2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月28日 (木)

2011/7/28 2馬力ボートフィッシング その52(19) 夏の海

次の仕事の関係で木金休みラストとなる今週。

前回まで納得の釣りが出来なかったためゆっくりと釣りを楽しみたい。

友人Yとの釣行も考えましたが彼は休みが1日しかなく、遠方まで釣りにいくにはしんどいみたい。

結局今回は1人ゆっくりと釣りをたのしませてもらうことにした、ごめんねY。

仕事を終わって食事して風呂に急いで入り、その日のうちに家を出発、現地着は翌日2時すぎ。

なんとか2時間睡眠とることはできましたがやはり眠い。。。。

しかしおきてみると外はもう薄く夜が明け始めてます。

本日は砂利浜からエントリー、海水浴するような浜でもないので誰もおらず気楽にボートが出せます。

そして夏の釣り対策です。、

まず麦藁帽子!普通の帽子よりも頭が涼しいし、なによりツバが広いのでクビの日焼け防止効果バツグン!

そんでもって日焼け止めを塗りまくり!でもマメに塗りなおさないと結局日焼けしちゃいますけどねw

そしてサングラス(偏光グラスだけど)、クリックさんのブログにも書いてあったけど目も日焼けするって知ってました?

ギラギラ海面はタダでさえまぶしいのでこの季節必須ですよ。

午前5時に準備完了していざ出陣!

さて、本日のターゲットは真鯛とイカ

またイカっすか?と思われるかもしれませんね、前回でこりたはずでは?ってw

はい、その通りですが先週買った釣り雑誌に「夏アオリ」なる記事があって興味引かれちゃいました。

なんでもイカの産卵は6,7月が中心で9月に新子のイカが出始めるのは知られている事ですが、早生まれのイカがベイトの多い夏に急成長して夏には500~600gくらいになることがあるらしい、もちろん個体数は少ないとのこと。

こりゃやるっきゃないでしょうってことで狙うことにします、間違って親イカもつれるかもしれないしねw

さて、まずはタイラバで真鯛狙いです。

・・・・・・・・・

・・・・・

しらばく巻き続けるもヒットなし(汗)

あたり、、、というかおさわりはあるのですがどうやら小さい魚(?)なのかのってくれません。

次のポイントはさらにおさわりすらなく退屈な時間だけが過ぎていきます。

ああ、今日も惨敗ブログだなぁ~なんて思っていたら周りで小魚が跳ね始めます。

ナブラ・・・・ではなく単にベイトが跳ねてるだけみたい。

よーし、それならってことでサビキをジグにセットして急降下!

Img_0325

じゃーじゃーーん、プルプル感とともに上がってきたのはなかなかよい型のカタクチイワシ。

15cmくらいありました、なかなか良い型のイワシかぁ~こりゃうまそう!!!

ってことで真鯛のことはすっかり忘れてショットガンでカタクチイワシを追加していきます。

もちろん写真なしw

面白かったですわ~、魚探にバーーと反応が出て、水面がぴちゃぴちゃ言い出したらショットガンでイワシ!

Img_0327

20cm弱の小さいサバも混じりますが、こいつはリリース!!

12,3匹釣り上げたところで我に返る

Σ( ̄ロ ̄lll) い、いかん、、、こんなにイワシ釣ってどーすんの俺。

楽しかったけどイワシ釣りはここまでにしてさて、真鯛真鯛!

湾外に出ても湾内にもどってもタイラバには明確なあたりなし。

うーーん、困った。

事前情報でこの湾で真鯛を見かけないとは聞いてましたが本当らしい。

それに他の魚までいないし。。。。

ここで一旦タイラバを休憩。

次のターゲット、イカですわ!もちろんティップランで狙います。

本日のエギはスクイッドシーカー(ノーマル)私はこのサイズのアジカラーがお気に入り!

秋や冬とは違いあまり積極的にエサを追わないのではないかと想定してシャクリ回数を少し抑え気味にしてステイ。

しばらく流しているとティップにすごく小さな違和感。

すかさずあわせを入れると「クンクン」と小気味良い引き!

ノッた!!!でも軽い。なんだろ????

Img_0328

ケンサキ、、、じゃないね、多分ジンドウイカ(?)かな?小さいけどうれしいイカゲット!!

アオリイカ以外のツツイカは群れてる事が多いのでチャンスかもと思いすかさずキャスト。

同じポイントを流しているとまたもやティップに違和感。

Img_0329

やっぱりいるんじゃーーん、2杯目ゲット!!

小さいからもう少し数がほしいなあと思いキャストしますが後が続きません。

どうも群れが小さいようで深い場所は駄目みたい。

ってことは浅い場所がよい?どれどれと浅場を攻めてみると不意にあおった竿にズン!!ときました。

をを!重いじゃん!これはジンドウイカじゃないな!

ティップランじゃないけど。。。。結果オーライ!

慎重にやり取りしつつ重みを堪能、たまらんなぁ~

Img_0330

ブシャーーーーって直前に墨爆弾を浴びてボートが被弾しましたが(汗)なんとか取り込み成功!

500gくらいのアオリ!!待ってました!これが多分夏アオリですね。

わかりませんが待望のアオリゲットです!(まあ事故みたいなあわせでしたがw)

ほほう、君達そんなとこにいたんだね。。。。。

ようやく見つけたイカポイントに ( ̄ー ̄)ニヤリ

なんだか無性に燃えてきました。

再び同じようなポイントを攻めるも空振り、まだまだぁ!

少しポイントを変えたところを攻めると明らかにティップに違和感!

今度は事故じゃないぜ!!とあわせを入れるとさっきよりも更に重量感あり!!

こ、この重みはまさか!!

Img_0332

どどーーーーん!!

デカイカ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

胴長25cm超え、スクイッドシーカーをガジガジに噛んでます(汗)

(さっきのイカとはスクイッドシーカーを元に比較してね)

キロあるかな?無いような気がするなまあいいや、これで我が家も大喜びでしょう。

少し欲をだしてもう少し狙うとまたもやジンドウイカw

Img_0333

我が家のイカおなかいっぱいコースが確定したのでこれにてイカ終了。

時計を見れば丁度12時。

日焼止めを塗りなおしたりしながらも時々くもる天気に助けられて再び続行!

さあ、釣りの運気も上がって来たところでタイラバでお魚いってみましょう!!!

朝イマイチだったポイントをもう一度攻めるとすぐにあたり、しかしのらず。

もう一度落としたら再びアタックがあって今度はしっかり乗りました!

結構な重みと時々竿を叩くこの感覚、もしかして真鯛?と期待させるこいつは・・・

海面を覗きますがまだ見えません。

それにしても透明度が低い。あれ?ってことは水潮?

海中にぼんやり姿が見えてきたところでぶるぶるぶるん!!!!ふっ・・・・

∑q|゚Д゚|p

つ、痛恨のバラシ。

目の前にはぼんやり姿の魚が海中にもどって。。。

もどって。。。。

もどっていかない!

あ、もしかしてこいつ浮き袋でたんぢゃね!

しばらくぼんやり浮かぶ魚体を注視。

Img_0334

ぷかーーーーーん

Σ(;・∀・) う、浮いた。

写真撮るの忘れましたが35cmくらいのビックイトヨリ君!!

まあ、うまいしいっか。

その後チビイトヨリを3連発するもクーラーに収まるサイズではないのでオールリリース。

そうそう、少し時間さかのぼりますが、釣りの最中、なんだかくるくる海面で弱ってヘンな動きをしている魚を発見しました。

タモですくうと

Img_0331

ん?君だれ?しらない魚だな。

わかんないけど海面で弱っている魚ってなんだか病気もってそうで怖くないです?

ってことでリリースするとしばらくして海中に消えていきました。

時計を見ると2時、釣れる気配なし。

お魚は不発でしたがイカが釣れたので撤収することにしました。

Img_0338

本日の釣果:

アオリイカ(胴長18~25cm) 2杯

ジンドウイカ 3杯

イトヨリ 1匹

カタクチイワシ 多数

早速その日の夜、我が家の食卓に並ぶイカフルコース

イカのバター醤油炒め(しめじとたまねぎも忘れずに!)

イカの姿焼き(まるっと焼いてはさみでチョキチョキ、あとは醤油マヨネーズで!)

最高ですわ~

やっぱイカは美味しいですね。

よいイカポイントも見つけたし、またチャレンジしてみようかな。

さあ、相変わらず魚は釣れませんが釣り運は多少上向いてきたみたい!

次はガッツリでかい魚を釣りたいっすね、どうしようかな???

ちなみにスポーツドリンク1L、炭酸飲料500ml、お茶500mlもって来ましたが最後には空になりました。

皆さんも熱中症対策忘れずにね!

2011年7月15日 (金)

2011/7/15 2馬力ボートフィッシング その51(18) 消化不良

前日の釣行は天気の関係もあってゆっくり釣りができず消化不良でした。

でも根魚に多少恵まれてスランプからは脱出できたのかな??なんて思います。

本日は心機一転、場所を変更してゆっくりとつりを楽しみたいと思います。

向かった場所は久々のポイント。

しかし遠いので道中にある道の駅の駐車場で力尽きて仮眠。

2度寝をしてしまい朝4時30分にようやく起床、現地に付いたのは朝5時でした。

すっかり夜が明けてしまいボートの準備をしていると地元のオヤジさんがコチラに近づいてきます。

最近地元の人とボーターのトラブルが目立っていますのでもしかしてここもなにかあるのか?

おそるおそる挨拶するとオヤジさんがこういいます。

オヤジさん:「きみ、遅いで~、もう魚にげちゃってるんじゃないの?来るなら夜明けの4時頃こなきゃ!」

な、なんてフレンドリーなおじ様(はーと)

しばしおじ様と談笑して「本日は釣れないとおもいますががんばってきます」と謙虚な姿勢でお別れ。

さて、いざ準備完了!テイクオフ!

海況はというと風はほぼ無風に近く、波はというと・・・・港内は波ありませんが湾外へ出てみるとかなりの波。

実は私、この湾外へは1度しか行った事がありませんのでイマイチポイントが分かっていません。

天気も良さげなので本日はちょっと冒険して遠征!目指すは1級ポイント(じゃないかと予想)しているあの島!!!

しかし遠い、いけどもいけども近くならない某ポイント。

諦めて手前の岬で釣り開始。

するとすげー潮!!!!さすがは大潮&湾外!!

60gのタイラバは見る見る間に斜めに!!!

底が取れない、、、、この「60gで底が取れないときの釣り」が私の当面の課題だなぁ

インチクやジギング覚えれば攻略できるんかな??

一度madtakaさんに弟子入りしなくては。

さて、開始して1時間経ちますがポイントが分からずここまでアタリはゼロ。

思い切って別の岬に移動して浅い場所から攻めてみます。

ここも潮がすごい勢いで流れています。

数回落としたら本日初のおさわりがありました。

をを!!ガツンと竿を持っていくなかなかのおさわりでした。

これは期待できるかもとおもいもう一度タイラバを落として様子を見ます。

するとガツガツガツ、、、ググーーーーンと竿が持っていかれます。

あわせを入れると心地よいヒキ。

た、たまりませんねこの瞬間。

私はやはりタイラバ釣りすきですわ~

Img_0315

上がってきたのは見事な黒メバル!!もしかして尺あるんじゃないの??

これはうれしいお土産ができました。

その後同じ場所を攻めるもアタリが続きません。

諦めて少し移動。

今度はえげつなく突き出ている岸壁の少しはなれたところで釣りをしてみます。

海底もえげつなく起伏があり、根魚の期待大です!!

すぐに答えがあり、フッキング!!ああ、た、たまらん!

Img_0319_2 

、、、えーっとだれ??

ハタっぽいけど 見慣れない赤い魚。

逆光だから余計にわかりにくいですねw

しかし25cmくらいなんでリリースします。

その後同じポイントを攻めるもあたりなし、なぜ??こんなにえげつない起伏なのに。

人間で言えば六本木ヒルズくらいよさげなポイントなのですが(意味不明)

結局その後あたりなく、本日のタイラバ終了。

さて、本日のメインイベントと参りましょう!

本日のメインイベントはまさかのイカw

今家族でもっとも食べたい食材No1です。

ティップランならもしかして・・・と思って粘りますがあたりなし。

その後何度も試しますがティップには何も反応無く終了。

悔しいなぁ~、やっぱこの時期のイカは難しいです。

秋まで我慢することにしよっと!

さて、その後ジギングやタイラバを試しますが大きな魚影が魚探にでるものの付いている大物がいないのか腕が悪いのかアタリもなく終了。

そうこうしていたら段々波がうねり始めます。

なんで?こんな予報、、、あ、そういえばうねるっていってたっけ?

風も出てきたので釣りにならないので本日も11時と早いながらも撤収と相成りました。

釣果:

クロメバル:1匹 29cm

Img_0322

お、おしい、後1cmなんでがんばってのびないんだコイツ。。。

念願の尺メバルはまた先送りです。

うーーん、またまた消化不良です。

この時期しかたないのか海況が激変して釣りにならないですね。

皆さんも海況の激変にお気をつけ下さい!特に無理は禁物ですよ。

遭難なんてことになったらしゃれになりませんからね。

さて、2日連続で釣りに行ったにもかかわらずたいした獲物もなく終わってしまった今回の釣行。

やはり「季節にあった獲物」を狙ったほうが楽しいんだってことがよくわかりましたw

タイラバ釣行は好きなのでこれからも続けますがしばらくイカはさっぱりと忘れます。

次は・・・・どこでなにしようかな??ちょっとジギングを勉強したいんで8月はどなたかの弟子となり修行にはげもうかな? 

ジギングといえば・・・・必殺のジャークを持つ彼でしょうか。。。。。(ニヤリ)

2011年7月14日 (木)

2011/7/14 2馬力ボートフィッシング その50(17) タイラバデビュー

木金休みとなり、休みが不定期な友人Yとの1年ぶりの釣行となりました。

友人Yはタイトルにもあるようにタイラバデビューです。

さて、友人Yの装備ですが・・・

サビサビで通常の3倍に膨らんだガイドの竿とスピニングリール、糸はPEではなくナイロンの、、多分3号くらいかな??

うーむ、なかなかタイラバには不向きなハードな装備だぜぇ

もうやめちまえ がんばれよと心の底から応援しつつ、現地到着は朝4時30分

道中、車の窓でジギングロッドをブチ折るという不幸もなんのその。

(代わりに友人Yから竿をもらっちゃいました、さんくす)

さて、天気予報的には風は多少南から吹くものの波はないとのことでしたが・・・・

現地についてみると結構うねりが残ってます。

風はというと・・・これまたちょっとありますがなんとかなるでしょう。

いざ根魚ポイントへ!!

Img_0303

ポイント付近についてみても波が収まる傾向がありません。

しかし釣りに支障があるほどではないためタイラバ開始。

友人Yは一年前に購入した2個のタイラバがありますのでそれを使用。

メーカーはどこのかわかりませんが重さは90gだったかな?

通常の3倍のガイドを持つ竿が今まで持った事のない重量で悲鳴をあげて曲がりまくります。

これで40cm級の根魚がかかったら・・・・竿ブチ折れてくれないかなぁw

さて、そんな天使のささやきを頭に浮かべながら私もタイラバを投下。

60gを使用しますが潮が早く底が取りにくい。

しかもうねりと風でやりにくい。。。。こりゃ苦戦しそうだって思ったらいきなりアタリ

友人Yに来た旨を伝えて巻き上げます。

なかなかの重量で上がってきたのは・・・

Img_0304

35cmのアオハタ、ここのアベレージサイズですね。

友人Yもやる気を出しますが・・・・とにかくアタリが取りづらく。。。あっという間にカレのタイラバ2個殉職。

私も1個殉職させます。

この所タイラバの殉職率が異常ですわ、気をつけねば。

その後友人Yはタイラバを諦めてバイオワームの釣りにチェンジ。

私は引き続きタイラバで勝負。

するとまたもや私の竿にヒット

Img_0305

25cmくらいのキジハタ。

いつもなら見栄を張ってリリースですが今日は厳しそうなので友人Yに進呈。

その後あたりはあるもののチビカサゴだったり根係りだったりでまたもや苦戦。

Img_0307

こんなゲストもw

Img_0308

チャリコの中のチャリコ、15cmくらいかなw

ど根性リリースです!!!!

その後、再び私の竿にヒット。

まずまずの重み、これはとおもい友人Yに竿を渡してヒキを堪能してもらいます。

上がってきたのは25cmくらいのカサゴ

Img_0309_2

しかし今日の海況では底取りが難しくタイラバではあまりにも根係り率が高くなってしまいます。

そこでかなり前に買った一つテンヤを試してみる事に。

友人Y:「を!俺の装備に恐れをなして新たな装備を出して来たな」

俺:「すまん、眼中にないんだけど」

そんな軽快な毒舌を吐きつつもイマイチ乗り切れない本日の釣り。

後が続かないので一旦このポイントを見切って深い場所の一発逆転勝負に挑みます。

ポイントに到着。

水深は約70m

友人Yに私のタイラバを貸してあげます。

さあ、本日のメインイベントです。

2人してタイラバ投入。

・・・・・・

・・・

あまりの潮の速さに友人Yに貸したタイラバはわずか1回約20秒で根係りとなりました。。。。

私も潮の流れに翻弄されてわずか2回でギブアップ。

風も強くなり始めましたのでとりあえずこのポイントは諦めて40mラインに切り替えます。

なんとも短い本日のメインイベント・・・・

なんと我々らしい結末。

さて、40mラインで友人Yはキュウセンをゲット。

ここってキュウセンいるんだなぁと新たな発見ですわ。ってことは海底は砂地やね。

ここでタイラバをチェンジ

友人Y:「なんだよ、やっぱり俺の装備に恐れをなしまた違うのを出して来たな」

俺:「すまん、やっぱり眼中にないんだけど・・・」

そんなガールズトークが弾む私達のボート

すると私の竿が強烈にしなります!!

着た!このアタリはでかいぞ!

なんだろ?根魚にしては結構引く!シーバスか!それとも真鯛??

ワクワクどきどきでゲットしたのは・・・

Img_0311

・・・・・・お、おまえかよ。

エソ(推定70cm)、ムダに太いし。。。

友人Yと押し付け合いをしますがリリースという選択にたどり着きました。

最初からそうすりゃ良かったね(汗)

その後さらに波と風が強くなってきたので一旦出艇場所付近まで退避します。

途中波が高くてモロに正面から数回くらいボートの中はかなりの水が、、、友人Yは船首にいた為何度も波をかぶりびしょびしょ。

この日の連日の猛暑の中、1人「寒い」とつぶやいた友人Yでした。。。

さて、時間はまだ9時前、、、波はウサギが飛び始め、風はというと強めです。

しかしあまりにも消化不良なので諦め切れません。

とりあえず少しだけやって駄目なら帰ろうということになり、いざポイントBへ

タイラバを落とすといきなり私の竿にヒット!

ですがちょっと小さめ、、、抜き揚げると20cmくらいのカサゴです。

コイツはちょっと小さいのでリリースします。

さあ、こい!!ミラクル!!

と息巻きますが風と波がさらに悪くなりこれ以上の釣りは困難と判断。

まだ10時くらいですが納竿としました。

本日の釣果

Img_0312

アオハタ:1匹

カサゴ:キープ3匹

キジハタ:1匹

うーむ、消化不良っす。

釣りを楽しみたかったし友人Yにも釣らせてあげたかったのですが海況が悪すぎました。

あと友人Yの装備ですがやはりベイトリールとPEは必須みたいですね。

次はもう少しよい海況で友人Yとリベンジに行きたいと思います。

私はというと・・・明日に続きます!!

2011年7月 1日 (金)

2011/7/1 2馬力ボートフィッシング その49(16) 沈黙の海

7月に入りましたね。
私はお客様の関係で仕事が土日休みから木金休みにシフトされました。
いつまでかは分かりませんがとりあえず7月までは木金休みです。
さて、今週は7月1日(金)の1日だけ休みです。
本来ならある獲物を求めて遠征し、一泊も覚悟でじっくり粘る予定でしたが残念。
近い場所でとりあえずボートを出そうってことにしたのですが・・・・さて、この時期どこで何を狙うか迷ってしまいます。
無難なあの場所で出艇すればなにか釣れるでしょうって安易な考えでとりあえず出発。

車で仮眠を取って朝4時30分に起床!
いつもならば賑わうこの場所もボーターさんは私だけ。
ちょっとさみしい感じですがまあ、一般の人からすれば平日だもんね。仕方なし。
さて、準備準備、、、、と外に出ようと思ったらあいにくの雨。
あれ???天気予報では雨のあの字もなかったのに。
まあすぐに止むだろうと再び車で仮眠します。
・・・・
・・


30分後、小雨となりましたので1人さみしく準備してテイクオフ!
波、風は無し!少し肌寒いくらいですね。

さて、本日狙うは・・・狙うは・・・・まあ、いいやとりあえずシーバス狙いにしよか。
でもジグはへたくそなんでタイラバで狙います。
確か昨年はこの巻き速度でゲットしたよなぁ~って巻き巻きしますが・・・
はい、無反応。
じゃあ、この速度か!
いや、この速度か!
それともこっちか!
どっちだ!
あっちか!
・・・と色々試しますがまったくすっかりしっかり全然さっぱりあたり無し。
どーなってんの??おさわりすらありません。
シーバスはどこ?
根魚はいずこ?
真鯛はどちら?
フグは?
あ、フグいらねーや。

そうこうしていたら北の空がなんだか怪しい。
あれはどうみても・・・雨雲!!
急いで竿を仕舞い込み、出艇場所まで戻ります。
後少しってところで雨が降り始めます。
なんとか小雨のうちに出艇場所までたどり着き、慌てて竿と道具を一式もって車へ避難します。

早く止んでくれないかなぁ~なんて考えながら待つこと30分くらい??
だいぶ止み始めたので再び出航します。

さっきの場所では生命反応がまったく無かったんでちょっと移動します。
すると前方にカヤック発見!!
こんなときに浮かんでいるカヤッカーといえば・・・絶対にしくんだ!!
なぜかがっつり確信して移動します。
にしくん!
にしくん!
にしくん!

あ、でもちょっと寄り道。
タイラバ落として巻き巻き。

うん、いじょーなし!

にしくん!
にしくん!
にしくん!

あ、もういっちょ寄り道
タイラバ巻き巻き。
・・・・
・・・


ちっ!いじょーなし!
なんなんだよ今日は(汗)

まったくアタリなくカヤックに近づいてみたらやっぱりにし君でした!!
ご挨拶して状況聞くと厳しいながらも根魚をしっかりと釣ってるみたい。
さすがやね~
釣りクセをつけるために俺も根魚釣るぞ~~
って思ったら風がびゅうーーーー
にし君と「今日って天気予報こんなんじゃなかったよねぇ」なんて話ながら釣りますが流される流されるw
碌に会話もできやしない。
何度も流しなおすために戻りながら釣りますが本当に駄目。
まったくあたりなし。
そしたら今度は雨が降り始めます。

もう勘弁してくれよ(涙)
とりあえずちょっと離れたところで釣りしているにし君に「戻ります」ジェスチャーをして出艇へ避難。
出艇場所までくると雨が小雨になります。
さっきまでいたところを見ると・・・ああ、めちゃ雨降ってるし。
とりあえず出艇場所付近でタイラバやるもこれまた反応なし。

諦めかけていたところに再び降り出す雨。
しかも今度は止む気配なし!
やばいっと思った頃にはすでに手遅れでした。
パンツまでしっかり濡れました。
この雨でなんだか釣りする気力も根こそぎもっていかれました。
開き直ってザーザー雨が降る中、ボートを片付けます。
完全に撤収完了して時計を見るとなんとまだ10時前。
か、悲しいけどこれって撤収なのよね・・・
ってことで完全ボーズのまま撤収と相成りました。
帰宅途中、昔なつかしい釣り場所にふらりと寄ってみました。
ずいぶんと様変わりしておりました。むしろ出しやすくなってるし。
水深がないから大物は釣れないけどなんだか今の私は癒しを求めているらしく「今度ゆっくりここからだそうかな。」って思いました。
こっそり忍ばせていた人工エサでキスを浜から狙ってみましたけどコチラもまったくあたり無し(涙)
もはや完全に心折られて納竿としました。

結果:

ぼーーーーーーーず

てやんでい!!

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »