2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

2010/07/31 三重方面 2馬力ボートフィッシング その12 俺ファイナル?

先日のアジ釣りはまったくの不完全燃焼。

釣り時間も少なかったし満足できません。

って訳で連荘で行くことにします。

さあ、今回はアジ釣りを休憩して久々に真鯛を狙ってみようと思います。

1人でのんびりまったり真鯛釣りをしようと思ったらうちの息子に釣り準備中に見つかってしまい

息子:「ずるいずるいずるいずるいずるいずるいずる・・・・・・」

うおっ、すごいがぶり寄り、、、根負けして今回も連れて行くことにします。

現地到着は朝4時30分

夜明けと共に準備して出航します。

Ca3c03250001

やる気満々だった息子。

先週連れて行ったときはおネムだったので困ったのですが今回はというと・・・・

Ca3c03230001

あ、やっぱり寝るんだねw

おまけにさむいってうるさいんで新聞紙かぶせてますw

まあいいや、起きるまでがある意味私のチャンスタイムなんでしっかり釣らねば。

Myポイントに到着してタイラバ(45g)を落とすも反応がない。

どうやら先日の雨の影響かまだ海が水潮っぽいです。

ああ、このパターンはまさか・・・・

2時間後

息子:「ふぁ~~~、よく寝た。よし釣りするぞ~」

ああ、起きてしまった。

この間に魚信すらなくもちろん魚もあげれてません。

息子も釣るってんで別の竿を用意してサビキ仕掛けとオキアミを針ツケしてなんか釣れないかなぁって落としてみます。

するとサビキが小刻みにプルプル震えてます。

上げてみると10cmくらいのイワシ。

リリースしようかとおもったら息子は軽く興奮気味。

息子:「いいじゃん、もって帰って食べれば、なんにももって帰らなかったらママ悲しむやん」

賢い息子は既に「あ、こいつ今日は釣れないな」的ななにかを悟っているらしい。

まあかみさんはたべないだろうけどカラッと揚げて俺がたべてやろっと。

それからしばらく粘るも釣れるのは・・・

Ca3c03270001

こいつらばかり・・・・

真鯛はどこへ?

なんか最近こんなことばっかり行ってるなぁ俺。

この釣りはアジサビキ釣りのようにさっと釣れる訳ではないので息子はもう釣りに飽きてしまい

ボート上で竿をぶるんぶるん振り回して遊び倒してます

Ca3c03260001

息子:「おりゃぁ~、とるぅぁっぁ~」とサビキ仕掛けを振り回す息子。

もう好きにするがよい。

結局この後イトヨリをもう1匹追加した朝8時ごろにはお日様もかんかんに照りつけるようになり息子もボート上でヘロヘロとなったために納竿といたしました。

本当はもう少し粘りたかったのに「暑い~、早く戻りたい」 とか「もうダメ、酔った。おなか痛い・・・」とか言うんで心配して岸に戻ってやったら・・・

上陸した直後、「うひゃひゃ~、気持ちいい~」とかいって満面の笑顔で海に飛び込んでいる息子がいました。

うーむ、巧妙な罠に引っかかったようです(汗)

やるじゃねーか、My息子。

さあ、連荘で釣りに行ったにもかかわらず短時間釣行でしかもメインターゲット不発に終わった私。

もう前半戦終了宣言したかったのにコレでは締めれません。

次の週末から9連休に入りますのでここはなんとかばびゅーーんと釣って前半戦を締めたいと思います。

次こそは単身身軽な釣行で思う存分満足いくまで釣りをするぞーー!!

2010年7月30日 (金)

2010/07/30 福井方面 2馬力ボートフィッシング その11 アジファイナル!!

皆さんお仕事ご苦労さまです。

そんな金曜日、先日の4/19(祝日)出勤分の振り替え休日をいただきましたので行ってきました日本海。

最近下火になりかけているアジをまたまた調査です。

今回ダメでも良くてもアジは今シーズンラストにしようと思っています。

今回の相棒は友人Y。

アジ大好きな彼。

あきっぽい性格の彼。

ここ2年でまともな釣果に恵まれていない彼。

魚もすぐに釣れてくれないと「湾に魚がいない」と発言し始める彼。

そんな変わった人間ですが憎めない性格なんでついつい一緒に釣りにいってしまう俺もやはり変わり者w

さて、そんな彼の今回の難題は「お昼には家に帰りたい」

のっけから強烈なジャブ打ってくるじゃん、さすがだぜ~

しかし、愛知県の外れから現地に向かうのにどれだけの交通費と時間を掛けているのかわかっとんのかい!

「それじゃあ、別々の車で現地集合しようか」

とも提案しましたがよくよく考えてみればこの不況の折、私の財布の中身も例外ではなく不況。

まあ暑いし、俺もそんなに持続しないだろうということで早上がり確定で一緒に現地に行くことにしました。

現地着は午前5時

2人でボート準備すると早いですね。

こういうとき友人Yはテキパキと動きますので非常に助かります。

早々に準備していざ恒例のアジポイントへ!!!

さすがは平日、岸から出しているようなゴムボーターは私達のみ。

レンタルボートの人たちなどはちらほらといます。

本日の仕掛けですが毎度恒例となりました「市販のサビキ仕掛けで針9号、ハリス2号の小あじ仕掛けで下カゴ」っす。

(小あじ仕掛けの中でも一番でかい奴を使ってます)

友人と2人せっせとコマセを撒きます。

最初の1投目からアジ来てくれないかと期待したのですが無反応。

周りの人をチェックしてみても釣れていない様子。

3投目。

友人Y:「・・・コレから挽回ってあるのか?」

俺:「・・・しらん、でも撒き続けるしかあるまい」

5投目。

友人Y:「今までこんなスロースタートってあるんか?」

俺:「・・・しらん。まあそのうち回ってくるでしょ、回遊魚だし」

数投目。

友人Y:「アジが1匹も釣れなかったことってあるんか?」

俺:「・・・ない。もし釣れんかったらお前の竿が腐ってる可能性がある」

友人Y:「うーむ、確かに賞味期限がついているとすれば間違いなく腐ってる代物だなぁ」

・・・・とまあ毎回恒例となった俺と友人Yのネガティブ&アホアホな会話w

しかし今回ばかりは友人Yの見解が正しくコマセを撒き続けましたが結局カイワリが1匹釣れただけでアジは釣れませんでした。

途中、睡眠不足の私はボートでうたた寝。

今回珍しく私よりも友人Yの方が頑張りました。

それでもコマセが切れる前に2人の忍耐が持たず午前8時15分、納竿となりました。

あーあ、アジどこ行っちゃったんでしょうね。

まさか1匹も釣れないとは・・・・

今シーズンちゃちゃっと釣ってファイナルしたかったのに残念です。

本日の調査結果:「いじょーなし!!

2010年7月25日 (日)

2010/07/25 福井方面 2馬力ボートフィッシング その10 尺アジはいずこ?

土曜日が出勤日であったため今週のチャンスは日曜のみ。

出撃どうするかなぁって思っていたのですがやはり尺アジがもう一度釣りたい。

土曜日、仕事を終えて家に帰るといきなり息子が「ゲーム飽きた」という。

ほほう、「もやしっこの息子野生児計画」をひそかに実行している私としてはうれしい言葉です。

俺:「今週釣りいくけどお前いく?」

息子:「行くにきまっとる!!行く、行く!!!」

という訳でやる気満々の息子。

これだけやる気になっているのに連れていかないってのも問題なのでまたもや親子フィッシングとなりました。

現地に前日入りして午前4時に起床。

周りではキス釣りの人が浜から投げ竿で狙い始めている中、せっせとゴムボを準備。

今日はゴムボの人少ないなぁ、やっぱり日曜日は翌日のことを考えて回避するのかな?

寝ている息子を起こしていざ出航です。

100725_052701

さて、ポイントに到着。

前日やる気をみなぎらせていた息子はというと・・・・

Ca3c03060001

おねむです(汗)

前日のやる気はどこへいった??

息子:「眠い~、ちょっと寝てから釣りするよ」

まあ、興奮して疲れていたんだろうから仕方ないか。

1時間後・・・・

Ca3c03070001

爆睡(汗)

更に深い夢の世界へ・・・・

をい!いい加減こちらの世界へもどってこんかい!!

まあいっかw

コレで私が釣りを満喫できるという考え方もあるし

さて、釣りに話を戻しますが

今日もアミコマセブロックを1個買って市販のサビキ針9号、ハリス2号の底カゴで攻めます。

実は息子が夢の世界へ行っている間、一投目からヒットしてました。

しかし以前の尺アジのようやシャープな引きがなく、「ん?ああ、魚いるなぁ」くらいの引きしか見せてくれません。

Ca3c03080001

ネットインしてみると22cmくらいの微妙サイズのマルアジ。

このサイズなら近い場所で釣れるので複雑です。

マルアジってただでさえ体が細いのにこのサイズだと食べるトコそんなにないじゃん。

私が釣りたいのは30を超える丸々と太ったマアジなんです。

周りで遊漁船の人とお客さんの声が聞こえます。

やはり皆さんも型が小さいとのこと。前日はもっと悪かったとか・・・こりゃ期待薄いなぁ。。。

その後もポツポツと25cmまでのマルアジが釣れてくれるのですが心中は微妙。

Ca3c03090001_01

息子:「ふぅ~~ん、、、よく寝たぁぁぁぁ」と奇怪な寝起きの言葉を吐きながら息子復活!!

俺:「丁度今釣れてるぞ~、小さいけど」

息子:「俺も釣る!!!」

って訳でここからはファミリーフィッシングの始まりです。

さびいてしばらくほっておくと穂先がシュポッと曲がりますw

息子:「来た!!」

息子興奮!!

Ca3c03110001_01_2

満面の笑顔でグリグリリールを巻く息子、子供にはコレくらいのサイズでも大物感があるようで楽しいらしいです。

上がってきたのは25cmくらいのアジ、朝よりは多少サイズUPしているもののやはり物足りない。

この尺までの5cmってほんの少しのように感じますが魚のサイズの満足感としては大きな差ですよね。

Ca3c03120001

中にはカイワリも混じりますがうーーん、やっぱり物足りない。

Ca3c03120001_01

息子:「来た!!こいつはでかいよぉ!! 」

といいながらも上がって来たのはSM状態で糸で体中ぐるぐるになったアジでしたw

途中息子とお祭りしたり、アンカーロープに絡まったりと時間ロスは結構あってその間に群れが去って、またコマセを巻いて寄せての繰り返し。

しばらくの間、群れも散ってまったりとした時間が続きました。

午前9時30分になった頃にはギラギラ太陽と釣れない感ですっかりへとへとです。

アミコマセも後2回くらいしか残っていないのでコレを使ったら帰ろうということになりました。

最後にサビクと 竿先がシュポッと!!!

Ca3c03160001_01

まずまずサイズのアジです!

息子が持つと大きく見えますがやはり25cmくらいw

最後の最後で魚が釣れてよかったねぇ~なんて行っていたら置き竿に再びヒット!!

Ca3c03180001_01_2

最後の最後の最後でアジゲット~(25cm)

アミコマセも完全になくなったので息子も楽しく過ごせてファミリーフィッシングとしては満足して帰港します。

さて、帰港してみると朝とはうって変わって海岸には海を楽しむファミリーでごった返してました。

ボートを片付けている最中、息子はというと・・・・・

Ca3c03200001

みんなと同じくライフジャケットを浮き輪代わりに海水浴を満喫してましたw

楽しく過ごせたようでまあいいか

Ca3c03210001

本日の釣果

アジ:15匹(22~25cm)

カイワリ:1匹

うーーんしかし、尺アジはどこにいっちゃったんでしょうね??

某釣り船サイトを見てみると先週よりも釣れているサイズがダウンしていました。

やはり回遊している群れが違うやつが入ってきている様子。

もうあの太いマアジの尺超えのシャープな引きは味わえないのでしょうか??

来週は友人との釣行なのでどこにいくか迷っていますが次回で尺アジがダメならシーズン終了かなぁ??

2010年7月17日 (土)

2010/07/17 福井方面 2馬力ボートフィッシング その9 幸運の女神

暑い、、、ようやく梅雨が明けたみたいですね。

洗濯物が乾かなくって普段着る服がなんだか生臭くて困っていたのですがようやく解決されそうです。

そんな梅雨明け直後の週末。

先週息子が釣りを満喫してましたんで娘も釣りに行きたがってます。

じゃあってことで連れて行くことにします。

この娘、今まで数々の武勇伝を残してきた奇跡の娘だったりします。

堤防で私が15cmくらいのメバルしか釣り上げたことなかったのにさくっと20cm近いメバルを釣り上げたのも彼女でした(4歳)

初めてサゴシを釣り上げたのも彼女でした(5歳)

とにかく彼女がいくところ魚ありき。

今回もその強運を発揮してくれるでしょうか?

さて、今回の目的魚は前回とおなじく尺アジ。

前回数はでなかったもののその食べておいしく、釣って楽しい魚にすっかり夢中です。

土曜日の朝2時頃に現地入りして仮眠を取り、朝の4時には起床して準備を開始します。

ねむねむの娘を起こして皆さん(無敵の幼馴染 うえじゅん&ycos氏ペア、リベンジに燃えるがうじ親子)にご挨拶します。

気になる海況ですが波もなく、風もほぼない状態で釣りにもってこいの天気に恵まれました。

これも娘の強運のおかげ??

002_1

いざ!尺を超えるアジが待つポイントへ!!!

最初のポイントでコマセを撒きます。

前回ばらばらで釣ったのが敗因だったのでは?なんておもったので今回みんなで相談して集団であつまって釣る作戦をとります。

さあ、今回の仕掛けですが市販のサビキしかけでハリス2号、針9号です。

ショートロッドなんで沖釣り用の仕掛けだとうまく使いこなせないんですよ(汗)

しばらく撒き続けますが・・・・

しーーーーーーーーん

おかしい、魚っ気がまったくない。

せっかく集団で釣っていたのですが釣れないので思い切ってみんな思い思いの場所へ移動していきます。

さて、私と娘はもう少し浅い場所でアンカーを下ろして釣ろうという作戦を取ります。

岬の少し手前でアンカーを下ろしコマセを撒きます。

魚探にも上層に魚影がうつっています。

すると娘の竿に微震があり、あがってきたのはこいつ!

004

10cmくらいのイワシ。

なるほど魚影の正体はこいつかぁ

いつもならリリースするのですが娘が「魚が釣れる」ということに喜びを覚えたようでひたすらイワシ狙いでサビキを落とします。

10匹ほど釣れたところで

娘:「ねえ、うえじゅんさん達にイワシが釣れてますってメールしようか」

俺:「え?(イワシじゃあメールされてもうれしくないだろうし・・・)」

娘:「いいじゃん、ねえ、メールしよう!」

って訳で白鵬も真っ青のがぶり寄りを見せる娘に寄り切られて携帯を娘に渡します。

うれしそうにメールを作成する娘。

なんだか知らないけどうえじゅん氏が気に入った様子w

しばらくしてるとがうじ親子登場です。

海上で情報を交換してもう少し内側で釣りをしましょうということになります。

うえじゅん&ycosペアもこちらに向かっているとのことなので私達もイワシを諦めてアジを探すことに。

ポイントを移動してすぐ、イカダで釣っていた人がどうやらアジを釣り上げた様子。

ちょっと離れていますがここにも回ってこないかなぁって思っていたらがうじさんから「釣れたよ」って声が聞こえます。

そりゃすごい!急いで近くに行って釣らせてもらうことに。

すると・・・

娘:「わっ!き、来た!!」

娘の竿がひん曲がります!!

007_01

娘:「お、重い~」

格闘する娘。上がってきたのは・・・

005

尺あるかないかのアジです。

どうやらこのアタリにアジが回ってきた様子。

うえじゅん氏&ycosペアも近づいてきてみんなでロープで連結してこのチャンスをものにせんとコマセを撒き続けると釣れる釣れる!

調子に乗った娘、前回の息子との釣行をフラッシュバックさせる釣りスタイル炸裂!!

誰が付けたかその名も「松方弘樹スタイル」

014_1

<イメージ図>

尺近いアジが釣れてしばらく我々を堪能させてくれます。

中にはこんな珍客も

008

カイワリのダブル。

コマセを詰める係りは私w

これがまた忙しい。

娘のにコマセを詰めて、私のにも詰めて仕掛けを落としていると・・・

娘ヒット!網ですくっている最中に私の竿にヒット。

娘に竿を渡して釣り上げてもらい、私は魚をはずして再び娘のコマセを入れて・・・

こんなのの繰り返しです。

娘は10匹以上釣り上げたんじゃないですかねw

こんな感じで釣りを楽しんでたら風で最初に爆釣していた場所からだいぶ流されたりして何度もポイントに戻ったりを繰り返し。

気が付けば娘と2人で尺近いアジを18匹釣り上げました。

普通ならもっと大漁を狙うんでしょうが、私達は普段そんなに大漁に恵まれることがないので(爆)すっかり満足。

釣りそっちのけで単なる海を楽しむ単なる親子に変身します。

ボートのヘリから足を海につけてバシャバシャ

娘:「気持ちいい~、最高」

風もそよそよ、日差しも指したり指さなかったりを繰り返し快適なボートライフを楽しみます。

そんな私達を尻目にちゃくちゃくと釣果を伸ばすうえじゅん&YCOSペアとがうじ親子(その釣果はこちらからフィッシュライフFish or …メタボ親父のボート釣り日記

終わってみれば最長34cmのアジを含む18匹とカイワリ2匹。

016

(3匹は実家におすそ分け)

今回も釣りを満喫できたかというとコマセ詰めが大変だったんでちょっと微妙だったんですがw娘が楽しめたようなのでよしとします。

アジですが脂がのっていて塩焼きは絶品でした。

今回も白子と真子がたくさん取ました。

特に焼き白子はとても上品な味で最高でしたよ。

念願の干物もたくさん作れましたのでしばらくアジを堪能できそうです。

どうやらまだまだしばらく釣れ続けるようなのでもう一回くらいアジ釣りに行こうかなぁなんて思ってます。

うえじゅん&Ycos氏ペア、がうじさん親子、娘が大変お世話になりました。

ありがとうございました。また一緒に浮いてくださいね!!!

2010年7月10日 (土)

2010/07/10 福井方面 2馬力ボートフィッシング その8 狙え尺アジ 

最近仕事環境が変わってヘロヘロのふなです。

日本海方面でアジが好調とのうわさをきき、クリックさんの大漁報告でいてもたってもいられなくなった私。

前回実績をあげているうえじゅんブラザーと共に行って来ました日本海!

そして前日に突如連絡ありで、緊急参戦はがうじさん、アジ雪辱に燃えるこの人の気合はそれはそれは半端なかったっすよ。

夜勤シフトだったので寝ずにそのまま現地に向かう予定です。

家に帰ると息子がおきてます。

息子:「おかえり~、釣りいくの?いいなぁ~」

俺:「を、じゃあ行くか?」

息子:「行く!!!」

ってな感じでようやく息子を連れて釣りに行くことができました。

今回はアジ狙いなんで1人よりも2人の方が有利ですもんね。

興奮する息子をなだめながら車で寝付かせて現地に到着したのは午前3時。

仮眠スペースを作るために車の外に出てごそごそしてたらうえじゅんさんが声を掛けてくれます。なんとすでに仮眠をとった後でした。

その後がうじさんと合流してしばし談笑したあと午前4時まで仮眠することに。

起床したら既に皆さん準備万端でびっくりです。

爆睡する息子を起こしていそいそと準備します。

準備中にガイザーさん一家ともご挨拶、カイザーさんに「お久しぶりです」といわれて気が付きましたがこうしてお会いするのは確かにおひさしぶりっすね!

さあ、豪華メンバーが揃いまして尺アジ包囲網は完璧です、まってろ尺アジ!!

001

(静かな闘志を燃やす息子の後ろ姿)

準備が遅かった私達は皆さんに遅れてポイント着。

ちょっと嫌な風が吹いてますがアンカリングする装備持ってこなかったんでシーアンカー(・・・も忘れたのでバッカンバケツをシーアンカーに代用)で狙います。

こませをまきまきすること数分。

まずはうえじゅんさんがヒットの声(詳細はフィッシュライフにて)

おこぼれに預かろうと近くで釣らせてもらうことに。

息子の仕掛けにコマセを入れて落とさせます。

その後私の仕掛けの準備をして投入すると・・・

息子:「を!!来たかもしれない!」

と興奮した声。

うそーーん、と思いながら様子を見ると確かに息子の竿がしなってる。

私の竿にもアタリらしきものが!!

2人して巻いてると私の仕掛けとお祭りしてますw

かかか、息子め、俺の仕掛けにかかったアジを勘違いしたんだな、かわいいやつめ。

とおもいながらお祭りをほどいてあげるとかかっていたのはなんと息子の方

勘違いはおれじゃんか、かっちょわりーーー

003_1

ばばーーーん、尺アジを釣り上げてご満悦な息子!

うえじゅんさん家も快調にヒットしてる様子。

地合じゃーー!!

アジはこの地合が勝負なんすよね。

焦りながら早々に息子のコマセを入れて私もコマセを入れなおしてると・・・

息子:「また来た!!!

見ると息子は竿尻をへそのあたりに当てて松方弘樹がマグロと格闘している時のような戦闘スタイルでリールぐりぐり巻いてます。

014_1

<イメージ図>

上がってきたのはこれまた見事な尺アジ

004_1

息子絶叫:「釣りたのしぃ~

やべえ、俺も釣りたい。

コマセを入れて投入するとようやく私の竿もしなってくれます。

しかし抜き上げようとしたらぽろっと逃げていきました(涙)

口が弱いからヌキ上げではなくタモでちゃんとすくったほうがいいみたいです。

その後も息子がまた1匹を追加。

私もようやくヒット。

006

なんとダブルでした!!どおりで引くと思いました。

しかしこの地合も終わってしまったようでぱたりと釣れなくなります。

ああ、もう少し釣りたかった。

その後粘っているとまたもや息子の竿がしなってます。

息子:「やったぁ!!真鯛だぁ~!!!」

008

え~、、、、、20cmのチャリコです。いつもならリリースするところですが本人満面の笑顔なんで塩焼き用にキープします。

その後はぱったりあたりなし。

気合でコマセを巻き続けますが周りも釣れていない様子。

釣れない時間は退屈ですね。

昨晩から興奮してほとんど寝ていない息子はボートで爆睡モードへ

011

場所移動など試みますが湾内の某ポイントはうねりが入っているし釣りにくそう。

ウロウロしながら色々試しますがダメでした。

その後みんなと別れてイカ狙いに行くと息子が起きて暇そうにしてます。

じゃあってことですっかり恒例となった息子の「くらげすくい」を開始。

ちなみに昨年はエチゼンクラゲをがっつり網ですくって満足してました(汗)

息子もくらげすくいですっかり満足したようなんでうえじゅんさんに連絡入れてみるとなおさんがいらっしゃってることとさっきまでアジが入れ食いだったとの連絡が・・・

よくみるとうえじゅんさんから着信ありになってる・・・・しまったチャンス逃した。。。

そちらに向かう途中になおさんにお会いできました。

海上でちょっと会話して情報収集したあとうえじゅんさんたちと合流します。

でも結局地合は終わっていて空振(涙)

終了間際往生悪くがうじさんとキス狙いを試みるもこれまた空振

うーーん、最後はなんか残念な結果に終わってしまいました。。。。

014_2

釣果:

アジ:30cm前後 5匹

チャリコ:20cm 1匹

うーーーん、もう少しアジ釣りたかったなぁ

ってことでもう一度リベンジを誓った私でした!

ガイザーさん、がうじさん、うえじゅんさん、なおさん、本日はありがとうございました

追伸:アジを捌いていたら見事な白子と真子が出てきました。

本日おいしくいただく予定です!!楽しみ~

2010年7月 4日 (日)

2010/07/04 三重方面 2馬力ボートフィッシング その7 真鯛を狙う

土曜はうえじゅんさんと一緒に釣行を予定していたのですが雨っぽいのと昼から風が出るみたいなんで遠距離いってダメだったらショックがでかそうなんで私だけ念のため断念し、子供達をプールへ連れて行きます。

この時点でヘロヘロ。でもなんか釣り魂がふつふつと沸いてきて私を海へといざなわせます。

日曜日は天気も回復しそうなので太平洋側ならつりになるだろうということで釣行を決めます。

娘も最初行く気満々だったのですが「天気が不安定で雨が降るかもしれないよ」といったら止めると言い出しました。

あんまりヘンな天気のときに子供連れて行くのは不安でもあるので「まあいいっか」と思いながら久々の単身釣行に行って来ました。

今日向かおうとしている湾にはじけ君も来るようです。出撃場所がちがうんで会えるかなぁ??実際あうのは久しぶりだし楽しみだ。

現地到着は朝5時。

雨は降ってませんし風もありません。

波もなく絶好の釣り日和???でも曇天でもありなんとなく今にも雨が降り出しそう。

こりゃ天気とにらめっこしながらのつりになりそうです。

早々に準備していざ出航!

001

やはり前日の雨が聞いているのか海がにごってます。

水潮って鯛にはいいんだろうか???

「鯛は浅場にいるはず」と推測して水深が浅めのところから狙ってみます。

タイラバを落としてまくと早々にヒット

002

もはやレギュラーとなったイトヨリ(汗)

まずまずサイズなのでキープします。

こいつら塩焼きやホイル焼きにするとうまいんですよ。

しかし潮が流れない。

風が微妙にあるのでなんとかなりますが釣りにくい。

しかしあたりは頻発します。

004

でも全部イトヨリ・・・・

このアタリ一帯イトヨリだらけみたい。

小さいのはリリースしながらちょっとだけポイントを移動

すると・・・・ガツガツガツ!!

と今までとは違うあたり。しばらくガマンするとふっとアタリがなくなります。

その後も当たるものの乗るまでは行かないことが続きもやもやします。

再びあたり!今度は思い切ってちょっとだけガマンしたあとあわせを入れるとヒット!!

005

ちょっと小ぶりですが30cmちょっとの真鯛です。

006

早合わせしたんだけどしっかりとフックが口にかかってくれてます。

よかった。

しかし難しい。

今日は真鯛らしいアタリは結構あったんですがうまくファイトまで持ち込めないことが多かったです。

008

009

その後定番のエソやイトヨリを追加したあたりでアタリが遠のいたので思い切ってイカを狙うことに

もちろんティップランで狙いますがレトログラードは秋の本番まで温存したいので浅場五目釣りに使っている竿で代用。

何回か探っているとまさかまさかですが穂先が走ります。

デカアオリキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

あわせるとクインクインとイカ独特の引き!!

やった!うれしい!俺天才!

010

あれ?君だれ?

デカアオリかとおもったら胴長13cmのヒイカ。

しばし呆然、ティップランってなんでも釣れるんだね。

でもこれで娘にイカ刺身つくってやろう。

ここではじけ君からTELあり情報交換。

はじけ君とSTOPさんはなにやらよい獲物をゲットしている様子(詳しくは海愛人はじけようブログにて)

イトヨリを釣りにこちらにむかうとのこと。

よーし、お2人に釣ってもらうためによいポイントにつけるぞ~

合流してポイントを教えてさあ、開始!!!って時に海側からちょい強めの風がビューーーと吹き始めます。

するとカヤックのお2人は岸側の北側に流されるのですがなぜか私は横の西側に流されお2人とは違う方向へ・・・・

これもカヤックとゴムボの違い??

しばらくすると釣りにくくなったのかSTOPさん離脱。

はじけくんも風裏さがして(かな?)場所を移動。

結局お2人とまともに話もできないまま別々になっちゃいました。

海の神様のあほーー、なんか悪意を感じたぞ~

お2人が小さくなったころにイトヨリが3連発(汗)

012

はじけ君に釣って欲しかった。。。。

最後のイトヨリは真鯛と間違えるような引きでした。

その後あたりもなくなったので12時にストップフィッシングとしました。

浜に戻って片付けしてましたが暑いっすね~

めちゃめちゃ汗かいたので最後ボート洗い用に持って来ていたシャワーのあまった水をかぶりましたよ。

きもちいい~

016

って訳で本日の釣果

真鯛:1匹(30cmちょっと)

イトヨリ:多数(キープ4匹)

ヒイカ:1杯

イカは刺身、ゲソをボイルして食べさせてあげました。

ちょっと摘ませてもらったんですけどうまい!!!

次回は旬のアジかイカを狙って釣行したいとおもいます。

うえじゅんブラザーと今度こそ釣りご一緒したいなぁ。。。。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »