2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月18日 (土)

2011/6/18 2馬力ボートフィッシング その48(15) 今日は家族サービス

地元では金曜に雨が降ったり止んだりで「明日釣りいけるかなぁ??」とヒヤヒヤしてました。

なんとか土曜日は天気も回復する様子。

これならいけるでしょ!とワクワクしながら釣り&キャンプ(といっても浜でテントはるだけですがw)の準備です。

もう息子の張り切りようといったらすごかったですよ。

こんなにも率先して手伝ってくれたことはありませんでした。

さて今日は家族4人でのんびりする予定です。

子供達もおおきくなりましたので私の軽自動車では荷物の限界がありましたので

実家で大き目の車を借りて色々詰め込んで出発します。

起床は朝3時。

かみさん、ねむねむ(´△`)Zzzz・・・。o○

そういえば家族でこんなに朝早く起きて出かけたことなかったかもしれませんね。

子供達をたたき起こしていざ出発!

道中朝飯かったりコンビニに寄ったり、釣具屋でエサを仕入れたりしながら、現地に到着したのは朝6時。

すっかり朝の地合いを逸したのではないかとヒヤヒヤしながらの到着です。

するとまだがうじさんが残られてましたのでご挨拶して私も慌てて準備します。

もしかして待っててくれたのかな?ありがとうがうじさん。

さて準備完了して息子と2人で出発!

Img_0279_01

かみさんと娘は車の中でお留守番(かみさんは本日1度目の昼寝?いや朝寝かな?)

まずは第一部朝釣りの部です。

ターゲットはアジ!

がうじさんは別の場所で別の獲物を狙っているのかアジポイントにいませんでしたので私と息子でコマセを撒いて場所を暖めておくことに!

さて、本日の装備は五目釣り用のライトなタックルでPEは0.8号のタイラバ用のヤツを流用です。

仕掛けは針7号でハリスは1.5号の太いヤツ使います。

私は下カゴがすきなんで下カゴにアミエビを詰め込みます。皆さんは上カゴかな?

下カゴは水深20mが限界かなぁって思ってます。

それ以上の水深だと海底に着く前にアミエビなくなってるでしょうからねw

さて、数回しゃくるもあたりなし。

やばいなぁ~、もしかして今日も苦戦??なんて思っていたら竿がシュピっと音を立ててしめこまれます

丁度がうじさんもコチラに合流。

「釣れてます?」の問いに「今来ました!」とご返事

息子に竿を任せて私はもう一本の竿を準備

すると上がってきたのはなかなかサイズのアジ(27cm)

Img_0281

このサイズのアジは料理しやすく食べても美味しいのでうれしいですね

今が地合いか!!とおもいきや群れが小さいのかポツリポツリとアタリがある程度

Img_0283

でもそのアタリのよさに息子はうれしそうにリールを巻いてました。

息子もコレでアジ釣りに夢中になるかなぁ~なんて親心まるだしででれでれの俺。

しかーーし、息子が夢中になったのはコレ

Img_0282

はい、ドン。

なんとハエたたき、手に持っているのはメロンパンの袋

アミコマセに集まるコバエが気になって気になって、もうアジ釣り所ではなかったそうです。

息子:「あー、もう、俺このう○こハエ大嫌いなんだよ~」

俺:「空気と思え、すぐになれるって」

息子:「うわぁ~!ここにも止まってる(ベシベシ!)あー、パパの背中に3匹、ちぇすと!!!(ベシッ!)」

俺:「いってぇ~、なにすんねん!」

息子:「だって、ほら、おらぁ~、(ベシベシ)、を!一匹撃沈!あ、またパパの背中に2匹」

俺:「なんだよ、俺はまるでう○こぢゃねーか」

息子:「・・・う○こ練りたくってる訳じゃないよね」

俺:「・・・するか!!」

息子:「だよね~、を!そこ!ベシベシ!」

と海上で大格闘

次第に慣れ始めた息子はコンスコン率いるリックドムを次々と葬るアムロレイの如く、次!次!とコバエを落としていきます。

息子:「後2匹でステージクリア!」

と意味不明な言葉も出始めます。

しかしなぜか息子がコバエを退治し始めるとアジが釣れるというまたもや意味不明の現象が発生。

Img_0284

時にはダブルで上がることも!

そんなこんなでアジを6匹釣り上げたところでアタリが渋くなります。

Img_0286

つれないな~、と再びコバエを退治すべくメロンパンの袋を持って息子奮闘!!

するとこんなゲストがお目見え

Img_0287

Img_0290

ナイスサイズのウマヅラに20cmのカサゴw

どちらもうまそうなんでキープ。

そしてとうとう釣れちゃいましたこいつ

Img_0289

ばばーん、スズメダイです。

コイツが釣れるようになるとここのアジはもう絶望的なんすよ。。。とほほ

息子も多分6,7匹コバエを退治したところでヘロヘロとなりましたんでキリの良いところで第一部終了です。

一旦あがってテント設営をすることに。

Img_0293_01_2

おニューのテントですわw

安物ですがなかなか広くて、年頃の娘とかみさんも中で着替えれるよう全部窓がしめれるようになってます。

Photo

息子と娘は一足早く夏を先取りw

って水温めちゃ低いのに楽しそうに泳いでました。

2人ともスイミング通っていますんでもう泳ぎはお手の物。

数年前と比べると安心してみていられます。

一通り準備したところでかみさんは本日2回目の昼寝&子供達の監視

私は単身がうじさんの待つ海へ!!

がうじさんと合流して沖でボートを流します。

実はこの時点で2人ともなんとなく釣り終了モードw

そこそこアジも釣れてるし、なんか青物いないし、ま、いっかって感じ。

近くのプレジャーボートから「あかん、お魚おれへんわー」と嘆きの声。

どうやら先週まで続いていた青物ラッシュもここに来て終了したみたいです。

そういえばナブラも立たないし、海が静か過ぎます。

へんだなぁ~でも青物はもういっかあ~なんてまったりしながらタイラバ巻き巻きしてたら私にヒット!

フラットな地形なのですがこの重いだけの引きは根魚でしょう。

近くに根でもあるのかな??

Img_0294

上がってきたのはジャスト30cmのアオハタ。

この海にもいるんだね~

コレで大満足となった私。

がうじさんと談笑しながら流すボート。

いいなぁ~、このゆるい感じ。心がやすらぎますわ~、釣れんけどw

すると小移動をしてたら海面に突き出る背ビレを発見!!

なるほどー、この静かな海の正体はイルカさんでしたかw

野生のイルカははじめてみましたよ。

そりゃ釣れないわけだw

イルカがいたんじゃもうだめでしょーなんて話していたらがうじさんの竿が海中に突き刺さる!

がうじさん:「うおっ!なんか来た!」

Img_0295

どどーーんと本日締めの魚をゲット。

やはりこの男はなにか持ってますわ~

さて、その後粘っても釣れなさそうだし、お昼あたりから雨が降る予報みたいなんで少し早いですが11時前に納竿としました。

本日の釣果

Img_0297

マアジ:27cm前後 6匹

アオハタ:30cm 1匹

カサゴ:20cm 1匹

ウマヅラ:25cm 1匹

ちょっと画像のセンスがなさ過ぎる1枚ですがご容赦くださいw

1家族が食べるには十分な量ですわw

その後片付けの最中に雨がポツポツ降り始めまして、慌てて撤収作業。

本降りになり始めた頃にがうじさんのヘルプを借りてようやく撤収完了。

私よりもがうじさんのほうが濡れちゃいましたね、ごめんねがうじさん、ほんとありがと。

かみさんも大感謝してました、今度なにかでお礼をしなさいといわれましたが私ががうじさんにお礼できることって・・・・・やばい、なにもかも釣りでは負けているのでなにもおもいつかない(爆)

今度なにかでお返ししますねw

さて、そろそろ青物も落ち着きはじめて、クーラーボックスも段々隙間が空き始める季節になってきましたね。

皆さん、本来の釣果に戻るときがきましたよ。

さあ、あの祭りは一旦忘れましょうね。

さて、これからの季節はターゲットに迷いますね。

私は。。。。どうしようかな?次の出艇場所に迷う今日この頃です。

キス狙いで古巣に帰るか、、、もう一回アジでもいいかなぁ~

2011年6月12日 (日)

2011/6/12 2馬力ボートフィッシング その47(14) ターゲットはアジ!

土曜日

空からは雨が降り、風もある予報。

とてもボートフィッシングは無理だろうってことで家族と季節はずれの温水プールに行って過ごしました。

日曜の天気はといえば回復して風、波ともに穏やかそう。

さて、前回真鯛もゲットして根魚も堪能したんで大物はもういいから、、、今度はキスでものんびり釣ろうかなぁと考えていたらやまモ氏から入電。

前回アジをゲットされていたポイントにいくとのことでしたのでご一緒させていただくことに。

アジ、アジ、アジ!そういえば今年はまともにアジ釣ってないんでワクワクします。

息子:「パパー、明日釣り行くの?じゃあ俺もいくー」

私:「え?で、でも釣れるかわからんよ」

息子:「うん、、でも釣りいきてーよぉー」

私:「そーかーでも俺のんびり釣りしたいしなぁ」

息子:「釣り行きたい、釣り行きたい、釣り行きたい、釣り行きたい、釣り行きたい」

私:「そーかー、でも今回はやめとけ

息子:Σ( ̄ロ ̄lll)

すがる息子をなんとかかわしてコマセを買って明け方4時に現地着。

あまりの眠さに仮眠のつもりが爆睡、ヘンな夢を見たのだけは覚えてますが、、、内容なんだったかな??

さて、集合場所がイマイチわかんなかったんでそれっぽいところに車を止めていたのですが外に出てみるとご挨拶してくれた方、、、

なんとすいどうやのおやぢさんとかのっぴさんでした。

軽く挨拶を交わしてすでにいるであろうやまモ氏に電話して再度集合場所をおしえていただきみんなでご挨拶。

ちゃっちゃっと準備をしていざアジの待つ海へ!!!

Img_0265

今回のポイントは私初めてでしたが雄大なロケーションでいかにも釣れそうな雰囲気が満点!

おやぢさんは少し後からやってくるそうなんで、先にやまモ氏に誘導してもらい、かのっぴさんと私の3人で先にコマセを撒いてアジを寄せてあたためておくことにします。

ポイントについてみると魚探には良い反応が出ているようですが数投さびいてみるも口をつかってくれないのか竿に反応がでません。

そうこうしている間に準備を終えたおやぢさんも合流して4人でコマセ撒き撒きします。

ファーストヒットはやまモさん、なんでもサビキの色を変えたら即ヒットしたとか!

そうこうしていたらやまモさん痛恨のバラシw

でもサビキの色関係あるのね

なるほどー、この3コセット189円のサビキでは難しいのか???(色かんけーねーけど)

たまたま持っていた1個で189円以上するケイムラサビキをつけて投入します。

横でかのっぴさんにヒット!良い感じで竿が曲がってます。

ををー、めちゃうらやましい!

って思っていたら私の竿にもヒット!早速サビキ交換が好をそうしたのか??

しかしこのアジ独特のシュピッとしたシャープなヒキたまりませんね。

Img_0266

ばばーーん、お待たせいたしました、待望の「アジ2011」です!

サイズは28cm、いやはや尺にたりないとはいえ満足サイズっす!

その後もポツリポツリと飽きない程度にかかってくれます

Img_0268

なぜか1人SM状態であがってくることが多かった・・・・

Img_0269

まともに口にヒットして上がってきたのはきれいな魚体のマアジ。

マアジってマルアジなんかと比べて肉厚でいかにもって感じでなんかいいっすよね。

Img_0270

時々カサゴも食ってきます。(20cmくらいだけど、あえてアジにこだわってミラクルリリース)

気が付けば11匹のアジ(平均28cm)をゲットできました。

その後ぱたりとアタリが止んでしまってアミコマセを使い切ったので

キスを釣りに浅場の砂地を目指して移動します。

実は我が家ではすでに「テンプラ」の準備は整っておりますw

なんとしてもキスを持ち帰って華をそえねば!!!

オルァぁぁぁぁ、ゴカイをごうかいにキャストーーーーー

・・・・・

(ゴカイだけにごーかいに・・・)

・・・・

(しゃれっす)

・・

(てへ)

これがいけなかった(?)のか、キス沈黙です(汗)

初のポイントって難しいですね。

結局キスはピンギス1匹のみw

Img_0272

まあ坊主は逃れたってことでw

さて、まだまだ時間はたっぷり余ってます。

とりあえず沖に青物でも調査しにいきますか~ってことでばびゅーーーんと移動。

時々立つナブラ(?)にまたもや条件反射でキャスティング

しかしガン無視くらいます。

回りを見ても釣れてないみたいだし、青物のシーズンももう終わったのかな???

結局1時間くらい粘りましたがノーバイトノーフィッシュ。

キス釣りに使う予定だったゴカイがめちゃめちゃあまっているので浅場で根魚たちに遊んでもらうことにします。

Img_0274

すると釣れるチビっこカサゴとベラちゃんたち

Img_0275

ベラを見たときは一瞬、「変身させたろか!」と思いましたが釣れるカサゴのサイズからここではあまり効果なしと判断。

ドクターふなトル先生は出番なし。

Img_0276

群れがいたのでなんとなく試してみたショットガン釣法でゲットできたマメアジ!

カリッと揚げておいしくいただくことにします

その後釣れるのはベラベラベラのオンパレード。

ハリスが飲み込まれるのを最後に11時で納竿としました。

釣果:

Img_0277

アジ:11匹(アベレージ28cm)

マメアジ:2匹

キス:1匹

ガシラ:多数

ベラ:野球の試合が出来るくらい

アジがコレだけ釣れて私的には大満足。

出しやすいし、穏やかな海っぽいので今度息子と一緒に来たいと思います!!

お付き合いいただいたすいどうやのおやぢさん、かのっぴさん

そして色々教えてくれたやまモ氏、大感謝!

また一緒に浮きましょうね。

めちゃ楽しかったです!

本日はありがとうございました!!

2011年6月 6日 (月)

2011/6/6 2馬力ボートフィッシング その46(13)合宿2日目 狙え!のっこみ真鯛

さて、前日でなんとかスランプを脱出した私。

合宿2日目は準備万端のぞんだために朝の5時には海上の人となっていました。

本日の狙いは真鯛!それ以上はいりません。

前日によい根魚をゲットしているのでお土産はすでに確保済み、こうなるとなんだか余裕がでるもんですね。

皆さんに色々教えていただいた情報を整理するとまずは浅場を攻めるのがよいかとおもい、水深40mラインを流すことに。

タイラバを投下して巻き巻き~

すると数分後に魚探に景気のよいフィッシュマークが!

どうやら青物、、、それもハマチかワラサでしょうね、中層を埋め尽くしてます。

しかーーし!私の狙いはあくまで真鯛!

そんな青物には目もくれま・・・・・・とりあえずくれてやってジグ投下してシャクシャク

しかしヘタッピジギングには反応しないようであたりすらなし。

浮気はだめだよね~ってことでジギングを諦めて再びタイラバで真鯛を狙います。

すると巻いてから数mでガツガツガツガツ・・・・とアタリ。。。しかし乗らず。

明らかに根魚とは違うあたり。

魚探を見ると、、、、ソコに時々でる怪しい魚影。

群れじゃないし、海底付近をウロウロするこの魚影、

以前真鯛を釣ったときにもこんな反応が魚探に出てたし

「これは間違いなく真鯛でしょ!!」って確信。

2回、3回とガツガツガツ、、、とじゃれたアタリはあるもののその後フッと軽くなります。

もどかしい、、、今度こそ!と挑んだ4回目。

着底後、数m巻いた所で竿先が一気に持っていかれました。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

すべるドラグ、時々突っ込む魚。

しかし真鯛ってこんな引きだっけ?しばらく釣ってないから忘れてます。

気持ちよく竿を曲げて、ドラグ出してをくりかします。

楽しい!!!しかしよーやくのターゲット!絶対バらしちゃ駄目だし慎重にいくぜ~

って思いながら魚探をなにげなくチェックすると中層に写るたくさんの魚影

な、なんだよ~、、、、これ結局ハマチかなんかじゃんかぁ~

一気に冷める私。

まったく時間もないってのに、、とブツブツ言いながらドラグ設定を少しきつめにして一気に巻き上げることにします。

私:「あばれるんじゃねー、肉もどきめ!」

と強引に巻きあげ!!!!

Img_0261

・・・って真鯛だし!

後で計ったら60cmジャスト!皆さんのような超大物ではありませんが自己記録に並ぶサイズだし(汗)

食べて美味しいサイズでしかもターゲットを釣り上げたことで大満足です!

青物と勘違いして危うく取り逃がすところでしたが。。。まあ、そこは忘れましょう。

時間をみればまだ朝の7時頃。

よーし、これならまだバンバン釣れるんじゃないの???

ってことでタイラバを再び巻き巻き

すると目の前で沸き立つナブラ!

私の中にくすぶっていた釣り人の魂がジギングロッドに手を伸ばさせます。

次の瞬間にはタイラバ置いてナブラに向かってジグを打ち込んでましたw

悲しい釣り人の性ですな。

こういうナブラって表層のシラスかなんかを追いかけているのか知りませんがベイトが合わないのか釣れません(涙)

頭では「釣れない」と分かっているのですが近くでナブラが立つとどうしても反応して投げ込んでしまいますw

そんなこんなでナブラが沸くたびにジグを投げ込みますがオール空振w

散々投げ込んでようやく「釣れない」と学習して再びタイラバへ

するとチャレンジすること数回目に待望のヒット。

でもなんか全然引きません。

Img_0262

それもそのはずぐーぐーフィッシュことホウボウ(30cm)でした。

いつもならもって帰るところですがすでに立派な根魚も真鯛もあることだし、、、ってことで

デンジャラススーパーウルトラセーフティーダイナマイトリリース をかましてやります!!

実は余裕があったのもここまでw

その後遠征したり、それらしいポイントを探ったりしますがあたりすらありませんでした。

ここで腰痛が再発してしまい座って釣りするのが苦になりはじめたので

早いとは思いながらも午前10時に納竿としました。

まあ、ターゲットもゲットできたしなんか渋いし、回りのボートを見ても釣れてる様子はなさそうなんでまあいっかなっと。

  Img_0263_2

じゃじゃーーん、合宿での主な成果です。

合宿といいつつ意外と釣り時間は短かったですw

真鯛は60cm、アオハタは45cm

スランプ中だった私にはこの2匹だけで十分ですわ。

長かったスランプもこれで脱出できるかな??

ちょっとだけ自信を取り戻した私でした。

やっぱ合宿最高!

2011年6月 5日 (日)

2011/6/5 2馬力ボートフィッシング その45(13)脱スランプには・・・

すっかり更新が遅くなっちゃいました。

多忙多忙・・・仕事ってなんでこんなに貧乏人に厳しいんでしょうか・・・

ぎぶみーまねー、ぎぶみーチョコレート

さて、私、最近ほんと釣れません。

めちゃめちゃスランプ感じてます。

釣り自体なんだかつまらなく感じるから不思議です。

そこまでして浮かなくてもいいぢゃんと想われそうですねw

まあ、そうなんですけどね。

いまの私から釣りを取ったら・・・・生きる気力なくしちゃいそうですw

「釣れなくてもいい、たくましく育って欲しい、丸大●ム」

・・・極少数の人が画面でにっこりしてくれればまあ、それでいいですわ。このフレーズは内容にまったく関係ないしw

さて、脱線しましたが、スランプ治すには私、コレしかありません。

はい、合宿です。

って訳で月曜日に有給休暇をいただき、家族にも「日曜、月曜と釣り行ってくるぜ~」とにっこり笑顔で宣言。

妻も最近の私の仕事の忙しさや釣りのスランプに気が付いていたらしく快諾。

今回の合宿の狙いは2点

①脱貧果

②のっこみ真鯛げっちゅー

さて、この狙いをクリアできそうな場所をがうじさんに相談すると某所が浮かんできます。

しかし私は初ポイントなんでルールなどよくご存知のがうじさんに相談したらご一緒してくれることに!

ありがたやありがたや

土曜の夜、前日入りして安定した好釣果をすでに上げているがうじ号の元へ到着したのは日曜朝1時頃。

目覚ましをかけて眠りに付きます。

ZZZZZZzzzzzzz...............

朝4時30分、辛抱たまらず起きました。

さて、今日は初のポイント、どれどれ。天気予報では(ざっぱ~ん、、、、)波も風もないことになって(ざっぱ~ん、、、、)いましたが。

って波が手前でくだけてるのもあるし!!!

こりゃゴムボではむりっぽくね?でもでかい波があるのは10回に1回くらい。。。手前さえ乗り越えればいけるし。。。うーーーん

がうじさんも起きてこられたので出航すべきかどうか一緒に悩みます。

すいどうやのおやじさんとお仲間さんも起きて見えたので相談。

すると早々に「このうねりは無理」と判断され別の場所へ移動していかれました。

悩む私とがうじさん、決めきれないまま「とりあえず準備だけでもしますか」的にのろのろと準備。

知らないボーターさんも見えて海をみて「こりゃ駄目だな」のとどめの一言。

準備しかけていた私たちも諦めて別の場所へ移動することにします。

寝ている小太郎さんを起こして移動を告げると小太郎さんも移動するとのこと。

ばびゅーーーーんと移動して出しなれた場所へ。

完全に陽は昇り、地合いも当にすぎてるでしょうw

でも明日も浮けるし、まあいっかと余裕の私(スランプのくせに)

ここは真鯛のチャンスはほぼゼロ。

だから狙いを根魚&シーバスに変更。

青物もいるかもしれませんが合宿するつもりなんで「鮮度の落ちやすい青物は要らないぜ!」と男前宣言

ささっと準備していざ釣りへ!!へい、がうじブラザーいくぜ!、、、あれ?がうじさん??

ラーメン食ってるし。

朝だから?ん?朝ラーメンって健康食でしたっけ?

そうです、スペシャルぎゃらくてぃか超高速艇のがうじ号にはこのポイントは不向き。

なのに私に好釣果をたたき出して欲しいという思いから「前日好釣果を出したにもかかわらず居残りしてくれて色々教えてくれて朝ラーメンくってから帰る」と言うのです。

泣けます。

ほんとに良い人ですがうじさん。

涙でかすんで「がうじさん」か「せんと君」かわかりません。

ラーメン食いながら見送ってくれるがうじさんにうきうき顔で別れを告げる私。

よーし!こうなりゃ釣ってやるぜ!!!

最近は水温も上昇してか浅場が好調の様子。

ってな訳でいつもより浅い場所からタイラバでスタート。

しかしさすがはスランプ、まったくアタリがありません。

しかし前日入りしていた人たちから「渋かった」という情報が入っているのでここは我慢!

巻き巻き~、巻き巻き~、タイラバ巻き巻き~♪♪

って釣れないのになぜか鼻歌が出てきます。

なぜかって?くどいようですがまだ明日浮けますからw

そんな鼻歌交じりで巻き巻きしていると

ガツガツガツガツ

をを!!これはひさしく忘れていた「あたり」というやつではないか!!

ガツガツガツ・・・・シーーーーン

ふっ、スランプの俺様に今更こんな事、慣れたもんだぜ~

巻き巻き~、巻き巻き~、タイラバ巻き巻き~♪♪

巻き巻き~、巻き巻き~、タイラバ巻き巻き~♪♪

ガツガツガツガツ!!

っをを!!くるんぢゃね?当たっちゃってくれてるし!!

ガツガツガツ・・・・シーーーーン

(イラッ)

ま、まあ、こんなもんだよ、俺は、うん。スランプだし

で、でも今のラインもう一度流しなおしましょ、ね、うん。

巻き巻き巻き巻き。。。。

ガツガツガツガツ!!!

な!や、やっぱりこのラインのこのポイントだけなぜか当たるよ!!

ガツガツガツガツ・・・

バレルなよ、バレルなよ。。。。。

ガツガツ、、、ぐいーーーーん

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

渾身のエビ反り合わせ(だからタイラバで合わせいらんちゅーに)

うれしい。。。この重みたまらん!!

しかし重いだけなんで明らかに根魚ですわw

Img_0253

ばばーーん、アオハタちゃん30cmオーバー!!

決して大きい訳ではありませんがなんとなくコレでスランプから解放された気がしました。

よーし、どうやらこのラインのあのポイントでだけアタリがあるってことはアソコに小さな根でもあるんだろうな。

もう一度流しなおすと即効であたり。

今度は巻き巻き5回くらいで急に「根係り??」ってくらいの重み!

でも明らかに魚!!

時々出るドラグ、真鯛のような荒々しい「竿たたき」はないのでコレも根魚みたい。

でも根魚だとするとさっきの30cmの比じゃないよ。スレかかりかな?

重量感たっぷりのやりとりを散々楽しんで上がってきたのは・・・・・

Img_0256

ドドーーン!!これまたアオハタですがサイズが違う!!なんとなんとの45cm!!

そりゃ重いわけだぁ~

Img_0255

わたしの根魚記録更新です。よーし、次は50cmを目指すぞ。

しかしコレお刺身で食べたらうまいだろうなぁ~

家族の喜ぶ顔が目に浮かぶよ。

よーし、エンジンかけて移動しよかな。。。。

ぶるるんぶるるん。。。。。ぶるんぶるん。。。

あ、あれ?エンジンは心地よくかかるしプロペラも回ってるのになんか前に進みません。

まさかコレがうわさの「シャーピン折れ」かな?

シャーピンの替えは常に常備してますし、工具も積んでるし、治し方も説明書みてたんで分かってますから心配ないんですが。。。。

なんとなく不安なんで一旦あがってからのほうがいいかもって考えて手漕ぎで戻ろうとしたら小太郎さんが私の異変に気が付いてくれて近寄ってきてくれました。

シャーピンが折れたかもしれないって伝えたら経験者の小太郎さんにアドバイスをいただきました。

それなら船上で治せるかも!

Img_0257

割りピンはずしてみると中から見事にわれたシャーピンがコロリ。

予備のシャーピンをセットして割りピンで固定してセット完了!!

再びエンジンかけてみると完全復活

小太郎さん、ありがとうございます!!やはりこういうとき釣り仲間と一緒だとほんと心強いですよね

そんな時に小太郎さんに緊急入電!

なんでも「浅場でワラサ爆」の一報

こりゃ行かねばならぬ!!ってことで2人で現地に急行。。。。。するも祭りは終わっていたようですw

このあたりまだスランプの面影が残っていたようです。

まあ、いっか、どうせ「「鮮度の落ちやすい青物は要らないぜ!」と男前宣言」してたしw

さて、コレ満足することなく根魚とは違う魚を釣らないとね!

シーバスか青物(まだ狙ってるし・・・)を釣るためにジグやインチクを試してみますが、、、へたっぴの私には見向きもしてくれないようでw

再び浮気してタイラバ巻き巻き。

するとタイラバはすぐに答えを出してくれます

Img_0259

25cmくらいのガシラ。

いつもならもって帰りますが今日の私は違います。

なぜなら合宿中ですから!!

オルァぁぁぁ、デンジャラスマグマティックスローリングリリースだぜ~

ここで時計を見るとすでに正午を回ってます。

風も波もなく天気もピーカンになってきたので釣れる気がまったくしません。

まあ、明日もあるんで今日は無理せずここであがることにします。

浜にもどると先にあがっていたすいどうやのおやじさんとお仲間さんが片づけを手伝ってくれました。

すいどうやのおやじさん、お仲間さん、本当にありがとうございます!!!

皆さんに釣果を聞くとどうやら苦戦されていたようです。

根魚も渋かったようなので私の釣果はましなほうかな?

午後から出そうかどうか迷ってましたが海辺の温泉に入って仮眠したらすっかり遅くなっちゃいましたw

なんのための合宿なんだかw

でもゆっくりできていいなぁ~、しばらく多忙を極めていただけになんかこのスローライフはたまりません。

Img_0260

夜食はコンビニで軽食を買ってスナックとビールで合宿一日目を終えました。

よーーし、明日は必ず真鯛をしとめてみせるぜ!!!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »