2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

100000アクセス

気が付けば100000アクセスを超えておりました。

最初は釣り日記程度に考えていました。

いつのまにか色々な方に見ていただいたり、意見をいただいたり、意見を交換したりすることで釣りのモチベーションを保つために必要なものへとかわってきました。

マイペースで「爆釣」や「大漁」とは程遠い釣りブログではありますが今後ともよろしくお願いいたします。

m(_ _)m

2008年10月25日 (土)

2008/10/25 三重県尾鷲方面 鯛ハンターへの道 その2 しょぼい結果

今日は友人が釣りに行きたいという尾鷲方面へ。

現地には5時前に到着、まだ真っ暗です。

しばらく仮眠を取り、明け方にボートを準備していざ出航!

波は多少ありますが問題なし、ほぼ無風のよいコンディション。

いつもアジには恵まれているのでまずはサビキでアジを狙いその後に時間を見つけて鯛ハントするつもりです。

さて、今日の仕掛けはハリス1.5号の針6号、毎度使用しているお気に入り激安サビキです。

餌はアミコマセ。

いつもの仕掛けですね。

久々に魚探をセットして底を探りますが魚影らしきものはみえるものの当たりはなし。

釣れるのは尾鷲名物(?)キタマクラばかり。

ちょっとポイントを変えて試すもののぷるぷるぷる。。。というアジとは違うあたりばかり。

そうです、ご存知サビキの外道筆頭のスズメダイです。

「スズメダイの上層にはアジがいると本でよんだ記憶があるぞ!」

とすごいあいまいな情報で自分を励まし探る層を徐々に上げながらコマセを撒き続けます。

しかし相変わらずぷるぷるぷるっとさお先が踊るだけです。

どれだけ釣ったのか覚えていませんがスズメダイを持ち帰ったらきっとたくさんご近所さんにおすそ分けできたことでしょう。もちろんご近所は迷惑でしょうが。

とうとう探る層を水深5mまであげて釣っていると今までの違うシャープなあたり。

ようやくアジが釣れましたが大きさ15cmほどのマルアジです。

友人と5mラインを探り始めようやくアジの群れにたどり着きました。

鈴なりに上がってくるアジ。ようやくスズメダイ以外のあたりに多少テンションがあがります。

時々15cmのコダイも混じります。

でも遠い尾鷲まできて15cmのアジでは納得できないです。

小あじは友人に任せていよいよ鯛ハント開始します。

まずは新規購入したパイレーツ80g、カラーはマイワシを使います。

しかし反応なし。

何度も試しますが根魚も釣れてくれませんでした。

ならばと円月投げ式を試しますがこちらも不発。

そのうちなにか釣れるだろうとキャストを繰り返すと後ろから友人の言葉が。。。

友人:「今日ダメだ、もう帰ろう」

な、なんですと!!まだこれからじゃん。尾鷲まで来てもう帰るの?しかもこの釣果で???

俺:「今何時?」

友人:「9時20分」

お前あきるのはやすぎるよー。まだ釣り始めて2時間くらいじゃん。

でも人の好みや思考はそれぞれだし、しょうがないね。

俺:「わかった。でももう少しだけ狙わせて」とお願いしてハントを繰り返すも無反応のため10時に納竿といたしました。

結局尾鷲までの片道230kmの割りにしょぼい結果。

Kc330057

アジ15cm前後20匹。

コダイ15cm前後2匹

キュウセン25cm前後1匹

・・・

・・

これなら近場でもよかったかも!

ボート撤収中に地元のおじちゃんに「たくさん釣れたか」と話しかけられました。

全然今日はダメでしたというと「雨のあとだし、そりゃあかんわなぁ~」とのこと。

そうなの?勉強になります。

鯛ハンター2回目はハント時間1時間未満でしたがこれまた成果でず。

まあ、気長に試していきます。

鯛ハンターとしては

【釣果】

ボウズ

【教訓】

最大の敵は友人の飽きる時間の早さ

2008年10月13日 (月)

2008/10/13 福井県敦賀市 鯛ハンターへの道 その1

前回購入したパイレーツ、ソルティラバーに更なる仲間が加わりました。

その名も「炎月投式」、SHIMANOの投げるカブラだそうです。

Kc330050

宣伝用の動画ではキスもヒラメも釣れてました。

「これらの武器があれば鯛なんてすぐに釣れてしまうのではないか?」って錯覚してしまいます。

目指すは50cmオーバーの鯛!

さて、その1回目はいつも行きなれた敦賀の某浜。

まず諦めきれないエギングを少々行うためポイントへ。

その間にルアーを投げてサゴシの様子を伺いますが釣れるのはサバフグのみ。

今日も沸いているようです。

ほほう、おもしろい。

釣れないエギングは早々に諦めいざ「鯛ハンティング」へ!!

サバフグなんかに負けねー。

「炎月投式」よ!空を切り、波を裂け!

パイレーツとソルティーラバーが重低音爆撃のごとく垂直攻撃を行います。

最初の獲物はサバフグでした。

おりゃーー、負けるかーー。正面突破じゃーー。

次から次へと釣れるサバフグ達。

それでもどてら流しを行う俺。

いつか来るであろう鯛の引きを夢見て!

・・・

・・・

ち~~~~ん

Kc330055

む、無残。

ひらひらネクタイはサバフグの餌食に。

長くふさふさしていたラバーは短くカットされてます(涙)

そして貴重な80gのパイレーツシルバーはハリスを切られ「殉職

サバフグに正面から立ち向かおうとしたわたしの判断ミスです。

すまん、パイレーツ。

結局10:30分に納竿。

本日は鯛どころかサバフグ以外なーーーんも釣れませんでした。

初回からいきなり武器をもがれる始末。

幸先悪いですが補充して頑張ります!

帰り道、傷心なわたしはこのまま帰れずゴカイ1杯買ってキス釣りで心を癒して帰りました。

【釣果】

ボウズ

【教訓】

サバフグが沸いてたら退散しよう。

2008年10月 9日 (木)

漁具ING?

さて、最近エギングばかりに夢中になっていたのには訳があります。

秋は色々な魚が釣れるのですがわたしが良く行く釣り場はフグとチャリコが増えてしまってサビキやキス天秤での釣りが難しかったのです。

とはいえそろそろイカではなく魚が釣りたくなってきています。

しかも狙いは中型以上を狙って行きたいと思ってます。

そこで手に取ったのがこの「インチク」「タイラバ」です。

Pa090001

ほとんど衝動買いだったんですが今はかなり興味あります。

先日からネットでメーカーの宣伝用の映像を見ているのですが驚きとわくわくで早く試してみたいと思ってます。

これ以外でSHIMANOの炎月シリーズも投げるタイプのタイラバだそうで面白そうですね。

しかしこれらを使う上でひとつ問題が、、、

たぶんこれらの漁具はフラットな海底ではなく荒い根の上で行うことでタイ、根魚に絶大な効果をだすんでしょうがわたしはあまりそういった場所を知りません。

このあたり手漕ぎゴムボで行ける限界か?

とはいえ試してみたいのでいくつかポイントを周ってこようかと思います。

またフラットな海底にも鯛や青物はいるし、どてら流しでもしかすると。。。を狙ってみようと思います。

あとは・・・・越前方面に行ってこようかな。

2008年10月 5日 (日)

2008/10/4 福井県敦賀市、2008/10/5 小浜市 ダブル完敗

釣り友がゴムボートを購入したそうです。

なので2人でゴムボ出撃してエギングです。

朝5時頃に現地到着して二人でゴムボを組み立てていざ出船です。

心配していた風も現地は無風状態、波もないし初航海の釣り友にはよいデビューとなりました。

ポイントについて別々に分かれてエギングを開始すると・・・・・しばらくして釣り友に15cm程度のアオリイカが2匹。

わたしはというと。。。沈黙です。

しゃくれどしゃくれど沈黙。

まったく釣れる気がしないので「こりゃダメだ」と諦めました。

釣り友と別れて久々のジギングに向かいます。

しかしこんなにも無風、凪の海は久しぶりの気がします。

ジグを投げてフォールを待ちますがその前にあたりがありました!

なかなかの引きを見せたので久々のサゴシちゃんか!!!!と思えば丸々とふとった「サバフグ」(しかもスレ掛かり)

・・・て、てめー、良い引きするじゃねーか。

まあいいやと開き直って

①キャストします。

②フォールを待ちます。

③着底前にあたり!!

④サバフグです。

(以下①~④を10回ほど繰り返す)

みなさん、報告です。

今、敦賀ではサバフグが沸きまくりです!!!

まあ、誰でもしってますよね。

って訳でわたしはその日をサバフグたちで終えてしまいました。

結果、釣り友は6杯のアオリイカをゲット。

釣り友おめでとー、でもやっぱなんだかくやしいです。

・・・ってなわけで翌日どうしてもナットクがいかずリベンジのために小浜へ

朝5時出船します。

・・・

・・・

・・・

みなさん、小浜でもサバフグが沸いてます!!!

それでも負けずにエギをキャストしますが不発。

イカパンチらしきものはありましたが乗らず。

9時ごろから雨が降り始めたがしばらく粘ります、それでも反応がないので納竿といたしました。

結局連日の釣行にもかかわらずイカは相手してくれませんでした。

こういうのってダメージ大きいですね。

うーーん、しばらくエギングは様子見です。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »