2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月26日 (日)

2010/12/26 三重方面 2馬力ボートフィッシング その31 今年ラストフィッシング!!

土曜日はクリスマスでしたね。
今年も無事、我が家にサンタが舞い降りて子供達を喜ばせてくれました。
皆さんはどんなクリスマスでしたか?

さて、翌日の日曜日は勿論出撃です
相棒はやはりこの人、Myブラザーうえじゅん氏です
現地着は午前6時30分まだ外は真っ暗です。
うえじゅん氏とご挨拶していつもの会話
ブラザーはほんとおもろいw
しかし今日は寒いです!
なんでも今朝はこの冬一番の寒さを記録したとか?
こんな朝に釣りするなんて頭がおかしいとしか思えませんよね
あ、おりましたここに2人頭おかしいやつがw

そんな我々の他にも数隻のボーターさんがw
わはは、みんな好きですなぁ
明るくなってきた頃からノロノロと準備して7時過ぎに出航です。

まずは第一部として前回好調だった自称「双頭の龍」で真鯛の調査をすることにします
開始早々当たりがあったので軽くあわせます
今まで最初からよいことなどあった試しがないんで正直期待してません。
どうせ巨エソでしょ…
でもなんかええ引きするしドラグもちょいでてますね
勿論だまされませ…

Img_0044_2

わぉ( ̄◇ ̄;)
なんかのび太が100点とった時の野比ママこと野比珠子さんくらいリアクションに困ります
うえじゅん氏に「釣れちゃいました・・・」と報告
すると野比パパ並なリアクションのうえじゅん氏、そりゃ私が信じられないんで当然ですわな
こりゃあ本日は大漁か!
と期待しますが本領を発揮して2連荘でバラし。
二匹ともがっつりフッキングするもシーハンターがザラザラにきられてましたんでたぶん巨大なエソかと…
結局粘りましたが以降当たりが渋くて第一部の真鯛はこれにて休憩して第二部のイカへとまいります
やまモさんが45mラインでよい思いをされてましたんで今のPEに以前ノーマルエギングで使用していた太目のPEを追加で巻きました
こいつ黒いPEで「イカから見えない」って文句で売られてたんでそいつはいいやぁ~って買ったんですが海面に浮くPEが・・・俺にも見えやん( ̄◇ ̄;)

底取りに苦戦してたらいつのまにかのっていたようで事故的に一杯目ゲットw

Img_0045
ナイスサイズの旨そうなイカです
しかしリールがゴリゴリしていてうまく巻けません。。。
一年中活躍してくれたんで今度メンテナンスにださなくちゃ!
しかしさすがは年末渋いっす。

色々探っているとようやくティップにあたりが出たのですかさず捉えて二杯目ゲット!
Img_0046

こいつが一番でかかった( ̄▽ ̄)v
キロUPしているであろうアオリにニンマリです。
どうやらしっかりエギを動かさないと反応してくれない様子
水深も関係あるようで、特定の水深でしか当たりが出ません。
うえじゅん氏の様子をうかがうとどうやら苦戦されている模様
こういうときによいアドバイスが出来ない自分の腕のなさがもどかしいです。
その後なんとか2杯追加してがっつりお土産を確保

第三部再び真鯛へと向かいます
しかしここからはとにかく苦戦。
芳しくない釣果が続き、イトヨリばかりで真鯛らしいあたりはありません。

Img_0048

Img_0055
最後の最後までミラクルを期待しながら探り続けましたがなんのドラマも起こらず呆気なく終了(-。-;

まあこのあたりが私らしいかな(汗)
しかし我ながら狙ったターゲットはゲットできたし本日の釣果は上出来ですわ~
本音を言えばもう一枚真鯛がほしかったです
さてさて今年もあと僅かとなり、仕事と家庭の事情でこれが今年のラストフィッシングとなってしまいました。

そのラストフィッシングで真鯛もイカも釣れてよい釣果に恵まれて良かったです。

今年も一年皆さん本当にありがとうございました。

来年も少々大漁とは無縁のブログですが、、、身分をわきまえて癒し系ブログとしてがんばりますんで宜しくお願いいたしますね。

ではでは皆さんよいお年を!!

2010年12月18日 (土)

2010/12/18 三重方面 2馬力ボートフィッシング その30 冬の真鯛開幕?

12月も中盤となりました。寒さも厳しくなってきましたね。

あと何回浮けるんでしょうか?

しかぁーし!天気と海況と妻の機嫌がよい限り浮き続けますよ!

今回の釣り友はちょっとお久しぶりのがうじさんと、新星ブロガーやまモさんです。

某釣具店で朝5時に待ち合わせをしてご挨拶をしたあと現地へ向かいます。

薄暗い頃から雑談しながらボートを準備します。

しかし寒くなりましたね。風が冷たいです。

もうネオプレーンのグローブなどは必需品ですね。

さて、前回はなんとなく消化不良だった真鯛ですがそのリベンジをすべく週末まであれやこれやとタイラバについて情報を集めました。

イメージはできたのであとは実践するだけです。

本日の天気は微風で風もなく潮が流れて条件はバッチリです

さあ、ネットで色々と調べて準備してきたこいつを試すことにします!!

その名も「ステルス釣法」

Img_0024

ビンビン玉を黒く塗ってネクタイは短め、スカートにはラバーではなく発光タイプのものを使います。

極力目立たない仕様のようですが渋いときに効果を発揮しそうです。

こいつを作成するのに1時間以上掛けました!

さあ!!こいつの実力やいかに!!

いかに!

・・・・

えー、結論からいいますと今回結局実力を発揮しませんでした(汗)

ステルスが悪い訳でなく自分の設定ミスですけどね。

うーん、反省点一杯です。

こいつについては効果がわかるようになってから色々と報告させていただきますね。

さて、まずは手近なポイントからみんなで攻めてみますが異常なし。

あまりにも反応がないのでおのおの別れて調査です。

私は前回好調だったポイントを攻めてみますがココもアタリすらありません。

文章では短いですがココまで既に小一時間経ってます。

潮も流れてるし、条件も良いはずなのに、、、き、厳しいなぁ

がうじさんと再び合流しますがどうやらがうじさんも厳しいみたい。

こりゃ前回の好調ポイントはなんの参考にもならなさそうなので浅い場所から順番に攻めてみます。

するとようやく魚探に反応がでてあたりが出始めます。

がつがつがつ・・・・

と来たのでささっとあわせを入れると少しドラグを出しながらよいヒキを見せてくれます。

しかしこのヒキ、、、なんか覚えてるんですが。。。

Img_0026

やはり、、、良いサイズの30cmオーバーのイトヨリです。

渋い中だったのでうれしいにはうれしいのですが狙いはあくまで真鯛。

その後エンピツエソを追加してこのポイントを見切り別のポイントを転々としますがどこもダメ。。。。

Img_0029

うーーーん、なんか調子悪いなぁ

しかしとあるポイントでアタリが急に出始めます。

なんだなんだ??

Img_0032_01

どうやらそこはイトヨリの巣窟のようでポンポン25cmクラスが釣れてくれます。

ポンポンポーーんとイトヨリを4匹を追加したところで真鯛の反応がないのでココも見切ります。

がうじさんに連絡したらなかなか好調なポイントを見つけたようなのでやまモさんと合流してみんなで流すことに。

しかしマンガのように私達が合流するとアタリが止んでしまったようです。

ふん、こんな展開慣れっこだい!!

すると止んでいた風も出てきて良い感じになってきたところにズン!!と重みのあるアタリ

一瞬真鯛かと思いましたが重みはあるものの引かない。。。

S_0448

見事なサイズの巨エソ。。。しかもがうじさんとダブルで釣り上げますw

そう、このポイントは前回もお話した「双頭の龍」

やはりいるんだなここ。

みんなでワイワイと巨エソネタで盛り上がって記念撮影。すっかり我を忘れてますw

でもエソが釣れるってことは真鯛も釣れるってコトです。

さあ!誰が先に釣り上げるかな~なんて言いながら流しなおすこと数回

ガツガツガツガツ。。。。。

をを、来たかな?ってところでちょい合わせ。。

スカっ。。。

やっちゃいました。

再び落として巻き巻きすると

ガツガツガツ。。。。

ガマンガマン

ガツガツガツ。。。。ググッ、、、と来たところで合わせ!!

ゴンゴンゴン!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ドラグも良い感じで出て行きます。

やまモさんにコイツがイトヨリなら記録更新ですよ~なんてネタを釣ってしまったときの前フリをしておいて上がってきたのは・・・・

Img_0035

キレイな38cmの真鯛です

これでなんとか目標をクリアしたんでほっと一安心です。

ココに来てなんとなく魚っ気がでてきた気がします。

回りもにぎやかになってきた頃、もう一匹真鯛を追加!

Img_0037

小気味のよいヒキと重量感で上がってきたのは45cmの真鯛

2匹も真鯛が釣れるなんてわたしとしては上出来です。

その後エソやイトヨリを数匹追加しまして午後2時にタイムアップ

魚っ気が出てきていたのでできればもう1枚追加できるんじゃないかと欲をだしちゃいましたが残念。

でも贅沢は言っちゃいけませんよね。

Img_0038

なんか久しぶりに満足のいく結果となりました。

やっぱり真鯛が2匹釣れるとクーラーがにぎやかになりますね。

その後みんなでボートを片付けながらあーだこーだと釣り談義w

Img_0039

もちろんこいつも忘れちゃいません!カップ麺!

やっぱうまいなぁ~

やまモさん、がうじさん、本日はありがとうございました!!

厳しい釣行でしたがおかげさまで楽しく釣りが出来ました。

さあようやく冬の真鯛もエンジンがかかり始めました。

年末までチャンスはあと数回。

また満足のいく釣りができますよーに!

2010年12月11日 (土)

2010/12/12 三重方面 2馬力ボートフィッシング その29 討伐!

前回タモ入れ前に逃げられた真鯛、命名「流し目真鯛」を討伐すべく南下!

一緒に言ってくれそうな仲間に連絡を入れるもふられっぱなしで結局単独釣行となりました。

現地着は午前5時。

アタリは真っ暗ですが実は「メバリング」に挑戦したくて早めにINしました。

ロッドは専用竿を買う金がないのでティップランロッドである「レトログラード」で代用。

1.25gのジグヘッドにママワームをつけてキャスト。

ゆっくり巻いてくると竿先に・・・・先に・・・なにもありません。

回収中に根係りとなり、わずかワンキャストでロスト。

すかさず仕掛けを作り直してキャスト。

スローで巻くも。。。やっぱりだめ。結局またまた根係りでロストしたところでメバリングへの情熱もプチリ。

まあ、今日はこれくらいにしてやるか、、、しかしポイントが違うんかなぁ。

漁港近くの岩ソコならいけるかとおもったんだけど。あまい?どなたかよければメバリング教えてください。

さて、午前7時となり準備を完了させていたゴムボートで出航です。

Img_0004_2

うえじゅんバットで操作中。

でも私のつくったやつは操作性がよくないんでもう少し改造が必要なのでちょっと考えます。

それから本日は他にもありまして・・・・

Img_0018

じゃじゃーーん、そうです。あのビニールテープで補強していたロッドを買い換えましたw

皆さんがよく噂しているロッドで前からいいなぁ~とおもっていた「桜魚」です。

プロックス(PROX) 桜魚(さくらうお)61UL
プロックス(PROX) 桜魚(さくらうお)61UL

以前使っていた竿はちょっと硬くって時々繊細なアタリとかを弾いていた気がします。

この桜魚、値段がなんと5000円切る低価格も魅力なんですが柔らかくて繊細なアタリを捉えつつ強烈な真鯛の突っ込みもいなしてくれるというから魅力的でしょw

うえじゅんさん、カイザーさん、がうじさんも持っていて評価は○だったんでポチっとしてみました。

是非コイツを入魂したいと思います!

さて、本日は沖ではなくて前回調子がよかった浅場から攻めてみます。

ポイントに到着、天気はというと微風で潮もながれているのでタイラバにぴったりの好条件。潮目もソコソコ出てます。

しかし魚探には時々海底にそれらしい反応がでるのですがアタリがありません。

2時間たってもノーバイト。

な、なんで??

このポイントに見切りをつけて移動します。

目指すポイントは名づけて!「双頭の龍」!かっこいいでしょ。

まあ、名前の由来はがうじさんと「ダブルでエソ釣った」ポイントってなだけなんですが。

まだまだ微風でよい感じで流されるしいけるはず!信じて巻き続けるとガツガツガツっとようやく生命反応!!

しかし乗りません。

でもなんとなくまだいそうなきがしたんですかさず落とします。

するとHit!!!

ガンガンガンと竿を締めこむよい引き、時々ドラグを出して海底に突っ込みます。

このやり取りたまりません。

そうそう、桜魚ですがアタリをしっかりと竿に伝えてくれました。柔らかいロッドなのであわせを入れたときにぐにゅんと曲がるのがまたたまらなく楽しいですw

ドラグが出るようなやり取りですがロッドの柔らかさでうまく突っ込みをいなしてくれます。

こりゃ前のロッドより魚とのやり取りが楽しいや!

楽しいやり取りが終わって上がってきたのは・・・・

Img_0006

やった~!!!本日の本命40cmのキレイな真鯛ゲット~!!

最近真鯛を釣ってなかったし、今日はここまですごく渋かっただけにうれしい一枚です。

でも刺身も塩焼きも煮付けも食べたいんでそのためには40~50cmの真鯛がもう一枚ほしいな。

さあ、まだまだ時間もありますし、続けて2枚目の真鯛を狙います。

しかしここで痛恨の無風&潮止まり。。。。まったく流されません。

時折ネクタイに触ったり、がつがつっとあたりがあるものの乗りません。

ようやくアタリがあってあわせるも明らかに真鯛ではないヒキ。

Img_0008

25cmくらいのイトヨリでした。

その後すでにレギュラーと化しているエソっちを釣り上げますがここはさらっと流しましょう。

Img_0010

アタリはあるものの乗せられないことが多くて潮も流れなくなったんで見切ってウロウロしてみますがどこも当たりはイマイチ。

もうお昼を回りましたので本日最後の決戦地として真鯛を釣った「双頭の龍」ポイントを目指します。

ココでまた良い感じの風が吹き始めてチャンス到来!

タイラバも真鯛を釣ったオレンジネクタイにチェンジ。

すると数投目でHit!

今までのイトヨリとは違う引き。

時々コンコンと突っ込むし、ドラグもちょろっとでるけど、、、

あれ?真鯛ってこんなあたりだったっけ???そんな気がするし・・・ちがうきもするし・・・

Img_0012

で、でかい、30cmオーバーのイトヨリ。

イトヨリって時々「あれ?真鯛?」って思わせてくれるんですがちょっとパワーが弱いんですよ。

さあさあ、あたりも頻発するし、魚探にもよい反応が出ているので2枚目の真鯛の期待大です。

2匹ほど20cmくらいのイトヨリを追加したところで今までのイトヨリとは明らかに違うあたり!!

掛けた瞬間重くてドラグが出ます。

さっきの30cmイトヨリとは比べ物にならないパワー!

なはは、よく考えてみたら真鯛の引きとイトヨリを勘違いするなんて、、、お馬鹿でしたw てへっ!

これですよ、このパワーとこのガンガンガンと突っ込むこのやり取り、これこそがまさに真鯛の・・・・

Img_0014

40cmオーバーのイトヨリ。。。。

(家で計測したら43cmありました。尾の先から出てる黄色い尾びれはめちゃながいので入れてません)

ウソだろ、またイトヨリ?ってかでかすぎね?

ドラグめちゃ出てたぜ。。。。

本来うれしい獲物ですが真鯛と思い込んでいたのでちょっと微妙(汗)

その後風も止んでしまい苦戦が続きまして時計をチェックすると午後2時w

そろそろ潮時??いや、まだ真鯛を諦め切れません。

ここで風が再び出てくれたので最後の勝負としてちょっと離れた場所にできている潮目に移動します。

魚探を見ればよい感じでソコに反応がでています。

さくっとアタリが出たんですが軽い。

Img_0015

まあ、分かっていました。

いいんです。これは通過地点にすぎません。

なによりアタリがあるしこれは期待できるんじゃないか!!・・・とおもっていたら数投後にガツンときました!

再びドラグがでてゴンゴンゴンと突っ込みます、そしてなにより重い!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

最後の最後にやっぱりやる男だぜ俺!

それにしてもこいつなかなかやります、ゴンゴン、しゅるしゅる~良い感じで糸出してくれます。

ふっ、認めよう、お前は好敵手だぜ~っと熱血マンガ系のノリでるんるんで巻き上げて慎重にやり取りしてネットイン!!

Img_0016

・・・・・・40cmオーバーのイトヨリ。。。

お、俺って何をライバルと認めたんだ(涙)

ってか何度もいうけどお前らでかくね??

これで釣れる気もしなくなったんで納竿としました。

Img_0017

釣果

真鯛 40cm 1枚

イトヨリ 43cmを筆頭に6枚

エソはスルー

うーーん、ターゲットの真鯛も釣れたし、でかいイトヨリを含む数匹が釣れたんで釣果的にはOKなんですが

真鯛と勘違いしたアタリが2回もあったんでなんとも微妙な感じとなりました。

次はイトヨリではなくマダイをがっつり釣りたいと思います。

ってか真鯛のあたりって・・・どんなんだっけ??忘れちゃいました( ̄Д ̄;;

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »