2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月26日 (日)

2010/09/26 福井方面 2馬力ボートフィッシング その21 うねり

週末。

台風が来ていたなんて全く知りませんでした。

台風がくると・・・・あ、やっぱり海は大荒れですね。

土曜日は用事があり元々出航予定ありませんでしたが日曜日は行きたい。

でも台風の影響でもちろんうねりが・・・どうしようか迷っていたんですが息子がやたらと行く気満々(息子がここまで行く気がなければたぶん行かなかったw)

そしてうえじゅんさんやクリックさん、たにしんさんと情報交換をしながら様々な方向から検討した結果某所であれば出せるのではという判断に至りました。

もう息子はうきうき気分でまるで遠足の前日の様w

出発準備を手伝ってくれて、早々に車に乗り込んでいざ現地に向かいます。

現地について仮眠をとっている間、海側から聞こえていた波の音の大きさにちょっと不安を覚えながらも疲れから爆睡。

夜が明けて海を見てみると心配していたほど波はありません。

波打ち際さえ突破すれば大丈夫そうです。でもこんなんで釣れるんだろうか???

不安とワクワクを同居させながらうえじゅんさん、Ycosさん、クリックさん、カイザーさん&ソアラさん一家、aorigureさんとみんなでわいわいがやがや準備です。

息子を起こして私も出発しようとしたのですが・・・あれ?息子のサンダルがない。

車の中をくまなく探して、、、、いくら探してもない。

息子:「そういえばコンビニで車に乗るときにサンダルを脱いで・・・回収した覚えがないや」

Σ( ̄ロ ̄lll)

我が息子ながら、こいつ面白いなぁw

って訳で息子を車からボートまで担いで行きます。

私がモタモタしていたので皆さん既に海上の人となっています。

我々もちょっと大きな波をなんとかクリアして適当なポイントへ向かいます。

Ca3c04840001

大きな波をクリアしてご満悦の息子w

さあ、海上はやはり台風の影響でうねりがのこってます。

ようやく浮いている皆さんと合流したのですが結構なうねりがありサビキ釣りをしようとしている息子にはこのうねりはきついなぁとおもったので皆さんと別れてどこか波が穏やかな場所を探してウロウロすることに。

結局かなり浅い場所の波に隠れるようなところへ向かいます。

すると息子が「ねえ、釣りもいいけどオモチャで遊んでていい?」というのでどうせこのうねりではまともに釣りができないとおもっていたので気持ちよく承諾。

実はイカ釣りに集中できるのでありがたいと思っていたのは内緒だったりしますw

さて、本日もティップランでイカを狙うことに。

しかしこのうねりでアタリを取るのがとても難しい。

微風で流されるので良い感じでしゃくれるかとおもいきや海底では潮がグシャグシャらしくとにかくシャクリにくい。

抵抗を感じずにいつの間にかボート側に戻ってきてしまいます。

そうこうしていたら無風&うねりとティップランには厳しい状況に(汗)

そんな中なんとか工夫しながらしゃくっているとティップになんとなく違和感。

すかさずあわせるとHitしますが・・・・なんか軽い。

Ca3c04850001

ち、小さい(汗)

胴長10cmくらいかな?

リリースしてしゃくること数回、、、しゃくろうとした瞬間にズシリと重み。

ん?カサゴ?と一瞬思うくらい抵抗なしです(笑)

Ca3c04860001

手の平サイズのコウイカでした。

でも肉厚でおいしそうなのでキープします。

その後しゃくるもほんと今日はアタリがありません。

10cm程度のロリイカをもう一杯追加しますがもちろんこのサイズでは納得できません。

でもあたりもすくないし、小さいし、、、、このうねりではイカもやる気ないんだろうなぁ。。。

「今日はもうダメかなぁ・・・・」

と思ってエギを回収していたらエギの後ろにめちゃでかいイカが追ってきてます!!!

すかさずフォールさせてしばらくした後に渾身のステイ

穂先がふわ~んと緩んだのですかさずあわせます。

ドラグのすべる心地よい音がして竿にズシリと重みが伝わりました。

Ca3c04900001

ティップランで釣った訳ではありませんが今年の秋イカでは一番よいサイズです。

Ca3c04910001

胴長22cm!

ティップランで釣れよ俺

でもこれでイカがいて、しかも追いかけてくるくらいですから活性が高いことも分かりました!

俄然やる気を出して今流した場所をもう一度探ってみると今度はティップが持っていかれます

Ca3c04920001

おほー、やりました胴長20cm

やはりイカにやる気はあるようです。

ってコトは当たらない理由は・・・・もしかしてうねりと海流によってエギが動いてないんじゃないかなぁと推測してしっかりと竿のバットの部分でシャクリを入れると再びHit!!

Ca3c04930001

足一本でなんとかモノにした同サイズ。

ボート間際でスミを大噴射したんでまたもやボートは真っ黒にw

その後18cmくらうのサイズをもう一杯追加したところでクリックさん、うえじゅん&Ycosぺアと合流して情報交換すると皆さん苦戦されている様子。

みんなで何度も周辺を流してみますがあたりがパタッと止んでしまったようでなんともなりません。。。。

その後極ロリの胴長7cmくらいのイカを3.5号のエギで釣るという快挙を達成して心が萎えました。

思い切って反対側の岬を目指して大移動をしてみます。

今日の雰囲気からイカは障害物に張り付いているようなので岬の障害物周辺を狙ってキャスト。

するともやもやとしたなんかヘンな動きを穂先が。。。。あわせてみるとイカでしたw

Ca3c04940001

この後暇をもてあました息子が私の携帯電話でゲームに没頭し始めたので写真はありませんが同じ箇所周辺で3連発!!

これはもしかして地合い到来か!!

・・・・と思ったら息子が「き、気持ち悪い~」

このうねりの中、下向いてケータイゲームやってればそりゃ酔うやろ(汗)

うえじゅん&Ycosペアに一時撤収する旨を伝えて10時15分頃に撤収します。

岸に戻ったら息子が「おなか痛い」といい慌ててトイレに連れて行きます。

結局なんともなかったのですがたぶん酔ったからなんでしょうがあまり調子がよくなさそうなのでちょっと早いですがコウイカを含む11杯で納竿といたしました。

最大胴長22cm、550g!

この倍の重さを目指して今年の秋はがんばるぞ!!

そういえば最近魚の方はよい情報があまりはいってきませんが

来週は天気が崩れるようなのでこれで海も高すぎる水温が収まり、様変わりしてくれるんじゃないかとちょっと期待しています。

皆さんにはあまり人気ないサゴシ君ですが個人的には大好きだったりします。

はやくサゴシ君どかーーんと沸いてくれないかなぁ

厳しい条件の中、本日ご一緒してくれた皆様本当にありがとうございました!!

次はよい天気で浮きたいですね!

2010年9月19日 (日)

2010/09/17-18 三重⇒福井方面 2馬力ボートフィッシング その19-20 試練

皆さんこんにちわ。

季節もようやく秋の様相を呈して来て過ごしやすくなってきましたね。

釣り人にとっては釣りがし易くて快適な季節となりました。

そんな秋ですが今月に入ってからの私は毎日仕事に追われて遅くまで残業だったり来週にいたっては祝日を返上してお仕事です。

そんな訳で時間調整の為に今週金曜日は年休をいただきました。

じゃあってことで釣りに出かけることに!

もちろん3連休なんで、、、やっぱ、、、合宿しちゃいます?しちゃいますね~

本当は友人Yと金曜は釣りに出かける予定だったのですが体調不良でYダウンのため1人で釣行することに。

しかし天気予報を見ると日本海側は荒れている様子。

たぶん出航できなかったし今回の友人Yとの釣行は中止で正解だったかもね、また今度いこうな。

さて、金曜日に一緒につりに行ってくれる人いないかなぁ~って即効で頭に浮かんだF-3さんにメールするとやっぱり浮くらしいw

しかもこのさん、zekiさんも一緒とのこと、是非是非ってことで混ぜていただくこととなりました。

うきうき気分の中寝ようかと思ったら、がうじさんから突然の電話。

がうじ:「明日、どこにうくんですか?」

な、なぜ私が浮くことがわかったんだ(汗)

がうじ:「んで?2日目はどこに浮くんですか?」

ををー、合宿のことまで見抜いてるんかい!!

さすがは私にティップランを教えてくれたお人。

なんでもお見通しなのですね、がうじ老子。

がうじ老子「そうですか~1日目は太平洋で。。。2日目は日本海のどこに浮くんですか?」

さすがの老子も私の釣りバカ度を見誤ってますなぁ~日本を縦断するほどの体力ないっすよw

太平洋側で連泊してイカを釣りまくる旨をお伝えして就寝。

翌日、現地に朝4:30分集合して暗い中皆さんとご挨拶。

このさん、久しぶりっす!元気っすね

F-3さん、相変わらず男前やね~、体も鍛えてるしすげー

zekiさん、初めまして、うを!あなたも体すげーっすね。カヤッカーはかっちょええ人が多いな。

みんなでわいわいとお話しながら準備をして薄暗い中いざ出航です。

Ca3c04460001

見て分かるように肌寒くなってきたので長袖必須ですわ~

さて、本日の予定ですが

最初に太平洋のご機嫌なアオリイカに相手してもらい、クーラーが満タンになった頃にタイラバで真鯛を釣ってウハウハで合宿を切り上げて帰っちゃおうかなぁ的な考えです、、、ええ、この時点では。

ナツ君のブログに書いてあったように太平洋側のイカはだいぶ大きいのがいるらしいのでめちゃめちゃ楽しみでした、、、ええ、この時点では。

ポイントについて早速しゃくってみます。

もちろん本日もティップランですよ。

しかしよく見ると海がなんだか、、、あ、、めちゃにごってる。

そういえば前日は大雨でしたね、その雨水が海に流れ込んでるんだ。。。。

水潮ってイカ大丈夫だっけ??

この嫌な予感は的中してしまいます。

しゃくれどしゃくれどアタリはなく、釣れても胴長12~13cmのイカばかり。。。。

Teki

最初こそリリースをしておりましたが本日は実家のおかんから「先週のイカご近所さんに大好評だったからたっぷり釣ってきて」命令を受けていたので3杯目から13cmはキープ。

場所を移動を繰り返したり大移動をして各ポイントらしきところをあたってみますがまったくダメ。

どこも水が濁りまくっていて生命反応も感じられないし釣れる気がしないし。。。。

ボキッ

あ、折れた、、、心が。。。

仕方なくイカ釣りは諦めてタイラバロッドを取り出してタイラバを装着。

穂先を見ると塗料がはがれているようなのでそっと剥がそうとすると。。。

ん?

あれ?

あ、折れてる、、、、ロッドが。。。。

塗料じゃなくてロッドが折れてささくれてたのね。

ほぼこの時点で俺の本日の釣りは終了していたかもです。

その後イカを求めて粘るもののこの濁りと水潮ではなんともならず。。。。

結局全部で5杯釣って12時30分納竿となりました。

気分はもちろん完敗

私、最近たくさんイカが釣れていたので間違いなく釣れるだろうと思っていたのですが・・・

修行僧のクセに舞い上がっていた。。。

出航場所に戻ると先に上がっていたF-3さん、zekiさんがあたたかく2人とも上半身裸で(なぜ?)迎えてくれます。

聞けばやはりお二人も苦戦されてた様子。

ちょっと遅れて帰港したこのさんも苦戦。

やっぱ前日の雨の影響かなぁ

いかん、このままでは来週を気持ちよく迎えられない。

がうじ老子、、、あなたはこうなることをきっと見抜いていたんですね。

せんと君みたいな顔していたのはこの日のためだったんですね(謎)

俺:「皆さん、俺、今から日本海側行って来ます!!」

三人: Σ( ̄ロ ̄lll) Σ( ̄ロ ̄lll) Σ( ̄ロ ̄lll)

って訳で呆れかえる3人の視線を一身に浴びながら北へ車を走らせること340km。

(F-3さん、このさん、zekiさんありがとうございました!また浮いてくださいね)

頑張れば午後の夕まずめに浮けるかも~と思ったのですが

散々道に迷って到着したのは午後5時。

しかしここでも更なる試練、海が荒れていてとてもボート出せません。

明日に掛けるしかありませんね。

夕方一本勝負は諦めて、夕食をとってポイントに車を止めて就寝します。

明日はあのうねりがおさまっていますよーに・・・

・・・・

・・

朝4時。

周りでは今日も釣りキチたちがボートを膨らましながら準備に勤しんでます。

そのわいわいガヤガヤに起こされてしまいましたw

海を見てみるとうねりは収まり多少波っけがある程度。

準備していると先週私のイカとアジをトレードしたおじさんと再会。

がっちりと握手して今日もがんばりましょうねとご挨拶。

そしてほの明るくなってきた頃に出航します。

Ca3c04530001

先を行くのがアジをくれたおじさん、がんばってね~

さて、海の試練はまだまだ続く。

多少の波っ気と濁り。。。。イカにはあまり適さないような気がする。

しかも私のお気に入りポイントはがっつり先客が抑えてます。

これも試練、、、ふっ( ̄ー ̄)ニヤリ、、、やってやろーじゃねーの。

うるぁあああああああ~

Teki2

胴長17cmのイカを皮切りに鬼神の如くイカを釣りまくる俺w

日本海は俺を温かく迎えてくれたようです。

1週間経ってまたイカは大きくなったようで型が揃います。

胴長20cmも飛び出してやっと昨日の不調を払拭できました。

12杯くらい釣ったところで一休み。

今日は先週日曜に見つけたポイントを攻めてみることに。

するとコレが大アタリ!

Teki3

ちょっと風も出はじめてティップランにはもってこいの条件が揃います。

ティップが持っていかれるようなあたりばかりですが中には「モゾモゾ」っとしたアタリもあり、それを取ったときは「やった!!」と思いました。

それにしても今回は型が揃ってて一流し毎によい引きを味あわせてくれます。

20杯の大台に乗せた時点でまだ8時を回った頃でした。

実家やご近所さんからのリクエストもあるし、家のイカも順調に消費してるのでイカが食べきれないという心配もなく安心して良型を持って帰れます。

よっしゃーまだまだやるかぁ~・・・・・・と思ったのですがここから試練が続きます。

潮が明らかに止まってます。

風も止んで海には雨によるゴミが浮遊。

あたりもぱったりと止んでなにをしてもダメ。

しかも根係りでスクイッドシーカー2個殉職

風がなくなってバーチャカルにしゃくらないといけないと途端に根係りが発生するんですよね。

その後ポイントを転々とするもかんばしくなく6杯追加したところで3個目のスクイッドシーカーをロストし、12時となったので納竿といたしました。

結局26杯。

なんかちょっとしっくりこない結果となってしまいました。

やっぱまだまだへたくそなんだなぁ。。。

もう少しティップランを勉強し、修行を続けることとします。

ちなみに今回はちょっとお勉強しました。

ティップランのアタリには色々あります。

そのアタリの出方は様々でとてもひと言ではあらわせませんが2パターンのみ今回よくわかりました。

まずティップが走ったりしたときにあわせたときは・・・

Ca3c04660001

ね?こんな風にがっちり真ん中の足(?)にかかっているでしょ。

こういうときは妙な達成感があって気持ちいいです。

シャクリがしっかりできてないと・・・・

Ca3c04790001

こんな風に触椀のアタリになるようです。

今回、穂先が絡まってモタモタしてたら「パシっ」と竿が持っていかれて慌ててあわせたらこんなん出てました。

ちなみにティップランやっているとあんまりこの釣れ方はしません。

不思議でしょ。

詳しくは「「これがティップランエギングの真髄だ!」」ってティップランのDVDでありますんでそちらをどーぞ。

そのDVD私はもう何回見たことかw

さて、アオリのサイズもUPして益々楽しみになってきたティップラン。

まだまだ未熟だということも分かったし色々勉強しながら探り探りやっていきます。

いよいよ秋も深まってきたんで10月頭からはDeepを攻めてみたら大型も釣れるかも??

楽しみだぜ!目指せキロオーバー!!!

2010年9月12日 (日)

2010/09/05-06 福井方面 2馬力ボートフィッシング その17-18 本日もティップランなり!

先週は出来すぎなくらいたくさん釣れて本当に楽しい釣りでした。

もちろん今週末も行く気満々だったので週末が近づけば近づくほどワクワクが止まりません。

そんな私よりもワクワクが止まらなかったうえじゅん氏とそのうえじゅん氏からのワクワク光線に当てられて軽く被害を被ったYcos氏とコラボで釣りをすることに!

コラボといってももはやこの3人当たり前のように毎週現地で待ち合わせしてますがw

現地着は午前1時。

車中で仮眠を取って朝4時30分にアラームをセットするも午前4時あたりから周りがざわざわ。。。おきてみると今週も気合が入りまくりのカイザーさんとソアラさん一家とうえじゅん氏、Ycos氏がお話してました。

ご挨拶してるとなおさんとデジトックさん、夜勤明けでつりはしないものの様子を見に来てくれたたにしんさんも登場。

最近どこへいくも知り合いに会うことができてほんとブログ冥利につきます。

薄暗い中準備をして明るくなり始めると同時に出発です!

Ca3c04010001_2

カイザー一家はいつものポイントから開始!

うえじゅんYcosペアとなおさんと私は大移動ポイントを目指します。

大移動部隊の先頭は霊体のみ既にポイントにいってしまっているのではないかと思われるうえじゅん氏。

目は血走り、鼻息は荒く、ボートは通常の1.5倍のスピードがでているのではないかとおもわれる勢いです。(多少表現が脚色されておりますがお許しを)

某ポイントまでまっしぐらです、止まりません。

皆さんより遅れること数十秒後にポイントに到着。

早速エギング開始です。

きょうも前回バリバリ爆釣だぜ~~

・・・・・

・・・

・・

あれ?アタリがないんですけど。。。。

うえじゅん氏、Ycos氏、なおさんも不調のようであたりがほとんどありません。

1時間くらい経過してもほとんどあたりなく釣れたのは小さなコウイカ1杯とアオリ1杯のみ

Hennsyuu1

しかしおかしい、、、アタリがなさ過ぎる。。。

それにほぼ無風で流されないし。。。ここでティップランでイカを狙うのは難しそう。

思い切って場所を移動することをなおさんに伝えて前回好調であったポイントを目指します!

その道中、カイザー&ソアラさん一家が浮いていたのでお話を伺えば快調なペースでイカを仕留めてらっしゃるとのこと。

これは負けてられないとポイントにいく前にちょっと道草ですw

ここの水深は6m。

ティップランをするにはかなり浅い場所ですが急な駆け上がりなのか地底の雰囲気はよさげです。

これが大当たり!

Hennsyuu2

無風なので少しキャストをしてシャクリをいれてやるとほぼ入れ食いとなりました。

シャクる⇒ステイ⇒ティップもっていかれる⇒釣れるを繰り返し気が付けばこの場所だけで9杯追加。

(12cm以下のイカはリリース)

既にボート真っ黒w

ようやく落ち着いた頃に我に返ります。

いかんいかん、まだ目的のポイントに行ってないのに結構時間をくってしまった(汗)

今度こそバビューーーんと移動して某ポイントへ。

ここは水深が12~13m程度あるところなので十分ティップランが楽しめると期待していったのですがいかんせんアタリがない。

今日は全体的に渋め?するとここで天の助け!

Ca3c04230001

ざわわ~♪ざわわ~♪ざわわ~♪

ティップラン向きのよさげな風!!

よさげに流されながらしゃくると段々釣れ始めました。

Hennsyuu3

気が付くと大体20杯くらいつれてます。

やはりティップランはすごい。

しかし型がイマイチ納得できません。

お土産も確保できたんで以降は目測で15cmに満たないイカはリリースすることにします。

ここでそれぞれのポイントを堪能したうえじゅん&Ycos氏ペアとカイザー一家と合流。

みんなで一緒にティップランをすることに(カイザーさんはエギングかな?)

ティップランにもっとも重要な脇の締め方と腰つきを的確にアドバイスしながら(注意!ウソです、ティップランに脇や腰つきはほとんど関係ありません)

流しているとポツリポツリと釣れてくれます。

Hennsyuu4

たいぶ波っ気が経ってきたので釣りづらくなりかけてきたので「そろそろおしまいにしましょうか?」とうえじゅん&Ycos氏ペアに言いにいったところコツをつかみやがったティップランが少しずつ分かりかけてきたとのこと。

俺のイカが減るじゃねーかうえじゅんさん!ガンバ!と満面の笑顔でエールを送りながら12時30分頃に納竿といたしました。

結果:30杯(リリース多数)最大胴長は17cmでした。

なかなかのコウイカも混じったりして満足いく結果となりました。

しかし贅沢だとはおもいますが20cmオーバーのイカが釣れなかったのが残念です。

ヘロヘロの体に鞭を打ちながらみんなでわいわいと後片付け。

午後2時30分頃には帰路に着いてました。

コレでまた1週間元気に仕事に打ち込めます!

コラボしてくれたうえじゅん&Ycos氏ペア、なおさん、カイザーさんソアラさん、デジトックさん

本日は誠にありがとございました!

じゃあみなさんまた来週!!

・・・・・・・

・・・

Ca3c04370001

日曜日。

ここはどこ?私は誰?

いや、あのですね、言い訳するわけではないのですが・・・・

あの後帰宅して子供達から「明日は釣りに連れて行け」とラブコール。

ヘロヘロなのに・・・仕方なく朝の5時頃適当に行く約束をしたところ目覚ましよりも早く起きて万全の体制で待っていた子供。

おねえちゃんはやはり釣りは辞めるといいましたが絶対いくぜと言い張る息子。

なんでも生きたイカをみたいんだとか。

鉛のような体に鞭打ちながら少しでもボートが出しやすいところを探していたら前日と同じ場所に向かっていましたw

現地に着いたらすっかり地合を過ぎており、お日様もじりじりと照りつけてます。

ええい、こうなりゃやけだぜ!!ってことでボートの準備をして息子を乗せていざイカの待つ大海原へ!!!

昨日釣れたポイントは休めることし、違うポイントに向かいます。

既に前日燃え尽きた俺。

俺:「(・・・あー疲れた~適当に流すか・・・)」

息子:「パパー、俺も釣りする~」

俺:「ハイハイ、これで適当にやりな~」

数分後

息子:「パパー、釣れないよ~」

俺:「ハイハイ、釣れないね~、困ったね~どれ貸してみな~こうだよ、こう」

更に数分後

息子:「パパー、釣れないね~」

俺:「こうしゃくるんじゃ、おるぁあああ~(シャクシャクシャクシャク!!!!!)」

皆さん海の力ってすごいですね。

数分後には気力が回復して全力でしゃくっている私がおりました。

すると地合がすっかり終わっているにもかかわらず釣れてくれました胴長15cmのイカ君!!

息子の興奮MAX!!

バケツに水を張ってイカを入れてやると興味津々で触っています。

触っています。。。

触って。。。

そして

はい

ドン!

Hensyuu 

顔面直撃!!

おまえオモロすぎw

その後重量感たっぷりのコウイカや数杯アオリイカを追加したところで波が立ち始めて釣り辛くなりました。

Hensyuu2

前日散々楽しんだこともあり無理をせずに撤収することに。

実釣2時間ですがコウイカ含め5杯つることができました。

まだ11時ですがのろのろと後片付けをして帰路につきました!

今週ここまでつりを満喫できるとはおもっていなかったのでちょっとうれしい誤算かなw

息子も楽しそうだったし、短時間だけど満足いく釣りとなりました。

本日はイカのフルコースを堪能!やはりイカスミパスタは絶品っす!

さて、来週はここのポイントは休めて別のポイントに向かおうかな?

今週もティップランは爆発でした!

2010年9月 5日 (日)

2010/09/05-06 福井方面 2馬力ボートフィッシング その15-16 炸裂!ティップラン!

先週ちょっとイカが釣れたのですが小さすぎたので物足りなさを感じていました。

(即効でイカ子供達にたべられたから味わうこともできなかったし。。。)

もう少し大きいサイズになってから本格的にイカを狙ってみようかなぁとおもっていたのですが

某所では少し大きいサイズのイカが釣れているとの情報が入りました。

そんなん聞いたらもういてもたっても入られませんでしょうに!

すでに先日かみさんから「合宿」の許可が降りていたので早速週末の土日でイカ合宿をすることにします。

そんなことを決めたらもう週の中ごろから仕事が手につきませんでした。

待ちに待った週末!!夜勤シフトの仕事を終えて急いで帰宅。

すると夜11時にも関わらず息子がおきていています。

やばい、こりゃくるな。。。と思ったら・・・

息子:「あ、釣りいくの?じゃあ、俺も・・・・」

俺:「(あまいぜ、ベイビー・・・)わかったでも、やめておけ!

息子: Σ( ̄ロ ̄lll)

息子の申し出を秒殺して即効で釣りの準備をすませてそのまま寝ずに現地へGO!

現地に着いて仮眠を2時間ほど取りました。

AM4:30にセットしてあったアラームで起床!

うきうき気分で薄暗い中準備をしているとご挨拶してくれた人が!

なんとカイザー一家(&ソアラさんと愉快な子供達w)です。

聞けば私と同じくお泊りだとか!これは心強い戦友ができました。

そのあと色々と出船準備まで手伝ってくれるし、本当に助かりました。

(カイザーさん、ありがとうね!)

完璧な準備をしていたカイザーさん達は一足先にポイントへ向かいましたので私も追いかけるように出発します。

Ca3c03530001

もうワクワクがとまりませんでした。

さあ、本日の合宿の課題ですが「まずはティップランのアタリをものにする!」です。

あのティップラン独特のアタリをモノにして晩秋のデカイカを釣り上げたいと思います!

しかし弱気でノーマル2.5号エギを忍ばせていたことは内緒だったりします。

ポイント周辺、既にカイザー一家はアンカーリングしてしゃくってます。

見ればカイザーさんからまぶしすぎる笑顔と脇の下から繰り出される親指。

既に釣り上げてやがる。。。や、やりますなぁ。

焦る気持ちを抑えながらちょっと離れたあたりでエンジンを止めます。

さてこのポイントですがちょっと浅い8m。

ノーマルエギングなら決して浅い水深ではないのですがティップランは元々ディープエギングがメインなので浅場は弱点。

しかーし!!私には浅場攻略用のスクイッドシーカーがあるのでそいつで攻めたいと思います。

しかもスクイッドシーカーは3.5号。そいつに飛びついてくれるイカならまず小さい奴は回避できるでしょうって思惑もありました。

イカの習性で自分の体の大きさから捕食する大きさを決めるんだそうです。

さあ、日常生活ではほとんど役に立たないこのトリビアはさておき、、、

いよいよティップラン、テイクオフ!!

風がほとんどないので軽くキャストして浅場なので5回ほどのシャクリを入れてステイ。

、、、、繰り替えること数回。。。するとあのティップが持っていかれる独特のアタリ!

ほとんど無意識に近い感じであわせを入れるとクン!というイカの引きが手元に帰ってきます。

ここからの小気味よいジェット噴射を見せるイカとのやり取りもたまりませんねぇ~。

Ca3c03540001_2 

上がってきたのは可愛いサイズ(胴長10cm)ですがこの場所で初のティップランの獲物です!

これはティップランいけるんじゃないの?と思ってまた投げると今度は即アタリ。

手に感触は来ないので視覚的でしか分からないあたりが取れるのがこのティップランの特徴でもあります。

すげー、楽しい!このゲーム性たまりません。。。

そしてこの後ティップラン爆発!!

数投キャストすれば即ヒット。

ティップに色々なアタリがでるのも楽しく新しいおもちゃを与えられた子供のようにひたすらイカとのやり取りを楽しみます。

Patapata

パタパタっと釣れて気が付けばこのポイントで11杯。

サイズも胴長12~15cmくらいと満足なサイズばかり。

時計を見るとまだ1時間くらいしか経っていません。おそるべしティップラン!!

少しあたりも止んだのでポイントを移動します。

以前わたしがよくカヤックで攻めていたポイントへ向かいますがティップランをするには水深が浅い。

ここでも1杯追加しますがなんだか攻めにくい。

その後もう一度大きくポイント移動するもコチラではまったくアタリがありません。

すると既にここでがんばっていたカイザーさんからまたもや「釣れてまっせオーラ」が出てます。

この人本当にエギング2回目なのか(汗)

ニュータイプとして覚醒しつつあるカイザーさんに更に大きくポイント移動する旨を伝えてお別れして大移動を試みます。

道中本日仕事でこれかいうえじゅんさんからTELがありましたので「めちゃめちゃ釣れてます」的なキラーメッセージを伝えて釣りへの想いを断ち切らせて仕事に集中させてあげる優しい俺。

さあ、友人をまっとうな道にもどしてあげるという素晴らしい行為に満足しながら次のポイントへ向かいます。

そこは以前から攻めてみたいと思いながらも結局攻められなかった場所なんですがそこなら水深もありそうだし風も当たると思うので期待が持てます。

この時間になると太陽から照りつける日差しの痛いこと。

移動中に大量にもってきたアクエ○アスをがぶ飲みして水分とミネラル補給していざ勝負!!

ちょっと計算と違ったのがここの水深。

なんとおもったより浅い水深10m。。。水深15mはあるかと思ったんだけどなぁ。

しかも風も潮もまったりとしてボートが流されない(汗)

ピーーーンチ。。。。かとおもいきや!

Patapata2

ポツリポツリと釣れていきます。

ここはちょっとサイズがよくてアベレージ14cmくらい、時々16,7cmの良型が混じります。

このくらいになるとあと1cmの違いでイカって大きく見えますね。

さあこの頃からティップが走らずにフォールで「乗っていた」アタリも増えてきて気が付けばいつの間にか20杯を越えてました。

Patapata3

そのときからちょっとずつ風が強くなり始めて次々とエギンガーが撤収していきます。

しかしこのエギンガー達がいやがる風、、、実はティップランにおあつらえ向きの風だったりします。

そこから更にペースUP!

船を流しながらティップラン本来の釣り方でアタリをとるとこれがまた楽しい。

細いPEを使っているので切れないようにドラグをゆるめに設定しているからティップがはしってすかさずあわせたときにでるドラグがすべる音に酔いしれます。

Patapata4

サイズも段々良くなってきて15cmが出るようになってきた頃に天気が変わって波が立ちはじめウサギが飛ぶようになりました。

こうなるといくら風があったほうがよいティップランとはいえアタリがわからなくなりますので楽しめません。

後ろ髪引かれる思いで合計29杯(内リリースは2杯、30は釣ったと思っていたのですが後で見返してみたら届いてませんでした、、、とほほ)で12:30に撤収しました。

浜に戻るとたにしんさんが来ています。

実はなんだかくるんじゃないかなぁって予感がありましたw

しばらく談笑しているとたにしんさんが明日くるかこないかで迷われている様子。

たにしんさん:「あした田んぼいかなあかんしなぁ・・・」

俺&カイザーさん:「そうですか、じゃあまた明日」

たにしんさん:「軽トラつかわないかんしなぁ・・・」

俺&カイザーさん:「そうですか、じゃあまた明日」

カイザーさんと2人でたにしんさんの背中を元気よく押してあげました。

風が落ち着いたらもう一度出そうと思って車に戻って昼食と仮眠をとったのですが結局夕方になっても止まずこの日は終了となりました。

そして夜、釣り立てのイカと魚をバーベキュー風に食べようということに!

お昼に引き続き晩御飯までゴチになっちゃってホントも魚世話になりっぱなしです。

そうこうしていたら京都からバイクでエギングに来たカイザーさんのお仲間も加えてみんなでわいわいガヤガヤ食事です。

イカ天、イカの丸ごと豪快焼きに釣り立ての焼き魚。どれもこれもうまい!散々飲み食いしていたら夜も10時を回っていました。

明日も頑張りましょうと就寝の挨拶を交わして翌日に備えることにします。

翌日、コンコンと窓を叩く音で目が覚めるとカイザーさんです。

真っ暗な中クリックさんと久々の対面!おひさしぶりっす!

強引に約束どおりたにしんさん登場!なんとお弟子さんを連れての参戦です。

わいわいと朗らかな空気の中みんなで準備して合宿2日目がスタートします!!

2日目の目標は昨日の感触を忘れずにティップランでさくっと釣って9時には撤収することです。

昨日よかったポイントに向かってキャストすること1投目。

快調に上がってきたイカ!

Ca3c03850001

これならばびゅーーんと20杯くらいいけるんじゃないかとおもったのですがココからが渋かった。。。

昨日以上に風がなくて潮も動かない。

海中はだだスケでまるで鏡のよう(汗)

ポツポツとあたるもののなかなか昨日のような爆発力がありません。

Patapata4_2

1時間かけてようやく6杯を釣り上げた頃にクリックさんが近くにお見えになったのでちょっと談笑。

しかしクリックさんのエギングは後ろから見ていてもなんかきれいですわ~。

ピン、ピン、シュって感じです(表現へたくそですいません(汗))

あたりも遠のいたので昨日好調だったもう一つの某ポイントへ向かうことに。

しかしこれがまた無風ですわ。。。

全然航跡がうごかないので苦戦。

結局四苦八苦しながら8杯を追加した頃には9時になっていましたので一足お先に撤収となりました。

Patapata5

本日は計14杯、アベレージは14cmって所かなぁ。。。

12cm前後はもう持ち帰っても食べれないだろうということでリリースです。

なんちゅー贅沢な。

きっと来週17、8cmになって釣れてくれるでしょう。

あっという間だったティップラン合宿。

大変充実した時間を過ごさせてもらいました!!

合計:43杯

最大胴長:17cm

Ca3c03990001

戦い終わった後のMyボートです。

イカスミが戦いの凄まじさをものがたっているでしょ(爆)

来週には更に大きくなったイカに巡りあえることでしょうね。

これまた楽しみが増えました!!!来週も是非是非いかねば!!

カイザーさん、ソアラさん、クリックさん、たにしんさん

本日はありがとうございました!!また一緒に浮きましょうね。

カイザーさん、また合宿ご一緒しましょうねw

追伸:

持ち帰ったイカは刺身に一夜干しに干物、バター醤油炒め、イカスミパスタへと変化して我が家は大満足でした!!

あっというまに平らげてしまいそうなので来週もがんばります!

それでは皆さん今週も元気よく仕事がんばりましょーーーー!!

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »