2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月28日 (土)

2010/08/28 福井方面 2馬力ボートフィッシング その14 静かな海

8月最後の週末。

先週の末にかみさんが怪我したので予定していたスケジュールがすべて白紙となりバタバタしていました。

ようやく落ち着きまして土曜日には釣りにも行ってよいことになり安心して出かけます。

しかし先週はまったく魚っけがなく散々な結果でしたが今回はどうでしょうね?

気持ちよく真鯛あたりをポンポンっと釣り上げて颯爽と9月のイカ三昧へと移行したいものです。

現地着は午前4時。

アタリが暗い中うえじゅん氏、Ycos氏ペア到着。

軽く挨拶を済ませて準備を始めているとNBRさんも到着。

皆さんに挨拶をすませていざ8月最後の海へ!!

(今日も出発準備を手伝ってくれてうえじゅん氏、Ycos氏サンクス!)

さて、本日のプランですが午前8時くらいまでにタイラバで大物を仕留めて

それ以降はイカ調査をして暑くなる前に終了、、、ってな感じです。

まあ、毎回のことで恐縮ですがポジティブなプランでしょ

この時点では実現可能だとおもっていたんですよ、本気でね。

適当なところでボートを止めてタイラバで爆撃開始します。

風はよい感じに吹いているのですが潮が流れていない様子。

でも広く探れるからって期待して巻いていたらコンコンコンってアタリが!

でも当たってからは重いだけで暴れない。。。ってことは・・・・

Ca3c03400001

そう釣れたのは25cmくらいのガシラです。

悩みましたがここは根性のリリースです。

だって今からでかい真鯛釣るしー。

少し沖に出て再びタイラバするとコンコンコンと竿を叩くあたり!

ほらきた!言ったとおりでしょ。

ん?

コンコンコン?

なぜ軽快な音?

真鯛ならゴンゴンゴンでしょ?

ってなことを考えて巻き上げてみたら。。。

Ca3c03410001

鯛は鯛でもレンコダイ(25cm)

うーーん、微妙。

浮き袋でちゃってるしデッドリリースは申し訳ないんでキープします。

よーし、次こそでかい真鯛を釣るぞ~

・・・・・・

・・・・

しかしその後静かに流れる時間の中でアタリはなんとゼロ。

風もまったりとなくなり、潮も動かないのでお手上げ。

NBRさんもうえじゅん氏、Ycos氏もお手上げの様子。

このままでは埒が明かないのでみんなそれぞれの思惑を胸に別ポイントへ

私も微風があるうちにイカの調査に行きます。

前回の調査でイカがいることがわかったので

本日はティップランが日本海で通用するかどうかを試します。

実は本日ちょっとした秘密兵器を購入してきました。

Ca3c03420001

じゃんじゃじゃーーん。

これティップラン専用のスクイッドシーカーライトチューンモデルなんです。

スクイッドシーカーってーと深い場所専用で30gというくそ重たいエギなんですが

これは23gという軽いモデルで浅場や風のないときに使用するんだそうです。

「軽いウエイトじゃあティップランの意味ないじゃん」と思われる方もいらっしゃるとおもうんですが・・・私も当初はそうおもっていました。

たぶんですけど、ノーマルタイプと比べて深い所でなくても海中でステイしているときの水平姿勢がキレイにでるように設計されているんじゃないだろうかと推測してます。

まあそのアタリも試してみるつもりですけどね。

エギを沈めてシャクリますが反応なし。

おかしいなぁってチョコチョコ真下でエギを上下していたら近くの見えイカがワラワラと集まってきました。

その中、3.5号のエギに果敢に挑んだつわものが現れてエギに抱きついてくれました。

胴長10cm程度の可愛いアオリイカ。

Ca3c03430001_2

10cm以下ならリリースと決めていただけにちょっと後ろめたさを感じながらもキープ。

しかしその後風もぴたりと止んでしまってティップランよりもここはノーマルエギングの方が有利かもとおもいロッドをチェンジ。

2.5号のエギでシャクっているとワラワラとチビイカが追いかけてくるのが見えます。

しかし相変わらずわたし普通のエギング苦手です(汗)

本当にシャクリ方忘れてしまっていて「あれ?こんなんだっけ?こんなんだっけ?」って船上であたふたしながらやってました。

その後、釣れそうで釣れない見えイカとの格闘の末なんとかもう1杯ゲット。

Ca3c03440001

やばいなぁ・・・誰か今度普通のエギングの仕方教えてもらえますか?いやまぢで。

てめえの腕が悪いのでイカが小さすぎるのでエギングを一旦中止して再びうえじゅんさん、Ycosさんと合流。

そこに息子さんと一緒にタンデム釣行にきたなおさんもいらっしゃいました。

聞けば開始早々になにか良いものを釣られたとのこと。

ええなぁ俺も釣りたい。

近くに潮目を見つけたのでそこに移動してタイラバを試みますがアタリがありません。

その後移動を繰り返し、かなり沖でタイラバにサビキをつけて「何が何でも獲物をゲットしてやるぜ~」ってな悪代官っぽい含み笑顔を見せながら巻き巻きしていたらまさかのヒット!

竿をシャープにもっていくアタリ。

なんだろう?大きそう!

どきどきしながらしばらくやり取りしていたらばれてしまいました。

悔しい!絶対釣り上げてやる!

数回同じところを流すと再びアタリ!

これだ!間違いなくさっきと同じ引き。

なんだろ?もしかして40cmくらいのアジとかじゃないかな?

なんて期待してたら・・・・

Ca3c03460001

30cmはあろうかという見事なベラ。

どおりでよく引く訳だ。

正体が分かりどっとやる気をそがれてしまいました。

うえじゅんさん、Ycosさんも苦戦しているようなのでここはいっちょ沖の根を目指して悪あがきをすることに。

ウロウロしていたら偶然にも根を発見。

数投すると私の竿にアタリがありました!!

なかなかの引きを見せてくれる好敵手。

その正体は・・・・

Ca3c03480001

32cmのキジハタでした~

貴重なイカリムシゼロのキレイな魚体。

このクラスの根魚は数センチの違いでなんだか大きく見えますね。

怪我がだいぶよくなったのでこれならかみさんも喜んで刺身たべてくれるんじゃないだろうか。

その後何度根をせめてもあたりなく。

NBRさんとも合流して「釣れないですね~」的な会話を楽しみます。

さて、時間も12時を回ろうかという頃。

当初の予定ではとっくに上がっていてもおかしくない。

最後の悪あがきをすべくNBRさん、うえじゅん&Ycosペア、私はそれぞれの思惑を胸に再び散っていきます。

私はもちろんティップランですよ~

でもこれからのハイシーズン前にレトログラードを壊してしまってはもったいないのでキスロッドを改良してティップラン仕様に変更した代用品を使います。

風がないのでライトチューンモデルのスクイッドシーカーで攻めていると・・・・

ティップにクン!っと変化が!!何度もDVDで見たあの穂先のあたり!!

「をを!コレはまさしくティップランのあたり!!」すかさずあわせを入れると

「ズン!」というイカの重みが竿にきました。

ティップランキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

今まで無我夢中でティップランやっていたので正直アタリを覚えてなかったんですよ。

しかし今回はしっかりとアタリを見極めて乗せました。

これは価値のある1杯です!

上がってきたのはこの時期にしてはまあまあの胴長13cm

Ca3c03490001_2

これで日本海でもティップランが通用するってはっきりと自信が持てました。

その後ティップランで2杯を追加。

もう穂先にアタリが出るのがたのしくて仕方ない!

ノーマルエギングがへたくそな私はイカの明確なアタリが分からずいつも「いつのまにか釣れていたイカ」に四苦八苦してました。

でもそんな私でもアタリを明確に視覚で捉えられるのでこのゲーム性はクセになります。

この秋はティップランと心中する覚悟が出来ましたよ。

やりまっせーー

ついつい夢中になって納竿したのはなんとなんとの13時30分w

炎天下の中、2L持っていったスポーツドリンクは空となりましたよ。

しかし楽しかった!

やっぱり私はイカ釣りが大好きです。

これで調査も終わりましたので次回からいよいよ秋のエギング本格突入することにいたします。

もちろん最盛期に突入したら恒例となりましたアレもやっちゃおうかなぁって思ってます。

結果:

100828_175101

アオリイカ(胴長10~13cm) 5杯

レンコダイ25cm 1

キジハタ32cm 1

さあ!いよいよ私にとって初となる「秋のティップランエギング」本格始動です!!

今度こそ1日2桁釣果いけるかな??

うえじゅんさん、Ycosさん、NBRさん、ちょっとだけなおさん

本日は面白い時間を過ごさせていただいて本当にありがとうございました。

またよろしくです!!!

2010年8月22日 (日)

2010/08/22 福井方面 2馬力ボートフィッシング その13 灼熱地獄 

暑い・・・暑すぎます。

猛暑とはよくいったものです。

暑すぎるし、浮けたとしてもすぐに暑さでギブアップしてしまうのはなんかもったいない。

ってな訳で今週も釣りはやめだなぁなんて思っていたらうえじゅんさんからメール。

色々やり取りしていたら段々と私の奥底に眠っていた釣りバカ釣り魂が目を覚まします。

うえじゅんさんのキラーメッセージが心をえぐりました。

うえじゅんさん:「さくさくっと真鯛を釣って、その後イカ調査なんてどうです??」

いい!それいいっす!!

って訳で行ってきました日本海!!

予定では朝7時くらいまでに真鯛を3枚くらいつってそのあとイカを調査して10時くらいには上がろうかと思ってました、ええ、この時点ではこんな能天気なコト言ってました、はい。

現地に4時30分着。

既に準備を済ませていたうえじゅんYcosペアとナオさんがお出迎えしてくれます。

いかん、完全に出遅れている!

早々に準備をして出撃しなくては!!

出撃準備をナオさん、Ycosさん、うえじゅんさんが手伝ってくれます。

いい人達だ(感激)あなた達に幸アレ!!

さて、3週間ぶりの出撃で「エンジンかかるかなぁ」なんて心配したんですが全然平気で

快調なエンジン音を響かせながらバビューーーんと出撃っす!

Ca3c03320001_2

先週までガンガン釣っていたうえじゅんさんの後を追って近くに止めて真鯛を狙います。

タイラバを投下して約5分過ぎ。

早々にヒット!!

おほ!あまり引きませんが久しぶりのこの魚とのやり取り、やっぱたまりませんね~

恍惚の表情を浮かべながら釣り上げたのは・・・

Ca3c03310001

「グーグーグー」と鳴くホウボウ30cm

微妙なサイズにリリースしようかどうか迷います。

だってこの後3枚真鯛釣り上げる予定だし・・・

そんな私の考えを聞いてあきれるうえじゅん氏と前回デカマダイを釣り上げたニヒルな笑顔のタイcosYcos氏。

とりあえずキープします。

さあ!デカ真鯛君、お待たせ!じゃんじゃん釣り上げちゃうからね~

・・・・・・・・

・・・・・

・・・

シーーーーーーン

あれ?真鯛はいずこ?

真鯛どころか魚も相手してくれません。

風も無風。

潮も動かない。

正直お手上げです。

移動を繰り返すも似たような状況。

そしてついに顔を出すお日様。

照りつける太陽にじりじりと皮膚を焼かれ、一気に汗が噴出します。

そして無風に加えて相変わらずの鏡のような海面。

潮目もできないのでタイラバを諦めて1人イカ調査に出かけます。

まずはティップランで様子を見ますが・・・あたりなし。

無風だし、流されないのでこの状況でティップランは最初からすべきじゃなかったな(反省)

って訳でノーマルのエギングをすることに。

竿を準備して、エギつけて、キャストして・・・・

それで・・・・

あれ?

ん?

あ。。。。

最近ティップランに慣れすぎていたんで普通のエギングの仕方がわからん!!

あほな俺。

なんとなくこんなんだったかなぁってやっているとズン。

引きとは無縁で上がってきたのは秋イカの開幕を予感させるロリイカでした。

Ca3c03340001

見ていただいてわかるように胴長7cmくらいです(汗)

でもしっかりとエギに絡み付いていたためエギからはずすのに苦労している間にイカが弱ってしまいました。

って訳で申し訳ありませんが持ち帰ることに。

その後エギを追いかけてくるイカがいましたがどれも小さすぎるロリイカばかり。

ここの秋イカ開幕はあと2週間くらい必要かなぁなんて思いながら一旦エギングも見切ります。

時間を見ると既に10時前後。

なんとなく撤収するのもなんだし・・・ってことでとりあえずうえじゅん氏に連絡。

するとナオさんが沖で型はでないものの魚にかまってもらっているというので

私も真似して沖へ。

いつものポイントよりも倍くらいある水深へ向かいます。

適当なところでタイラバを落として巻いてみると数投目でヒット!!

竿を叩くようなアタリに「ま、まさか!!タイなんじゃね?」なんて淡い期待をしますが・・・・

Ca3c03350001

タイはタイでも25cm前後のチダイ(キダイ??)です。

水圧で浮き袋が飛びだしてしまっているのでこいつも悪いなぁと思いながらもキープ。

その後は相変わらずの沈黙。

半ば諦めモードでつっていると遠くに行っていたうえじゅん氏Ycosペアが合流します。

聞けばこちらも厳しい様子。

そのあとナオさんとも合流してしばしオヤジ4人、3艇で海上を散歩します。

しばらくして私の竿に反応が!!

Ca3c03360001

これまた微妙なサイズ30cmのキジハタ君。

イカリムシが着いていないというミラクルを見せたのでなんとなくキープ。

その後魚探にはにぎやかな反応があるもののアタリはありません。

じゃあタイもいないし帰ろうかとみんなが思い始めていたとき・・・

この男だけは違っていましたタイcos氏。

まるで何かに取り付かれたようにひたすら巻き続けるその姿。

まさに30半ばの中年鬼神!阿修羅!

(その活躍はコチラ

なんだやっぱり魚はいるんじゃん!!って死んでいた3人も慌てて気合を入れますが

ノーマルの私達には釣れませんでした。

粘りに粘った12時30分、納竿としました。

先週とはうって変わってこの渋さ。

なにも私のときに沈黙しなくてもいいのに。

海の神様もいたずらスキだなぁ。。。。

Ca3c03390001

うーーん、なんとも微妙なこの釣果にコメントもありません。

さあ、来週以降どうしましょうね。。。。

某所へイカ調査いくか、、、はたまたもう少しでかい奴を狙ってみるか。

ちょっと作戦ねって挑まないとね。

2010年8月13日 (金)

前半戦終了!!そして夏休みへ

皆さん、こんにちわ!

よい夏休みを過ごしてますか?

私は色々ありまして結局浮けないまま9連休も終わりそうです。

(本当なら2回くらい浮けたのですが残念・・・)

主だったターゲットも思いつかないし、腕がないから釣れないし、暑いし、甲斐性がないので不況で金ないし、のないないずくめなので思い切って夏休みに突入することにいたしました。

って訳で毎日ダラダラのろのろと過ごしております。

暇なので毎年恒例となりました「前半戦を振り返ってみました。」を行ってみたいと思います。

1月~3月

この時期がうじさんやうえじゅんさんのゴムボに乗せていただくコラボが多くなまけていた皆さんと親睦を深めていました。

おかげさまで人生初の大鯛をゲットできたのもこのときでした。

016_1_2

これでタイラバにはまっちゃったんですよね。

でもその後に釣れるのは真鯛ではなくイトヨリイトヨリイトヨリ・・・・

005_6

そういえばまだこのときはカヤックでしたね。

懐かしいなぁ~

4月

カヤックでバリバリ釣ってましたね。

そういえばこの時期にでかいイカをゲットできました!そして念願のキロアップもでましたよ。

021

2010042620270000

ヤリイカもゲットできました。

007

このとき「ティップラン行ける!!」って確信しましたね。

しかしヤリイカはうまかったなぁ~

5月~6月

日本海開幕!

シーバスやカレイなど今まで私がお目にかかったことのない魚達に出会えて本当につりが楽しい時期でした。

053

058

そして思い切ってカヤックから2馬力ゴムボに乗り換えたのもこの時期でした。

001

これがまたたのしくって夢中になって海の上に浮いていたことを覚えています。

念願の家族とのプチクルージングも達成できましたしね。

002

かみさんとボートで2人きりの海上デートができたのも思い出深いです。

釣りの幅はそんなに広がっていませんがw家族との釣りがたくさん出来るようになったのは財産です。

7月

アジ開幕!!

016

尺アジが釣れだしたのでサビキ釣りならと子供を連れて行ったらこれが大当たり!!

子供2人とも釣りを楽しんでくれてました。

007_01

Ca3c03120001_01

息子はもう釣りに夢中になり「連れてって」攻撃がはじまりましたね。

でもさすがにこの炎天下の中つりをするのは我々釣りキチ以外は無理なようで

Ca3c03200001

釣りを早々に引き上げて海を満喫してる息子の姿がw

【総括】

振り返ってみて思ったのですが私って5月に2馬力に乗り換えたんですね(爆)

すっかり忘れていてなんかもう半年以上前に乗り換えていたような気がしていました。

でもおかげさまで2馬力ボートにも慣れて違う楽しみ方が出来るようになって来ました。

これからも爆釣とは縁遠い釣りブログですが(昨年もこんなこと言ってたけど本当に縁遠いっすw)宜しくお願いいたします。

ではでは皆さんよい夏をお過ごしください!!

 

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »