011/10/20 2馬力ボートフィッシング その62 (29) 抜駆釣行

「なに!また週末雨!!!!」
天気予報を見て愕然とする私
ちゃんと仕事してるやん、時々電車でお年寄りに席もゆずってるし。
神様、あなたちょっといじわるすぎませんか?
なんで毎週末天気わるくするの?
平日は天気いいじゃん
余計ストレスたまるじゃん

先週いけてなかった分、今週はどうしても行きたい。
そうでないと仕事のストレスで自我が崩壊してしまう。。。
しかしここでひらめく私。

「そうだ、有給をとろう」

ってなわけでさくっと会社に有給をだして行ってきました(本当はさくっとじゃないけどねw)

前日は会社の打ち合わせが長くなりよる遅くの帰宅となったため家で寝てからいくことに。
起床して現地についたのは朝5時。
まだ真っ暗だったので仮眠して5時30分からのんびり準備していざテイクオフ!

Image

本日の目標は「釣り堪能」これに限る。
しかし天気予報では抜群の釣り日和のはずが実際はちょい風ありで海上は小さなうねりあり。
うーん、予報はあくまで予報だね。
でも釣りできないわけではないのでまずはこの風を利用してイカ釣りを堪能しよう。
まずは本日のあたり水深を探すべく浅場から流します。
しかし風は強いし、うねりであたりがわからない。
苦戦しながらも穂先に神経を集中していると「クン」と穂先が持って行かれるたのですかさずあわせを入れる、、、がこの時期なら胴長20cmを期待していただけになんだか軽い。
Image6
あがってきたのは胴長15,6cm。
あれ??成長してないじゃん。
後が続かず、風が強いのであっという間に流されては戻り、流されては戻りを繰り返していきますとようやく釣れる水深とヒットパターンがわかってきます。
今日のヒットパターンはしゃくり後の穂先の「クン!!」ではなく
前あたりがあり(これがなぜかノせられない)、その後フリーで落としなおすと途中で糸ふけがでるのですかさずあわせを入れるというパターンが多かったです。
しばらく数杯あげたところで今までにない引き!!
な、なんだ??本当にイカかこれ?っておもって巻いてくると姿がじんわり浮かんできます。
なんと釣れたイカにシイラかツバスかわかりませんがとにかく正体不明の40cmくらいの青物がバクバク食いついてる。
な、なんてことすんだ、ごらぁ!(涙)

Image1

イカを回収して急いでジグを投げるものの正体不明の青物はどこかに消えたのかジグには反応なし、、ちきしょう。くやしい。

その後時々胴長20cmオーバーを交えてなんとか納得のいくイカが数取れたので一旦エギングを終了。

場所を移動してタイラバを「満喫」しようと試みます。
ポイントに到着してしばらくタイラバを行いますが魚信なし。
つ、つまらん。。。。
(相変わらずこらえ性のない俺w)

しばらくジギングなんぞを試みますがこれまた不発。
そうこうしていたらだんだんと天気がよくなり、うねりも収まってきます。

そして照りつける太陽が顔を出して灼熱地獄となりました。
そしてのどかな海に釣れない釣り人だけが残されます。

ああ、落とし込みしていたあのときが懐かしい。。。
あれは楽しかったなぁ~、、、そうだ!落とし込みしよう!
でもベイトがいないし、、、、ならばとサビキをもって浅場に移動。
ショットガン釣法でなんとか4匹の子アジをゲット!

Image4
これをえさにして泳がせ釣りに挑戦します。

1匹目。。。。
しばらくすると穂先がプルプルとゆれ始める。
近くに敵がきて魚がにげまどっている様子。
穂先が〆こまれるまで我慢我慢。
ブルブル、、、
グイン(まだまだ・・・)
ブルブルブル
グイングイン(まだまだ・・・)
ぐぐぐーーー
きたーーー!!
すかさずあわせを入れます。
この瞬間たまりませんわw

でも予想外に軽い(涙)

Image2
釣れたのは20cmくらいのカサゴw
坊主は免れたもののこれはちょっとキープできないのでリリース

2匹目

Image3_2

なんと30cm弱のキジハタ!
迷いましたがちょっと小さいのでリリース。
(後で塩焼きにすればよかったと後悔w)

3匹目
なにかに食いちぎられる。

ま、まさか、、、、悪い予感がする。

4匹目
予感的中、まいてる最中もゴンゴン引くあたり、なんとなく記憶あり。
犯人はこいつでした
Image5

くやしい!!でも楽しい!

もう一度浅場に向かってショットガンで再び子アジを調達
再度チャレンジしますが今度はあたりがない。

しばらくしてバケツに生かしておいたアジが死んでしまいましたので本日の泳がせ釣りは終了とします。
でも楽しかった~、泳がせにしろ、落とし込みにしろ、穂先ブルブルのあとのグイーーーんっていう締め込みはたまりませんね。
また挑戦しよっと!

さて、期待していた青物ナブラは微塵も姿を見せないのでジギングは無理。
最後は再びがっつりとイカを堪能して帰ることにします。

するとしばらくするとあたりポイントを見つけます!
ヒットパターンは朝とは違い、穂先を持って行くでもなく、穂先がブルブルと震える感じ。
今までに感じたことのないあたりです。
あわせを入れるとドラグのすべる心地よい音と重量感。
たまりませんね~
なんと1投げ毎に胴長20cmオーバーのイカが釣れるようになりました。
どうやらこの水深のこのポイントには胴長20cmオーバーのイカが群れているようです。

いくらでも釣れそうでしたがそんなに釣っても食べれないしw
おすそ分けを加味してもこれくらいが限界だろうってところで時間も頃合になったので納竿としました。

結果:
アオリイカ: たぶん20杯くらいw(適当ですんません)
魚キープ :なし

うーーん、魚のお土産はありませんがイカはサイズが出たので満足です。
しばらくイカのストックもできたし、日頃子供たちがおせわになっている実家におすそ分けする分も確保できたんで、
次は魚オンリーで狙おうかな!

アオリイカはだんだんと浅い場所ではつれにくくなっているようです。
さあ、いよいよティップランの真骨頂「Deepゾーン」でのエギングの開始ですよ!!!!
ぜひ水深のあるところで試してみてください。
ずっしりとした重量感あるイカと奇妙な穂先のあたり。
今までとは違ったエギングが楽しめるはずです!

2011年10月 9日 (日)

2011/10/09 2馬力ボートフィッシング その61 (28) 連戦

連荘ですw

だって3連休なんだもん!

ってことで行ってきました。

本日のポイントは前々回落とし込み釣りで絶好調だったあそこ。

あの快感を味わうべく前日の釣りの疲れなんてなんのその!

落とし込み釣りの仕掛けをもって再度突撃してきました。

家を朝早く(夜中)に出たのですが予定よりも某所に早くついたので仮眠することにします。

起床は午前5時30分

ボケボケ状態でとなりのカヤッカーさんに「おはよーございまーす」とご挨拶するとなんと偶然「かのっぴさん」でしたw

心強い味方登場!するとその先にもう1人カヤッカーの「ジャンさん」もいらっしゃいます。

3人で情報交換しながら出艇準備を完了させてテイクオフ!

お2人とは別ポイントで頑張ることにします。

さて、本日はイカを封印する気で魚中心に攻める予定!

さあ、ベイトよ!俺様を導きたまえ!!

たまえ、、、、たま、、、、あ、あれ?

ベイトがドコにもいません!!!

落とし込み釣りなのにベイトゲットできなきゃ意味ないじゃん。

しばらくウロウロしますがベイトのべの字もみつけられず時間をロスしてしまいました。

その後色々とポイントを変えてみますがあたりすらなく、、、おさわり1回のみ。

かのっぴさんに電話連絡してみるとしっかり魚をゲットされてるご様子!

おこぼれにあずかるべく合流させていただきますw

ジャンさんもよい獲物をゲットされているようですし、これは私も頑張らねば!!

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・

しーーーーん

あたりなし。

あまりにもつれないのでジャンさんとおしゃべりしながら釣ってたらいつのまにかかのっぴさんの竿が曲がってます!

すげー、と羨望のまなざしを送っていたら「これ使ってみてください!」ってかのっぴさんから必殺アイテムいただきました。

てれれれってれー「ひとつてんやー」

Img_0506

かのっぴんさんありがと!

さっそくバグアンツをつけて投入し、上げ下げを繰り返しますが。。。

腕悪くこれまたあたりなしw

再度ポイントを移動しますが結局もう一度お触りがあっただけで本番なし。

なんだこの健全な風俗みたいな釣果は。。。

最後くやしかったので出艇場所に戻るまでの間、エギングの封印を解いて1杯ゲット。

Img_0507

本日の釣果ここまで

結果:

アオリイカ 胴長15cm 1杯

・・・

完敗です。

落とし込み釣りしか考えてなかったのが最大の敗因ですねw

落とし込み釣りは状況があわないとできないのでコレからは仕掛けを忍ばせといてチャンスがあれば狙う程度にします(汗)

帰港するとかのっぴさん、ジャンさんも上がられてましたがジャンさんはかのっぴさんに氷を分けてもらって再度魚を狙いに海に出撃していきました。

アオリイカ1杯だけもってかえってもなぁ~ってことでかのっぴさんにイカいります?って言ったらなんとオオモンハタ(40cm)と交換してくれました。

Img_0508

本日も新しい釣法「わらしべ長者釣法」でございます。

かのっぴさん、最後まで色々とありがとうございました!!!

ジャンさんもその後釣果どうでした?

またご一緒してくださいね!

また2日目は撃沈くらうパターンのヤツでした。

コレからは連戦はちょっと考え物だなぁ~

2011年10月 8日 (土)

2011/10/08 2馬力ボートフィッシング その60 (27) 主戦場探し

今年の釣りの後半戦が始まって1ヶ月がたちましたがいまだに主戦場が定まっていない私。

そこそこ近くて魚とイカとそこそこの大物が期待できちゃったりするところ、、、まあそんな贅沢な場所を探して転々としてますがいまだ定まっておりません。

そんな時に天気が悪かったりしてなかなか実現しなかったぽっぽさんとの釣行計画を練っていたらとある場所が浮上!

なるほど、そこ面白そうだね~ってことで一発決定!

集合は朝5時。

某所のスロープは連休のためかすごい超満員であったため急遽別の場所に移動。

薄暗がりの中ボートを準備していざ出撃です。

本日は天気もよく、波はうねりはないもののちょっと高め。

でも微風なので釣り的には万全の状態です。

まずはイカを釣りながらボートを流していきます。

しかしまだ届かない私のレトログラードの穂先、、、もうシーズンおわっちゃうんだけど。。。

ってことで結局取り出したのは極安のアジングロッドを急遽自作したMyティップランロッド。

いまだにこいつがよいのか悪いのかが分からない。

一度レトログラードの穂先が届いたら釣り比べをしたいと思っています。

さて、イカも先週とはうって変わって渋かった様子。

それでも胴長20cmのイカが歓迎してくれます。

Img_0496

これで肉厚のおいしそうなイカリングができそうです。

ポロリポロリと釣れる感じ。

水温が低下したからか当たりはイマイチです。

ぽっぽさんもすっかりティップランをマスターしたようでしっかりとイカをゲットしてました。

ぽっぽさんは更なるイカを求めて岬の向こう側に行かれました。

私も3杯をゲットしたところでイカリング的には満足なので魚に向かいます。

このポイントではサゴシが期待できるとおもったのですが、、、、どこにもサゴシジャンプを確認できません。

うーーん、ここで粘るのもいいかもしれないけどお昼過ぎから北風が強くなりそうだったので思い切って遠征。

ボートを走らせる事10分くらい、途中うえじゅん氏が楽しそうな旅行に行くというので 嫌がらせメール お見送りメールを送りつけて出発を電話でお見送りしてポイントに到着。

この場所にはよい漁礁があるのですがいかんせん魚がついていないのかなんなのか、、、、つれないんですw

しかも多少うねりがあってボートが安定しないので気持ち悪くなりそう。。。

しばらくタイラバで様子を見ましたがおさわりが1回あっただけで釣れる気配なし。

あまり期待していませんでしたがやっぱりここは駄目かw

うねりに翻弄されて気持ち悪くなってきたので元の場所まで戻る事にします。

こういう時間ロスが貧果につながると分かっていてもやってしまう、、、進歩ないな俺。

ぽっぽさんと合流してタイラバを試しますがあたりすら無し。

そこでぽっぽさんのお気に入りポイントへ移動する事に。

移動後にタイラバを試すと本日初のあたり!

Img_0501 

ってお前かよ。。。

この50cmくらいのエソっちはもちろんリリースです。

魚はいるようなのでしばらく粘っていると心地よい風が吹いてきて良い感じでボートが流されます。

をを!なんか釣れそうって思っていたらゴンゴンゴン!!と来ました。

Img_0503

レンコダイにしてはよいサイズの35cm。

塩焼きでうまそう!

そうそう、この海はサゴシが多い記憶があるので使用しているのはビンビン玉ではなく以前らず君にもらった「らず玉」を私流に改良した「らず玉改」です。

これが今日は絶好調!

Img_0504

Img_0505

40cm、30cmのアオハタ2連発。

ノーイカリムシのキレイなヤツでした!

その後あたりも遠のいたので再び出廷場所付近まで戻ってしばらくエギングをして渋いながらも3杯追加。

本日は夕方から用事があるため午後2時にて納竿としました。

正直もう少し青物の反応があればよかったんだけどちょっとうねりにやられた感じですね。

でもまずまず魚にも恵まれたし、イカもよい型のが釣れたのでよしとします。

結果:

レンコダイ 35cm 1匹

アオハタ 40、30cm 2匹

アオリイカ 胴長15~20cm 6杯(うち3杯が胴長20cm)

今回はサゴシジャンプもハマチナブラも見れなかったけど

もう一度良い天気のときに来て久しぶりにサゴシと戯れたいですわ~

あ、ハマチの回遊はあったようなので本日の釣果にハマチやサゴシが混じるとうれしい釣果になりますね。

こりゃ期待できるかも!主戦場候補が見つかってよかったです。

ぽっぽさん本日は色々とアドバイスいただきありがとうございました。

今度はちょっとお話していた某ポイントにお連れいたしますね!

またご一緒よろしくです!!

 

2011年10月 1日 (土)

2011/10/01 2馬力ボートフィッシング その59 (26) めずらしい釣果

こんにちわ!とうとう10月ですね、いや~、ほんと朝は寒くなりました。

これからさらに寒くなるとのこと、釣りは本格化するのでたのしみなのですが寒いのはちょっと苦手です。

今週はある人との釣行を予定しておりましたが急遽仕事の都合でご一緒できませんでした、残念 ( ´・ω・`)

またの機会ってことで楽しみは先送りです。

さて、今週も某所へでかけようと画策してましたが天気がゆるしてくれませんでしたので別のポイントへ向かいました。

このポイントは遠いのでどうしようか迷いましたが日曜日はゆっくりしたいし、天気予報的にも穏やかだしってことで釣行決定!!

今回は久しぶりの単独での釣行となりました。

えっちらおっちらロングドライブを経て現地着は2時、まっくらですが先客の自動発電機の音がうるさいため離れた場所に車を止めて寝ます。

起床は5時、まだ薄暗いので2度寝をしながらだらだらと準備を開始。

すると隣に車をとめていた人がご挨拶してくれます。なんととしグレさんでした!

1人だとさみしいなぁって思っていたのでこれは心強い!

おしゃべりしながら準備、私は準備が遅いのでとしグレさんには先に行ってもらいました。

さて、私が準備を完了したのは6時30分にようやくテイクオフ!

寒い!やっぱもう長袖必須ですわ

さて、天気はというと曇り空ですが波はないのでよし、風も微風なので流されながら釣りをするには最適です。

今日の狙いですが魚メイン!イカはまだ冷蔵庫にストックがあるのでちょっとやる程度・・・ってな心構えで行きます。

まずは一番ちかいポイントから攻めます。

まずはタイラバで様子を見ます。

すると数回目にいきなりあたりがありました!焦る俺。

なんせここしばらくアジ以外の魚釣った記憶がありません。

ガツガツガツっときたので思わずあわせを入れちゃいました、、、空振。

焦っちゃ駄目だと分かっていても焦っちゃいます。

しばらく沈黙が続きましたが同じようなポイントを何度も流しているとまたもやあたり!

今度は慎重に巻き続けてぐっと重みが乗ったところであわせを入れます。

久しぶりの重量感!これだ!久しぶりの大物の予感!

あれ?でも竿叩かない?引きもイマイチで重いだけ・・・・ま、まさか!!??

Img_0477_2

お、おまえか・・・・・

見事60cmはあろうかという巨エソ。

写真だけとって即リリースします。

でもちょっと魚とのやり取りができたのでうれしかったりしてw

その後このポイントで粘りますがあたりがないので外湾へ移動しますがこちらもあたりがない。。。。

しばらくウロウロすると魚探に良さげな魚影と海底。

すると待望のあたり!

あわせを入れるとまずまずの重み。時々叩く竿!こ、これは鯛っぽいぜ!!!

Img_0478_2

・・・・鯛は鯛でも20cmのちゃりこ。

ノドに引っかかっていたため重く感じたみたい。

がっくり、しかし塩焼きにすればうまいかも。。。悩む俺。

しかしここはいっちょう豆粒大のプライドで根性のリリース

はあはあ言いながらリリースしてみました、さようなら俺の塩焼き。

としグレさんに電話連絡を入れて様子を伺うとあちらも渋いみたい。

しかもさっきまでここで釣りしていて渋かったとのこと。

だめだ、ここも、よし次!次!

その後ポイントを転々としながら攻めますが駄目。

すると急に風が強くなります。

Img_0480

風の影響の少ないところに避難しますがこんな絶壁のうしろではイカくらいしか狙えません。

しかしイカの様子はどこにもなく、、、、結局イカはつれないまま時間だけが過ぎていき時間はすでに11時。

クーラー空っぽ。

うえじゅん氏に電話連絡入れて渋い状況を報告。

はぁ~、、イカも釣れんし、、魚は釣り方忘れたし、、、もう釣りつまらん ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

すると魚探にすんごいベイトの群れが!たぶん小アジかなんかだろうなぁ~。

でもなんでもいいから魚が釣りたい!!って小物釣り師の血が騒ぎだします。

取り出したのは てれれれってれー、「大物サビキ」

Img_0490_2

小あじ用のサビキがなかっただけなんですけどねw でもこいつでいいや。

タイラバをカゴ代わりにしてショットガンで狙うと穂先にプルプルとした感覚、紛れも無くアジやね!

回収してみると12~3cmくらいのアジがついてる、、、、これじゃあから揚げにもアジフライにもできないなぁ。。。

しばし考える俺。

あ、せっかくだし以前テレビでみた「落とし込み釣り」ってやつやってみるか、丁度仕掛けもソレ用のやつだし。

アジをつけたまま海底に沈めてしばらく待つんだっけ?

1,2,3、、、ん?を!ををっ!さっきまでプルプルいってた穂先がグイーーンとお辞儀します。

もしかしてこれきたんとちがう??あわせを入れると間違いなくアジではないなにか!!!

抵抗はそれほどないのでおおものではないんだろうけど、果たして何者???

Img_0481

ををーー!!30cmオーバーのマトウダイでした!

丁度アジを丸呑みにしてる最中だったみたいw

刺身で食べると美味しいって聞いたよ、これはうれしい獲物!

それにしてもこの釣りちょっとスリリングですね、楽しい。

もう一回試してみる。

まずはサビキを落として、、、、を、このプルプル感、エサがかかった模様。

本当はこんなことしないけどちょっと確認したくなって回収してみると小あじが2匹着いてます。

そのまま海底まで沈めてしばらく待つと・・・・

ビン!!ビビン!!!

と明らかに魚が小あじ毎丸呑みしていった手ごたえ!

しかしその後なんのあたりもなくなります。

回収してみると仕掛けについていた5つの針のうちアジがかかっていた2つの針が無くなってる!!

ハリスを触ってみるとざらざらしてる、サゴシ?

でもやはり大物がいるとわかっただけでなんかテンションアップ。

すっかり落とし込み釣りにはまった私。

仕掛けはこれ1つしかないし、、残りの3本のサビキ針でもう一度挑戦。

するとまたエサのアジがかかった模様。

そのまま海底に落とす、、、、と一気にもって行かれるあたり!この一瞬で分かったけど、こいつでかい!

今度はハリスを切られない様に慎重にやり取り。

しかし重い。。。。めちゃ重い、なんだろ?ハタ系のなにかかな?

時々もぐるのでドラグをギリギリまで緩めてなんとかしのぐ。

ここまで慎重なやり取りは初めてだとおもう。

腕もパンパンになってきた、でもここまで重みのある魚は初めて。めちゃ楽しみ。

釣り上げたとき、俺は生まれ変われるかもしれない。

魚影が見えてきた!やはりでかい!なんだろ?ヒラメ?マハタ?真鯛?青物???

ち、ちがう!!!

そこに悠々とゆらめく魚体はいままでみたこともない

メーター級の巨エソ!!

 ・・・・・  ( ゚д゚)ポカーン

集中力が切れたのと同時にエソが暴れて針も切れた。。。

ここまで苦労して結局エソ、しかもメーター級。

心が折れる寸前まで行きましたがまだあと2本針付いてるし!あきらめるもんか!

移動しながら魚探でベイトホールを見つけて再び落とし込み!

エサがかかったのと同時に竿がひったくられる!どうやらこのベイトボールには様々な魚が付いてるみたい!

今度は青物っぽい引き、でもハリス切られるわけに行かないので慎重にやり取り、楽しい!

この釣りは大物とのギリギリの緊張感とハリスを切られないようにするやり取りが楽しい!

すると・・・

Img_0487_2

Yes!肉もどき!!(45cmくらいのツバス)

前回釣れたツバスは家族に好評で刺身で食いたいものランキング上位に食い込んできてます。

その後ポンポンポンと2匹連続でつれました、入れ食い。

Img_0484

Img_0485

そういえばとしグレさん、青物大好きだったことを思い出し急いで電話する。

すると電話途中でHit!!!

魚とやり取りしながらとしグレさんにハマチが入れ食いだと伝えます。

すでに腕がパンパンになりかけてますがハリスが切れるかもしれないという状況なので慎重にやり取りします。

すべるドラグ、たまりませんねこういうの~、しかし上がってきたのは・・・・

Img_0486

うれしい誤算!!真鯛45cm

サビキのほうではなくタイラバにガッツリ食いついてました。

皆さんが釣るようなでかいやつじゃないけど私にとってこのサイズは大物です。

としグレさんと合流して一緒にハマチを狙う事に、是非釣って欲しいし!!

ベイトボールがあったんでここですよーーってお伝えしているとまたもや私にヒット!

Img_0483

うーーん、上出来

珍しくぱかぱか釣れる俺。

その後もベイトボールを追いかけてつりをしますが群れが去ってしまったのかベイトボール自体見つからなくなります。

風も強くなり、釣りにくい状況になっちゃいました。

その後しばらく粘りましたが魚信が途絶えてしまい、すでに2時を回っていたためとしグレさんに先にあがる旨おつたえし納竿としました。

結果:

ツバス(40~45cm) 5匹

真鯛(45cm) 1匹

マトウダイ(30cm) 1匹

Img_0488

一時はクーラー空っぽの危機でしたがおわってみれば私にはめずらしく大漁。

たまには私にもこういうときもあるんだね~

しかし「落とし込み釣り」たのしいですね、すっかりはまってしまいました。

今まで漁具ばっかりだったけどこういう釣りもあるんですね。

この釣りはエサとなるベイトを調達する必要があるため

いつでもどこでもできる釣りではありませんが状況さえ満たされれば大物に恵まれるチャンス大。

なによりスリリングで楽しい!

また機会があれば狙ってみたいと思います。

PS:としグレさん、本日は色々とありがとうございました!

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »