2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

2009/10/31 福井方面 ゴムボフィッシングその6 ジギング&ちょびエギング

きたーーー!!!思わずパシャリ!!

002 そう、釣りにいく道中、走行距離がこんなラッキーな数字に揃ってテンションが高まる私たち。

たち???

そう、今日はうちの息子(小1)を釣れての釣行です。

どうしても釣りに付いて行きたいっていうので一緒に行くことにしました。

なのでカヤックではなくゴムボで出撃します。

もはや無敵のうえじゅんさん&Ycosさんペア

同年同県の釣りキチこのさん

とご一緒させていただきました(色々と面倒みていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます)

今日は昼過ぎから風、波が出る予報なので午前勝負です。

予報どおり朝はベタ凪で釣り日和!!

このさんは某ポイントへ大物を狙いに出撃しました。(気になる釣果はこちらで!!)

さて私&息子とうえじゅんさん、Ycosさんチームにお世話になりながら湾口にてサゴシジギングです。

息子はというとポイントまでにプカプカ浮かぶエチゼンクラゲの大きさに興奮!!

良かった良かったなんか楽しそう。

006

(きになるうえじゅんさん、Ycosさんの釣果はこちらで!!)

前回とは違いナブラが立ちません。ベターーーっとした海が広がってます。

仕方なく適当にジグをキャストすることに。

私は息子の前でかっこいいところを見せようと気合のジギングです。

しかしあたらないので早々にジグに見切りをつけてジグサビキをつけてキャストするとヒット!!

でもあんまり引きません。むしろ「あれ?ばれたか?」なんて言ってしまう位引きません。

上がってきたのは案の定やせ細ったサンマサゴシですww

007

たはは、、、あとで計ってみたら42cm、痩せてたので30cmくらいかと思ってしまいましたが意外とありました。

息子の前で釣れたのでなんとなくほっとしました。

でも肝心の息子は魚にはあまり興奮せず釣れないのであきてきた様子。

じゃあということで岬方面に移動して息子になんとか魚を釣らせてやろうとおもいます。

適当な水深でアンカリングして息子にはサビキ、私はジギングです。

・・・・・

・・・

数分後、、、

息子:「つれないね~」

そう、今日は根魚どころかメバルもアジも、あのベラ君でさえ無反応。

おかしいなぁ~とジギングしてたら竿が急にグン!!と持っていかれます。

さっきのサゴシに比べて明らかに引きが強く、時折突っ込むような引きにドラグがジージー出てます。

私:「をを!なんかかかった!!タモの用意、タモ!!」

息子:「うん、わかった~!パパ頑張って~」

もちろんじゃーーーとばかりに慎重にやり取りして上がってきたのはこいつ!!

008

ジグサビキにではなくその先端のジグにがっちりフッキングしてました。

肉厚でいい感じの我が家の不人気もの、そう、『肉もどき』(42cm)

た、たのし~。

息子はというと「こ、怖い~!!」とビクビク。

そういえば息子って生きたツバスを見るのは初めてだったなぁ。

私:「ねえねえ、写真とってよ」と無邪気に息子に頼む私。

009_1

フォト By 息子

どっちが子供なんだか、、、お恥ずかしい限りです。

でもその後はもうさっぱりですわw

チャリコが沸いているようで餌は盗られるが釣れません。

でもさすがはサービス精神旺盛なベラ君、情けで息子にかかってくれました。

その後はもうあまりにも釣れないので息子は飽きてしまってかみさんや娘に越前くらげを見せてやるんだと写真を取りまくります。

020

その写真撮影にも飽きてしまい、「もう戻って浜で遊びたい」と言い出す始末。。。

どこか近くの浜に下ろしてやろうと一旦岬の根元あたりに向かいましたが、、、

いつのまにかうねりが強くなっていて岬周辺の近くの浜はちょっと危ない匂いが。。。。

浜は諦めてちょっと波が穏やかなあたりでエギングをしますがイマイチ。。。

うえじゅんさん、Ycosさん達と再度沖へ行って鯛を狙います。

でもでもだんだんうねりが強くなってきてちょっと酔ったのか息子ダウン。

「先に浜に戻りますね~」とうえじゅんさん、Ycosさんに挨拶して切り上げることに。

手漕ぎゴムボの私を見かねてこのさんが我々を引っ張ってくれました。

このさんありがとうございました。

024

ダウンした息子はそのまま眠りの世界に~

その後、浜で遊びたいという息子を下ろしてすぐ近くでエギングをすることに。

うえじゅんさん、このさんとしばしエギングタイム。

でもなんかイカがいなくてよってきても相手してくれたのはこんなヤツ

027

たぶん胴長5cmくらいじゃないっすかね?

(もちろんリリースしましたよw)

ってワケで本日はもうお手上げです。

これで納竿といたしました。

028

ボートをかたずけている最中、息子は浜近くに打ち上げられているエチゼンクラゲをえっちらほっちら網ですくって楽しんでました。

酔ったときはどうしようかと思いましたが最後たのしそうでよかったよかった。

結局釣りに集中できない一日でした(汗)

 

このさん、うえじゅんさん、Ycosさん、本日は息子ともども大変お世話になりました。

私たちのせいで釣りに集中できませんでしたね、、、ごめんなさい(汗)

でもおかげさまで大変たのしい思い出となったようです!ありがとうございました。

次は釣りをたのしめるといいなぁ~

2009年10月25日 (日)

2009/10/24 福井方面 カヤックフィッシングその20 ジギング&タイラバ 渋いけどリベンジなる

先週はまったく釣りが楽しめない状況でした。

今月は天気予報としっかりにらめっこして状況をチェック。

波、風、共に釣りに最適な様子。

これならまったりと釣りがたのしめそうです。

前日入りして夜に近くの漁港でエギングを楽しんだ後(まったく釣れず)目覚ましを朝5時にセットして車で寝ます。

・・・

ピピピッと目覚ましがなり真っ暗な中起床。

らずくん、うえじゅんさん、がうじさん、このさんと挨拶しながら早速準備を開始。

途中、前回撤収中にお会いして仲良くなったカートップボートの人もおみえになりました。

なんでも今日はミクシーで知り合った人達と釣りに来たんだそうでしかも今日はじめておあいする人もなかにはいるそうです。中には社長さんもまじってるんだとか。すげー

そういう知り合うきっかけで釣りにくることもあるんですね。

さて、薄暗い中うえじゅんさんと共に出航です。

003

シーアンカー代わりの水汲みバケツを持参してますがあんまりきかないからなにか工夫しないとね。

今日はうえじゅんさん家の息子さんも一緒、元気いっぱいですわ。うちの息子にも見習わせたいのでそのうち連れて行こうと思ってます。

さて、まずはジギングでサゴシのご機嫌を伺います。

先に始めてたうえじゅんさんに聞くとどうやらアタックはある様子。

どれどれ~

とりあえずボトムまでジグを沈めて一気にハイピッチジャークで巻き上げます。

すると3投目くらいでヒット!あまり引きは強くありませんが間違いなくサゴシの引き。

この適度な引きと海面近くでの反撃のもぐりがなんともいえません。

005

(汗)ちょっと細身の見事なサンマサゴシでした。40cm弱くらいかな?

もう少し大きいといいなぁということでリリースを睨んで締めずにカヤックのフロント部分で放置。

(X13のフロント部分は船底にある栓をはずしておけば水がたまりちょっとしたイケス状態となります)

うえじゅんさん達に聞けば色々おいしい目にあってる様子。

(詳しくはフィッシュライフにて)

さて、今日は小さいですが時折サゴシかツバスのナブラがよく立ちます。

あっちでナブラが立てばうえじゅんさんと一緒に

俺:「おっかけろー」

うえじゅんさん:「あっちでまた立ってます」

息子さん:「あっちでまた跳ねたよ!」

ってな感じでにぎやかですww

中にはツバスの群れもあるようですが足が速く次の瞬間にはもういなくなってます。

手ごわい。

そんな中、サゴシジギングを楽しみます。

011

これも40cm前後

013

ようやくでました本日最大寸47cm。

ちょっと引きがいいなとおもっていたらやはりまずまずサイズでした。

このあと取り込みの際にナチュラルリリースを2回ほど(汗)

でも明らかにリリースサイズだからまあいいや。

その後サゴシの群れもどこかにいき、まったくあたりがなくなりました。

ここはチャンスということでタイラバ修行を行います。

でも潮がとまっているのか垂直に落ちるし、あたりもありません。

数時間粘りますが結局あたりがありませんでした。

でもタイラバ修行してると近くでまた小さなナブラが立ち慌ててジグを投入するなどで落ち着けませんw

今回ところどころでタイラバを落としましたがあたりらしいものを2回ほど感じることができました。

ガマンできずついあわせてしまいました。残念。

タイラバ修行で釣れない時間が続きましたのでらず君の様子を伺おうと近づいていくと竿がすんごくひん曲がってます。(詳しくはらずらず釣行記にて)

2009102515440000

スパイラル釣法にて20cm超えのイカを6杯釣ってるとか。

すげー。

ちょっと教えてもらったので次回ためしてみよう。

このあと私もちょっとエギング。

016 017

共に同長13cmです。

うーん、らず君のように20cm超えをしたいなぁ。

次回スパイラルでがんばってみます。

うえじゅんさん:「根魚が釣りたいっすね~」ってことで偶然たまたまミラクルでクーラーの中にアミエビが落ちてたのを発見。

胴付き仕掛けもなぜか2セット持っていてオモリまでありますのでやるしかありませんね。

さあ、アミエビではベラしか釣れませんよ。

でもそこからがミラクルふなっちのイリュージョンが始まります。

ベラに手術を施し、キレイな餌に変身させてカサゴを狙います。

この仕掛けセットと餌をうえじゅんさんに伝授!

水深15m前後で試してもらいました。

するとよい獲物をゲットされた様子!

よかったよかった。

私はもうすこし深いところで試してみようと20mを超えたあたりで試していると「ツンツン」とついばむような当たり。

なかなかフッキングしないのでおもいきってあわせを行うとかなりの重み!

でかいベラかとも思いましたがちょっと引きが違います。

上がってきたのはナイスサイズのメバル!!!

018

27.5cmありました。

私のメバル最高記録です。

カサゴには恵まれませんでしたがよいお土産ができました。

そうこうしているとがうじさんも近くでスパイラルでイカ狙っている様子、仲良くていいなぁ。俺もかみさんと浮かびたい。

聞けば奥さんもエソの呪縛から逃れられた様子!よかったですな~

(詳しくはメタボ親父のボート釣り日記にて)

らず君はゴムボを自在に操り次々イカゲット。

胴付きの餌釣りがたのしくてうえじゅんさんと夢中になってました。

息子さんも楽しめた様子。

気が付けばすでに2時!

慌てて帰港し撤収しなくては!

あ、そうそう今日はやたらとこいつも沸いてましたよ。

015 越前くらげ、き、きもい~

帰港したらこのさんが待っててくれました。

しばらく談笑しながらかたづけ。今日は全体的には渋かったようです。

我々はましだったみたい。

019

結局普通の釣果となりましたが時間を忘れてしまうようなとてもたのしい釣りでした。

このポイントでイカも釣れるようなのでますます楽しみになりました。

今日もみなさん色々と情報交換や楽しいお話ありがとうございました。

またよろしくです。

次はジギングとエギングと餌釣りと・・・やりたいことが多すぎて時間がたりないなぁ

2009年10月17日 (土)

2009/10/17 福井方面 カヤックフィッシングその19 ジギング&タイラバ 撃沈

待望の週末。

あのサゴシ祭りをもう一度ということで、、、最近絶不調のycosさん、実はマダイが釣りたいうえじゅんさん、地元以外の海に魅力を感じたたにしんさんと一緒に浮いてきました。

結果からいいますと

完全撃沈です

略して完沈ですな。まあ別に略す必要はないんですけどね。

サゴシのサの字も見当たりませんでした。

あれだけ釣具屋まわって激安ジグ悩んで買ったのはなんだったんだろう。

あれだけアマダイ仕掛けを悩んで買ったのはなんだったんだろう。

最初は風もほどほど程度だったんですが徐々に強くなり、しばらくしたらウサギが跳ねだす始末。

風裏に逃げて一休みしたりエギングしたり。。。。

ベラやチャリコに遊んでもらう機会もありましたがなんかいまいち。。。。

002 003

見せ場といえば・・・・

あまりにもサゴシが釣れないので唯一気合を入れて新しく購入した「ビンビン玉零」を使って鯛を狙ってみたのですが。。。。

あのフラッシング効果が効いたんでしょうね。

どれだけジグを投げても他のタイラバを落としても今までかすりもしなかったサゴシがそのときだけアタックしてきまして、高価なビンビン玉零は、、、

サゴシの胃袋へと消えていきました。

もうしばらくタイラバ買わない宣言です。

あと某天気予報では風そんなにないみたいな予報だったので結構期待していったんですけどね。

行ってみれば、、、大荒れ(このさんのアドバイス聞いておけばよかった。。。)

あまりにもくやしい、、、もちろんリベンジします。

ちきしょー待ってろよ、海!!!

うえじゅんさん、Ycosさん、たにしんさん、たにしんおやじさん、お疲れ様でした~

また浮きましょうね。

2009年10月15日 (木)

2009/10/15 福井方面 カヤックフィッシングその18 エギング4 シブい

先日のサゴシ祭りは楽しかった。。。。

そして今週末またあの興奮を再びということで計画している。

でもイカも釣りたい。

サゴシが沸いてるところにイカはいない。

イカがいるところにサゴシや鯛はいない。

どうする。。。

週末にサゴシとイカをやるか。。。

イカを取るか。。。でもイカあそこいない。。。

あ!

そうか!

会社休んでいけばいいんだ!!

俺って頭いい!!

俺:「社長、明日休んでいいですか?」

社長:「いいよー」

ってことでサゴシは後日の楽しみにとっておいて、エギング修行に行くことにしました!!

さすがに前日入りはせず早起きして現地到着は5時。

まだ真っ暗ですが平日だというのにすでに4,5台の車。

薄暗くなりはじめたところで準備を開始し、いざ出撃です。

001 今日はエギング1本に絞りましたので準備も楽でした。

予報ではお昼頃から風がでるといってましたので午前勝負です。

以前の実績ポイントに行ってキャストします。

明るくなってきて分かったのですが今日は割りと波っ気があり、海も濁りが多いです。

もしかして前日雨ふったのかな?

こういう日って水温低下によってイカの活性が低いんですよね。

案の定1時間経ってもあたりすらなし。

やばい。。。やっぱりジギングいけばよかった(汗)

でもイカが食べたいし、諦めかけた頃にズンと重みが乗ります!

これこれ、たまりませんね~

005

やった~、自己最長20cmのアオリイカ!!

20cmともなるとやはり迫力ありますね。

エギはスケルトンを使ってました。

いいね、スケルトン。

しかしこのあと根係りとラインブレイクで優良スケルトン2個殉職crying

しかし海のにごりが厳しいです。

透明度が50cmくらいしかないんじゃないかな。

ゴミも多いし釣りにくいです。

イカがエギを見つけれてないんじゃないかと思い派手なピンクのきついエギをチョイス!

すると思惑が当たったのかヒット!!

006

あ、あれ?小さい。

胴長11cm

さっきの20cmクラスはどこにいった?

その後もイカパンチもなくとにかく苦戦。

諦めかけると

007

3.5号のエギに果敢に挑んできた胴長11cm。

かなり水深のあるところでヒット。

もしかすると今日は水温低下で深い場所に落ちてるのかな?

ポイントを変えながら深い場所を攻めているとズン!!

008

やったー、肉厚のコウイカです。

こいつのスミおいしいんですよ。

イカスミパスタの作成決定です。

その後、波が高くなりはじめ、釣りにくくなってきます。

流し釣りをすればエギを海底に引っ掛けロストします。

アンカリングしてもつれないし、濁りの関係で見えイカなどいません。

一度カンナにイカの足のみがのこっている事件がありましたがその場でほんのり海水味でおいしくいただきました。

それにしてもエース級のエギが底をつき、残ったのは実績がないエギたちばかりww

釣れる気がまったくしません。

4個目のエギをロストしたところで気合も底をついてしまいましたので12時に納竿といたしました。

海岸に戻り撤収作業をしているときにお2人のボーターさんにお話を伺いましたがやはり皆さん苦戦していた模様。

アジも不調のようだしイカ達も数が少ないようです。

どこにいってしまったのでしょう。

結果:

アオリイカ:3杯

コウイカ:1杯

でもこれでイカの未練を断ち切れて、週末はサゴシといっぱい戯れて大物狙いの釣りに専念できます。

009 しかし20cmは大きいなぁ~

夕食でイカのフルコースを作りましたが家族に大好評!!

年内のエギングはコレで終わろうかと思ってましたがまだまだやめられないなぁ。

個人的にコウイカ大好き~

どなたか私ともう一度エギング行ってください。

某所が気になって仕方ないんですよ。

やめられません、エギング!

2009年10月12日 (月)

2009/10/12 福井方面 カヤックフィッシングその17 タイラバ&ジギング

三連休ですが生憎の台風の影響で海は荒れて、結局うけそうな日は最終日じゃないかとらず君と連絡しながら決めました(ほとんどらず君にまかせっきりでしたがww)

天気予報ではたしかに絶好の釣り日和!!

うーん、らずくんナイスチョイスです。

波もわりと穏やかだし、風はちょっと吹いてますがまったく気になりません。

これは期待できそうです!!

今日は鯛を狙ってタイラバ勝負です。

家族にも「今日は鯛を狙ってくる、坊主かもしれんがよろしく」といって出てきました。

それだけの覚悟で望みます。

今日はらずくん、がうじさん、そしてちょっと後にPOKEさんも合流しました。

ちょっとしたぷちコラボです。

準備をして早々にうすぐらい中を出発します。

001_2

もうらず君とそのご友人ははるか彼方です。

手漕ぎなのにすごいなぁ

さて、前日うえじゅんさんからホットなメールをいただきました。

なんでもここ某所で前日サゴシが沸きに沸いていたそうです。

なんでも真剣にやれば3桁狙えたかもみたいな・・・・

サゴシ、確かに最近釣ってないなぁ。

そりゃね1、2匹釣れればいいなとは思いますけどね。

そんなね

002

うまい話がね

003_1

そうそうあるはずが

005_1

あ、あった!!

最初こそサンマサイズのサゴシでしたし、あたりもなかなかなかったんですが

途中からは9割くらいの確立でヒットするように。

ジグを投げればボトムに着く前に食われてるし。

途中からもう写真も撮るのをやめました。

なんせ入れ食いですからねwww

気が付けば釣り人生であまり吐いたことのない大胆発言をしてました。

「サゴシはもういいや」

さあ、そろそろ本命の鯛を狙っていくかとそれらしいポイントに移動してタイラバを落とします。

底をきってしばらくしたところでヒット!!

期待に胸を膨らませたのですが釣れたのは・・・・

013 

「あはっ、俺でごめんね」

と爽やかな笑顔のさんまサゴシでした。

ここから悪夢が始まります。。。。

そう、ここはサゴシ達の楽園。

おそらく海中はサゴシの群れ群れ群れ。

そして悲劇が!!!

○ビンビン玉、2個殉職

○ビンビン玉、2個が針とラバーを切られ重症

○らず玉、ラバー負傷

○メタルジグ、1個殉職

うーん、割に合わない゚゚・(≧д≦)・゚゚

負けません、タイラバがダメならインチク、インチクがだめならタイラバ、タイラバがダメならまたジグじゃ~!!と気合一投

そしてガツンときましたが・・・

016

「え、ぼく、ぼくですか?」とビックリ気味のハマチの子供。。。。

ジャスト30cmくらいのかわいいやつ(我が家では通称『肉もどき』です)

ううっ、、、ちょっと違う。

予定では赤いのや根魚の大きいのが釣れる予定だったんだけど。。。。

その後何をしてもやっぱりサゴシ

017

最長65cmでした。

これだけサゴシをリリースしたのは初めてです。

そして我々が海上ですれ違うときの合言葉は

「どうです?サゴシ以外なにか釣れました?」となっていました( ̄▽ ̄)

さすがにこれだけサゴシが沸いているとアオリイカはだめなようで浜であったアオリ狙いのボーターさんに話を聞きましたが「まったくダメでした」とのことでした。

ちなみにサゴシのほかにこいつも沸いてましたよ

015

やっぱりでけー。

中盤かららずくん、がうじさん、pokeさんとわいわいガヤガヤ楽しく釣りできましたがみなさんサゴシにお手上げ状態でお昼となり終了となりました。

久しぶりにサゴシの引きを堪能できて個人的には楽しかったです!!!

他のみんなはちょっとリーダー切られたりして困惑してましてけどねww

らずくんとそのご友人さん、がうじさん、pokeさん今日一日楽しく過ごせました。

ありがとうございました。

また一緒にうきましょうね

さて、結局鯛は釣れませんでしたがもうしばらくタイラバ修行は続けます!

次は鯛、根魚を釣りたいとおもってます。

タイラバの師匠!よろしくです。

追伸:

サゴンセス様、あそこサゴシ沸きまくってます!!

今週末は更にすごいことになるのではないかと噂でしたよ。

こりゃいくっきゃないですね~

2009年10月 4日 (日)

2009/10/04 福井方面 ゴムボフィッシング5 エギング3 また修行

待ち望んだ週末、土曜日は雨。

しかし日曜は晴れそうだし、波もそんなになさそう。

これならいけるだろうと合宿の成果を出すために一路福井方面へ!!

本日もご同行させていただいたのはもはや私のエギングの先生と(勝手に私が任命いたしました)なったうえじゅん氏。

また今日もがっつりとエギングを教えていただきつつ、私の内容が浅ーーーい会話の相手をしていただきますw

あまりにも楽しみだったのでまさかまさかの前日現地入り。

深夜0時にもかかわらず既に駐車場は数台の車。

中には既にゴムボを膨らませ完全出動態勢で望まれている強者さえおりました。

その強者の正体はマッチ氏とそのご友人でしたww

真っ暗の午前4時30分に起きてうえじゅん氏がくるころにはバッチリ準備を終えて起きたかったのですが颯爽と登場。

早々に挨拶をすませて準備をし、まだ薄暗い海上へ向かいます。

いざアオリイカが待つポイントへ!!

001

さて、今日は新兵器がありまして。

これなんですけどね。

アゴリグです。

003

ダイワのHPを見ていたら面白そうなプロモーション映像が流れていたのでついつい買ってしまいましたので是非試してみます。

さて、本日のポイントは初ポイントの為どんなアオリがいるか検討もつきません。

水深は浅そうですがとりあえずキャスト。

前日まで雨が降っていたらしいのでやはり海が多少うねってますし、ゴミが浮遊して釣りにくいです。

うえじゅん氏も苦戦!!

早々にポイントを移動してサイドキャスト!

あ、そうそう。

今日の私の装備ですがPE0.6号、リーダは1.5号を使います。

エギは2.5号~3.0号です。

うえじゅん氏はポンポンポンと釣り上げます。

さすがですわ~(その男前なうえじゅん氏の釣果詳細はこちら

かくいう私はまったく釣れない時間が続き、悪夢が脳裏をよぎります。

(やばい、、、やっぱ俺へたくそやん)

数投キャストを繰り返しようやくゲット。

006

2.5号のピンクエギでようやくゲット。

まずまずサイズで15cmあります。

これで悪夢を払拭できたんで安心してキャストすることに。

2人とも釣れないのでポイント移動したらズン!!

今度はちょっと重いので良い型っぽかった。

本日最長の18cm!

Photo

(フォトByうえじゅん氏)

場所移動後すぐにヒットしたのはちょっと小さめ12cmかな?

3.0号のエギに抱きついてくれた勇気あるイカ。

1

007_2 それにしても前日に雨が降るとイカの活性が悪いと言うのは本当ですね。

海中はにごりが多く、追いかけてくるイカもあまりなくとにかく苦戦。

そんな中仕留めたのは申し訳ない感じの11cm

008

さらにここから再びしばらくなにも釣れない時間が続きます。。。。。。

場所を移動しようか検討しているとうえじゅん氏のエギに追尾するでかいイカが!!

海上で興奮する2人。

必至にエギを操作するうえじゅん氏。

うえじゅん氏のイカを横取りしようと急いでエギを落とし込む悪魔的な俺。

しかしそんな2人を尻目にでかいイカはどこか海中の彼方へと消えていきました。

諦めきれないのでしばらく頑張るもダメ。

なので「このポイントを休めてしばらくしてからまた戻ってこよう」ということに!!

ってなわけでここで大胆な場所移動を決意!!

目的地までの道中それらしいロケーションがあったのですが普通ならキャストして状況を判断するのですがそこはうえじゅん氏、周りの状況からここでの釣りを見切り、早々にポイント移動を決意。

うえじゅん氏:「ここは単なる通過点に過ぎない」(きらーーーーん)

私からは歯が光って見えた気がしました。うーん、男前ですわ。

こんなかっこいいセリフが似合うのはうえじゅん氏か出川哲郎くらいだとおもいます。

さて、そんなうえじゅん氏の大胆な移動は私の未熟なテクニックが追尾できず空振りとなってしまいました。

イカにまったく相手にされず本日のエース級の活躍をしてくれていたエギを2つともロスト。

これでまたエギが買える

そんな私にエギでなぜかイカではなくこいつが釣り上がります。

010

30cmに届かないアコウ。

君結構エギで釣れるね。

この後もキャストするもイカの反応は薄く、、、、結局元のあたりがよくあった場所へもどることに。

その後久々に15cmのイカを追加するも集中力はここまで

012

途中でかいイカが追いかけてきたんですけどね、結局ダメでした。

その後灼熱の海でしゃくり続ける私たちにイカは抱きついてくれず12時を迎えたので納竿としました。

浜についてボートを片付けようとすると爽やかな笑顔で話しかけてくれる人が!!

正体はたにしんさんでした。

お仕事終わられた後様子を見に来ていただけたようです。

しばし談笑しながらボートを片付ける私たち。

そうこうしていると先に戻られていたマッチさん、カイザーさん、きららさん達とご挨拶。

しばしブログ談義に華が咲きました。

追伸:

みなさん貴重な情報交換などもさせていただきどうもありがとうございました。

またお会いした際はよろしくお願いします。

さて、結局アオリイカ5杯

アコウ1匹

014

サイズがまずまずだと調理も楽だし食べ応えもありますね。

今日は日曜日ということもあってか浜はすごいボートでした。

次の連休は更なる混雑が予想されますね。

さーて、だんだん大きくなってきたアオリイカ。

引き味もよくなり食べ応えも出てきてますますやめれません。

しかし家族から刺身ゲット指令もでてますので再びタイラバもって私にとって幻の「鯛」をゲットしなくては・・・

釣れる気がまったくしませんけどねwww

10月に入り、狙えるターゲットが増えてきましたのでまたまた忙しくなりそうです。。。。

みなさん、秋のフィッシングシーズンスタートですね。がんばりましょう!

次はどこで何を攻めようかな!迷います。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »