2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月27日 (土)

2009/06/27 福井方面 カヤックフィッシングその10 キス&サゴシ釣り

記念すべきカヤックフィッシング10回目!

さて、なにをしようかと考えたのですが、最近大物や漁具にばかり気を取られて「釣りを楽しむ」ことを忘れていた私。

今回は初心にかえって自分が一番ボート釣りではまった「キス」を狙うことにしました。

現地到着は午前6時(今日は寝坊しました ( ̄Д ̄;; )

あたりはすっかり明るくなっていて、既に駐車スペースはいっぱい。

なんとかちょっと離れた先に駐車スペースを見つけて準備して出航!

既にゴムボーターが5~6隻ほど出ています。

みなさんかなり浅場で釣られているようなのでおそらくキス狙いでしょう。

さーて、今日の装備ですが、仕掛けは市販のキス仕掛けでハリ9号でハリスは1号です。

(なぜに針9号かといいますと、、、ちょっと大きめの方がピンギスを釣らないだろうという安易な考えです)

天秤仕掛けで蛍光オモリの6号をつけて引きを楽しもうとおもいます。

餌はもちろんゴカイです。

先に釣っている諸先輩方よりも少し遠い場所で適当な所をさがし、仕掛けをかる~く投げ込んでゆっくりと巻いてきます。

しばらくこれを繰り返しますが、あたりなしです。。。。

やはりキス釣りは場所選びが大切ですね。

深ければ大きいのが釣れるというわけでもないですし、浅すぎるとピンギスばかり。

先に釣っている諸先輩方はそのあたりよくご存知の様子。

みなさんをならって近くのポイントで釣らせてもらうことに。

するとさっそくぷるぷるっという独特の小気味よい当たり!

Img_0787

あがってきたのは18cmくらいのキス。

これはテンプラサイズのよいキスです!

これくらいのがポンポン釣れるとうれしいですよね。

しかしそんなにうまくいかないのが釣りの面白いところ。

ピンギスはがんがん釣れますがなかなか20cmを超えるサイズは釣れてくれません。

せっせとゴカイをつけては投げ、ビンギスをダメージなくリリースしてはゴカイをつけて投げるを繰り返します。

そうこうしているとピンギスとは違う良いあたり!

Img_0788 ようやく仕留めた21cm!

くぅ~、私がキス釣りの好きなところはこのふいにくる強いあたりです。

でもあと3,4cmほしいw

その後18cmくらいのを数匹釣り上げてキープ。

Img_0789

ここらで本日二つ目の目標であるサゴシとまいりましょう!

事前情報でこのあたりにサゴシがはいったと聞いてました。

周辺を調査するもそれらしいボイルはない。

メタルジグを投げまくるもあたりなし。

周辺をぐるっとまわってキス釣りポイントまでもどってきてしまいました。

あーあ、だめかぁとおもって沖を見ると、、、、なんだか波間にちょっと違う感じ。

次の瞬間、サゴシジャンプ!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

思いっきり漕ぎ出してそっと近づきジグを投げまくります。

しかし食わない。

あたりで10秒間隔でサゴシがジャンプしますが食わない(涙)

タイラバも試しますがここは水深が浅すぎてサゴシが興味を覚える前に回収してしまう。

(実際、水面すぐちかくに見に来たサゴシが1匹)

再びジグにチェンジ何度も何度もキャストします。

するとあのサゴシ特有のあたりが!!

うううぅ~、この引きいいね~。

やり取りを楽しんで水面まで誘導。

50cmくらいのサゴシです。

家族の喜ぶ顔が浮かびます!

あとは取り込みです、網を用意してと、、、、うまく誘導して網へ、、、

3,2,1・・・・・

スカッ!

ばしゃん!

ぷちん。

しーーーん。。。

・・・・・・

・・・・

・・

( ゚д゚)ポカーン

や、やっちまった。網入れ失敗して水面でサゴシがあばれてオートリリース。。。。

か、悲しい。

この後目をぎらぎらさせながら狂ったように2時間ジグを投げまくる俺がいました。

・・・・が結局相手してくれるサゴシはなく、

ガン無視を決め込んでジャンプするサゴシたち。

あたりが1回ありましたが乗せられず正午となり納竿としました。

キスはImg_0790 21cmを筆頭に15~18cm前後を11匹をキープ。

キスが釣れればやっぱりこれでしょ!

Ca3c0249 そしてテンプラしたらコレが私のつまみでしょ

Ca3c0250

骨せんべい。

うまいなぁ~。

サゴシが釣れなかったのは本当にくやしいけどやはりキスはうまいね。

釣り味も大物釣りのように豪快な引きはないけど細くて柔らかい竿と繊細な仕掛けでシャープな引きを楽しむことができるし、退屈しない程度にあたりがあるので楽しめます。

そしてたまにある大物のよいあたりがなんだか病み付きになる。

楽しいなぁ~、やはり俺、キス釣りすきですわ~

しかし、あのボイルするサゴシなんとかなりませんかね~。

誰かあいつらの釣り方教えてください

2009年6月16日 (火)

リールメンテナンスに挑戦

先回の釣行で唯一持っているベイトリールが巻き心地が非常に悪くゴリゴリしてます。

正直巻けません。

以前知り合いにもらったものでネットで調べたらオープン価格6000円くらいのものみたい。

なのでメーカーメンテナンスに出すのもね~ってことで・・・・

皆さんがやられているように分解してみることに!

ねじを取って、、、、、なるほどー

こっちのねじを取って、、、、なるほどー

<ぽろっ>

おっとどっかから部品が落ちたぞ。

どこの部分かわからんけどなくさなくてよかった。

あぶない、あぶない。

カパっとフタをあけて中を見てみると

<ぽろっ>

を!どっかのバネらしきものが落ちてきた。

ないすキャッチな俺。

再び観察。

「ふむふむ、あ、錆びてる部分発見!なるほどここが原因だなぁ。」

その頃には大部分を分解して机の上に並べてる状態でした。

「部品取り替えれば快適になるのかな?

まあ、部品が取り寄せれるかどうかもわからんし。」

ってな感じで自己満足に浸りました。

適当なオイルをさせばいいというものでもないんだろうし。

私が持っているオイルといえば自転車用のヤツしかない(汗)

そんなの差した日にはあーた。

かえって悪くなるでしょw

さて、自己満足もできたし、とりあえず元に戻しておくか。

・・・・・・

・・・・・

・・・

・・

はっ!

元に、、、も、も、もどせん!!!

そうです。

分解中に数回<ぽろっ>と落ちてたでしょ。

あれですが、どこから落ちてきた部品かわかんなくて

元に戻せなくなりましたwww

色々試しましたがうーん、ジグソーパズルの方が簡単かも。

どうせ錆びて動かなかったし、まあいいや、、、ってことでばらばらのまま箱にしまいました。

ちびっこクーラーの次はベイトリールを買い替えなくては!!

今度はちょっと奮発して防錆のよいリールを買うことにします。

で、ちょくちょくメンテナンスはメーカーへ出すことにいたします!

コストパフォーマンスの良いものはやはりよくさびてうごかなくなりますね。

安物買いの銭失いなのかなぁ。。。。。

2009年6月14日 (日)

2009/06/14 三重方面 カヤックフィッシングその9 太平洋初カヤックフィッシング

先週は釣り休みでした。

そのため釣りの禁断症状がでまくりの1週間をすごし、やっと週末にたどり着けました!

土曜は家族サービスの為、日曜出撃です。

さて、どこにいこうかな?と悩みます。

「本日らず君出撃してないかなぁ~」とメール。

すると出撃しているが苦戦している模様(詳細は「らずらず釣行記にて」)

あらら~どうするかね。。。。。

するとこんどははじけ君からメールがあり一緒に浮かせてもらうことにします。

って訳で太平洋側初カヤックフィッシングです!

現地にぎりぎり夜明け頃着。

ここでトラブルが、なんと「はじけ号」が故障してレッカー待ち!!!

はじけ君は10時に来るレッカーまでのハンデ釣行となってしまいました。

って訳で鬼気迫る勢いで準備をして早々に出撃したはじけ君を見送り、STOPさん、ぶっさんとすこしお話をしながら遅れて出撃です。

今日は波も落ち着き風もすくなく、良いコンディション!

さーて、何を狙おうかな。。。

まずはまったく魚を連れて来てくれない「タイラバ」と「インチク」の修行から始めます。

インチクしてるとはじけ君が近づいてきてアドバイスしてくれます。

ふむふむ、なるほどなるほど、そうやるのね。

やっぱ漁具って「ただ操るだけ」じゃなくて「状況に応じて考えてやる」ようにしないとだめなんだと痛感。

するとタイラバにあたりが!乗りませんでしたがこうなるとテンションあがります!

しゃくり、しゃくり、しゃくり・・・・・

まき、まき、まき、まき・・・・・

しゃくり、しゃくり・・・・・

まき、まき・・・・・

<数時間後>

「ふう~、だめだーー。」

しゃくり続けていたので腕が疲れてしまいました。

あの当たり以来2度目のあたりはありません。

ここでちょっとインチク修行を休憩してときどき来るベイトボールや根魚の様子を餌釣りで見てみることに(このガマンのなさがあかんちゅーのは分かってるんですがww)

さて、今日もこっそり忍ばせた「アジのひもの」を胴付き仕掛けにつけて落とします。

何度か誘いをかけるとあたりがあって釣れてくれたのは20cmくらいのうっかりかさごw

Ca3c0240

再度落とすと今度は良い型のカサゴ!

Ca3c0242

「う~ん、やっぱ俺はこの釣りが好きだなぁ」

なんてあまっちょろいことを言いながら今度は時々魚探にうつる巨大ベイトを調査です。

サビキをつけて携帯用のアミエビをカゴに入れて落とします。

すると犯人が釣れてくれました~

Ca3c0239

ベイトの正体はカタクチイワシでした。

別のベイトボールがまた近づいてきたので落とすとチビアジが!

ベイトが良型のアジじゃないかと期待したのですが残念。

3匹ほどカタクチイワシを釣りきたるべき時の餌確保です。

もうしばらくサビいていると上層で強烈なあたり!

翻弄されならがサビキ1.5号なので慎重にやり取りしてあがってきたのは・・・・

Ca3c0243

40オーバーのサバ!

即効血ヌキ&下処理をして大事にクーラーへ。

その後、STOPさんの様子をみようと近づいていくと目の前で目測50cmの鯛をゲット!

うお~うらやましすぎる!

これでテンションがあがって再びタイラバの修行へ!

あたりらしいあたり1回がありましたがこれまた乗せられずしばらくがんばってみましたがダメ。STOPさんとともに11時30分終了となりました。

帰り支度中にぶっさん帰港。

釣果を見せてもらうととんでもないことに!!!!(詳しくはぶっさんのブログ「シャクリマニア釣行記」で)

ぶっさんの釣果を見てリベンジというか修行を続けてみる決意を新たにいたしました。

すんごいなぁ~とよだれ垂らし物で見入っていたからでしょうかw

ぶっさん水産から鯛のご配給です!!やったー。めちゃうれしい!

神様、仏様、ぶっさん様です。

家に帰って家族に釣果を見せる俺。

かみさん:「ああ!鯛だぁ、誰が釣ったの?」

俺:「・・・・・・・あ、やっぱ分かる?」

即効見破られました。

かみさん:「はじけ君にお礼いわなきゃね~」

俺:「いや、今日はぶっさんに分けてもらった」

かみさん:「お礼する人ふえちゃったねw」

娘と息子も近寄ってきたのでクーラーを見せます。

Ca3c0246

俺:「すごいだろー」

娘:「すごーい、これどうしたの?」

ちっ!かみさんともども鋭い観察眼だなぁ。

俺:「海で釣ったんだよ」

娘:「誰が釣ったの?」

俺:「人が釣ったんだ」

娘:「人って誰?」

俺:「日本人だ」

娘:「で、誰?

ち、ちきしょーーー!!!!!

次こそは自分で釣ろうと決心する、ふなでした。

でもまたみなさん配給おねがいしまーす。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »