2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

2010/05/30 福井方面 2馬力ボートフィッシング その4 ファンフィッシング

前日の家族サービスでは鯛こそ釣れたものの時間が短くて物足りない釣りとなりました。

なので本日はがっつり釣りがしたいので近い日本海方面へと向かいました。

冷蔵庫に鯛が眠っているから正直坊主でもよいですw

本日はカヤッカー軍団(F-3さん、ナツさん、ナツさんのご友人ペア)、そしてたにしんさんと一緒です。

カヤッカー軍団は早々に準備して出発。

少し遅れて私とたにしんさんが出発します。

適当な所にボートを止めて釣りをするとたにしんさんにいきなりヒット

001_1

よい感じで竿をまげるたにしんさん(詳しくはたにしんの釣行記にて)

私はというとあたりはあるもののなぜか乗りません。

6回連続あたりはあるものの乗せられないという自己ベストを更新しこのポイントを後にします。

カヤッカー軍団はどうやらシーバスと格闘している様子。

個人的にシーバスはいらないのでキジハタ狙いにちょっと沖のポイントへ向かいます。

しかし詳しくは知らないので適当に以前釣られていた方の情報を思い出して場所をセレクトして釣り開始。

タイラバ一投目からアタリがあって上がってきたのはこいつ

002_2

30cmには届かない程度のガシラ!

リリースしようにも気圧の影響でやられてしまって帰れないのでキープです。

タイラバを落とせば結構な確率で釣れる根魚達

003_2

このアオハタも30cmくらい。

リリースしてくても口から浮き袋が・・・

笑顔でキープしながら再度巻き巻きしていると先ほどとは違った重みのあるあたり。

時々ギュッ!ギュッ!

と鋭い引きを見せながらあがってきたのは待望のこいつ!!

004_2

40cmくらいのキジハタ!!

目的達成!!

しかも満足なサイズににんまりです。

そのすぐ後にまたまたヒット

005

同じサイズのキジハタです。

昨日の真鯛をあわせるともう我が家としては十分すぎるお土産ができました

このまま釣っても持ち帰れないので場所を変えてシーバスやアオリイカたちに相手してもらおうと思ったのですがこちらは撃沈。

それでも諦めずにタイラバを巻き巻きしていると思わぬ獲物が!!

006

27cmのキスです。

タイラバってほんとなんでも釣れるんですね。

その後水深の浅いところでタイラバサビキをするとチビたちが相手してくれますが大胆リリース!!

007

008

既に心が折れていたのでたにしんさんがあがるのと同時に私もあがることにします。

岸にもどってゆっくりと後片付けをしながらカヤッカー軍団の凱旋を出迎えます。

彼らはすごい釣果をあげていました。

(詳しくはナツさんF-3さんのブログにて)

ナツさんのご友人は80cmのスーパー肉もどきワラサを上げてました。

おそるべし!!

この週末満足できる釣りができてよかったです。

さあ、今回で長い平日釣行期間が終了してしまいました。

来週からは通常通り土日釣行となります。

次は鯛、イカを狙いにいこうかなっと!

2010年5月29日 (土)

2010/05/29 三重方面 2馬力ボートフィッシング その3 初家族サービス

娘、息子が交互に「ボート乗せて」とせがみます。

いっぺんに2人を連れて行くのはきついので

「どちらか1人ずつね」

というとどちらが先に行くかで喧嘩しはじめる始末。

こりゃ収拾がつかないなぁ、、、、じゃあ!ってことで家族全員でいくことにしました。

日本海側に行きたかったのですが風が強そうだったので太平洋側にいくことに。

車の上にゴムボを積んで車内スペースを確保して

ばびゅーーーんと一路太平洋へ!かっ飛ばします。

家族で起きて釣りにいくとなるとどうしても時間がかかっちゃいますよね。

そんなこんなで現地到着は朝8時30分

これでも我が家としてはがんばったほうですw

浜にテントを設置してかみさんは早々に待望のお昼寝体勢に入ります(朝なのに・・・)

子供達はもうエンジン付のボートがめずらしくてめずらしくてって感じ。

みんなで救命胴衣を着けてかみさんをテントに残し、いざ大海原に出航です。

釣り道具はどうせつかわないだろうと積み込みませんw

002

「わーーい、速い!速い~」

小気味よく波をかきわけ島へ行ったり岬の景色をたのしんだり。

ちょっとした滝のようなところや洞窟のような所もあり、子供達はそういった場所に適当に名前をつけたりして楽しんでいました。

散々ボートを楽しんだ後、ちょっと風波がでてきたのでテントのある浜に戻ります。

かみさんはもうリラックスモード全開w

子供達も浜で遊びたいというのでこれはチャンスとばかりに急いでボートに釣り道具を積み込んでちょっとだけ釣りをさせてもらいます。

どうせ短時間なので遠くへはいかず水深が割りと浅い場所で真鯛狙いのタイラバです。

最初に相手してくれたのはもはやフレンドといってもよいくらい相手をしてくれるコイツ。

003

Mr.エソ!!

その後アタリが頻発するもなかなか乗せられません。

ある水深でラバーが噛み切られる事件があり、これはタイの仕業だと確信し再度巻き巻きを繰り返します。

そして事件が起こります。

そんな短時間にさくっと釣れるわけがないじゃんとおもっていた私に・・・・

サクッ!!

004

Σ( ̄ロ ̄lll)

つ、釣れちゃいました。

自分でも驚きましたがのっこみ色の濃い見事な真鯛(47cm)でした。

後でわかったのですが雄なのですが産卵行動をすっかり終えて疲れ果てていたのでしょうか???白子は小さくなっていました。

一時間くらいしか釣りをしていませんが家族を浜にのこしていることだし釣れちゃったしってことでテントに戻ります。

005_1

って訳で記念の一枚w

この後再びかみさんをボートに乗せてやったり子供達をのせてやったりしてクルージングを楽しみました。

釣りはあまりできませんでしたが念願の家族でボートに乗れたので満足です。

さあ次はがっつり釣りだ!!!

2010年5月22日 (土)

2010/05/22 福井方面 2馬力ボートフィッシングその2

ぽっぽさんに教えていただいた銭湯にいき疲れを癒した後

コンビニでビールを購入して就寝前に1人初出航の成功を祝ったあと就寝。

午前4時、起床するとらずくんがうじさん8さんも既に見えていてご挨拶です。

前日の渋かった状況を話しながらしばし談笑。

どうやら前日はどこの場所も厳しかったという情報が入ってきました。

今日はどうなんだろう??

早々に準備してみんな思い思いのタイミングで出航していきます。

がうじさんは本日ご夫婦で出航。

ええなぁ、俺もはやくかみさん連れて出航したい。

ドーリーがないのでせっせと荷物を運んでいたら8さんが着脱簡単ドーリーを貸してくれました。

8さん、ありがとうございます。(この日8さんには片付け時にもお世話になりました。感謝!!)

さあ、本日も行ってみましょう。

快調にエンジンスタートしてみんなが待つ海へ!!

今日は前日の釣果があるんでシーバス狙いは回避して朝一からヒラメ狙いです。

某ポイントへ向かいます・・・がやはり本日も渋い。

アタリが昨日よりも少ない気がする。

時々スカートにじゃれ付くセクハラ程度のアタリはあるのですがファイトに持ち込めません。

しばらくするとがうじさんから電話連絡がありナブラが沸いているとのこと。

急行するとがうじさん早速よい獲物をゲットされていました(詳しくはメタボ親父のボート釣り日記にて)

昨日もそうなのですがこのハマチナブラ、ジグを投げようが何をしようが一向に相手にしてくれません。

またボートで近づくとエンジンの音のせいなのかすぐにナブラは沈んでしまいます。

結局今回もナブラを捕まえられず断念。

ではということで潮目を探してボートを走らせます。

風がないため潮目が少なく結構ボートを走らせました。

到着した場所は水深80m

タイラバを落として着底を待ちます、、、待ちます、、、、、長い。

ようやく着底したので巻きます、、、巻きます、、、疲れます

私のもっている装備では80mで快適に釣りできませんねw

数回やっただけで断念。

(あとでがうじさんにこの話したら「疲れるだけでしょw」と言われました。まさにそのとおり(爆))

この潮目に見切りをつけてみんなが集まっているあたりに急行します。

すると皆さん着実に獲物を仕留めてました。

うーーん、私は坊主の匂いがぷんぷんし始めます、やばい。

しかしどうも今日はポイントが絞れずアタリをウロウロ。

そうしていると若さんムームーさん、ブリッジさん(ご挨拶できずすいませんでした)達が浮かんでいるのを発見してご挨拶。

(後で気づいたことですが私ってもしかするとムームーさんと初対面でしたっけ?もしそうならとってもフレンドリーなムームーさんが好きです)

さあ、坊主のにおいを断ち切るべくもう一度潮目に向かって疾走し、タイラバで爆撃します。

すると

ガツガツガツ

うおおおおおおおお、待ちに待ったあたりぢゃ!!!

慎重に、、、まだだ。

ガツガツガツ

まだ食い込んでない。

ぐぐぐーーーー

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

渾身のあわせを入れて魚が乗った感触を楽しみます。

昨日の疲れがでているのかあまり抵抗を感じません。

しかし竿を3度叩くあたり、これはまさに魚の王様真鯛の引き!!

来たぜ、本命(ウソ、本命はヒラメ)

テンションを一定に保ちながらバイトすること数十秒。

数十秒???

006_1

来たぜ!!のっこみ真鯛!!

え?鯛の体になにか写り込んでるって?

006_2

あ、本当だ。

えー、メジャーで計りました所50cmには届きませんでしたよ。

さあ、次いきましょうか。

ん?「・・・で何センチか?」って?

・・・・・

・・・

22cmもありました。

こいつは時代の最先端をいく流行に敏感なノッコミ真鯛だとおもいます。

ノッコミすぎてちょっとだけ小さかったかな?

そんなこんなでこの真鯛豪快にリリースしてみました。

えー、ネタはこのあたりでよろしいでしょうか?

そろそろクーラーに収まるような獲物がほしいのでもう一度みんなと合流し情報を収集します。

どうやら皆さんも厳しいようですが前回の水深よりも少し深めがよいような気がするのでそのアタリを流しているとズン!!

久しぶりにドラグが出まくります。

でも引きが突っ走るような感じがないのでこいつは青物でないと確信。

007

ふぅ~重かったシーバスは70cmオーバー。

コレくらいあると釣り応えありますね。

ようやくの獲物にちょっとうれしい。

捻じ曲げながらなんとかクーラーに詰め込みます。

どうやらあの潮目がよいらしい。。。。と潮目を狙ってみるとコレがあたりでした。

怒涛のラッシュが始まります。

どどーーん

008

手の平カレイ25cm

011_2

またまた手の平カレイ25cm、Wでから揚げ決定

012

なぜか潮目で釣れた28cmと微妙なカサゴ。

俺の怒涛のラッシュってこの程度か、、、、悲しい。

結局この後もう一度強烈に竿を曲げてくれたのですが正体は78cmのシーバス。

もうクーラーに入らないし、リリースしようと思ったら8さんがもらってくれました。

た、助かった。8さん、ドーリーに引き続きあーざす。

お昼になりあたりも遠のいたところで

連荘釣行のせいで私の決して一般人には見えないところでのみ筋肉モリモリの「なで肩」が悲鳴をあげはじめましたので納竿といたしました。

本日コラボしてくれた皆さん、今日も楽しい一日をありがとうございました!!!

追伸:

ブログの題名も手漕ぎではなくなりましたので心機一転「今日もどこかで釣り三昧」と改名させていただきました。

リンク名かえるかどうかは・・・どっちでもいいっすよw

手漕ぎファンの皆様、カヤックファンの皆様申し訳ありません。

もしよろしければこれからもお付き合いくださいませ。

これからも宜しくお願いいたします。

2010年5月21日 (金)

2010/05/21 福井方面 2馬力ボートフィッシングその1(1) 初出航

長年連れ添った手漕ぎボートの「ポチ」は某オークションで見事嫁ぐことに成功しました。

そしてマリブカヤックX-13こと「ガンシップ」もとうとう本日夕方受け渡しです。

そんな受け渡し当日、ならば受け渡し時間まで釣りして時間をつぶすしかありませんよね。

んでもってせっかくここまできて夕方までいるんだったら

やっぱ泊まって明日もやるしかないですよね

かみさんは「はいはい、行っておいで」とこれまた快諾w

こんな平日に自由が利くのは5月限定なので大目にみてね、かみさん、感謝!

さて、どこに出撃しようかまよっているとF-3さんからメールでお誘いを受けました。

2馬力ボートでは初出航ですので何かあったときを考えて誰かと一緒がいいなぁとおもっていたので即答でご一緒させていただくことにしました。

その後「ぽっぽさん」もご一緒してくれるとのこと。

ぽっぽさんとは初対面なのですが2馬力歴も長いのでとてもたのもしいです。

朝はやく起床して現地に向かいますが気合が入りすぎたのか到着したのはなんと午前3時w

アラームをセットして仮眠を取り、午前4時に起床。

F-3さんペアも既に到着されていたのでご挨拶してボートを準備します。

すぐ後にぽっぽさんも到着。

ボートの運搬や準備をF-3さんにお手伝いいただき準備完了です。

(F-3さん、いつもありがとね)

さて、私の新しい相棒をご紹介いたしましょう。

どどーーーん

001

ゴムボート:ジョイクラフト オレンジペコ265V

エンジン:HONDA2馬力エンジン 4ストローク強制空冷

ロッドホルダなどは買い物籠横にパイプを取り付けるという「がうじシステム」を採用。

まだまだ足りない箇所が一杯あるんですがこれから少しずつ改善していこうと思います。

足りない箇所、例えば・・・

ドーリー:お金が足りなくて買えませんでした(涙)

エンジンスタンド:お金が足りず購入できず、気力が追いつかず自作もままならず

腕:へたくそすぎて治せねえ

ってなもんです。

さて、F-3さんはご友人と一緒にFRPボートで出航します。

こちらのご友人の2馬力エンジンも同じHONDA製なのですがこれまた初出航ということで一緒に進水式をそそくさと行いいざ出航です。

家で試しにかけていたとはいえ本格的にかけるのは初めてめちゃどきどきです。

ぶろろろろぉぉぉぉぉ~

をを、かかりました。(当たり前ですがw)

グリップを少しずつまわしてスピードUP!

をを、う、うまく方向調整ができん。

初めて車を運転したあのなんとももどかしい感覚に捕らわれます。

ふらふらしながらもなんとなくコツがつかめてきて思い通り動かすことができるようになりました。

うえじゅんさんにアドバイスいただいていたのですが

本日は慣らし運転ということでフルスロットルは行わず半分程度の力で抑えます。

では行ってみよう「ふなは初出航でいったい何匹のお魚が釣れるの?? IN 福井」、大海の果てまで行ってQ!ちょっとそこまで行ってキュ~!(ちなみにこの出だしは今回限りっす)

011

さて、本日の海況ですが天気予報とは裏腹に朝のうちはちょっとだけ風がありました。

波はないのでうれしいのですが風に流されてタイラバでうまく底が取れません。

そしてあんなにいたシーバスもなんだか沈黙しています。

とにかくあたりがない。

002

(テンガロンが渋いぜ、ぽっぽさん)

F-3さん、ぽっぽさんもあたりがないようで苦戦、ポイントを転々としながらさぐっていくとようやくアタリがあります。

ギュルギュウギュル~~~~

めちゃめちゃドラグが出て行きます。

シーバスとはちがうあるとき急に突っ走る引き。

これは間違いなく青物でしょう。

ドラグを調整しながらドラグをだされながら1分ほどやり取りをしていたときフッと軽くなります。

Σ( ̄ロ ̄lll)

ば、ばれた。。。悲しい。

気を取り直してタイラバ爆撃していると船の真下をハマチの群れが通過していきます。

タイラバに見向きもしない・・・

(この日ハマチナブラが頻発しましたが結局ヒットには持ち込めませんでした。)

しばらくすると待望のヒット

しかしなんだか軽い

005

上がってきたのは20cmくらいのカサゴ。

悩む俺。

キープ?リリース?悩みに悩んだ30秒。

明日もあるし、ここは私らしからぬ大胆リリース

うひゅー、気分は大物狙い釣り師です(実物は超小物釣り師ですがw)

しかし今日は渋い。

天気も快晴となり風もなくなりベタ凪状態。

絶好の釣り日和となりますがサビキ釣りのように魚を寄せる釣り方ならよいのですが

私の本日のスタイルは一箇所で固定せず、流されながら広く探る釣りなので風がないのは厳しいです。

それでも手を変え品を変えジグ、インチクなども試しますがここはいっちょ志高く

「ヒラメ狙い」に絞ってタイラバ1本勝負とします!!

するとしばらくしたら竿先が締めこみます!!!

ぎゅるるる~~~~

ドラグがでていきます。

これは朝遭遇した奴と同じ感じ!!

「今度は仕留めちゃる!!」

ドラグを調整し、テンションを一定に保ち、ポンピングリフトをしないように心がけながらやり取りすること数分。

006

やったぜ!俺

Yes!肉もどき(大)ゲット!!!

ボートで測ったときはギリ60cmだったんですが家で計ってみたら57cm。

あれ?ギリワラサだとおもったんですがもしかしてギリハマチ?まあいっか。

家族にもっとも人気の薄い肴のでかいバージョンが釣れてしまいました。

いや、刺身で人気がないだけなんでこうなりゃ煮て食ってやるぜ~

その後よさげな水深を探り続けますがあたりがなくて苦戦。

朝、お話したおじさんがいたので様子を聞いてみます。

結構このポイントに通っている常連さんですが「こんな渋いことは初めてだよ」とのこと。

ならばと前回来た時によくヒットしていたあたりで流しているとギュっと竿が締めこみました。

下に突っ込むようなあたり、これは紛れもなく・・・・・

001_2

やっぱりね~、シーバス65cmでした。

青物とは違ってやたら重くて時々突っ込むような引きを楽しませてくれました。

お昼前になった頃、F-3さんペアはお先に失礼されるとのこと。

その後まったりとした海の上をまさに散歩状態でボートを走らせる俺。

いや、ほんとボートに慣れるにはよい天気だw

結局午後4時頃までやってましたが釣れたのはこいつのみ

003_2

ヒラメでなくて木の葉舞い散るムシガレイ20cmくらいw

これまた大胆リリースです。

その後ぽっぽさんと一緒にあがって色々とボート談義に華を咲かせながらお方付けです。

すると「ふなさんですか?」と話かけてくれる男性が!

なんと以前コメントをくれた方でした。

いつもブログを見ていてくれたそうでなんだか感激っす。

あーざす。

なんでも相方さんは70オーバーの真鯛を釣られたそうです。

ええなぁ、俺も真鯛釣りたい。

またお会いできた際は宜しくお願いします。

こうしてカヤックの受け渡し時間までたっぷりヘロヘロになるまで釣りができて楽しかったです。

魚自体は渋かったのですがボート釣りにも慣れることができたしとても楽しい時間を過ごすことができました。

F-3さん、ぽっぽさん、なおさん、ありがとうございました。

またお付き合いくださいね。

こうして私の連続釣行1日目は終了いたしました。

追伸:

午後6時30分、予定通りカヤックを受け渡すことができました。きっと次の海でも活躍してくれることでしょう。

2010年5月15日 (土)

2010/05/15 福井方面 カヤックフィッシングその37(10) ラストカヤック

前回少しだけブログに記事をUPしましたが諸事情により里親を探していた愛艇のカヤック(X-13 ガンシップ)ですが里親が無事見つかりました。

少しさみしい気がしますが大事にしてくれる人が見つかってうれしく思っています。

近々受け渡しに行く予定です。

さて今回がこのガンシップに乗って釣行するのは最後となります。

そのためドコに釣行しようか迷っているとナツさんからお誘いのメールがありました。

F-3さんもお見えにあるとのことなのでお言葉に甘えて一緒に釣りをさせていただくことに。

早めに現地に到着して仮眠を取っているとコンコンと窓を叩く音がします。

正体はナツさんとF-3さん、どうやら寝坊してしまったようですっかり朝になっていましたw

我々とは別にこのさん、8さんナベさんペアもいらしてました。

皆さんと挨拶を済ませていざ出撃です。

本日ももちろんバナナダイエットを継続中。

001

002

バナナ越しに見るナツさんとF-3さんです。

このさんと8さんもちょっと離れた場所で釣られています。

さて本日の海況は波も少なく、風も微風。

絶好の釣り日和となりました。

本日もデカシーバスを求めていざ釣り開始です。

ファーストヒットはF-3さん

すげー、がんがん掛けてるし。

でもがんがん釣ってもなぜかクーラーが満タンにならない魔法の釣り方をするF-3さん、輝いてましたよw

(詳細はDIY kayak fishingにて)

さてまずはジギングからやってみます。

用意したジグはナゴメタル65gです。

前回シーバスの口からキビナゴが出てきたので有効かなとおもい用意してきました。

丁寧にボトムを攻めていると数投目にヒット!!

良い心地で竿を曲げてくれるので引きを堪能しながらゆっくりと上げていきます。

003

無事ネットインしたのは70cmオーバーのシーバスです。

本日はこのサイズのシーバスががんがん周りで釣れてました。

良い季節になりましたね。

こいつをクーラーに入れたらもうすでにパンパンになりましたw

娘が「いっぱい釣ってきてね」って言っていたのでまずは一安心です。

しかしその後数時間、周りではばんばんシーバスがつれるのに私はバラシたり、あたりはあれど乗らない状態が続きます。

ナツさんもがんがん釣ってました!!

006_1

なんで俺だけ釣れないんだ???腕だ謎だ。

そうこうしていたら風もなくなり潮も動かずタイラバを落としても垂直に落ちていきます。

こうなるとお手上げですわ(汗)

ナツさんとF-3さんはシーバスを堪能してカサゴを狙いに浅場へと向かいました。

私はもう1匹なんとかシーバスをゲットしたいので居残りです。

潮目を狙ってみたり、ジグ、インチク、タイラバ、色々試しますがアタリも少なくてあたりがあったとしてもどうしてものりません。

ようやく乗せることができた1匹・・・・

010

うーーん、20cmくらいのカサゴ。

ナツさん達が狙いにいったその後でこいつがここで釣れるとは(汗)

いつもならキープサイズですが本日は意地のリリースです。

・・・・が浮き袋がパンパンになってしまい海底に戻れませんのでやっぱりクーラーへ。

するとナツさんからメールで「上がりました」とのこと。

私はもう少しシーバスを狙ってみることにします。

場所を変えながら打っていくとようやく重いあたり!

来たかシーバス!!!・・・・と思ったらあまり引かない。

011

うれしい誤算の35cmのアオハタでしたw

魚探には移りませんなどうやらこの下に小さな岩、又は根でもあるんでしょうね。

ミラクルですが根魚もキープできたことだしいよいよシーバスを本格的に狙うことに。

朝方アタリが頻発していたあたりまで漕ぎ戻ってタイラバを落としているとよい感じで潮が利いてタイラバが良い角度で流れてくれます。

すると待望のシーバスのあたり!!!!

朝に比べてドラグがジージーと出て行きますw

待ちに待った引きなのでじっくり堪能しドラグを出されまくりながらやり取りすること数分。

上がってきたのは75cmの丸々としたシーバス

012

しかしキレイな魚体ですね。

納得の2匹目ですがちょっと欲がでてもう1匹狙いたくなります。

微風で出航ポイント方面に流されながらタイラバを落としているともう一度ヒット。

014

同サイズのシーバスをゲット。

クーラーになんとか捻じ込んで量、釣り応え共に満足しての納竿といたしました。

浜に戻ると丁度このさん、8さんナベさんペアも戻ってきます。

釣果をみるとお2人ともすんごいことになってましたw

他にもカヤックでこられていた方お2人とも片付けの最中にお話させていただき

色々とためになる情報が聞けました。

またお会いできた際は宜しくお願いしますm(_ _)m

今日はみんながみんな大満足の釣果となって本当によかったです。

あ、ちなみに今回も私が一番貧果でしたw

ラストのカヤックフィッシングを満足ゆく結果でのこせて本当によかったです。

コラボしてくれた皆さん、ありがとうございました。

次はカヤックではないとおもいますがまた一緒に浮いてくださいね

2010年5月 8日 (土)

2010/05/08 福井方面 カヤックフィッシングその36(9) GWの憂さ晴らし

GW、まさかの釣り回数ゼロとなった私。

家族サービスはたっぷりできましたがさすがに釣りのストレスがたまってます。

うえじゅんブラザーとどこへ行こうか迷っているとらずくんから「明日行きます?」メール。

これはおそらく神の啓示

海の神様:「ゆくがいい、らずと共にゆくがいい」

と危ない人間スレスレの妄想があったかどうかというと・・・別にそんなのはありません、はい冗談です。

って訳で作戦「らず君にくっついて大漁をつかんぢゃえ、IN 日本海!!」ということで行ってきました日本海。

今年に入って2回目かな?

さて、そんなこんなで集まったメンバーは

らず君、がうじさん、うえじゅんさん、Ycosさん、そしてはじめましてはNBRさん&奥様。

なんと奥様初参戦がんばってくださいね。

NBRさんはほぼイメージどおりの優しそうでダンディーな方でした。

強制空冷式の2馬力エンジンに興味があったのでマジマジと見入ってしまいました。

また色々と教えてくださいね。

皆さん気合が入っているのかどんどん準備を完了して出発しますが私はモタモタしていて一番最後の出発となりました。

そうそう、今日は先日購入したNewパドルのマーシャスパドルを試す日でもあります。

愛艇:ガンシップに乗り込みいざパドリング!!

前回のパドルが重すぎたってのもあるのでしょうが、軽い!!

そして1漕ぎが進む距離も前回よりでてるんじゃないかな?

これなら長距離漕いでも前のようには疲れないとおもいます。

パドル1つで疲労ってこうも変わるんですね。

値段も手頃だしよい買い物をしました。

さて、海にでると結構なうねり!

これはなかなか・・・うぷっと来る感じがしながらもなんとかみんながいるポイントへ向かいます。

つりのポイントについてまずはまったりと朝食です。

わたくし、かれこれ1ヶ月ほど「朝バナナダイエット」してますんでバナナ越しにうえじゅん&Ycosペアを眺めながら食事です。

047

バナナ越しに見るうえじゅんさんYcosさんはオツでした(意味まったくなし)

さて釣りを開始すると早々にらずくん、うえじゅんさん、NBRさん達にでっかいシーバスがヒット!!

どうやらこのあたりの海域にはシーバスがうようよいるようです。

日本海のでかいシーバスは昨年の釣り忘れしたターゲットなのでなんとしても釣り上げたい。

そんな思いでスピナーベイト、メタルジグ、インチクを試すもあたりなし。

タイラバに切り替えて巻き巻きしていると待望のヒット!

しかも私に似合わない竿の曲がり!!!

ドラグも出て行くしこれは楽しい。

この引き、下へ向かっていくこの引きがシーバスの引きなのか!

楽しいじゃねーかーーー!!!無事ネットイ~~~ン

Photo

2

051

げげげっ!!シーバスじゃねーし!!

なんとクロソイ(40cm)でした。

でけー、40cmオーバーの根魚は今年の目標でもあったのでうれしい外道っす。

家族によいお土産ができて一安心。

その後ポイントを転々としながらタイラバで試していきますが当たらない。。。。

この海は特に根があるわけでもなくなだらかな海底が続いているので今まであまりこういう所で釣りしたことがないので苦戦します。

そうこうしてたらなかなかよさげな潮目があります。

ここで再びタイラバを試すと底からちょっと巻き上げたところでヒット

ドラグがジージー出されます。

先ほどのクロソイとは明らかに違う感じ。

先ほどよりも気持ちよくドラグが出て行きます。

根にもぐられて切られる心配もないのでこのやり取りを楽しみながら徐々にあげてネットイン。

053

やった~、待望のシーバス(60cm)をゲット!!!

またもや目標クリアに満足する俺。

どうやらこういう所では潮目が良いみたい。

他の潮目で試しているとまたもやヒット

058

うぉ!ムシガレイじゃん!初めて釣ったかも。

どうやって食おうか考えます。。。。うーん、やっぱふな家では刺身なんだろうなぁ。

よしスキを見て煮付けよう。

その後色々試しますがどうやら私の道具では今日の2重潮に勝てずアタリが少ないです。

そんなこんなでもうお昼。

私的には満足なので早上がりしました。

うえじゅんさん、Ycosさんも大満足の釣果を上げられたようで同じ頃にあがってきました。

1時間ほど遅れて戻ってきたらず君、がうじさんの釣果も大漁!!

らず君はすんげー釣果だし、

うえじゅんさんは絶妙なシャクリで青物をゲットしてるし、

Ycosさんはもやは「サゴシ王子」を捨て新たな称号を得るほどの獲物をゲットしてるし、

がうじさんに至ってはカレイをちぎっては投げちぎっては投げしていたようですし

なんと私のこの満足な釣果が一番の貧果だったようですw

日本海も釣果が上向いてきたようですね。

らず君からぶっといシーバスをおすそ分けしてもらい久々のクーラー満タン!!

我が家の食卓もこれでにぎやかになりそうです!!!

すげー楽しかった!らず君についていってよかったよw

よーし次回は自分の力でクーラーを満タンにしてやるぜ!!!!

本日コラボしてくれて皆さん、本当にありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。

2010年5月 7日 (金)

なにげに30万ヒット、感謝

本日ブログをチェックしていると・・・・

ああああ!!!!!

12345

30万ヒットしてるじゃん!!!

しかも記念すべきキリ番ゲットは俺!!!

しかしこんな貧果ブログに多数の人が訪問してくれて本当に感謝です。

これからも皆さんをがっかりさせない程度の釣果と

なんちゃってカヤッカーとして安全第一で頑張る所存です。

みなさん、さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

おそらく今後も爆釣はあまりないとは思いますが(汗)

まあ、また~りとした釣果をお届けしたいと思います。

ではでは皆さんこれからもよい釣りをしましょうね!!

2010年5月 5日 (水)

釣りキチの日々 その4 カヤック艤装

みなさんが釣りを満喫されているGW

しかし私は家族サービスの為、結局出船できません(とほほ・・・)

って訳でまずはお買い物。

ポチッとインターネットからサウスウインドにて色々と購入。

それでもって家族旅行へれっつらごー

026

027

030

032

食い物メインの焼津観光 + ちびまるこランド!!!

意外や意外、ちびまるこランドが好評でした。

どんなところでも自分達で楽しみをみつけるわが子が好きw

土産にマグロをどどーーんと購入。

カブト煮も買って実家でバクバク食べました。

これがまたうまくって。。。

旅行から帰ってみれば荷物が届いてました。

040

早速中身をチェック!!

さて、まず前回折れてしまったパドルですが・・・

サウスウインドの方にパドルが折れた経緯と予算があまりないことをお話したら格安でご提供いただけることとなりました。

なのでオススメを聞いたら「マーシャス ファイバーグラスパドル」を紹介してくれました。

043

前回まで使用していたパドル(COD)は1300g、今回購入したファイバーグラスパドルは900gと400gのダウン。

400gって結構な重さですよね。

肉にしたら・・・おなか一杯でしょう。

早く試してみたいものです。

そして初めて艤装に挑戦ってことで「魚探のマウント」と「ロッドホルダ」を購入!!

041

・・・・・

・・

あれ?ロッドホルダーがない!!!

慌てて問い合わせてみるとサウスウインドの担当者さんから「梱包させていただいた記憶が微塵もありません!!!」とのさっぱりとした返答。

あまりにも潔いので思わず笑ってしまいました。

すぐに送ってくれるというのでほっと一安心です。

普段からサウスウインドのサービスには満足してるんで全然問題なしです!

ホームセンターで激安ドリルを購入してとりあえず魚探のマウントから設置です。

いざ!!!

014

まずX-13はターポンのようにつるつるの表面ではないので浸水しないようにゴムを底に貼り付けてます。

ドリルでおそるおそる穴をあけて・・・

015   

マウントを設置。

018

ちなみに設置する際の固定金具としてリペットとボルトがあるのですがサイドデッキマウントは固定穴に高さがある為、リベットの使用が不可ってことでボルトにて固定。

逆に、ハッチが無い為、内部に手が入れられないようなエリアへの
マウント取付希望の場合には、リベット固定がよいみたいですね。
でも専用器具のリベッターがいるんでしたっけ?
誰かお詳しい方今度教えてくださいね。

016

魚探をセットするとこんな感じかな?

うーん、初めて艤装してみたけどコレにはまってしまう理由が分かった気がします。

だっておもろいし。

魚探をとりつけたらやっぱり振動子も取り付けないとねってことで

船底に振動子をこんな感じで取り付けて

006

穴を開けて配線を出します。

魚探の振動子の艇内配線固定には「けーふぁくシステム」を採用!!

019_2

これ考えついたけーふぁくさん、すげーっす。

漕いでいる最中に浸水しないように穴をスポンジで固定して魚探にセット

021

X-13はハッチが中央しかないので穴はこのあたりが妥当かと。

強度的には問題ないでしょう!

パドリングの邪魔にならないか色々と検討しながら艤装してみましたが

早く実際に漕いでこの装備を実感してみたいっす!!!!

ちなみに長年苦楽を共にしてきた手漕ぎゴムボートの「ポチ」ですが

資金不足と出番の少なさから嫁ぐこととなりました。

ありがとうポチ、次は家族を乗せて釣りをするために2馬力ボートとなって舞い戻っておくれ!!!

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »