2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

2010/03/31 三重方面 カヤックフィッシングその30(3) 気分転換

用事と天気を照らし合わせながら見ていたら水曜日はいいかんじ。

そんな時にこのさんからメール「水曜日いきませんか?」

もちろんOKっすよってな感じで返事します。

このところ風が強く吹いて釣りを楽しめていませんでした。

やはり釣りは楽しむものなので・・・ってことで今日は餌釣りを含む「なんでも狙い」で出撃することに。

現地に5時30分頃つきました。

このさんはすでに前日入りしていたようですが「さむくて寝れませんでした」とのこと。

今日まで冬並みの寒さらしいですからね、寒いですよw

談笑しながらボートとカヤックの準備をして夜がすっかりあけてしまってからスタートです。

このさんは沖へ、私は近場で釣りをすることにしますのでメールで釣果などの連絡を取りましょうといって別れます。

さて1ヶ月ぶりのカヤックフィッシングです。

アミエビを買い込み、オキアミも持参していざ何でも狙いスタートです。

海況はベタ凪、潮どまりの時間でもあるのでまずはサビキから始めます。

水深は25m前後。

ようやく修理から復活した魚探には表層から水深10m前後になにかうつりこんでいます。

なんだろう??

答えはすぐにわかりました。

001 ??い、いわし??

いえいえ、これ10cm程度のサバの赤ちゃんです。

サビキを投入すると全ての針に鈴なりでついてきます。

すべてリリースします。

困った、尺アジ狙いで落としたいのですが底まで届きません。

時々こんな客まで

002 もやは常連となりましたエソ君。

君はドコにでもついてくるんだね。優しくリリースします。

こんなに小サバがいるんなら青物でも周ってくれりゃいいのに・・・なんて思いながらふと後ろを振り向くと

鳥山キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

カヤックを方向転換し、いざジギング勝負!!

直径25m前後の大きな鳥山です。

こんなでかい鳥山初めて!!

一投目でガツン!!ときました。

良い引きです!!

散々やり取りを楽しんであげたのはこいつ

003 どどーーん、久しぶりのハマチ(42~44cm)

よーし次を狙うぞとキャストしようとしたらけっこうハマチにがっつりアシスト針が刺さっていてモタモタ、、、外れたら網にも引っかかりまたもやモタモタ。

ようやく外れて再度キャストするもなかなかアタックしてくれません。

そうこうしていたら足が速い群れはどんどん移動して追いつけなくなりました。

うーーん、後1匹はつりたかったなぁ、でも家族が喜ばないし、これはこのさんにあげよっと。

気持ちを切り替えてもう一度サビキでアジ狙いの釣りを開始。

さすがに青物が周ったからかサバたちは釣れません。

ってコトはアジもだめ??

004 げ!!お前かよ!お前を食うと俺は死んでしまうのだよ。

食べれるのが良いなぁ・・・

すると今度はちょっと違ったあたり。

005

25cmのカワハギ!!

うれしいので持ち帰ります。煮付け煮付け!

やはりサビキ釣りはなにかが釣れてくれるので飽きませんわ。

しかしアジは釣れません。

そうこうしていたら時々魚探に大きな群れが移りこみます!

「コレはアジか!!」と期待したのですが

006_2 正体はスズメダイでした(汗)

こいつが釣れる場所ではアジは難しいのです。

アミエビも無くなって風も強くなり始めたのでもっと浅い場所に移動します。

今度はオキアミを餌に胴付き仕掛けでカサゴを狙います。

しばらくはベラと格闘してましたがしばらくしたらひったくるあたりがありようやく本命が釣れてくれました

011 20cmくらいのカサゴですw

煮付けのお供にしようかな。

ここでもっと風が強くなりウサギが跳ね始めます。

このさんも撤収してきました。

まだ11時すぎたばかりですがつりにならないので撤収することにします。

うーーん、やはり私は大潮苦手です。

タイラバも少しやったのですがあたりはありませんでした。

青物も周ってきているようですが群れの足が速いのでワンチャンスな気がします。

鯛などのノッコミはまだ浅場には来てないのかな??

クーラーの中はさみしい釣果でしたがサビキで久しぶりに楽しい釣りができたので今回はよしとしようかな。

ハマチをこのさんに進呈したら代わりにこのさんからよいものをいただきました。

(そんなこのさんの釣行はこちら

さーーて、次の釣行どこにいこうかますます迷います。

もはや撃沈は怖くありません、慣れましたw

楽しく釣りができるところに行こうと思います。

2010年3月27日 (土)

2010/03/27 今日は漕がずに釣り三昧 その6 (3)コラボで撃沈

週末の状況はいかがかなぁと予報をチェックしていると良い感じ。

風も弱そうなのでうえじゅんさん、がうじさんと共にコラボ釣行です。

今回もがうじさん家に集合し、現地までおしゃべりドライブ&DVD鑑賞、それでもってボートにも乗せていただく事に!

(いつもありがとうございます)

うえじゅんさんといつもの集合場所で待ち合わせ我々は早々に到着し仮眠をとります。

がうじさんは爆釣のイメージができあがってアドレナリンがでまくっていたようで寝れなかったそうです。さすがですわ・・・あっしは貧果に慣れているので爆睡でした(爆)

集合時間ぴったりにうえじゅんさん登場!!

お久しぶりです。

コンビニで用事を済ませていざ出撃!

しかし私の集合時間設定が遅すぎて現地到着時にはすっかり夜があけてしまいました(ごめんなさい)

004_1

( ビンビン玉越しに見るうえじゅん氏、、、渋いぜ~)

さて、まずは第一ポイントで様子を見ることに水深が深いこの場所で大鯛を狙います。

風も丁度よい感じで吹いているし、がうじ号の水温計も15度前後と良い感じ(しかし後で衝撃の事実が・・・・)

数度流すも当たりなし。。。今日も厳しいなぁ

しばらくしてうえじゅん氏がなにやら揚げた後(詳細はフィッシュライフにて)に私にもヒット

しかしぬっぺりとたいした引きもなく上がってきます、これはもしかして・・・

007 「ビックリしたなぁ~もう!」ってな感じのカサゴさん、本命じゃないけど坊主逃れてうれしい!!

根魚も徐々に活性が高まってきているようですね。

その後あたりもなくポイントを点々としますが・・・・

こんなんしか釣れません(汗)

008 毒々しいぜ!キタマクラ!

その後色々なポイントを点々としますが激渋でした。

そんな釣行中

がうじさん:「ふなさん、水温あがってますよ。ほら」

ふな:「を!いいですね~」

がうじさん:「あれ?水温うつらなくなりました」

ふな:「え?壊れちゃいました」

がうじさん:「あ、だめだ~。(見ると水温計27度って出てるし)、今までの水温もあてにならないかも」

がうじさんご自身もお茶目ですが水温計もお茶目ですわw

本日は海況は悪かったです。

風が強くウサギも飛び始めました。

流し釣りでタイラバで鯛を狙いますが巻いて落としてを2回も繰り返せば60gのビンビン玉でも糸がかなり出されてます。

そうなるとアタリが分かりにくくなるんですよね。

ちょっと釣りにくすぎるので風裏に避難してタイラバを落としますが今度は風がなさ過ぎて流されず縦の釣りに(汗)

がうじさんによいお魚が相手してくれましたが私にはありませんでした。

(詳しくはメタボ親父のボート釣り日記にて)

ミラクルを信じてさっきまで流していたポイントで再度チャレンジしますがやはり釣りができるような状況ではなかったので数回巻き巻きして諦めることに。

私の悪運もここまで(汗)

3回目のミラクルは起りませんでした。

今回は特にドラマもなく消化不良の釣りとなってしまいました。

天気予報では風がでない予報だったんですがめちゃめちゃ風強かったです、残念。

今回はタイラバに触ったあたりの回数が4回くらいしかありませんでした。

まさに苦行、辛過ぎでした。

地元のおっちゃんとお話できたんですが、おっちゃん曰く「3月は来たらあかんよ」とのこと。

ここの地元民さんは皆さんフレンドリーでよくお話してくれます。情報収集にもなりありがたいです。参考にさせていただきます。

次回はちょっと修行を忘れてカヤックでアジやメバルなど餌釣りで狙ってみようかな??

うえじゅんさん、がうじさん、苦行ながらもお2人がいたのでたのしく釣りができました。

またよろしくお願いいたします。

2010年3月15日 (月)

2010/03/14 今日は漕がずに釣り三昧 その5 (2)がうじ号再び

某日、天気予報を見れば丁度何も用事がない日曜は良さげな雰囲気。

これはいくしかないとまいそうるぶらざーの「がうじさん」にすかさず連絡を入れます。

するとOKのご返事をいただきましたので日曜はまたもやがうじ艇に乗せていただくというVIP待遇での釣行となりました。

がうじ邸にて深夜(早朝?)に待ち合わせし1台の車に相乗りしていざ太平洋側に出発です。

道中はエギングのDVDを見てデカイカを夢見ながらのあれやこれやとがうじさんと釣り談義をしていたらあっという間に現地着。

まだ暗いので少々仮眠を取るつもりでしたが夜が明けてしまうまで寝てしまいましたw

早々に準備していざ出航です!!

海況的には波もなく風も程よい感じでつりやすそうです。

がうじ艇の2馬力ボートも快調に飛ばして様々なポイントでタイラバを爆撃していきます!

そう!爆撃です。

はい

爆撃・・・のみで終わります。

おかしい一切釣れません。

「今日は厳しいっすね~こんなに厳しかったのは年明け一発目のとき以来いっすね~」なんてがうじさんと話をしていたのですが時間が経つにつれてだんだんと焦りに変わります。

ポイントを点々としますが私にはかすかにあたりはあるものの乗らないことが多く数時間終わって今だボーズ。

対するがうじさんですがさすがは通称「スーパーテクニカルフィッシングマシーン(略してSTFM)」もちろん私が独断で断りもなく勝手に付けのですが。

テクニックを駆使して見事な巨○ソをしっかりとゲット。

持ち帰ればよいのにきっと私に遠慮したのでしょうあえてリリースを選択。

その後2人で黙々とタイラバをしますが本当に今日は渋くてあたりがとにかくありません。

しばらく粘っていたらようやくあたりが・・・・でもすぐに軽くなりました。

ばらしたのかと思いその後2,3回巻き巻きしてスプールフリーを繰り返してなんとなくタイラバを回収してみたら・・・・

001 えんぷつエ、エソっす。

いつの間にか釣れてました。

や、やばいぜこれは小さすぎでしょsweat01

しばらくしたらまたあたり。

002 いえす!さいずあっぷ!

・・・・って違う。

がうじさんにかまぼこについて熱く語られましたがもちろんリリースです。

次のあたりは明らかにエソとは違うもの!!でも引きからして小さい

003 ああ、やはり君ですが。。。

キープするかリリースするか散々悩みましたがどうせ浮き袋でちゃってるしってことで気合のキープ。

その後粘るもあたりなく午前の部は終了。

がうじさんはというと・・・・前日あまり寝れてなかったようなのでボートで爆睡してますhappy01

そんながうじさんの可愛い寝顔を見ながらボートを流し釣りしますがあたりなし。

気が付けばもう午後2時。

ほとんど諦めムードの中、がうじさんも起きて釣り再開。

するとやはりSTFMは違います。寝起きにも関わらずがっつりと釣果を上げます!!

(そんながうじさんの雄姿はこちらから)

すげー、この人はどんなに厳しい状況でもしっかりとゲットするんだもんなぁ~

感心してたら待望のあたりが!!!

これはでかい!来たんじゃないの!!なんておもってあげてみたら・・・

エソ・・・

「このタイミングでつれるんじゃねー愚か者~」ってなかんじて怒りのリリースです。

もはや写真も撮りません。

気が付けばもう4時、、、、時間もありませんしそろそろ撤収を心に決めます。

俺「がうじさん、じゃああと2流ししたらかえりましょか」

1流目、、、、、、はい、反応なし。

いよいよ最後の流しとなりました。

「ここでつれたらドラマっすね~」

なんてがうじさんと冗談交わしていたら竿先が持っていかれます!!

005 どどーーん

うーん、ドラマですね~

またもやギリギリラスト流しでのマダイゲット。

ちょっと小さ目の32cmでしたがもちろん満足です。

っていうかいい加減最初から釣れよ俺。

がうじさんと撤収準備をして現地を離れたのが午後5時半頃でしたw

帰りはしっかりと交通渋滞に巻き込まれましたよ。

事故渋滞で35kmだってさ。

がーーーん

家に着いたのは午後9時30分でしたcoldsweats01

しかしこんなに長時間釣りをしたのは初めてかもしれません。

でもこんなに長時間釣りしたにもかかわらず今回はほんと厳しくてあたりはほとんどなかったです。

やはり大潮は苦手だなぁ

次こそはスカッとした釣りがしたいものです。

がうじさん、運転お疲れ様でした。

またご一緒させてくださいね。ありがとうございました

2010年3月 3日 (水)

2010/03/03 三重方面 カヤックフィッシングその29(2) 油断

みなさんご無沙汰してました!!

仕事が急遽暴風雨のように忙しくなり東京出張や土日休日返上で出勤したりでとにかく大変な1ヶ月でした。

みなさんのブログをチェックだけはできていたのですがさすがにコメントまではできず申し訳ありませんでした。

落ち着いて休暇が取れるようになったと思えば天気も崩れ、あげく自分の体調もくずしてしまって気が付けは3月超えてましたね。

って訳でようやく行ってきました太平洋。

某大手天気予報を入念にチェックしていると明日の3日は某所は波風共に良い感じ。

深夜に準備していざ出陣です!

念のため携帯電話で再度波風をチェック。

よしよし、いい感じ。

現地に到着すると出撃ポイントは結構な風がありました。

あれれ?おかしいな、某大手天気予報では風力は弱いはずなのに。

カヤックを下ろして準備を完了してからしばらく風が止むのを待つ事にしました。

すると風も弱まりよい感じになったのでいざ出陣です。

0011 まずは以前に初めてマダイをつった某ポイントへ。

出撃ポイントが点となり結構な距離を漕いだことを物語っています。

やはりオススメはこいつ!!

ビンビン玉  オレンジゴールドです。

(写真クリックするとサイトに飛びますよ)

ノーマルネクタイでマダイ狙いに非常に効果的な色です。

外道にも効果バツグンw

今まで生産が追いつかなかったのか在庫切れが多かったのですがようやく品が揃うようになりました。

私は「ビンビン玉 零」よりもこのノーマルの「ビンビン玉」が好きです。

水深と同じ重さのタイラバ使うと効果的なようです。

皆さんの釣り場やポイントに合わせて買ってみてください。

私は以前に交通費と送料を天秤にかけてそれでもある数以上買えばネットの方が釣具屋で買うよりも安く着くので大人買いをしましたw

投入直後にあたりあり!!!

しかし重さも引きもない。

さっそく外道が釣れたようです。

003 ううう、、、これまたお久しぶりです、15cmくらいのイトヨリさん

その後このポイントを攻めますが当たりなし。

渋いので水温が下がり、魚たちも落ちているのだろうと予測してもう少しだけ沖合いの通称「巨エソポイント」で勝負することに。

この頃になると風も止み、潮も止まって非常につりにくくなりました。

しばらくするとようやく少し風が出て潮も動き始めたので流されながらビンビン玉を投下していると竿を叩くあたり!!

来たか!マダイちゃん・・・・あれ?意外と叩かない。

でも重みだけはあるしなかなかの獲物のよう。。。

やり取りを楽しんで水面下にその魚影が見えてきました。

オレンジ、、、、銀色、、、やはり鯛?

・・・・ん?あれ?細長い

004 イ、、イトヨリっすか。

家ではかったら32cmありました。

これは立派な食材だぁと感心していると海面がざわつき始めます。

「ん?コレはいやな予感だ。とりあえず出撃ポイントに避難しよう」と漕ぎ始めた途端に海が激変。

岸から強風が押し寄せ、海面は白波が立ち、あっという間に危険な海に。

先ほどまでの凪はどこへやら、、、とても出撃ポイントまで戻れそうもありません。

急遽岬へ方向転換し、ヘロヘロになりながら間一髪風裏に逃げ込むことに成功しました。

岬の風裏はほぼ無風の凪ですが、風裏以外は白波と強風で釣りどころか岸に帰ることすらできません。

「風が止んだら釣りを中止して今日はもう引き上げよう」そう決意しました。

風裏で待つこと1時間。

ようやく風が少し収まり白波も収まってきたので意を決して風裏から脱出して出撃ポイントを目指すことに。

しかし岬を抜けて少ししたところで風の壁が私とカヤックを沖へと流そうとします。

「このままだと沖へ流されてしまう」という危機感から再び岬の淵の風の隙間となっているところへ避難。

この天気では私なんて木の葉同然です。とても出撃ポイントまで戻れそうもありません。

一旦岬の上陸できるところに避難し、風が止むのを待ちます。

しかし待てども待てども風と波は収まらず。

不安だけが募ります。遭難という文字が一瞬頭をよぎります。

周りの船もどんどん避難している様子。

2馬力ボートも避難しているのが見えますが正面から風を受け自転車よりも遅いくらい。

その後3回くらい出撃ポイントに漕ぎかえろうとしましたが風におしもどされまたこのポイントに避難するということを繰り返します。

その間も携帯電話の色々な天気予報とにらめっこ、、、、どれも「○○付近は穏やかな天気に恵まれるでしょう」と書かれておりますが風力をみると「やや強い」との表示。

しかし3時頃からは風も弱くなる予報。

それを信じて待ち続けます。

避難上陸して待つこと3時間。もう昼1時を回っています。

ようやく風も少し弱まったようなので意を決してトライ!!!

今度は直接出撃ポイントを目指すのではなく岬周辺に沿って避難場所を探しながら少しずつ漕ぎ帰ることとします。

波は沖に向かっているので岬に波がぶつかることはなく、避難するにはよい条件。

全力で漕ぎようやく風の壁を抜け、強風の中、歩くよりも遅いくらいのスピードで着実に漕ぎ進めます。

岬に避難→休憩→漕ぐ→岬に避難→休憩→漕ぐを1時間繰り返しようやく出撃ポイントまで戻ることができました。

到着した時には海岸に倒れ込みました。

今回、「手漕ぎの限界」と「海で釣りをするという行為がどれだけ危険なのか」を思い知らされました。

そして自然とはかくも恐ろしく、力強いものなのかと痛感させられました。

某大手天気予報や携帯で細かく天気予報を鵜呑みにしていたのがいけなかったのでしょうか?

海のボート釣り経験も少しはできてきてその慢心から注意を払うことが欠如していたのでしょうか?

事前チェックは怠っていなかったつもりでしたが何が足りなかったのか・・・

いずれにしても今後も釣りに出かけるときは事前チェックをもう少し考える必要があるようです。

005 って訳でわずかな実釣時間で手中に収めた魚たち。

筋肉痛と間接痛で真夜中に起きるハメとなりました。。。。

でも生きててよかった。

これからは益々危険に注意を払い安全で楽しい釣りを目指すことを心がけます。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »