2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010/05/15 福井方面 カヤックフィッシングその37(10) ラストカヤック | トップページ | 2010/05/22 福井方面 2馬力ボートフィッシングその2 »

2010年5月21日 (金)

2010/05/21 福井方面 2馬力ボートフィッシングその1(1) 初出航

長年連れ添った手漕ぎボートの「ポチ」は某オークションで見事嫁ぐことに成功しました。

そしてマリブカヤックX-13こと「ガンシップ」もとうとう本日夕方受け渡しです。

そんな受け渡し当日、ならば受け渡し時間まで釣りして時間をつぶすしかありませんよね。

んでもってせっかくここまできて夕方までいるんだったら

やっぱ泊まって明日もやるしかないですよね

かみさんは「はいはい、行っておいで」とこれまた快諾w

こんな平日に自由が利くのは5月限定なので大目にみてね、かみさん、感謝!

さて、どこに出撃しようかまよっているとF-3さんからメールでお誘いを受けました。

2馬力ボートでは初出航ですので何かあったときを考えて誰かと一緒がいいなぁとおもっていたので即答でご一緒させていただくことにしました。

その後「ぽっぽさん」もご一緒してくれるとのこと。

ぽっぽさんとは初対面なのですが2馬力歴も長いのでとてもたのもしいです。

朝はやく起床して現地に向かいますが気合が入りすぎたのか到着したのはなんと午前3時w

アラームをセットして仮眠を取り、午前4時に起床。

F-3さんペアも既に到着されていたのでご挨拶してボートを準備します。

すぐ後にぽっぽさんも到着。

ボートの運搬や準備をF-3さんにお手伝いいただき準備完了です。

(F-3さん、いつもありがとね)

さて、私の新しい相棒をご紹介いたしましょう。

どどーーーん

001

ゴムボート:ジョイクラフト オレンジペコ265V

エンジン:HONDA2馬力エンジン 4ストローク強制空冷

ロッドホルダなどは買い物籠横にパイプを取り付けるという「がうじシステム」を採用。

まだまだ足りない箇所が一杯あるんですがこれから少しずつ改善していこうと思います。

足りない箇所、例えば・・・

ドーリー:お金が足りなくて買えませんでした(涙)

エンジンスタンド:お金が足りず購入できず、気力が追いつかず自作もままならず

腕:へたくそすぎて治せねえ

ってなもんです。

さて、F-3さんはご友人と一緒にFRPボートで出航します。

こちらのご友人の2馬力エンジンも同じHONDA製なのですがこれまた初出航ということで一緒に進水式をそそくさと行いいざ出航です。

家で試しにかけていたとはいえ本格的にかけるのは初めてめちゃどきどきです。

ぶろろろろぉぉぉぉぉ~

をを、かかりました。(当たり前ですがw)

グリップを少しずつまわしてスピードUP!

をを、う、うまく方向調整ができん。

初めて車を運転したあのなんとももどかしい感覚に捕らわれます。

ふらふらしながらもなんとなくコツがつかめてきて思い通り動かすことができるようになりました。

うえじゅんさんにアドバイスいただいていたのですが

本日は慣らし運転ということでフルスロットルは行わず半分程度の力で抑えます。

では行ってみよう「ふなは初出航でいったい何匹のお魚が釣れるの?? IN 福井」、大海の果てまで行ってQ!ちょっとそこまで行ってキュ~!(ちなみにこの出だしは今回限りっす)

011

さて、本日の海況ですが天気予報とは裏腹に朝のうちはちょっとだけ風がありました。

波はないのでうれしいのですが風に流されてタイラバでうまく底が取れません。

そしてあんなにいたシーバスもなんだか沈黙しています。

とにかくあたりがない。

002

(テンガロンが渋いぜ、ぽっぽさん)

F-3さん、ぽっぽさんもあたりがないようで苦戦、ポイントを転々としながらさぐっていくとようやくアタリがあります。

ギュルギュウギュル~~~~

めちゃめちゃドラグが出て行きます。

シーバスとはちがうあるとき急に突っ走る引き。

これは間違いなく青物でしょう。

ドラグを調整しながらドラグをだされながら1分ほどやり取りをしていたときフッと軽くなります。

Σ( ̄ロ ̄lll)

ば、ばれた。。。悲しい。

気を取り直してタイラバ爆撃していると船の真下をハマチの群れが通過していきます。

タイラバに見向きもしない・・・

(この日ハマチナブラが頻発しましたが結局ヒットには持ち込めませんでした。)

しばらくすると待望のヒット

しかしなんだか軽い

005

上がってきたのは20cmくらいのカサゴ。

悩む俺。

キープ?リリース?悩みに悩んだ30秒。

明日もあるし、ここは私らしからぬ大胆リリース

うひゅー、気分は大物狙い釣り師です(実物は超小物釣り師ですがw)

しかし今日は渋い。

天気も快晴となり風もなくなりベタ凪状態。

絶好の釣り日和となりますがサビキ釣りのように魚を寄せる釣り方ならよいのですが

私の本日のスタイルは一箇所で固定せず、流されながら広く探る釣りなので風がないのは厳しいです。

それでも手を変え品を変えジグ、インチクなども試しますがここはいっちょ志高く

「ヒラメ狙い」に絞ってタイラバ1本勝負とします!!

するとしばらくしたら竿先が締めこみます!!!

ぎゅるるる~~~~

ドラグがでていきます。

これは朝遭遇した奴と同じ感じ!!

「今度は仕留めちゃる!!」

ドラグを調整し、テンションを一定に保ち、ポンピングリフトをしないように心がけながらやり取りすること数分。

006

やったぜ!俺

Yes!肉もどき(大)ゲット!!!

ボートで測ったときはギリ60cmだったんですが家で計ってみたら57cm。

あれ?ギリワラサだとおもったんですがもしかしてギリハマチ?まあいっか。

家族にもっとも人気の薄い肴のでかいバージョンが釣れてしまいました。

いや、刺身で人気がないだけなんでこうなりゃ煮て食ってやるぜ~

その後よさげな水深を探り続けますがあたりがなくて苦戦。

朝、お話したおじさんがいたので様子を聞いてみます。

結構このポイントに通っている常連さんですが「こんな渋いことは初めてだよ」とのこと。

ならばと前回来た時によくヒットしていたあたりで流しているとギュっと竿が締めこみました。

下に突っ込むようなあたり、これは紛れもなく・・・・・

001_2

やっぱりね~、シーバス65cmでした。

青物とは違ってやたら重くて時々突っ込むような引きを楽しませてくれました。

お昼前になった頃、F-3さんペアはお先に失礼されるとのこと。

その後まったりとした海の上をまさに散歩状態でボートを走らせる俺。

いや、ほんとボートに慣れるにはよい天気だw

結局午後4時頃までやってましたが釣れたのはこいつのみ

003_2

ヒラメでなくて木の葉舞い散るムシガレイ20cmくらいw

これまた大胆リリースです。

その後ぽっぽさんと一緒にあがって色々とボート談義に華を咲かせながらお方付けです。

すると「ふなさんですか?」と話かけてくれる男性が!

なんと以前コメントをくれた方でした。

いつもブログを見ていてくれたそうでなんだか感激っす。

あーざす。

なんでも相方さんは70オーバーの真鯛を釣られたそうです。

ええなぁ、俺も真鯛釣りたい。

またお会いできた際は宜しくお願いします。

こうしてカヤックの受け渡し時間までたっぷりヘロヘロになるまで釣りができて楽しかったです。

魚自体は渋かったのですがボート釣りにも慣れることができたしとても楽しい時間を過ごすことができました。

F-3さん、ぽっぽさん、なおさん、ありがとうございました。

またお付き合いくださいね。

こうして私の連続釣行1日目は終了いたしました。

追伸:

午後6時30分、予定通りカヤックを受け渡すことができました。きっと次の海でも活躍してくれることでしょう。

« 2010/05/15 福井方面 カヤックフィッシングその37(10) ラストカヤック | トップページ | 2010/05/22 福井方面 2馬力ボートフィッシングその2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。