2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007/8/16 福井県手の浦海水浴場からの投げキス釣り | トップページ | 2007/09/10 三重県五ヶ所湾でのボート五目釣り »

2007年9月 2日 (日)

2007/09/01 福井県横浜周辺でのボート五目釣り

夏休みも最終週ですね。

海水浴場は8月いっぱいまでお金をとります、9月になればいつも車を止める砂浜はお金をとられないようになっているはずです。

それに妻達は夕方まで出かけていて戻らないとのコト。

これはおもいっきり釣りをするしかないってことで色々な釣りが楽しめる福井県横浜周辺へいくことにしました。 

ここでは前回17cm前後のアジとサバが大爆釣しました。

今日はその「サバ」がおおきくなっていないかなと期待しています。

ちょうどこの場所が先日発売された釣り雑誌にのっていましたので混雑していないかどうか心配だったのですが浜についてみるとだれもいません。海水浴客を敬遠したのかな?

まだうす暗い時間からボートを準備していざ出発です。

今日はえさに「アミコマセ」と「ゴカイ」を用意。

いつもの青物とキス釣りも堪能しようという贅沢プランです。

まずは青物からねらいます。

ここの水深は15m前後と比較的浅い場所ですが岩場と砂地の丁度境目が駆け上がりになっていてそこにアジなどの青物が群れていることが多いです。

仕掛けはハリス1.5号、針9号のサビキ仕掛け。一番下にドンブリカゴをセットします。

仕掛けをとりあえず底から探ろうと思います。

数回目にあたりがあったのであわせると「ゴン、ゴン」というヒキ。

正体はキュウセンとベラです。

どうやら底を狙いすぎたようです。

ちょっと上を狙おうかな。

するといつもの「シュ」っと急に竿が引き込まれるあたりがありました。

上がってきたのは17cmくらいのアジ。

その後このサイズのアジと10cmくらいのマメアジが交互に釣れるようになりました。

もちろんマメアジはリリースです。

「資源確保だぁ」などといえば聞こえはいいのですが、実は裁くのが面倒(苦笑)

アジはマアジとマルアジの2種類のアジが掛かってきます。

マルアジは釣り上げた瞬間に鮮やかなセロリアンブルーなので大変綺麗です。

また魚体がちょっと長細いのでよくわかります。

魚屋で買うとこっちの方がちょっと高いらしいです。

20cm前後の中アジを十数匹、チビイサキなども混じりながら釣っていると、、、、だんだんと「スズメダイ」が釣れ出すようになりました。

こいつら大群で押し寄せます、魚探にも中層にすごい群れが写ってます。

スズメダイ、マメアジ、スズメダイ、マメアジ、を繰り返すばかりとなったのでポイントを移動します。

今度はもう少し水深の浅いのですが潮が溜まる場所を選択。

するとサビキしかけに珍客が!

Img_0146

カマスです。

サビキに掛かるだけあって10cmくらいの赤ちゃんカマスです。

でも赤ちゃんでも牙はすごいですね。

これがまたサビキに鈴なりに掛かります。

珍しいので大きいやつだけ選別して持って帰ることにしました。

ここでアミコマセが少なくなってきたのでサビキ釣りは終了することにします。

今日の第一目標の「サバ」は釣れませんでした、残念。

今度はキスを釣ろうと市販のキス仕掛けにチェンジ!

餌はゴカイです。

まずは様子見でたらしを多くとりシュビッと投げてゆっくりと巻いてきます。

するとなかなか良いヒキ!

大物か!!、、、と思ったら8cmくらいのチビタイ。

自己嫌悪です、8cmの魚の引きがいいだなんて。。。。。

このチビタイが沸いているようでキスが食いつく前にこいつが釣れてしまいます。

あまりに小さいし、から揚げは骨がきになりますのでもって帰れないしなぁ。

結局こいつのおかげで、キスはまったく釣れませんでした。

時間を確認すると釣り開始からかれこれ4時間近く経過しています。

腰もいたくなってしまいましたので今日はひきあがることにします。

ちょっと不完全燃焼だったので近くの小突堤でキスを狙うことにしました。

いつも好きな50mくらいの小突堤があるのでが今日は1家族がそこを占拠していました。

ちょっとお邪魔して突堤の基部からキス釣りをしようと思ったら、その娘(小学校高学年くらい)が「ねえ、パパ誰か来たよ」と言います。

彼らから20mくらい離れた場所なので邪魔にならないはずなのでちょっとお邪魔しますね。

オヤジ:「そりゃあ、お互い様だから」

うんうん、譲り合いですね、オヤジありがとう、ありがとう。。。っと思ったらその娘がわざわざ俺の目の前に来てつりをはじめました。

あれ?なんかヘンだぞ。

先端では相変わらずオヤジが釣りをし続け、はるか離れた俺の目の前で娘はなぜ釣りをする???

今度は同じく高学年の息子が私の前後で釣りをして行ったり来たり、、、、

なんとこの家族、この突堤をのっとり気分のようです。

オヤジの一言は「そりゃあ、お互い様だから(気にせずに目の前でやってやれ)」ということだったようです。

これだから堤防つりはキライなんだよなぁ、、、あまりにアホ臭くなったのでこの小突堤に見切りをつけました。

別の場所でキス3匹、セイゴ1匹を釣り上げましたが根がかりの多いポイントだったので今日はもう納竿としました。

セイゴはチビなのでリリースします。

まあ、大漁だったからよかったもののあの家族のために後味のわるい釣りとなりました。

Img_0145_2 アジとカサゴは刺身にしました。

そのほかのアジはお酒のつまみ用に干物にして冷凍保存です。

カマスはカラアゲにしたらおいしくいただけました。

クセがなくあっさりした魚ですね。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

« 2007/8/16 福井県手の浦海水浴場からの投げキス釣り | トップページ | 2007/09/10 三重県五ヶ所湾でのボート五目釣り »

コメント

ふなさんこんにちわ。堤防ですがほんとにケチくさい人がいますよね。20Mも離れているのに邪魔するとはちっさいオヤジですね。ぼくもイカ釣りの時に経験あります。ボートだとそんな事気にならなくていいですよねー。

はじけようさん

ついブログで愚痴ってしまいました。
あまりにも悔しかったので、、、
でも今後は控えますね。
やはりボート釣りは気分がいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2007/8/16 福井県手の浦海水浴場からの投げキス釣り | トップページ | 2007/09/10 三重県五ヶ所湾でのボート五目釣り »