2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007/09/30 福井県横浜周辺でのボート五目釣り | トップページ | 2007/10/14 福井県横浜周辺でのボート釣り »

2007年10月 7日 (日)

2007/10/06 福井県横浜周辺でのボート五目釣り & 干物作成法

  先週、先々週と続いている「アジ不振」を打開すべく、必勝ポイントの賀田湾へいきたいところですが太平洋側は「うねりを伴う」とのこと。

なにより安全を優先する正確なので今回も福井県横浜周辺へいくことにしました。

出だしボートを撮影しようとデジカメの電源を入れると「バッテリー切れ」の文字。

これで今日は釣りたての写真がとれなくなってしまいました。

しまったぁ~、あせって早めにデジカメをジャケットに入れたのがいけなかったのかな?

しかたがないので気を取り直して、出発です。

さて、まずはいつものポイントに入りサビキ仕掛けによるアジ五目でなんでもよいので魚信を楽しもうと試みます。

水深は15m前後です、ハリスは1号で針は8号のピンクスキンサビキを使います。

水深5m、10m、底といった感じで徐々に狙う層を変えていきますが一向にあたりがありません。

諦めかけたとき水深10mラインで締め込みがありました。

「アジ来たか!」

と期待したのですが正体は15cmくらいのコッパグレ。

しかしうちの妻はこいつの刺身が大好き。

とりあえずキープします。

この水深10mで立て続けに4匹のコッパグレがヒットしますがこれ以上こいつをもちかえっても仕方がないので10mラインは捨てます。

やはり底がねらい目かな?と思い落としてみてもヒットするのはフグとウマヅラばかりです。

このポイントは諦めて違うポイントに移動します。

今回はこれが正解しました。

早速底から試してみます。

すると「クン、クン」というフグとは違うあたりが!

ちなみにフグは「ゴン!ゴン!」です。

正体は待望のアジでした!15cmくらいと型は小さめですが久々の本命にちょっと笑顔がでちゃいました。

しかし最初のポイントでアミコマセを半分以上使い込んでおり残りわずか。

こうなりゃちびちびいくしかないでしょう。

コマセカゴいっぱいに盛り付けるのは止めにして8分目までで投入します。

数を重ねるごとにだんだんアジは型が良くなってきました。

大きいものは22、23cmはありそうです。

しかもそのサイズが鈴なりに釣れてくれますので竿はかなり締め付けられます。

「これだよー、この締め込みが求めていたものなのだよー」

と思いながら次々とアジを釣り上げて行きました。

結果、クーラー満タンとなる大釣果で幕を閉じることができました。

今回は前回のアコウで調子づいていたのでしょう、根魚も狙おうと「シラサエビ」を購入していたのですがまったくつかうことなく終了してしまいました。

シラサエビ小さすぎて針付けうまくできなかったし。。。

Img_0184 家に持ち帰って数えてみましたがアジは30匹いました。

でかいアジとグレは家族のリクエストランキング第一位の「刺身」にするので別皿にラップします。

カワハギ連中はどーするかわかりませんがとりあえずこいつらも別皿にラップと、、、大皿2皿にてんこ盛りです。

さて、残りでも15匹はいるかな?

こういうときは調理も簡単で食味もいけてる「干物」にするのが一番です。

今日は簡単に私流干物作成方法をご披露しますね。

【その1. ボウルに塩水】

(海とおなじくらいの塩辛さ)を用意

Img_0186_2

【その2.魚の頭を取って開く】

(カブト割りにするとかっこいいですが私は面倒なのでブチッと切ります)

Img_0188

【その3.ごみ掃除】

(いらなくなった歯ブラシが何より最高)

骨についている血管や腹周りの膜を綺麗にゴシゴシしましょう。

Img_0189

【その4 塩水に浸す】

(時間は10分くらい、じっくり浸せばそれだけ味がつきます)

Img_0190

【その5 干す】

ホームセンターなんかで普通に売られてる「干物カゴ」に入れてベランダで4時間くらいで完成です!

Img_0191

このとき必ずしも陽に当てなくてはいけないということはないみたいです。

ようは乾燥させれば良いみたいで干物つくりで冬場は空気が乾燥しているので一番適しているとか。

意外と簡単ですよ。

特にたくさん釣れたアジ、キス、サバなんかはさっと開いてごしごしして乾かすだけですから。

ちなみに我が家はアジを焼く場合、しょうゆではなく「ぽん酢」をかけて食べます。

この方がアジの淡白な味が楽しめるからです。

だから干物もそんない塩がきいていなくてもよいので塩水に浸す時間や塩加減はえらく適当です(苦笑)

鮮度を保つために干物ではありますが即冷凍してます。

みなさん、一度おためしあれ!!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

« 2007/09/30 福井県横浜周辺でのボート五目釣り | トップページ | 2007/10/14 福井県横浜周辺でのボート釣り »

コメント

おお!今回はアジに恵まれましたね。僕も何回かはサビキもやりましたがカヤックはあんまり物をもっていけないのでショットガンでやりました。根魚リクエストはしましたが気長に待ってますので無理はしないでくださいね(笑)今日も福井でやってみます。風が心配です。

>はじけようさん
天気思わしくないですね。
気をつけて行ってきてくださいね。
根魚調査報告、気長にまってください(笑)

こんばんは!ふなさんも敦賀に居たんですね。
風や波は大丈夫でしたか?
私は海には出てみたものの早々に切り上げました。
当然釣果はありません。(>_<)
ふなさんのブログを見ているとやはりサビキ一本ってのが良いんですね。
私なんざ気が多いからイカは釣りたいし駄目なら根魚でもとか色んな魚が目に浮かんで結局何にも無し
解ってるんですけど・・・いつもそうなっちゃうんですよ(^_^;)

>ヨシキさん
10/6だったので波、風はほぼなくコンディションよかったです。
10/7は波でていたようですね。
サビキ1本ってのは結果そうなっているだけで虫餌やモエビを購入し、結局つかわずに海に寄付することが結構あります。
やっぱ色々ねらっちゃいますよねー。
ちなみに私の道具Boxにもエギが入っておりますが大抵使う前にサビてます。。。

おはようございます。
アジ、すごいですね~~~。
私は、アジの刺身を紅葉おろしとポン酢で食べるのが大好きです。小アジなら南蛮漬けもいいですね~。
勝手に、リンク貼らして頂きました。不都合がありましたら、お伝え下さい。


こんにちは!今日はしっかり雨が降っていますので休みでも釣り関連で行くところは釣具屋ぐらいでムズムズしません。
私も干物をよく作ります。
アジはもちろんカワハギ、キス、トラギス、イカ、カレイ、時には真鯛やチヌなど干物に成りそうなのは手当たり次第です。キジハタやカサゴなど根魚を釣った時にはヒレを乾燥(干物)にして、飲む前に少々炙ってヒレ酒にしています。(フグと競うほど旨い)
私は、干物の漬け汁(塩水)に少量の酒と味醂(照りが出る)味の素を入れている以外ふなさんと同じ方法です。
自分の釣った魚は超新鮮ですから、掛け値無しに美味しいですね。 旨そう(#^.^#)

>tokiamuさん
こちらこそ無断でリンク貼らせていただきました。
私のブログはリンクフリーです。
これからもよろしくお願いします。

>ヨシキさん
ヒレ酒!いいですね~。
しかしビールしか飲まない私には縁がない?
でも、一度試してみます。
あと、酒や味醂っていうのはまねさせていただきますね。

実は私はサビキが一番好きなんですよ。
今度カヤックでやってみようかな?
おもしろいので、リンク貼らせてください。
でもエレキ装着したら、剥がします。
なーんちゃて・・・・・・・・。

>トンチャイさん
リンクフリーですよ~。
でも剥がさないで~。
そーごリンクっす。
ぎぶあんどていくっす。

っというわけで私もリンク貼らせていただきますね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2007/09/30 福井県横浜周辺でのボート五目釣り | トップページ | 2007/10/14 福井県横浜周辺でのボート釣り »