2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月23日 (土)

2010/10/23 福井方面 2馬力ボートフィッシング その25 【続】魚を求めて・・・

前回魚に関しては完敗を喫し、ycos氏からいただいたアオハタで家族に満足してもらいましたがなんとしても自力で釣りたい!

「やる、やってやる。。。サゴシのスレがかりでもいいから釣ってやる」

と多少低い目標設定ながらふつふつと沸いていた釣り魂。

火曜日から釣りに行くといってきかない息子。

久しぶりに凄まじいというかなかなか素敵なダダをこねます。

友人Yの来週末のお誘いを断って、来週は必ず連れて行くことで何とか納得させてようやく出発できました。

さあさあ、今週のコラボメンバーですが

もはや私の釣りロードにペアセット化されてしまったうえじゅん氏

現在イカ釣りにはまりまくりで自分でも引き際が判断できなくなっているであろうycos氏

最近絶好調のマグロハンター、なおさんとそのご友人です。

海を見れば・・・・げげ、ベタ凪ぢゃん!息子すまん。。。つくづくお前釣り運ないなぁ

でも私は思う存分釣りを満喫できるって訳ですね!

ベタ凪の海を快調に出撃する我がスミマミレのボート。

Ca3c05610001

うえじゅん氏、ycosペアと共に適当なポイントでまずはタイラバです!

すると早々にycos氏ヒット!。。。ってイカやん!

ここ水深40mっすよ。

ってかなんでycos氏イカ狙ってんの?タイラバじゃねーの??

そんなの見せられたら・・・って訳でついつい・・・

Ca3c05620001_2

ちょっと小さめだけどしっかりとティップが走りゲットしましたw

やっぱりティップランはたのしいなぁ~、、、っていかんいかん(汗)今日は魚狙いだったんだ。

しばらくして少し風がでてきてよい潮目ができていたのでそれに沿ってタイラバを爆撃しているとガツガツガツガツ!!

ちょっと早めにあわせを入れるとズシッと久しぶりの魚の重み!

これはなかなかの重量感なので大きいぜぇ~っとニッコニコの私です。

Ca3c05630001

・・・おもいっきりおなかにスレ係りのアオハタ35cmでした(汗)

やはり早あわせがいけなかったようです。

それでもなかなかぽってりの良い型なのでキープです

お土産もできたので少し気持ちに余裕ができます。

うえじゅん氏Ycosペアは少し浅場に戻って爆撃をするようなので私はおもいきって深い場所を攻めてみようと移動します。

途中、先週お会いした喜鶴さんの師匠であるご夫婦らしきボートを発見!なんだか見事な魚を釣り上げてます。

うらやましい

よーし俄然やる気を出してインチクでシャクリます!!

ちなみに私、インチクでサバフグしか釣ったことありません。

当然のように何も釣れない時間が続きます。

するとうえじゅん氏Ycosペアもこちらにやってきました。

どうやらうえじゅん氏はエソ爆らしいw

少し離れた場所でうえじゅん氏Ycosペアが楽しそうにジグでしゃくっている様子を眺めます。

あの2人ほんと楽しそうに釣りするなぁ~

「それにしてもここちよい風が吹いているのに何でつれないのかなぁ~」なんて思いながらタイラバ爆撃していると待望のアタリ!

少しまっていると完全に竿を持っていく本格的なアタリがあったのでおもいっきりあわせます!

ズン!ズズン!!

な、なんだこれめちゃくちゃ重いぞ。もしかして根係り??って思っていたら・・・

ジジジジジィーーーーーーーーー

っとドラグが出まくります。

さ、魚や!

竿が満月にしなってます。

ここでドラグ調整を誤ればきっと針を伸されて逃げられちゃうんだろうっておもってちょい緩めにセットし、再び竿のしなりで魚が疲れるのを待ちます。

ジジジジジィーーーーー

疲れるのをじっと待ちます。

ジジジジジィーーーーー

待ちます。

ジジジジジィーーーーー

ま、待って意味あるんかこれ?

焦る俺。

もう一回フッキングあわせを入れる。

ここでようやく魚の動きも少し緩みます。

ゆっくりゆっくり巻き上げます。

少し巻いては糸を出され、少し巻いては糸を出され。。。

格闘すること5分くらいでしょうか。

相変わらず一進一退の攻防。

PEには水深の目安となるようカラーが施されているのですがまったく水深が変わっていません。

やばい、、、、腕が痺れてきた。

ここでうえじゅん氏Ycosペアが近くに来てくれて私の異変に気づいてくれた様子。

うえじゅん氏:「ふなさん、大丈夫っすか?タモアシストしますよ」

俺:「あーざす、宜しくお願いします・・・」

しかしまったく魚があがってくる様子はない。。。。

Imgp0532_01

その後も巻いては糸を出されてを繰り返し、格闘すること20分?(自分ではもう何分戦ってるかわかんなくなってます)

ここで魚も弱ってきたらしく少しずつですが浮いてきました。

お願いだからここでバレるなよ~って思いながら

巻き巻き巻き、ジージーシー

巻き巻き巻き、ジーシー

巻き巻き巻き、シー

・・・

うえじゅん氏Ycosペア:「み、見えてきましたよ!」

最後の力をふりしぼっておるぁぁぁああぁ~

Ycos氏絶妙のボート方向調整!

うえじゅん氏バツグンのタモ入れ!

Imgp0538_01

や、やったぁ~人生初の超肉もどき、、、あ、訂正。

メジロげっと~

後で家で計ってみたら75cmありました。

もう腕パンパンです。

うえじゅん氏、Ycos氏ありがとうございます。

これって1人だったらタモ入れ無事にできたかどうか。。。

Dvc00370_01

こんなのポンポン釣り上げてる人ってほんとすげーっすよ。

その後なおさんとご友人さんボートと合流して鼻高々で魚を自慢(ごめんなさい)労をねぎらっていただきます。

こういうのってあんまりないことなんでうれしいなぁ~

でももう腕が疲れてるんで釣りは休憩しなくっちゃ~と思いながらなぜかタイラバを巻いてる俺。

あほですね~

そんなアホには・・・

Ca3c05640001

なぜか釣れてくれる40cmの真鯛

あの格闘の後だったんで何気にドラグ出されていたのにサクサクっと釣り上げちゃいました。

すると近くでうえじゅん氏がいいもん釣ったようなので近づいてみると

をを!それはまさしく!!「いいなぁ~俺もそれ釣りたい!!」って言ってジグサビキでしゃくると・・・

パタパタパタパタっとまるであかちゃん用のお風呂のアヒルのヒレみたいなヒキ。

Ca3c05650001_2

うーむ、これまた思い通りに釣れてしまったヨコワ(でしたっけ?)

小さいけど初物だし弱ってしまったので持ち帰ります。

もうあかん。。。腕疲れたってほんと。。。といいながらもやっぱりタイラバ落とす俺。

そうするとなぜか

Ca3c05660001

釣れるカサゴちゃん30cm

こいつはうまいのでキープ。

すると目の前にボイル発生!!

ジグサビキを着けて早巻きをするとHit!!

うえじゅん氏にサゴシが釣れた~と報告しますが正体はサゴシではなく50~60くらいのシイラ。

しかもダブル

ほほう、50cmがダブルってことは合わせて1mだなぁ~

なんてあほなこと考えていたらシイラが急に突っ走ります!

次の瞬間ハリス切られてました(涙)

ここでさすがに腕が疲れてタイラバロッドはもてなくなったのでエギングブレイクと参ります。

すると渋いながらもちゃんと相手をしてくれるアオリイカちゃん!

Ca3c05710002_11

やっぱりティップランは楽しいなぁ~

ついつい釣りすぎてしまうのでちゃんと目的を10杯(最高は胴長26cm)と決めて釣り上げます。

イカは満足したし、腕の疲れも多少取れたのでうえじゅん氏とYcosペアに連絡して単身再び魚を狙うことに!

しかしココからは魚っ気なく苦戦。

時々起こるボイル

サゴシでありますよーにとジグを投げ込みますが・・・

Ca3c05750001

トリプルフックを伸ばされながらもなんとかネットインした60cmのシイラ。

シイラってことは、、、バターソテー?

今日は一杯釣れているし、、ってことでリリースします。

その後エソを3連発します風もなくなり潮も動いていないようなのでソロソロ上がろうかなぁって思っていたら・・・

Ca3c05780001

ホウボウ30cm。

こいつもうまいのでキープします。

クリックさんから電話がありお話していたらもう2時だということを教えていただきましたw

いつまでやってるんでしょうねほんと。

でもコレがきっかけでようやく納得の納竿としました。

Ca3c05790001

なんか俺の釣果じゃないみたいw

たまにはこういう爆釣もあってもいいよね~

メジロですが家で捌いてみるとけっこうな寄生虫が(汗)

調べてみたらブリ糸状虫だってさ。人体に影響ないとはいえキモイですわ~

秋冬にはまったくいなくなるらしいのに今は秋のはずですが。。。

まあ天然ものに寄生虫はつき物らしいですけどね。

良いところだけを切り取って食べてみると確かにうまい!

かみさんにもトロの部分食べさせてやったらうまいって感激してましたw

そして本日実家のみんなを呼んで刺身三昧の手巻きすしを食べてわいわいガヤガヤ大騒ぎです。

いやぁ~ほんと楽しかったなぁ

来週も絶対釣ってやるぜ~

本日一緒に浮いてくれたうえじゅん氏、Ycos氏、なおさんとご友人さん、本当にありがとうございました!

2010年10月17日 (日)

2010/10/17 福井方面 2馬力ボートフィッシング その24 魚を求めて・・・

週末への意気込みは大変なものでした。

真鯛は60cm、イカは入れ食いで大漁、青物は回遊し釣れても肉もどきだからとあえてリリース。。。

そんなふくらみまくる夢と戦いながら金曜の夜帰宅。

しかし天気予報を見たら強風です。

先週うねる海で痛い目をみていたため土曜は見送ることにしました。

そして日曜日

待ちに待ったこの時を楽しみにしていたのは私だけではありません。

ミスター51杯:うえじゅん氏

真鯛は既にロックオン:Ycos氏

ティップランでイカ爆をもくろむ:クリック氏

そして私の釣りを邪魔してサポートしてくれる助手の息子。。。。

・・・・って!息子?

お前先週「もうパパ1人で釣り行って」っていったじゃん

息子:「いいじゃん、だって俺釣りすきだもん。だから帰りにポケモン(菓子)買っていい?」

「だから」以降はまったく日本語として理解できませんが息子が釣り好きになってくれるんならまあいっか。

さあ、薄暗い中準備をおこない

(ドーリーのない私のボートを皆さん快く運搬してくれてありがとうございました)

夜明けをまって3艇出発です。

さあその海ですが少々うねってます。

天気予報とは違いかぜも強く、息子連れの私は「息子が酔ってしまうのではないか」と不安でした。

ポイントまで移動中、、、、、まさかの息子就寝。

実は息子は前日のワクワク(?)から夜更かし&早朝3時からおきていましたのでとってもおねむだったようで心地よいボートの揺れで船底にくの字に体を折り曲げて早々に眠ってしまいました。

でもこのうねりの中ですからおきていたら酔ってしまったかもしれないし、、、私としてはちょっとほっとしました。

さあ、まずは真鯛から狙いましょう!

タイラバロッドはヒビが入ってましたがお金がないので購入などできません。

仕方なくビニールテープで補強してあります。

いっそモンスターが食いついてロッドをへし折ってくれれば購入する意志も固まるのですが。。。

しかし強い風が吹いていて、シーアンカーで速度を調整しますがすごいスピードで流されますがお気に入りのビンビン玉でソコを取るとすかさずアタリ!!

これは今日は大漁なんじゃね?とおもったのもつかの間。

こいつの正体はサバフグ。

怒りのリリースを行って再びタイラバで爆撃しますが帰ってくるタイラバはヘッドと針だけとなって帰ってきます。。。。

ネクタイやスカートを交換して再びソコをとりますがヘンなモゾモゾっとした感触が伝わってきた後にタイラバを回収してみればまたもやヘッドと針だけ、、、、

どうやらサバフグが大漁に沸いているようです。

場所を移動して再び爆撃、ソコを切ってしばらく巻き上げたところでふっと軽くなります。

ヘッドの上からすっぱりやられました。

お気に入りのビンビン玉だっだのに。

おのれサバフグやるじゃねーか。

インチクを試してみてもサバフグに針を取られ、こちらも使い物にならないくらいのダメージ

強風、潮は動かず、サバフグの猛攻、青物っけなし。。。。もうお手上げです。。。

ロッドも折れてますが心も折れたのでタイラバは諦めて風裏となっているポイントでアオリを狙います。

水深30m前後でボートを止めてシャクリを入れるとティップが戻ります。

すかさず合わせるとズン!

なかなかの重量感で上がってきたのは胴長22cmを超えてるであろうアオリイカでした。

Ca3c05450001

やっぱりこのサイズにもなると引きが楽しいですね。

やっぱりDeepエギングは楽しい!

すぐに1杯追加します。

Ca3c05460001

ここでクリックさんと合流したので「ここ釣れてますよ!」と言って一緒にエギングをしますが止んでしまいます。

悪いことに風もふきつけるようになり流されるのが早すぎるし波がギザギザしてあたりがとりずらい。

しばらく頑張るもサイズがイマイチのアオリはつれるのですが今日は「パッと見で胴長20cm以上のイカしか持ち帰らない」意気込みなので気合のリリースです。

その後うえじゅん氏、Ycosペアと合流して3艇で色々なポイントを攻めて見ますがどこも爆発力に欠けます。

そうこうしていたら風が止んでボートが流されなくなります。

あんまり釣れないのでみんな思い思いの場所へ散っていきます。

そうこうしていたら息子がむくっと起きました。

息子:「よし俺釣りする!!」

簡単に操作できて釣れてしまうタイラバを教えてやりますが2回で飽きます。

息子:「俺、投げたいんだけど」

こ、このやろう。。。軍隊だったら射殺だぞ、、と思いますがガマン。

どうやら前回エギングを教えてやったらそのキャストがたのしかったらしく今回もそれをやりたいといいます。

エギングロッドをもう一本用意するのも面倒なのでキャスティングロッドでジグを投げさせることに。

これが思いのほか楽しかったようで珍しく投げては巻き投げては巻きを繰り返します。

その合間に私はエギングでポツポツイカを追加していきます。

3renn

息子は釣れないのでつまらなそうだったんでヒットしたアオリを巻き上げさせてやったらご満悦でしたw

Ca3c05540001_01

最後の取り込みまで巻き続けましたんでこれは息子が釣り上げたってことでw

その後まずまずイカのお土産も確保できたんで再びタイラバで真鯛をねらいますが。。。。。

コチラは不発。

けっこう粘ったんですがあたりすらありませんでした。

まったく魚っけもないし、うえじゅん氏が午後に用事があるということで12時に納竿といたしました。

う~ん、本当なら魚を釣ってかえるつもりだったのでかなり消化不良です。

でも今日のこの海では仕方ないかなぁ

片付け中お話させていただいた方から「ブログとかやってますか?」と声をかけていただきました。

その際は色々と情報交換させていただきましたありがとうございます。

またお会いできた際は宜しくお願いいたしますね!

イカだけだとまたかみさんに「イカだけ?」と言われてしまうなぁなんてブツブツ言っていたらYcosさんが

めちゃめちゃでかい魚をプレゼントしてくれました!!

Ycosさんありがとうございます!!!おかげでかみさん大喜びです。

片付けの後、帰りにクリックさんがラーメンおごってくれました、ゴチになります!!!!

Ca3c05580001

息子はラーメンをペロリ!「こんなうまいラーメン食べたの初めてだぁ」ってまたもやスープも飲んでましたわ。

私が普段あまりよいものを食べさせていないことがばれてしまったっすね(爆)

全体的には厳しい釣果でしたが皆さんに支えていただいて本当に楽しい週末となりました!

このメンバーならたとえ貧果の中、うねりの中!楽しい時間が過ごせます。

Ca3c05600001_01

クリックさん、うえじゅんさん、Ycosさんありがとうございました!

次回こそ、次回こそ大漁といきましょうね!!!

2010年10月11日 (月)

2010/10/11 福井方面 2馬力ボートフィッシング その23 そんなにうまくはいかないな

なんてこったい。

待ちに待った3連休っすよ?なのに雨と強風。

そんな中、釣りに行くようなは・・・・そんなキチはいないでしょうが。。。まあいたとしてもそれはまあそれとして・・・

土日を家族サービスに費やし、最後の砦である、祝日の月曜日にかけます!

今夜は息子も参戦です。

夜中に起床して現地に着いたのは朝5時

道中鹿を見て興奮気味の息子と私を迎えてくれたのは・・・

ごおぉぉぉぉぉ~~~

びゅうぅぅぅぅ~~~

暴風に荒れ狂う海。

ウサギは飛び跳ね、波消しブロックは消されない波がさぶんさぶん

やるじゃねーか、海

どうしても俺に釣りさせない訳ね

しかし本日コラボしたうえじゅん親子、クリックさん、デジトックさんはこんなことでは諦めません。

「某所の風裏ならボートだせますよ」

って訳でばびゅーーんと風裏に移動してボート出航!

Ca3c05370001

デジトックさんに簡単にティップランのコツを伝授して私と息子はアジキス狙いです。

海は風があって波もちょっとギザギザして釣りにくい状況です。

息子とゴカイをつけてキスを狙いますが、、、流されすぎて釣りにならず

こんな状況ではもちろんアジもムリだろうと諦めます。

とりあえず息子が釣り楽しめるように波が穏やかで風裏になるところを探して移動を繰り返しますが

結局2時間移動しまくりましたがよいところが見つからず息子も釣りができないので睡魔に襲われてダウン

なのでキス釣りは諦めて皆さんと合流。

皆さんの様子を伺うとうえじゅん親子が少々釣っている程度で苦戦している様子。

なんだかこの状況で魚は釣れない気がするんで本日はやらないつもりだったイカ釣りにシフトします。

水深が深い場所はフラットな地形なので厳しい気がしたので浅い場所で起伏のあるところから開始

するとHit!!

息子がここで起きたので釣れたよ~と声かけたのですが。。。。なんだか軽い、、、

Ca3c05380001

胴長12~3cmのアオリイカ

リリース前に息子がイカで遊びたいというのでバケツに入れてやります。。。

息子:「パパー、見て見て~、ほら~手にくっついたよぉ~」

ガブッ!!

(lll゚Д゚)

息子:「ぎゃぁぁぁぁぁ!!」

おもいっきりイカにかまれたようです。

哀れ息子。

その後息子はイカを海面に叩きつけるように怒りのリリース。

以前は確か顔面にスミ食らっていたなぁ。

お前なんでもありだなw

その後胴長20cmのアオリと20cmのスミイカをゲットして今日も爆釣か!!と思いましたがその後はぱったりと釣れません。

Hoka

息子もイカ釣りに興味を示したようなので適当なエギをチョイスして息子にも竿をにぎらせてあげます。

やはり竿をふってるだけでたのしいのか飽きずにエギでしゃくったりまいたり投げたりして遊んでます。

あるときエギをチェックするとかじられた後を発見!!

俺:「これはもしかするとイカがかじったんじゃね!!」

息子:「ま、まぢで!!」

俄然やる気をだす息子。

ここからハイテンションバカ親子はうねる波を切り裂き「いやっっほーーーい」と歓声をあげながら何度も何度もつれそうで釣れないポイントを流します

その後もう一杯胴長12,3cmを追加しますがこいつもリリース。

しかしイカリング作りたかったことを思い出したんで次同じようなサイズならキープすることを心に誓いながらしゃくりますがこれまた沈黙。

Ca3c05420001

息子:「暇~」

体全体で暇を表現する息子w

うーむ、この表現力。我が息子ながら惚れぼれするぜ

だいぶ波も風も収まってきたようなので思い切って岬を越えてみます。

波がギザギザしているので釣りにくいですが・・・・

Ca3c05430001

あ、釣れちゃった。

ここは海底の根がきつくて根係りしますがイカにはよいかも!!

って思ったらエギ2個ロスト。

そしてこの波は息子にはつらかったようで酔っちゃいました。。。。

皆さんに先にあがることを告げて12時30分頃納竿としました。

釣果:

アオリイカ4杯(胴長12~20cm)

スミイカ1杯

はい、完敗です(涙)

やっぱ海が荒れているときはおとなしく家にいなきゃだめですね(涙)

でもたぶんこれからも、、、いっちゃうんだろうなぁ。

片付け終わってクリックさんがおうどんご馳走してくれました!!

Hoka2

まいう~

イカに噛まれたり、酔ったり、片付けの最中に転んだりと散々な一日だった息子でしたがクリックさんの心遣いで楽しい思い出に変わりました!

息子大満足!!この日はいつもは飲まない汁まで飲み干しちゃいましたw

クリックさん、ほんとありがとうございます。

そしてクリックさんからもう一つお土産もらっちゃいました。

Ca3c05440001

ちょっと影になっちゃいましたがたべるラー油です!

食べたくても躊躇していたのでこれはうれしい!

夜にイカのテンプラにちょっとかけて食べてみましたがうまい!

これはクセになりますね。よいものもらっちゃった。

ふな親子はクリックさんのおかげで厳しい釣果ながらも楽しい一日となりました!

クリックさん、うえじゅん親子、デジトックさん、ありがとうございました。

次は是非よい天気で気持ちよく浮きたいものですね。

次こそ魚つるぞ~

2010年10月 2日 (土)

2010/10/02 福井方面 2馬力ボートフィッシング その22 久しぶりのジギング

  今週もチャンスがあれば土日と合宿はる予定でしたが日曜はあいにくの爆風予報。

ここはムリをせずに土曜日に完全燃焼できる場所で一日釣りを満喫しようと場所の選定に力を入れます。

うえじゅんさん、Ycosさんと一緒にどこかへ・・・と計画していたのですが私はある目的のためにどうしても某所が気になったのでワガママ行って別行動させていただきました。

その目的とは「なんかしらんけどサゴシが釣りたい」ですw

結構釣り人に嫌われるこのサゴシですが私はサゴシジギングが大好きです。

なぜかというと・・・私のようなへたくそでもジグを投げて高速巻きするだけで釣れてくれるからですw

家族からも「魚がくいてぇ~、イカはもういやじゃぁ~」との無言のプレッシャーをうけてますんで今日はやりまっせー

某所に朝4:30分着。

既に小さな駐車スペースは一杯です。

薄暗くなりかけたときからノロノロと準備を開始していざ出航!!

Ca3c04950001

すっかり寒くなりましたんで長袖の上にウインドブレーカーを羽織っております。

出航してすぐに朝食を車に忘れたことを思い出して出航場所に帰るというダメダメぶりを発揮する私ですがダメダメぶりは更に続き、「魚や!」っちゅうのについつい「まずはイカから・・・」って、、、

おそるべしティップの誘惑、皆さんもきをつけましょう。

Hoka1_2

パタパタっとイカをゲットしてまずはティップランのアタリを楽しみますw

本日はティップが戻るティップランをまさに体験。

こいつを合わせたときはうれしかったなぁ~。

でもここはちょっと型が小さくて不満。

4杯中2杯は15cm以下だったのでリリースです。

空が赤く燃え上がってきた頃にようやく「はっっ!俺、魚釣らねば!!」と思い出しエギング止めていざジギングへ!

目的のポイントへボートを走らせる途中、凪の海から魚がバンバン跳ねて私を誘惑します。

すかさずしばらくぶりのジギングロッドをフルキャストしてメタルジグを高速巻き!

しばらくヒット&バラシ(そんな言葉あるかしりませんが)を繰り返し、ようやくゲットしたその正体はなんと50cmくらいのペンペンシイラ。

どうやらボイルしていたのはシイラだったようです。

シイラって跳ねるんですね。

しかし初シイラにちょっと感動しながら「これがシイラかぁ~、なんかカジキの角なしみたいな魚やなぁ~」って眺めていたらフックが外れて海に帰っていきましたw

バターソテーくらいしか思いつかないのでシイラはいいやと負け惜しみをいいつつ、本命のサゴシを探します。

しばらくするとあちらこちらでボイルが発生、どれがシイラでどれがサゴシかわかりません。

いいや、全部狙ったれ~

何度もキャストを繰り返しますがヒットはするもののバレ易くてなかなか釣り上げることができません。

それにしてもどんどんボイルの幅が広がります。

気が付けば周り一面は圧巻のサゴシとシイラのボイル天国(見る人がみれば地獄?)

「今は亡きサゴンセス様(=現:鯛cosさん)が見たら喜びすぎて昇天するのでは??」

と思うような素晴らしい景色。

もうボイルを探す必要がなくなり適当にキャストを繰り返していたらようやくHit!

サゴシ特有の引き。

水面下ではおとなしいものの海面スレスレで暴れる暴れる、散々やり取りを楽しんだ後に・・・

Ca3c05000002

無事ネットイ~~~ン。

45cmくらいのサゴシですが久しぶりの対面になんだか感激。

更に3本追加して(40~50cm)これ以上釣っても食えないのでサゴシはストップです。

Hoka2

久しぶりの魚とのやり取り楽しかったですw

やっぱ釣りはエギング、ジギング共に最高ですね。

さて、目的のサゴシもゲットしたし本日の課題はクリア。

次はなにしようかな??

この周辺にはエギングポイントが一杯あるのでDeepで狙えるところがないかを探して旅をすることに。

昨年エギングした場所へ向かいますが水深は10m以下。

結構俺って浅い所でしかエギングしてなかったんだなぁってなんだか驚きました。

今日は浅い場所ではイカの反応がない。

しばらく探ってみるもののあたりなし。

もしかしてイカ、深い所に落ちてる?

20mを超えた所に行き探ってみるとようやくティップが反応してくれました。

Ca3c05040001_2

やっとゲットですわ~でもサイズは15cmくらいかな?うーん、不満

その後ポツリポツリと釣れて20cmを超える奴も釣れたものの爆釣とはいかず・・・なんとなく消化不良

Hoka3

このまま続けてもあまり釣果は期待できそうにないので思い切って大移動することに。

沖のポイントに向かって推進30m前後でかけ下がっているよさげなポイントがあったんでエギを沈めてしゃくると・・・・

Ca3c05080001

ドン!胴長20cm超えの満足サイズ!

その後この周辺で爆釣モードとなりほぼ入れ食い。

20杯近くここで釣った頃から肩に違和感。

実は先週のエギングのときもそうだったのですが・・・

そう、ここのところの毎回の過酷なシャクリで軽い腱鞘炎ですわw

甲子園球児だったら監督に涙ながらに交替をお願いするところですがここは海の上だし交替要員もいないんでエギングを止めることに。

後は穂先にヒビが入っているタイラバロッドをビニールテープで補強してなにか魚を狙うことに。

しかし、、、タイラバにヒットするもののしばらくするとふっと軽くなってしまい見るとスパッと針がもっていかれてることが数回。

どうやら海底はサゴシ絨毯のようです。

サゴシとは違うあたりがあってワクワクしながら巻き上げたのですが

海面で正体が分かりがっかり。。。

Ca3c05230001

ごぼうではありません。巨エソです。

ここで波風が出始めたんで風裏に戻ってエギング再開。

それでもやっぱ腱鞘炎が辛いので13:30分に納竿としました。

結構遠くに来ていたのもありましたが波風がきつくて出廷ポイントに戻るのがしんどかった。。。。

フルスピードだと波をかぶってしまうんでゆっくり目のスピードで時間を掛けてゆっくり戻って14:30分無事出廷場所に戻りました。

目的のサゴシも釣れたし、たくさん移動して色々な場所でティップランを試すことができたんでとても楽しかったです。

イカは・・・たぶん30杯くらいじゃないかな?途中から分からなくなってしまいました。

でも20cmを超えるサイズがあまりでなかったのでリリースも多く、自分的には今回のティップランはちょっと消化不良です。

さて、腱鞘炎が完治するまでちょっとティップランを控えないとね。

次は何をしようかな!!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »