2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

2011/8/27 2馬力ボートフィッシング その54(21) 誤算

  暑い夏も徐々に姿を消し始め、段々と涼しい夜が増えてきましたね。

さて、最近私ちょっと釣りバテ気味のようです。

「暑いし、今週は無理しなくてもいいや」とか雨だと「つりにいかない口実ができていいや」なんておもうことがありますから・・・

でもね、皆さんのすんごい釣果は耳に入ってきていて、そんなときはいつも貧果の私はなんて惨めなんだ~なんて思ってしまいます(汗)

なんせクーラーもいっぱいになることなんてほとんどありませんし、、、大物とは無縁ですからね。

とかいってるから成長がないのもあたりまえですねww

でもよく考えてみたら私の釣りスタイルって「でかい魚を釣る」という松方スタイルじゃないんですよね~

「家族分だけ食いたい魚が釣れりゃいい」なんです。

もちろんでかい魚や大漁ってすんげーあこがれるし魅力的なんですが、どーも縁ないし(爆)

おそらく今後も貧果と隣り合わせのブログだとは思いますが、癒し系ブログとしてあたたかい目で見守ってくださいねw

さてそんな貧果の前フリをして、今週向かった先は某湾内。

息子もまた付いてきたので今週はのんびりと湾内でアジ釣り、その後イカ調査をしようとおもいます。

現地着はAM1:30

またもや某駐車場は賑わっており、停めれるのかとめれないのかよくわかりませんでしたんで移動。

またもや別場所に車をキープして仮眠します。

起床は朝4時20分

別の車がボート準備をしている音で目が覚めます。

まだ外は真っ暗闇。

しかし釣り馬鹿はヘッドライトという名のキラーアイテムで暗闇でも自在に動けます。

私にはそのキラーアイテムがないので(貧乏)真っ暗闇の中、その人のヘッドライトからもれる明かりで準備します(買えよ)

準備していたら見慣れたトラックを発見。

たにしん親子登場です。

なんか来るだろうと予感めいたものがあったので驚きませんw

軽くご挨拶してボートの準備を再開

準備が完了したときでもまだ陽が上り始めたばかりでウスくらい感じ。

後からきたたにしん親子でしたが私よりも準備を早く完了し、出航していかれました。すげー

息子をたたき起こして我々も出航です。

Img_0400

AM1:30まで夜更かししていたためねむねむの息子。

波風もなく、ベタ凪の海、気持ちよいです。

移動中に食べる朝食はこれまた最高!

向かったのは前回アジが良く釣れたポイントです。

【第一の誤算 息子】

よーし、釣るぞ~と気合入れる俺。

息子の分の竿を用意して笑顔で渡そうとすると・・・

息子:「パパー、俺、ねむいわ~、だから寝るね

ん?息子よ、おとうちゃんはもうおじいちゃんだからお前の言葉の意味が良く理解できんよ。

もう一回理解に務めてみよう、、、えーと、んーと、、、、な、なに!!!てめー、じゃあ何しにここにきやがったんだ!!・・・という俺の疑問なんざ「しらねー」とばかりに寝息を立て始める息子

Img_0403

ここのアジは朝しかつれねーのに、こ、こいつは・・・

【第二の誤算 アジ】

まあいいや、一人できたと思えば良いわけだし、考えようによっては自由じゃん!

ってな訳で2本の竿を駆使してサビキ開始!

本日の装備も前回と変わらず市販のサビキ仕掛けに下カゴです。

尺近いアジからチビアジまであまりハリスには影響がないようなので私はいつもハリス3号でエダスが2号や1.5号の太いヤツを使っています。

さて、第一投目から早速アジが釣れてくれたのですが・・・・

Img_0401_2

あれ?

20cmに満たない微妙なサイズのアジ

こいつじゃない!とリリース。

しかし釣れてくるのはこのサイズばかり

Img_0402

間違って釣れてくれた27cmのアジが1匹、、、、、

20cmを超えたか超えなかったのか今ではもうサイズは不明ですがとにかく中途半端なサイズを釣ってはリリース釣ってはリリースを繰り返して23cmのアジをもう一匹キープしただけ。

ううう、、、、予定では25cm以上のアジを20匹くらい釣るはずだったのにフタを開けてみればなんとなんとのキープ2匹。

ここでたにしん親子と合流。

どうやらたにしん親子も小あじの嵐だった模様。

ナイスサイズのアジはもうどこかに行ってしまったのでしょうか。。。。

【第三の誤算 イカ】

アジは諦めてイカの調査に出かけます。

昨年の釣果を見てみればそろそろここのイカも12,3cmにはなっているはず。

ボートを浅場に移動してティップランで調査開始。

しかししゃくれどしゃくれどアタリがない。

おかしい、イカいないのかな?

ここでカイザーファミリーと合流して情報交換します。

すると餃子サイズのイカを1杯だとか。

うーーん、するとまだイカが小さいのかな?確かに私のエギは3.5号だし。

そんな会話をしていたら目の前でカイザーさんがイカを釣り上げます。

をを!やっぱりイカいるんじゃんってことで俄然やる気をだしてしゃくると、、、あ!エギの後ろにイカ発見!!

・・・しかし小さい。なるほどこれでは相手してくれないはずだ。

でも個体数は多くてエギの周りをチビアオリたちが興味津々でワラワラと群がってます。

ここで少し移動してエギをしゃくるとティップがクン!とお辞儀をしたのですかさずあわせます。

Img_0404

あはは、釣れちゃいました。

胴長ジャスト10cmのかわいいアオリ

まだはやいみたいですね、でもあと2週間もすれば立派に相手してくれるでしょう。

とほほ、、、イカも当てがあずれちゃいました、さて、、どうしたものか。。。

【第四の誤算 マメアジ】

すると息子がおきまして開口一番「うお!三重県三陸海岸のコーヒー!!」と意味不明な寝言を発して飛び起きます。

息子:「あーー、よく寝た、今何時?」

俺:「ん、9時だな」

息子:「やばいじゃん!俺まだ1匹も釣ってないし!」

俺:「そんなこといったってお前一番おいしい時間寝てたし」

息子:「なんでも良いから俺、釣りたい」

いきなり起きて、すぺしゃるなわがまま発言、さてどうしたものか。

でもせっかく息子がやる気をだしているので先回のマメアジが釣れたポイントに移動してみますが。。。あれ?釣れない(汗)

何度やっても生命反応ゼロ。

くっ、、、とうとう豆アジまで俺を見放したか・・・・

【第五の誤算 カマス】

ここでカイザーさん達が再びご挨拶に来てくれて「一足先にあがりまーす」って。

たにしんさんからも電話があって「あがります」コール。

さて私たちはどうしたものか・・・なんせクーラーガラガラだし(汗)

今更とは思いながらももう一度沖へ向かいますが、案の定釣れませんでした。

しばらくポイントを探して奔走。

するとプレジャーの人がサビキで何かを釣り上げてます。

近づいてご挨拶するとなんでもカマスがこの一帯にわんさかいるとか!

プレジャーの人:「カマスの仕掛けもってる?ないと厳しいかもよ?」

俺:「ないけどがんばりまーす、すみません近くで釣らせていただきますね」

とご挨拶していざサビキカマス!!

Img_0406

コイツはうれしい誤算!サビキでもなんとかかますが釣れてくれます。

もちろんノーマルサビキなんでポツリポツリしかかかってくれませんが。

息子もちょい興奮気味にサビキを落としてカマスをゲット!

そのうちマメアジも釣れ始めてようやく賑わいはじめる私のクーラーボックス。

気が付けば20cm前後のカマスを7本、、、ん、微妙。

マメアジは、、、うん、これまた15匹くらい、、、ん、微妙。

まあ、これならおつまみくらいなんとかなったかな(汗)

なにはともあれなんとかお土産を確保した私。

まあ楽しかったし、息子も最後の最後で満足したみたいなんでこれでよしとしましょうw

Img_0407

最後はクルージングを楽しんで帰還!

11時くらいまでのんびりつりを堪能できました。

さて、色々な誤算があり、あいも変わらずクーラーはスカスカでしたw

これで8月のつりはなんとか終わりを迎える事ができました。

さて、いよいよ9月、秋の釣り戦線開始ですね。

今年の秋はどこを主戦場にしようか決めかねています。

まあ、のんびりかんがえますわ~

釣果:

アジ:23、27cm それぞれ1匹ずつ

イカ:胴長10cm 1匹

マメアジ:15匹前後

カマス:7匹

息子の締めの一言:

息子:「パパー、牛丼食べたら、コンビニでバウバウ食べようね。」

をまえ、それはミニストップのハロハロだろ・・・・ナイス、息子!!

2011年8月14日 (日)

2011/8/13 2馬力ボートフィッシング その53(20) 続 夏の海(アジ編)

  皆さん、こんちにわ!どーもお久しぶりです。

毎日暑いですね~、皆さん夏休みどのように過ごされてますか?

私は8月に入ってから夏休みをとっていましたよ!

巨大ねずみが徘徊し、野獣がのばなしになり、異性人が闊歩するという異世界へいってまいりました。

Img_0369_01

とても不思議な場所でしたが日頃のストレスをどどどーーーんと解消してきました。

私もそうでしたが妻もとにかく大変でして、、、ストレスのたまる事ばかりでとても大変だったのでおもいっきり遊び倒してきました!!

おかげですっきり仕事にも励めましたよ!もちろん内容は・・・・ですがw

さて、釣りの話ですが某所でアジが好調との噂、実際うえじゅんさんやF-3さんもアジをゲットされてましたしこりゃ釣らねば!!ってことで行ってきました。

現地着は午前1:30分、しかし多くのキャンパーがあつまっておりいつも車を停める場所は駄目。

おや?ボートが膨らんでるけど・・・知ってる人かなぁ?でも停める場所がないのであきらめます。

ちょっと移動して車を停車させ、3時間ほど仮眠を取ります。

起床は4:30

まだ薄暗い中すでに出航準備をするボートが多数。

さすがはお盆休み、人多いなぁ

本日はアジ狙いなんで装備も単純、だからささっと準備をしていざテイクオフ!!

・・・

と思ったら別の場所で見慣れたお人を発見!

ボートを着岸させてご挨拶、そう最強浜辺夫婦釣り師ことカイザーさんとソアラさん、そして独自の釣りワールドを展開するデジさんです。

ポイントについて最新情報をカイザーさんに教えていただきました。ふむふむ、思ってた場所よりも少しあっちだなあってわかりました。

もういても立ってもいられません!

「先に行ってます!後でよろしくです!」とご挨拶してポイントへ一直線です。

Img_0375

「気持ち良い~!!」

そう、本日は息子と一緒です。

連れて行け、連れて行けとうるさかったので連れてきました。

アジ釣りならコマセを撒くだけだし、一緒に撒けばアジの足を止めることもできるでしょうしね!

さて、ポイントに到着して魚短を見るともうアジらしき反応がでまくってます。

息子にサビキを渡して投下させます。

本日の仕掛けですが市販の激安サビキ(針7号、ハリス2号)を使用します。

今回ももちろん下カゴですよw

どーも上カゴは苦手でして(汗)

私もサビキを投下してシャクシャク。

すると私の穂先がシュビッと!もっていかれます!

きた!これこれこれ!!!

魚とのやり取りを楽しみたいところですがここは息子にバトンタッチして釣りを楽しんでもらいます。

息子:「うおーー、すげーーひくよ~」

でました、1年越しの「ザ・松方」スタイルでリールをゴリゴリ巻きますw

上がってきたのはこいつ

Img_0377

ばばーーん、27cmくらいの良い型のアジ!

息子大興奮、私も興奮。

さあ、どんどんいこーか!

再びコマセを詰めて落とせば入れ食いです。

しかし息子の「ザ・松方」だと強引に巻きすぎて針が外れる事多数(汗)

3匹追加したところでアジの型が少し落ちてしまいます。

Img_0378

20cm前後でしょうか。。。

うーーん、このサイズは一番調理しにくいし、まだ釣れるでしょうってことでリリースします。

その後もこのサイズが釣れるのでリリース、投下、リリース、投下を繰り返します。

だめだ、もうこのポイントでは25cmを超えるヤツは無理そう。。。

ふと遠方を見るとカイザーさんとソアラさんが浮いてます。

この場所を見切って移動し、ちょっと情報交換するとソアラさんの竿が突き刺さってよい感じ。

よーし、私達もこの近くで釣りさせていただく事にします。

しばらくしてカイザーさんの竿にめちゃうらやましい獲物が!!!!しっかりと見せていただきましたがええなぁ~私のテンションさらにUP!!!

そんなカイザーさんの活躍はこちらから

さてさて私の竿もズボッともって行かれて上がってきたのはよい型の27cm前後のアジ。

息子の竿にもアジがかかり、引きを堪能!

Img_0382

息子よ!きたぞ!いまだ!もう釣るしかねーぜ!!爆釣モード全開だぜーーー!!!

息子:「パパー、、、眠たい」

は??Σ( ̄ロ ̄lll)

息子:「昨日は興奮して眠れなかったからなぁ~、よし、俺、寝るわ」

を、をい!!!ま、まさにこれからというときにちみはなぜ寝るのだね??

そんな私の驚きをよそにすやすやと寝息を立て始める息子。。。。

Img_0384_2

こ、こいつは、、、目の前にあるご馳走をむざむざあきらめるというのか、、、

こ、こうなれば私1人でがんばるしかない!

息子の竿を操り、私の竿を2本同時にサビキ投下していきます。

しかしこのポイント、入れ食いなんです。

1ついれればもう一方もかかります。

慌てる俺、しかしアジ君はアミエビに狂喜乱舞!

結果・・・・

Img_0383

か、悲しい、、、アジがもう一方の仕掛けに絡まり痛恨のライントラブル。

解くまでに3万年くらいかかりそうなので諦めます。

しかしこのタイムロスが痛かった。。。

入れ食いモードだったアジが散発となり、食いが落ちます。

なんとか納得サイズを10匹釣り上げたところで群れはどこかへ行ってしまいました。

時計を見ればまだ8時前、、、、な、なんちゅー展開の速さ。

まあ、いなくなったものは仕方ないのでカイザーさんとソアラさんにちょっと移動してきますと挨拶して浅場へ移動。

イカチェックして見ますがまだいないみたい。。。

うーーん、じゃあおつまみをゲットしようかなぁ

そうマメアジ釣りです。

マメアジをカラッと揚げたやつがビールにメチャあうので大好きなんです。

さっきあまったアミエビがほんの一握りありますがこれで十分。

投下すると釣れる釣れる。

プルプルプルっと竿先が振れて10cmに満たないアジがぽつりぽつり釣れてくれますw

こうなるとコマセを詰めなくても釣れてくれます。

つれなくなったらまたコマセをちょっと詰めて投下。

するとまたプルプルプル、、、た!たのしーーーー!!

そんな小さな世界の釣りしていたら息子が起きてきて、あ、いいな、俺もソレやりたい!っていうので代わってやります。

Img_0380_2

息子:「入れ食いやー、たのしーーーー、ほらまた釣れたよ」

さすが私の息子w大物よりも小物の入れ食いの方が楽しいらしいw

ビールのおつまみマメアジを堪能してアミエビが切れた頃、カイザーさんとソアラさんが挨拶に来てくれました。

先にあがりまーーすとのこと。

時間を見るともう9時近く。

少しイカ調査をしますがコレは空振、まだ早いみたいだね。

まあ秋になればまたいっぱい釣れるし良しとしましょう

ってことで私達も9時30分に納竿としました。

釣果:

アジ:(キープ) 25~28cm 10匹

マメアジ:多数

ちょっと貧果??でも1家族分釣れたので満足ってことで(汗)

帰りは息子のわがままを聞いてうどんを堪能

Img_0391

息子はよくばってテンプラ3つも取りやがった、結局食べられず私が残飯整理しましたけどねw

そして帰り道で温泉によって疲れを取り、帰宅しました。

釣りよりもうどんや温泉が目当ての息子でした(汗)

でも楽しいからいっか!また行こうな!

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »