2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月28日 (日)

2010/11/28 三重方面 2馬力ボートフィッシング その28 真鯛を求めて

先回は根魚は釣れたものの本命の真鯛は釣れませんでした。

短期決戦だったこともあり消化不良だったし、、、、やはり真鯛が釣りたい!

土曜は用事があったために日曜日に出撃することに。

誰か一緒にいってくれないかなぁ~とメールすると・・・・いましたいました!

この男なくして我が釣りは語れません、うえじゅん氏登場!!

いよっ!待ってました!大根役者!(意味不明)

午前5時30分に現地着。

すでにうえじゅん氏は到着していたのですがまだ周りが真っ暗なのでとりあえずちょっとだけ仮眠することに。

しばらくしてうえじゅん氏のライトの光で目が覚めます。

起きてご挨拶すると。。。なんと既にボート準備万端。。。まだ周りうす暗いのにw

しばらくすると他のボーターも準備し始めます。

初めてお会いするカヤッカーも2組登場。

私も準備を開始し、うえじゅん氏に手伝っていただきながら午前6時40分頃に出発です。

Ca3c06000001

寒いのでとうとうジャケットまで冬仕様っす。

さて、天気予報的には風が出るみたいだったのですが、、、なんとほぼ無風。

潮も小潮なので苦戦しそうです。

うえじゅん氏と相談の結果まずは湾外の最近好調の声が聞こえる某所へ

案の定、潮も風もなくタイラバはまっすぐ落ちてまっすぐあがって来る始末。

魚っけもまったくなく1時間ほど粘りましたが根魚らしいアタリがわずか1回のみ。

このままではいかん!!とおもいうえじゅん氏と移動。

次なるポイントは私が以前サンゴを引っ掛けた釣ったことがあるという実績があるとみせかけてまったくない意味不明な急激かけあがりポイントへ

しかしそこはやはり意味不明なポイント、無意味にかけあがってるだけで魚は釣れてくれません。

ちきしょう!だったらかけあがるんじゃねーよ!!とこれまた無意味な八つ当たりです。

うえじゅん氏はここでネタげっと。いや、ネタでもうらやましい!!それだけ今日は渋いんです。

その後潮目をさがしてウロウロ、、、、水深深い所目指してウロウロしますが釣れたのはコイツのみ

Ca3c06070001

君はどこでも相手してくれるね。

9時過ぎまで粘りましたが回りでも釣れている様子はなく

出航場所でご挨拶したカヤッカーさんと海上で情報交換。

エソしか釣れないらしい。

こりゃ湾外はだめだってことで思い切って湾内へ!

しかしこちらでも相変わらず魚っ気なし。

それでもめげずにタイラバを巻き巻きしていると・・・

ガツガツガツ!

をを!き、来た~!!!

あわせを入れるとゴンゴンいいます、ん?ごんごん??

真鯛にしては軽いし、、、でも本当は真鯛なんでしょ?

そうなんでしょ?

とこっそり期待してあげてみると・・・

Ca3c06090001

お、おまえかよぉ~

うすうすわかってはいましたが残念。

その後タイラバのネクタイもスカートもぼろぼろにされるんで意を決して遠征。

そこは思い出の初真鯛ゲットの場所。

うえじゅん氏も合流して2人でなつかしいね~なんて言いながらタイラバ落とすとうえじゅん氏にヒット!!

見ればメモリアルフィッシュをゲットしてるじゃないですか!!

私もすぐそばに行ってタイラバ落としたら一発でヒット!!

ドラグも出るし、即効で真鯛と分かるゴンゴンゴンの三段つっこみ!!

来た来たきました本命ちゃん。

しばらく真鯛のヒキを楽しんで巻き上げると海中に魚影確認。

40cmほどのキレイな真鯛!

真鯛:「うぉぉ~やられたぜ~」

って顔してますw

「タモタモ」っとタモを手にして魚を取り込もうとしたら。。。。

ソコには口から空気と共に仕掛けを吐き出す真鯛ちゃんの姿が・・・

しばし何が起こったのか理解できずただただ真鯛を見送ります。

真鯛:「ふっ、相手がお前でよかったぜ~」と言っているかのような流し目くれて海底に消えていきました( ゚皿゚)キーッ!!

しかしこれだけ即効で釣れたんだ!まだまだ釣れるはずじゃーー!

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・

チーーーーーン、その後、イトヨリを2匹追加するものの、真鯛の姿をみることはできませんでした。

Ca3c06100001_0

ここで渋滞も心配だったので後ろ髪引かれる想いでしたが13時前に納竿といたしました。

ちきしょーーー!!また消化不良です。

スランプ??そうかもしれません。

こりゃ真鯛釣れるまで時間かかりそうだぞ(涙)

ボートを片付けたら哀れな私にうえじゅん氏がカップめんご馳走してくれました。

Ca3c06130001

冬はこれに限りますね。

うえじゅん氏いつもありがとね!

それにしてもなんか外で食べるカレーヌードルってたまらなくうまくないっすか??

釣果は渋かったですがうえじゅん氏とわいわいやれてたのしかったっす。

次こそ大漁目指してがんばるぞ!

とにかく真鯛じゃ!真鯛はどこじゃ~!!!!

2010年11月21日 (日)

2010/11/21 福井方面 2馬力ボートフィッシング その27 短期決戦

はぁ~、、、仕事が忙しいっす。

年末に向けて忙しいのはわかるんですが、なにもそんなに働かなくてもいいぢゃん。

日本人は働きすぎですよ、、、とおもう今日この頃です。

みなさん、釣りをエンジョイしてますか?

私はというと先週2週間ぶりに浮けたもののなんだか消化不良な結果。

そしてこの週末も家庭のイベントで土日が埋まってます。

土曜日

絶好の釣り日和っぽい。

うえじゅんさん、がうじさんに様子を伺う電話をしてみれば・・・・

やっぱり釣り日和でなにやら楽しそうにボートを満喫されてます。(詳しくはこちらうえじゅん氏、Ycos氏、がうじ氏)

こんなに楽しくされたら諦めかけていたボート釣りをなんとかできないものかと迷ってしまいます。

そんな私にとどめを指したのはうえじゅん氏のこのひと言

まあ、来週から天気崩れますけどね

い、いかん!!これはなにがなんでも浮かねば!!

とはいえ日曜日は子供のイベントがあり13時から出かけねばなりません。

どうする。

・・・・・・

・・

近場でガマンするか?

いや、ガマンでけんでしょ。せっかくなら鯛狙いたい。でも近場でつれるのはチーバスかハゼくらい。

泊まるか?

いや、寒い。それに泊まってどーする?なにか解決するのか?

落ち着け、俺。

冷静に冷静に。

コピーロボット作るか?

2人いればいいだろ?いや、製作時間が間に合わない。まて、それより俺作れるんか?

それにつりに行く方をどちらが担当するかでもめるに決まっている。

フジ子フジ○もそんな話書いてたし。

・・・・・

・・・

ええい!!迷っても仕方ない!

こうなれば短期決戦。7時出航10時撤収1時帰還で行こう!!

比較的近くて真鯛が狙える所っていうと・・・・あそこくらいか。

って訳でアラームをセットして朝早起きをして某所へ出発!!

気合が入りまくりで5時には現地についてしまいました。

予想通り真っ暗w

1時間ほど仮眠して朝6時。

まだ少しくらいですがのろのろと準備開始。

日曜だというのにボートは私だけ。

あれ?なんで?と不安に想いながらも出航

Ca3c05950001

すっかり寒くなりましたね。

ジャケットも冬仕様になりましたよ。

海に出てみればボートがちらほら浮かんでます。

はるか遠くに船団ができています。

たぶんあれはハマチ祭り会場でしょう。

でも私の家はハマチいらないし、遠いんであそこは止めておこう。

さて、本日は短期決戦ということもあり、タイラバメイン。

ナブラ打ち用にジギングロッドも準備しますが、いつものエギングロッドは今回封印。

なんせ片付けもあるんでイカの墨を落とす作業は避けたいっすからね。

事前にこのさんから有力な情報をいただいておりましたんでそのアタリを攻めてみます。

こういう情報網ってありがたいですね~

風もよい感じで吹いていて理想的な流され方。

潮も利いていて良い感じでタイラバに抵抗を感じます。

しかし、あたりがない。

潮目をみつけて落とすもダメ。

ううぅ~やはり俺には爆釣って言葉は無縁だなぁ

徐々に流されながらどんどん深い場所をせめて行きます。

するとようやくアタリがあり、あわせると重くないながらも抵抗する生命反応!!

やった~、なんだろ?時々抵抗するこの引き、、、根魚や鯛ではないなぁ~なんて思いながら巻いているとあと10mくらいのところでフッと軽くなります(涙)

Ca3c05960001

な!!見事にスカートを少し残してフックもネクタイもスッパリやられています。

正体はメガサバフグ?それともサゴシ?

たぶん前者、、、悲しい。

ちょっと沖に船団ができているので思い切って深い場所を攻めますがこれも空振。

時々浮気してジグサビキを投げてみますが生命反応感じず、、、、

時間はあっという間に9時。。。

とほほ~、せっかく強襲したのにこの結果はさみしいなぁ~

周りには数隻ボートが浮いていますがみなさんパッとしない様子。

ジギング船からながれる音声もあまりよい情報はないようです。

最後の決戦の場に選んだのは水深は80m

風も止み、潮も流れない中、タイラバを落としても垂直に落ちてしまいます。

しかしそんな中でも何かがあたってくれました!!

ドラグゆるゆるの中、時々抵抗を見せてくれたのはこれ。

Ca3c05970001

キジハタ30cmなり~

ようやくお土産確保です。

でも本命は真鯛。

このアタリは根が点在するようなので根魚に混じって真鯛もいるはずとタイラバを落とします。

数回落としたところで周りでバシャバシャやりはじめます。

ん?ナブラ?ハマチ?

ジグサビキを投げるも無反応。

ベイトがあわないのかそれともハマチなどではないのかとにかくダメ。

すぐにどこかに行ってしまったかとおもえばまた回りでバシャバシャを繰り返します。

その度に悲しい釣り人の嵯峨からタイラバを中止してジグロッドでキャストを行います。

しかしダメ。ちきしょう!なんなんだよ!!

釣れないなら最初からナブラなんかたたないでくれよ(涙)、、、、とまあ冷静に考えればモンスターフィッシャーマン的なクレームを言いながらも、時間がないんで謎のナブラは無視して、タイラバに集中します。

魚探にはよい感じで魚影が映ってるなぁ~と思ったらグン!!

き、きたぁ~!!!。。。あれ?でも明らかに鯛じゃない引き。

ちょっと悲しいですがまずまずの重み。

Ca3c05980001

2イカリムシを引き連れて釣れてくれたのは先ほどよりもちょっと大きいキジハタ君。

よし、貧果は免れた。

しかしやはり鯛じゃないからなんだか納得できない。

そんな中時間は10時目前。

最後の1投を3回ほど繰り返したときに待望のアタリ!!

で、でもやっぱり竿を叩いてくれない(涙)

Ca3c05990001

上がってきたのは食べごろの25cmカサゴ君

ここでタイムアップなんで諦めて納竿としました。

結果:

キジハタ:30~32cm 2匹

カサゴ:25cm 1匹

うーん、やはり真鯛がつれなかったので消化不良です。

それに時間制限があると落ち着いて釣りできませんね。

浮けただけでもよしとせねばなりませんがやっぱり本命の鯛釣りたかったなぁ

次は時間を気にせずたっぷりとつりを堪能したいものです。

どうか週末天気に恵まれますように!!!

2010年11月14日 (日)

2010/11/14 三重方面 2馬力ボートフィッシング その26 アジ狙いのつもりが・・・

皆さんこんちわ!お久しぶりです。

仕事が忙しかったのと天気と休みが合わずに2週間お休みとなりました。

土曜日は用事があって出撃できずまたもやうえじゅんブラザーとはすれ違い。

日曜日単独釣行となりました。

さて、今回の狙いはアジ!

冷凍庫に1ヶ月ほど眠っているアミエビを使いたいからという裏事情は内緒だったりしますが

アジのシャープな引きを味わいたくて久しぶりのサビキ釣行です。

そして冷蔵庫のストックがなくなったので解禁となったイカも狙えて、、、かつ真鯛も狙っちゃいたいなぁ~なんて贅沢を叶えられるポイントは・・・・アソコしかないなぁってことでいってきました太平洋!!

6時に目覚ましをセットしてゆっくりとボート準備をし、出船はなんとなんとの7時過ぎw

久しぶりのエンジン音、たまりませんね~

Ca3c05850001

本日の天気は曇天ですね。

でも波はなくて風も無風なんでアジサビキには丁度いいっすね。

さて、本日の仕掛けですが市販のアジサビキ、本日は6号の針にハリス1.5号&下カゴです。

2本竿を出して片方沈めて、片方アミエビを詰めて落として、また片方を上げる。。。。

これを繰り返してアタリを待ちます。

しばらくつづけるもまったくアタリがないんでちょっと浮気してイカを狙ってみます。

ボートはアンカーで固定しているんで上げるのは面倒、なんでちょいとキャストしてシャクリを入れてステイ。。。。するとティップがふっと抜けるあたり。

すかさず合わせてズン!!

Ca3c05860001

胴長22cmのナイスサイズのアオリイカ。

この時期のアオリイカは1匹が大きいので満足できますね~

でも個人的には18cmくらいまでのアオリイカが一番おいしい気がします。

そんな浮気中にサビキ竿が海面に突き刺さっています!

をを!アジ来たか!!

Ca3c05870001

・・・残念、サバでした。

35cmくらいのなかなかサイズ。

我が家はサバを食べないのですが叔父さんが魚好きらしいんでささっと締めて海水氷につけてお土産とします。

さあ、まだまだ釣るぞ~と振り返るともう一本の竿がバタバタしてます。

Ca3c05880001

ををー、真鯛ですがサイズはサビキサイズの20cm前後。

でも塩焼きでおいしそうなんでキープ。

これは地合いか!!と思ったらかぜが出てきてボートのアンカリングが外れて流されます。

仕方がないので一旦イカ狙いにシフトします。

Ca3c05890001

Ca3c05900001

イカは期待を裏切らずパタパタっと立て続けに5杯ゲット!

キロアップっぽいアオリイカも釣り上げますがおじさんにおすそ分けしてしまったので計測不能

幻のキロアップとなってしまいましたw

まあ、いいや。

ついつい夢中になってしまいましたが本日の本命はあくまでアジ!!

おっしゃーーがんばるぜ~

シャク、シャク、シャク!

スズメ、スズメ、キタマクラ!

シャク、シャク、シャク

スズメ、スズメ、キタマクラ!

・・・

テンポいいぢゃねーか。

まけるかぁ~おるぁぁぁ~~!!!!

・・・・・・・・・・

・・・・・

・・

チーーーーーン

なんの見せ場もないまま2時間のサビキ釣りは終了いたしました。

なんなんだいったい(汗)

メインのはずが数行で終わってしまった。

くそーーー、アジ釣りたかったなぁ。

時計をみるとまだ10時30分。

上がるには早いし、残り時間はタイラバを行うことにします。

水深40mから始めて徐々に深い場所を攻めていきますがアタリがありません。

今日は渋いかなぁ~なんて思っていたら着底後すぐにガガガガガッっとアタリがありました。

しっかりと食いこんだのを見てあわせを入れるとなかなかの重量感。

カサゴかなぁ~なんて思っていたら急に走り出してドラグが出ます!

ま、まさか鯛?でもたたきはしないし。。。でも青物ほどは走らないし、、なんだろ???

時々ドラグを出されながらやり取りを堪能して数分。海面にその姿が見えてきました!

Ca3c05910001

げっ!田舎者!!!

Ca3c05920001

違います。

45cmのアマダイでした!!

Ca3c05930001_1

初物ゲットですごくうれしかったですが・・・・こいつってなんか間抜けな愛嬌のある顔してますねw

このあと少し粘りましたが定番のエソしかつれずなんとなく釣れる気がしないので納竿といたしました。

本命のアジはさっぱりなのに浮気したイカとタイラバはまずまず釣れたというなんとも微妙な一日でした。

本日の釣果:

アマダイ45cm   1匹

サバ35cm   1匹

チャリコ 1匹

アオリイカ 6杯

叔父さん家に寄ってサバとアオリイカ2杯置いていったら代わりにみかんたくさんいただいちゃいました。

我が家のストックもほんのちょっとだし、こりゃまたアオリイカ釣っても大丈夫だな。

でもやはり釣りは楽しいなぁ~。これからの季節日本海側は荒れて難しくなりそうなんでこれからは太平洋側にシフトしようとおもいます。

次ですがアジ釣りかタイラバか迷いますが。。。やっぱもう一度アジ狙ってみようかなぁ。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »