2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月20日 (日)

釣りキチの日々 その5 ボート修理

怒涛の毎週釣行を終えて久々の週末です。

今週は色々とあって浮かべません。

海の中もノッコミが終盤を迎え、シーバス祭りも終わったようでだんだんとクーラーも落ち着き始めましたね。

さあみなさんもう一度自分の釣果をおもいだしましょうねw

さて、そん訳で釣行ネタはひとまずおいておきまして今週はボート修理のネタです。

カヤックだったらこんな心配なかったんですけどね。。。。

ゴムボートはこういったもろい一面もあります。

実は私のボート、底板ではなくエアフロアなんですが買ったばかりにも関わらずもう穴が開いたようなんです。

穴といっても「シューーーー」と音がするわけでもなく、すぐにしぼんでしまうわけでもなく、でも半日もボートで過ごすとへにゃへにゃになってしまいます。

おそらくめちゃめちゃ小さい穴だとおもうんです。

エアフロアを膨らましてお風呂場に行き、沈めながらチェックしてみたんですが分かりません。

困ったある日、釣行先でがうじさんにそんな相談をしてみると「台所洗剤とか使うとわかるとおもいますよ」と教えていただきました。

早速試してみることに、、、用意するのは

020

台所洗剤と少量の水、あとスポンジです。

エアフロアを膨らませて水で薄めた台所洗剤を伸ばしていきます。

021

ヌリヌリしていると・・・

024

ぷくぷくぷく~と一部で風船ができてます!!!

み、見つけた~

( ̄▽ ̄)v

あとはいつものゴムボート修理ですわ。

この小さな穴を見つけるのに色々と苦労しました。

これで次回からパンパンになったボートに乗れます。

最後に、、、最近天候が不安なためによくボート事故の話を耳にします。

とくに我々ボーター、カヤッカーは自分で天候判断をして安全を自分で確保して出撃しなくてはいけません。

それなのに遭難や風による漂流などしてしまえば自分だけにとどまらず「捜索」や「救助」の為に漁師さん、海上保安庁、地元の人々など多くの方にご迷惑をおかけすることになります。

日頃のメンテナンスと天候判断。

安全は我々で確保していきましょう。

よく聞く「ギリギリ出航できる」とかやめましょうね。

ではではこれからも安全運転安全出航で釣りを楽しみましょう。

2010年6月12日 (土)

2010/06/12 福井方面 2馬力ボートフィッシング その6 海上デート

俺:「じゃあ、明日はママと釣り行ってくるから留守番たのむね」

息子:「う~ん、、、やっぱ俺、釣り行くよ!」

俺:「・・・へ?でもあんなに家でゲームしたいっていってたじゃん」

息子:「うーーん、、そうだけどやっぱパパがいないとさみしいし」

俺:「そうか、でも今回はやめとけ

息子:Σ( ̄ロ ̄lll)

(注意:このあと息子は「やっぱゲームしていたい」と留守番を所望したっす(爆))

って訳で2週連続で追いすがる息子を振り払い行って来ました日本海。

そう今回は初のかみさんと2人きりでボート釣行っす。

朝五時、夜がすっかり明けて子供達は既にゲームに狂喜乱舞

そんな中、家を出発して現地付近に到着したのは朝の7時30分くらいでした。

目的地に車を走らせている時にちらっと窓から海をみると思ったより風があり、海上は割と早い間隔で波がたってます。

かみさんはボート釣行なんてまともにしたいことないし、あんな波の中だしたら「二度とボート釣り行かない!」なんてことになってしまうかも(汗)

こりゃ釣果は期待できなくてもちょっとでも穏やかなところで出してあげねば。。。

って訳で釣行しようとおもっていた場所を諦めてUターンします。

ここは某有名海水浴場でボートが出しやすく内湾で周りの山々が風をさえぎってくれるため波風がとても穏やかな場所。

そんな場所でさえ多少の南からの風があります。

当初予定していた場所は南からの風を防げるような場所ではないためきっとしんどい状況だったんじゃないかな?

たぶん朝8時を過ぎた頃にようやくボートを準備して出航です。

今回の狙いはキス。

仕掛けは天秤仕掛けで市販の針9号を使用します。

かみさんに巻き方を教えて2人して釣りを開始します。

すると俺にヒット

002

上がってきたのは15cmくらいのキス

もう少しサイズがほしいところですがまあ久しぶりのポイントでよくわかんないから仕方ないです。

かみさんにはなぜかアタリがなくてなんとか釣らせてあげたいのでヒットした私の竿を渡してキスとのやり取りを楽しませてあげますが・・・・ヒットしたキスが小さすぎてよくわかなんなかったみたい(爆)

その後しばらくはアタリがなく仕掛けをあげてみるとグシャグシャになることが多く、どうやら海底は潮がぶっ飛んでいるようで風で流される方向と潮の方向が逆のようです。

003

「ね、眠い~」

かみさん曰く本日のメインイベントは海上での昼寝だそうですw

ってことでかみさんご就寝(-.-)zZ

じゃあってことで釣りに集中できるかっていうと風と潮の早さで釣りにならないです。

浅場の風裏に移動しても釣れるのは・・・・

005

こんなハゼもどきやピンギスばかり。

せめて15cmはほしいのでそれ以下のサイズは意地のリリースを行います。

006

何度も移動を繰り返してポイントを探しますがダメ。

あっちいってポイ

こっちいってポイ

と粘ってみたんですが結局追加できたのは3匹のみ

風が強くなりはじめたので午前11時をすぎたあたりでストップフィッシングとしました。

けっきょくかみさんはボートで釣りではなく昼寝を満喫してましたw

喜鶴さんやがうじさんのところのように夫婦で仲良くボート釣りでしかも大漁ってのを目指したんですけど、やっぱ難しいですわ

改めで喜鶴さんやがうじさん達の夫婦のすごさを思い知った一日でした。

釣果:キス15cm前後 4匹

か、悲しい・・・・

次こそがんばるそー

2010年6月 5日 (土)

2010/06/05 福井方面 2馬力ボートフィッシング その5 アジはいずこ?

息子:「パパー、俺、今回ボート乗るよ」

俺:「そうか、でも何時間もボートの上でガマンしないとだめなんだぞ、ムリだろ?」

息子:「うーーん、うん!大丈夫!」

俺:「でもゲームとかもってけないぞ、ムリだろ?」

息子:「うーーーーん、うん、大丈夫!!」

俺:「そうか、でも今回はやめとけ

と無情にも息子の要望をはねのける俺。

(結局この後、息子は習い事があることが発覚してどうせダメだったんですけどね)

待ちに待った週末だけに今回は俺に満喫させて、お願い。

息子に小指の先ほどの罪悪感を感じながらいつものパートナーがうじさんのあとを追います。

今回のターゲットは「尺アジ」

最近好調な釣果に我が家の小さな冷蔵庫には魚がまだのこっています。

そのため違う魚を追ってみようと考えたのです。

しかし久しぶりのサビキ釣りにアンカー、アミエビ、サビキ周りの道具を用意するのは骨がおれました(汗)

さあ、今回はどんなドラマがまっているのかワクワクしながら大海原に出航です。

がうじさんと共にボートを浜からエントリーし、いざエンジンスタートです。

しかしエンジンがかかりません

( ̄Д ̄;;

おかしい。。。格闘すること数分。

ヘロヘロになりながらもう諦めモードに突入した頃、ひらめきます。

「あ、ガソリン切れてたんだ」

ガソリン補給したら簡単にスタートしました。

波乱の幕開けですわ(滝汗)

006

快調に海の上を走行しポイントまでのちょっとした海上ドライブの間にハマチらしきナブラを発見。

しかし今回はアジとイカと鯛を狙うつもりだったためキャスティングできる竿がありません。

釣り人のご馳走というべきナブラを前に何もできないってのはなんというか悲しいですね。

あまりに悲しいので凪の海を激写して釣りにいけないうえじゅん氏に目の毒となる悪魔のメール(うえじゅんさんごめりんこ)

ナブラを諦め目的のポイントにつき、先に到着していたらずくん8さんに挨拶しながら軽く海上で情報交換。

サビキの前にちょっとだけタイラバをやるも潮の流れが速すぎて俺のタイラバ装備では役に立ちません。

さあ、タイラバは諦めていよいよ本命アジサビキで勝負です。

がうじさんとそれらしきポイントでサビキますがあたりがありません。

魚探にはそれらしい魚影がうつっているんだけどダメ。

ようやくアタリがあってもあがってくるのはチビガッシー達。

009

いつもならキープするのですが冷蔵庫に眠っている魚があるのでダイナミックリリース

ポイントを変更して数回さびいたときズシン!となにかがのります。

重い、めちゃ重いっす

竿が満月にしなりますが根がかりではなく徐々にあがってきます。

水面まできて正体がようやく判明。

そう、タコです。

サビキでタコが釣れるとは思いませんでしたがコマセカゴにがっしり抱きついています。

大きさはタコの頭は俺の握りこぶしより大きいくらい。

しかもやけに重いとおもったらこぶしより少し小さいくらいの石を2個も抱いてます。

網ですくってボートの上で格闘がスタートします。

俺:眉間を狙ってイカ締めピックが炸裂、、、、ミス、タコはダメージを与えられない

タコ:吸盤で俺の腕に攻撃、俺、寒気がする。

俺:眉間を狙ってイカ締めピックを連打、、、ミス、タコはダメージを与えられない

タコ:逃走。。。。しかし俺に回り込まれる。

俺:ボートにへばりついたタコを剥がす。

タコ:逃走。。。。しかし俺に回り込まれる。

俺:会心の一撃!!タコの眉間に石が炸裂!!!!

タコ:締まる。。。。俺、WIN!

長かった。。。。散々てこずらせやがって。。。。

018

(調理後の写真)

タコ大好きな娘の顔が浮かびます。

やりました~

すでにアジのこと忘れてます。いかんいかん、気を取り直してさびきますがその後あたりなし。

がうじさんと相談して大胆にポイント移動します。

しかしアジは釣れず釣れたのは・・・・

010

ウ、ウマヅラハギ。。。。

やけにいい引きを見せてくれましたしなかなかのサイズなので煮付けにしてたべることにします。

しばらく粘るもアジは姿を見せてくれず私のアミエビが尽きました。

その後はエギングでイカを狙ってみたり、タイラバで爆撃したりしますが・・・

011

(ミニガシラ。。。リリース)

012

<キジハタ37cm キープ>

潮目を狙ってタイラバを落としてゲットしたのは

013

<アオハタ 30cm弱 これまたリリース>

なんか今日はダメです。

すべては「アジが釣れない」という予定外の事から調子が崩れてしまいました。

所々でナブラは経っていますがキャスティングロッドないので楽しめません(涙)

たぶん肉もどきなんでしょうが釣りたかった。。。。

014

結局14時過ぎまでポイントを転々としましたが満足な釣果が得られないまま納竿となりました。

うーーーーん、アジどこいっちゃったんでしょうか。

っていうかアジってどうやって釣るんでしたっけ??

久しぶりにアジのシャープな引きを楽しみたかったのですが残念です。

くそー、でもこのままでは終われないので絶対リベンジしてやるぜ~

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »