2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

2008/4/29 三重県鳥羽市 尺アジ

GWはじまりましたね。

暖かい天気が続いていますが波や風がイマイチなんですよね。

本日も敦賀方面は強風ということで諦め、三重方面に向かうことにしました。

今日のポイントは色々回って見つけた初ポイントです。

さて、出船準備をしていざ、出発です。

今日は根魚をメインに狙いますが余裕があればアジ・サバを狙うつもりでいます。

初ポイントだけにどこで釣りをすればよいかまったく検討がつきませんでした。

とりあえず突出した岩場のような所や岬っぽいところに向かいます。

水深もあり、底も岩場と砂地の切れ目っぽいところを見つけました。

なかなかよさそうな所なので今日はここで勝負をしようと決めてアンカーを打ちます。

まずはアジ五目です。

あわよくば根魚でもかかってくれないかなぁってな期待を寄せてまずは底から攻めていきます。

今日はサビキ仕掛けではなくイサキや青物なども釣れるように「吹流し」仕掛けを使用しました。

一本は吹流しでそのまま放置し、もう一本の竿はジギングでサバやサゴシなど大物を狙ってみます。

数投しますがまったく無反応。

やっぱりサバ狙いは早すぎたかなぁ?

すると置き竿にしていた竿が引いてます。

あげてみるとすっかりなじみの顔となったフグ君です。

再度吹流しを続けながらジギングを諦め胴付き仕掛けで根魚を狙います。

するとかすかなあたりがありました。

「フグじゃありませんように」と祈りながらあげてみると18cmほどのメバルが釣れました!

Img_0562

敦賀で釣った黒メバルではなく金色のメバルですね。

三重県の初ポイントで初獲物ですから釣れたのはうれしいかったです。

この後底を狙うとベラとフグの猛攻にあいすぐに餌がなくなってしまいます。

それに耐えてひたすらオキアミをつけておろします。

すると今までのフグたちとは違った引きがありました。

あげてみると24cmのカワハギです。

Img_0563

うーむ、これはもしかしてなかなか良いポイント?

しかしあたりはあるもののフグやベラで後が続きません。

この後も吹流しを続けますが仕掛けは絡むしつれないし、やっぱダメかなぁ?って思っていたらあたりがありました!

をを!この引きはあげてみるとやはり待望のアジです!

Img_0566_2 24cmとなかなか良いサイズです。

うれしいなぁ。

よーし、効率を良く考えてサビキ仕掛けにチェンジして再開します。

すると底付近で強烈なあたりがありました。

竿先は海中に突き刺さりなかなか上がりません。

あたりは間違いなくアジのあたりなので大物の予感です。

しかしドラグを緩めるのを忘れておりガチガチのままやり取りをしていたために次の瞬間ばれてしまいました。

アジって口が弱いので強引なやり取りって確かダメなんですよね?

勉強不足の私はドラグ緩めやクッションゴムのことにまで考えが回らず、慎重にやり取りするなどで回避しようとしますが何度もばらしてしまいます。

群れが大きくないのか潮の流れが早すぎてコマセが同調しないのか、入れ食いとはいかず3,4回に1回くらいの割合で当たってくれます。

あたりは明らかに大物。

でも釣り上げる腕がないので悲しい結果。。。。

しかし諦めません、諦められるわけがありません。

再度コマセを投入し、しばらく待つとまたあたりがありました。

今度こそと気合を入れて魚とのやり取りを行います。

ようやく海面に姿が見えてきましたので躊躇せず抜きあげます。

Img_0568

やったーーー!

後で計ってみたら34cmありました。

やっぱり尺アジは迫力ありますね。

先ほどのアジも大きかったのですが一回り違うような印象うけますね。

このあと2匹のアジを追加しますが大きさは22、23cmと振るわずあたりも遠のいてしまいました。

結局餌もなくなり、風と波が強くなり始めたので納竿としました。

あー、尺アジは1匹しかつれませんでした。

チャンスがあっただけにちょっと悔しいですね。

Img_0569

ちょっと数はでませんでしたが新しいポイントでこれだけ釣れたのは満足です。

アジですがおなかには卵を抱えていました。

三重県はアジのシーズンインなんですかね??

いやぁ楽しかったです。

2008年4月21日 (月)

2008/4/21 福井県敦賀市 リベンジ

前日の完敗にめげていなかったのは今日という日があるからでした。

実は本日有給休暇をとって某ポイントへいく事にしてました。

ただし妻から「今日の晩御飯は頼んだよ」というマンガのようなセリフにかなりのプレッシャーを受けてました。

よーし、是が非でも釣ってやる!!今日は意気込みが違います。

さて、状況ですが無風で波は気にならない程度です。

しかし午後から風がでてきると予報で言ってましたのでゆっくりするわけにはいかなさそうですね。

某ポイントでボートを止めて、今日は久々のサビキ勝負です。

狙いはアジ。

ですが今日も敦賀は赤潮の影響で海がなんだか汚いです。

コマセをつめて投下シャクリ、コマセをつめて投下シャクリを繰り返すこと数回。

竿先になにか動きが!もはや魚のあたりを忘れてしまったのでよくわかりません。

でも竿先から生命反応があります!!!

しかもこの「ぬべーーー」としたあたりはおそらく。。。。

あがってきたのは・・・・22cmカサゴ君です。

Img_0551 本命のアジではなかったけどなんだかうれしかったです。

久しぶりに魚をつったんじゃないかなぁ。。。。

デジカメで写真を撮るのも久しぶりな気がするし。

サビキはムリっぽいのでおもいきって胴付き仕掛けに変えてオキアミ勝負にしました。

すると今度はさっきよりも強烈な締め込みです。

おっ!今度はなんだなんだ?

しばらく魚とのやり取りを楽しんだ後に抜きあげてみると。。。

じゃじゃーーん、23cmメバル君

Img_0552 でかいとおもったんですけどこれでも23cmですから、、、こーださんが釣った尺メバルってすごくでかいんだろうなぁって改めておもいました。

さーて、釣りらしくなってきましたよ。

その後、チビカサゴ君を追加しているとまた強烈な締め込み!

これまた先ほどよりちょっと小さい20cmのメバル君

Img_0554 いいねー。

これで我が家の食卓もなんとか彩れそうです。

心に余裕がでてきたのでここらで一発大物を狙ってみることにしました。

ジギングロッドにメタルジグを装着して飛ばします。

今日の28gでカラーはピンクのメタルジグです。

するとあたりがありました!!!

これはサゴシか?!とおもって抜きあげてみると。

なんとまたまたメバル君(23cm)

Img_0555 よくこいつにとびかかったなぁと感心してしまいました。

再度投げて巻いてくると同じサイズのメバル数匹がジグを追走しているのが確認できます。

でもいくら投げてもジグが大きすぎるのかチョイスしてくれません。

ほかのチビカサゴ仕掛けには反応してくれないし。

何度もチャレンジしますがダメでした。

チビジグ買っとけばよかったかなぁ。

また仕掛けをサビキにチェンジしてサビいていると近くで小魚が逃げ惑っています。

そしてボイル!ボイル!ざばぁ~、ざばぁ~、と捕食している模様!!

きたーーー、サゴシタイム。

すかさずさっきまで使っていたジギングロッドでボイルに向けて投げ込むと1投目でがっしり掛かりました。

こいつ以外にもいるのでしょう、私が引きを堪能している間もほかの魚がさばー、さばーと捕食し続けてます。

やり取りを楽しんだ後に引き抜きました、50cmのサゴシ君。

Img_0556こいつを締めたり写真とったりしている間に群れはどこかにいってしまったのかもうボイルは見当たりません。

しまったなー、おしいことしました。

サゴシがいるとわかると俄然やる気がおきます。

でもここでちょっと北の空があやしくみえます。

気持ち風もでてきたような気がします。

サビキあきらめて、ひどくなる前に安全な場所まで撤収することに。

某場所から引き返すと案の定波風が立ち始めてきました。

ようやく安全な場所まで辿りつけましたので再度ジグであたりを伺います。

でもボイルも見当たらないし、ここはまったくの砂地で魚の生命反応が感じられません。

だめだろうなー、という気持ちで投げてるとあたりがありました。

ぐんぐん引きますが先程よりはちょっと劣ります。

でもサゴシには間違いなさそうです。

抜きあげるとやはり43cmのはぐれサゴシ君です。

Img_0557

しかし、こんなところでも釣れるとは、、、、それにしてもサゴシって群れで行動するんじゃなかったでしたっけ?

某突堤でもときどきぽつんと1匹だけ釣れることがありますよね?

1匹狼的なサゴシってやっぱいるんでしょうか??

(どなたか知っていたら教えてください)

さて、その後粘りましたが釣れる気配がないし、風が強くなる前に撤収することにしました。

実際に釣っていた時間は短かったものの釣果には満足です。

Img_0558 こうしてみるとやはりまだまだ冬の魚達ですね。

水温が低いようなので今年はまだ福井ではアジ難しいのかなぁ??

浜であったおじさんも「アジは釣れましたか?」と気になっていた様子。

ちなみに刺身(大皿2皿)、煮付け、塩焼きにしました。

大皿の刺身はペロッと食べられてしまいました。

我が家の刺身好きには驚きです。

あとやはりメバルの煮付けは最高ですね!

さて、久しぶりに釣果にも恵まれたし、サゴシも釣れて満足しました。

今年は是非大サバを釣りたいので次回はサバポイントを探してウロウロしてみようと思います。

目指せサバミリン!!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

2008年4月20日 (日)

2008/4/20 福井県敦賀市 ドライブ

今日は風が残りそうだったのでボートは諦めて福井新港にジギングしにいきました。

我が家から約200kmのロングドライブです。

金銭が乏しいためひたすら国道を使ってようやくたどり着きました。

いやぁ~疲れました。

巨大コンビナートが見えたとき思わず「やっと着いたぁ~」と車の中でぼやいてしまいました。

初めての福井新港だけに期待に胸躍らせながら着いたのですがもうすでにam7:00。

地合もなにもあったものではありませんがまずは北堤のどちらかを目指します!

すると、、、見えました!!!アレがうわさの北堤ですね!!。。。ってあれ?意外と大きくないですね。

まあ、いいやとりあえずスペースを探して、、、探し。。。。。あれ?

なっ、釣りをするスペースがないじゃん!!

微妙に入れそうなとてもあいまいなスペースはありますが・・・こういう所に入れないのが俺なんですよね。

ここで俺が入るとこの両サイドの人は釣りにくくなるだろうし。。。。

仕方ない、北堤は諦めてパイプラインにいくか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう、もうみなさんお分かりですよね。

もちろんパイプラインも微妙に満員です。

少なくともジギングできるようなスペースはないしー。

俺の200kmのドライブはいったいなんだったんだ(crying)

こうなれば混雑覚悟で敦賀の某突堤にいってやる!!

ってことで大慌てで敦賀の某突堤へ約80km前後の道のりをつっきります。

某突堤着は10:30頃。

家を出てから280kmのドライブの末ようやくたどり着いた敦賀!!!

そして輝くエメラルドの海!!!・・・・・・・・

と思ったら敦賀の海の様子がおかしい。。。よーく見てみると・・・・・あれ?これってもしかして・・・

赤潮が発生してるんじゃないのーーーー!!!!

ファミリーフィッシングの人達からも「釣れないね」の呟きが自然に耳に入ってくるくらい釣れていません。

ジギンガーも釣れている気配なし。

とりあえず気持ちよく投げるも無反応。

回りではジギング諦めて寝始めてる人もでてるし(汗)

まったく釣れる気がしないので1時間もしないで撤収を決意しました。

あーあ、今日俺はなにしに来たんだろう。。。

最近あまりにも釣れなさすぎるので魚のあたりを忘れかけています。

あーあ、しばらく冬眠したほうがいいのかなぁ??

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

2008年4月12日 (土)

2008/4/6 完敗

最初にご報告です。

今週は完敗でした。

魚信すら得ることができなかったのでもちろん魚の写真などありません(涙)

今週日曜、天気も波も風もすべてが良好そうだったので意気揚々と出発しました。

さて、場所ですが今日のポイントは福井県の越前海岸方面です。

Img_0545

前から一度出してみたいと思っていたので今日は思い切って出してみました。

さて、最近ジギングばかりだったので今日はアミエビ、ゴカイも購入し、どんな釣りにも対応できるように準備万端です。

対象魚ですか?

えーーっと、釣れるものならなんでもウエルカムで狙ってみようと思ってます、

さーて、この浜ですが出船してちょっと漕ぎ出すだけでもう水深が20mを超えてます。

こんなに水深があればシーズンインしたら型が期待ができるかも!

さて、まずはアミエビでアジ五目を狙います。

魚探をみるとあちらこちらに根があります。

どこにしようか迷いましたが固定したいので回遊魚を向かい打てるような場所がいいなぁとおもったので水深30mラインの定置網?(イケスかも)からちょっと離れた場所で釣りをすることにしました。

(定置網やイケス周りで釣りをすることは禁止されているはずなので注意しましょう)

10分、20分、、、なーーーんの反応もありません。

だめだーと移動を繰り返しますがまったくダメです。

こうなればゴカイでキスを狙おうということになったんですが、これがまたはずれ。

ゴカイは投げる前の姿のまま戻ってきます。

こ、ここには魚がいないのか??

魚探を見れば下はなかなかよさそうな根のはずなのに。。。。

カサゴやベラもいないのかなぁ???

ならばとジギングをしますが、、、、これまた反応なし。

あれこれやっていると船内移動中に「バキ!!!」と軽快な音。

なんてこった竿を踏んでしまいました(;ーー)

目も当てられないとはこのことでしょうね。。。。

「二兎を追うものは一兎も得ず」ですが結局「多兎を追うものは一兎も得ず」となり納竿となりました。

(その竿も折れたんですけどね・・・・)

でも今年はしばらくここに通ってみようと思います。

さて、帰りに敦賀新港によってきました。

敦賀釣り公園の基部ではサビキでキビナゴがそこそこあがっていましたよ。

一方ジギングはと言うと・・・・

閑散とした状況であんなにいたジギンガーはどこへやら。

しかもまったくあがっている気配なく、まばらなジギンガーも昼寝をしている人がほとんど。

よほど悪いんだろうなーってのが伝わってきました。

とにかく本日は漕ぎまくりの一日で非常に疲れました。。。。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »