2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

2007/07/29 賀田湾でのボートアジ釣り

先週は台風と大雨でとても釣りどころではありませんでしたが、ここ数日は晴天に恵まれ海もおちついていました。

前回は18cm前後のアジ・サバが爆釣しましたが、やはりヒキやお刺身サイズにはものたりなく感じていましたので私は釣り、家族は海水浴を目的になが~い道のり(4時間)を家族でドライブがてら出かけることにしました。

妻は車を運転するのが大好きなので高速道路をかっとばす役を任せました。

その間私は仮眠をとり、高速道路の次にひかえる国道をひたすらドライブして目的地「賀田湾」に到着しました。

現地につくと私はボートの準備をして、妻達は近くに遊べそうな砂浜を探くというのでここで分かれました。

いつもはついた頃にはへろへろになっている距離なので半分運転してくれた妻に感謝です。

さて今日の獲物はもちろんアジ・サバ。しかも「大」です。

サバは50cmを超えるものも釣れるなんてきいたことがあるので期待で胸が膨らみます。

今日の仕掛けはハリス2号、のサビキしかけで一番下にオモリカゴを付けます。

餌はあみえびとオキアミです。

ポイントは今までにアジがそこそこヒットしているポイント周辺です。

今までの経験でわかってきたのですがこのあたりのアジは「水深22~3m程度の駆け上がりのちょっと上」あたりにいると思われます。つまり20m前後がアジポイントです。

前回の釣りでなんとなく魚探でのアジの魚影がわかったような気がしましたので同じような魚影を探しました。

すると水深26mくらいのところでアジの魚影らしきものを確認しました。

投入してすぐにあたりがありましたので喜んでリールを巻こうとしたのですが・・・・

「ギュッ、ギュッ、ギュッ」

なんとリールがさびていて思いっきり力を入れても一巻き一巻きしか動かずスムーズに巻けません。

苦労しながらもなんとか水面近くまで魚を寄せることに成功しました。

釣れていたのは20cm前後のアジだったと思います。

次の瞬間、アジのクチから針がすっと外れて自動リリース。。。。。

「くそ~、安物リールめ!」

などと悪態をつきながら青物専用に用意しているPEラインが巻いてあるリールに交換します。

予備をもっておいて本当によかったです。

さて、気が付くとリールと格闘していたためかすごく流されていました。

もう一度先程のポイントまで行き今度はオモリを投入します。

ロープは綿製の細いものでずっと巻いて日の目をみていなかったせいでしょう、カビが生えていました。

「この際、カビてる部分は全部海中に出して洗い流しておこう」

と思いロープを長めに出して釣りをしていました。

すると竿が急激にしなりました。

明らかにアジのあたりです。

弓なりに竿が曲がって両手で支えないと耐えられないくらいの気持ちよいヒキを見せてくれました。

上がってきたのは25cmくらいのアジです。

これはおいしそう!まずはボーズも逃れましたし、魚影もまだまだ衰えていない様子。

再度水深20m前後を狙うと今度も強烈なしめつけがありました。

こうして25cmくらいのアジを2匹追加したところで今までよりもさらにすごいあたりがありました。

あまりのヒキに竿の弾力で耐えながらリールをまいていると

「ビン!」

という感触のあと軽くなってしまいました。

仕掛けを上げてみると糸が切れてしまっています。

まさか2号のハリスが切られるとは・・・・

再度同じ仕掛けでチャレンジするもまたもやハリス切れです。

これは大アジかサバに違いありません。

ハリス3号に変えて再度チャレンジするとまた同じような強烈な締め込みがありました。

慎重に竿の弾力で魚とのやり取りを楽しんでようやく魚を水面まで浮かせることに成功しました。

この強烈な締め込みの正体は31cmのアジでした。

俄然やる気がおきましたが魚タンを見るとなぜか水深が30mを超えてなだらかな海底がつづいています。

気が付くとロープが切れていました。

かびて弱っていたのでしょうね。

しかし困りました。

アンカーなしではボートを固定できません。

ですがアジは良くつれるし、風も波も大変穏やかなので今日は流して釣ることにしました。

ちょっと漕ぐ→サビキを投入するを繰り返しながらその後も順調に大アジを堪能しました。

結果は最小25~最大32cmを17匹でした。

Img_0142

17匹で私のクーラーはパンパンになってしまいました。

もっと大きいの買おっかなぁ~。

このアジ、刺身はもちろんですが焼いてポン酢で食べたら絶品でした。

釣ってすぐに血ヌキをしたのがよかったのでしょう。

身は白くて魚くささはまったくなくほこほこで最高でした。

開いたものを冷凍しておきました。

しばらくおいしい焼き魚を堪能できそうです。

次回は大サバをねらってみようかな!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

2007年7月 7日 (土)

2007/07/06 福井県横浜周辺でのボートアジ釣り

今日は平日なのですが仕事の休みをとることができました。

天気もよさそうですし、どこに行こうか色々と迷いましたが思いっきり釣りを楽しみたいということで近場の福井県へ向かうことにしました。

いつものように横浜海水浴場からボートをだします。

平日なので貸切状態かなぁ?なんておもっていたら先客がなんと海の上にすでに3組、組み立て中が私を含めて2組もいました。

すごいなぁ。

ボート釣りってこんなにひろまっていたんですね。

さっそくボートを組み立てていざ漕ぎ出します。

岬の先端周辺にある岩の廻りで砂地と岩礁の間がありました。

ちょっとした駆け上りのようになっていて魚探に魚影も濃く写っていました。

「これは期待できそう!」

早速仕掛けをおとします。

水深は16m前後。

今日もサビキ釣りです。

仕掛けはハリス1号、仕掛けの先端にどんぶりかごをつけます。

魚影は画面全体にまばらにでています。

サビいてみるとすぐにあたりがありました。

針に17cmくらいのサバが数匹付いていました。

これが釣れる釣れる。

何度落としても底に着く前に仕掛けが軽くなってしまい上げてみるとサバが掛かっている始末。

しかも「サバの横走り」とはよくいったもので仕掛けをめちゃくちゃにしてくれます。

今回計4つのサビキしかけがだめになりました。

みるみる私のスカリが17cm前後のサバでいっぱいになりました。

頭にはサバの味噌煮、シメサバなどなどサバ料理がいっぱい浮かんでいました。

しばらくするとだんだんサバに混じってアジが釣れ始めました。

このアジ、マアジとマルアジの2種類が混じっていて10cm~20cm近いものまでさまざま。

小さいマメアジはスカリに入れれば自動的に網目から逃げてリリースとなるので選別せずに釣れたものを入れて行きます。

とにかく今日は釣れる釣れる。

お昼頃にはスカリ内はアジとサバでいっぱいになり、両手で持ち上がらないほど重くなっていました。

数は軽く100は超えているでしょう。我が家で食べる分、おすそ分けを考えても十分あまりがありますがここで問題が、、、、なぜなら「クーラーボックスに入らない!!」のです。

なので船上でさらに小さいアジ、サバをリリースして、血ヌキをし、内蔵を採って(中には頭をとったものもいましたが)ようやくクーラーボックスに納まるサイズになりました。

いやぁ~大漁大漁。

今日は大満足の一日となりました。何を作ろうかなぁ~。

今日の「一日1ごみ運動」は浜に打ち上げられていたビニール袋と酒パックなどなど5種類ほど持ち帰りました。

そのうち「持ち帰るごみが見当たらない」なんてことになるといいなぁ~。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

2007年7月 2日 (月)

2007/07/01 福井県手ノ浦海水浴場からの投げ釣り

7月に入りました。

暑い日が続いていたので家族サービスをかねて福井県手ノ浦海水浴場へ出かけました。

Qqqqqq 現地について簡易テントを広げ、妻は昼寝、子供たち2人は浮き輪で海へ、そして私は子供たちの目の前で投げでキスを狙います・・・・

といってもほとんど期待しておらず、暇なのでとりあえず投げるというのが正直なところです。

ボート釣りで目が肥えてしまったのか、最近は魚の型にうるさくなってしまいました。

「ならやらなきゃいいじゃん」とお叱りを受けるかもしれませんが、、、もう病気のようなもので海を見たら釣りをしないとなんだか損な気分になってくるんですよね~。

周りの家族もおとうさんは釣り、家族は海をたのしんでいました。

どこも似たようなものなんですね(苦笑)

さて今回の仕掛けはコンパクトロッドに投げ仕掛けでハリス2号、針は9号を使います。

仕掛けはボート釣り用なので1mと短い仕掛けです。

コンパクトロッドで「シュビッ」となげますが投点は50~70mってところでしょうか。。。。

(悲しい・・・)

それでもさびくとなんだか竿先にぷるぷるとあたりが・・・・

まちがいなく小型のしかもキスではないこのあたり。。。

そう10cmくらいの外道の王様「メゴチ」くんでした。

その後もキスはほとんど顔をみせずつれるのはメゴチメゴチメゴチ。。。。

ちょっとフラストレーションたまりましたがまあ家族サービスが主の今日はこれでいっか。

結局、お持ち帰りなしで終了。

子供たちも私も真っ黒に日焼け、妻はのんびりできて満足気でした。

次回はボート釣りがしたいなぁ~。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »