2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月27日 (水)

2007/06/24 賀田湾でのボートサビキ釣り

前回、15cmくらいのアジをたくさん釣ったのはよいのですがなんとなく物足りない気がしてました。

今日は一日釣り三昧でも良いと家族から許しがでているのでおもいきって大物狙いの賀田湾へとでかけました。

そろそろ大きいサバが回り始める頃だときいていますので大物&大漁の期待大です。

現地につくと空は曇天でいまにも雨が降り出しそうです。

これは早々に勝負をかけなければならない予感です。

最近お気に入りのポイントができましたのでその場所へアンカーをいれてさっそくサビキでアミコマセを巻きます。

しかけはサビキで針は前回使用した仕掛けを再利用(みみっちいですね 汗 )ハリスは1.5号です。

水深は30m前後です。

今回はちょっと考えながら釣りをしてみようとおもいます。

まず前回このポイントではスズメダイがツレまくりました。

スズメダイはアジのポイントよりも水深の深い場所にいるようですので、今回はもう少し水深を浅めにとり20m中盤を狙います。

第一投目は中層をねらい15mラインでさびいてあたりを待ちました。

さっそく竿先にアタリが。。。

しかしこのプルプル感、すぐにスズメダイとわかりました。

案の定、全部の針に鈴なりでかかっています。

今度はドン底を狙いますがこれまたスズメダイ。

色々な水深を試して見ますがスズメダイとベラばかり。

今日もダメかとおもいもう少し水深を浅めに20mラインを攻めました。

するといままでと明らかに違うあたりがありました。

上がってきたのは24cmのアジ!

本命の登場に俄然やる気がでました。

サビキを投入するとまた今度はいい締め込みがありあがってきたのは30cmのアジです。

さらにもう1匹30cmのアジを追加したところで今までにない強烈な締め込みがありました。

竿を立てようとしても引きが強烈で立てれないのです。

数回慎重にやり取りをしたのですがばれてしまいました。

おそらくは大アジだとは思うのですが逃がしてしまったの正体はナゾのままです。

気になるなぁ~

そしてまた強烈な締め込みがありあがってきたのはみたことのない魚で21cmありました。

あわてて師匠にメールをすると正体が判明しました。

「タマガシラ」というイトヨリダイの仲間です。

なかなか調子よかったのですがここで雨が降り出してしまいました。

小雨ならつづけようとおもったのですがどうやらやみそうもありません。

結局ずぶぬれになりながらも続けたのですが釣果はまったく伸びなくてベラを追加したのみ。

せっかく遠くまで来たのに悔しいですが、、、今日はこれまでとします。次回は天気の良い日をえらんで大サバを狙いますよ!

Img_0117

タマガシラとアジで刺身を堪能しました。

タマガシラは鯛の食感に似ていました。

なかなか美味ですよ。

アジは妻の大好きなたたきドンブリにしてあげました。

今日は魚のあらを味噌汁に入れたものが非常においしかったです。

今日から「1釣行1ごみ回収運動」を実行しました。

今回はペットボトル1本を回収~。

釣り場をきれいにしましょうね

2007年6月19日 (火)

6/16 福井県横浜周辺でのボートアジ釣り

6月といえばボート釣りには絶好の季節のはずなのに天候に恵まれずなかなか思うように釣りができていませんでした。

しかし今回は露入りしたにもかかわらず晴天に恵まれました。

今回は近場で釣りをしたいという友人Yの意向を組んで福井県敦賀市に釣りに行くことにしました。

我々はちょい投げで釣るのは慣れているのですがサビキでアジなどの青物は苦手です。

しかし今年は底物ではなく中層の魚を狙っていこうということで今回のターゲットはアジ!

なんといっても「入れ食い」が楽しめるし、何よりどう料理しても「うまい」ということが魅力ですよね~。

堤防から狙えるアジは10cm前後のマメアジが主ですがボートで狙えるアジは20cmオーバーが狙えるのが魅力です。

さあ、今日こそは釣れるかなぁ~。

なんせ「狙った獲物」が釣れたためしがない我々ですから・・・・正直あまり期待していませんでした(苦笑)

杉津海水浴場でボートを出せる場所を探してウロウロしましたが駐車できるような場所が見つからず、ちょっと遠回りですが大比田海岸から出すことにしました。

ここ大比田海岸はちょっと波が高く、波消しブロックを過ぎると結構波が感じられました。

それもそのはず今日はいつもは波の高さが0.5mの海が今日は2.0m。

正直怖かったですが久しぶりの晴天の中の釣りですから頑張って目的地まで漕ぎました。

唯一の救いは風がなかったことでしょうね。

漕ぐこと20~30分ようやく目的地に着きましたがもうへろへろでした。

魚探で海底を調べながらウロウロしていました。

根が見つかったわけではないのですがどんな魚かはわかりませんがちょこちょこと反応がありましたのでこのアタリでアンカーを入れてさっそくアジを狙います。

今日の仕掛けはアジサビキ仕掛けで針は6号、ハリスは1.0号、一番下にフタ付きのドンブリカゴをつけて落とします。

そしてサビキ仕掛けの下針にオキアミをつけてカサゴを同時に狙います。

水深は17m前後でおそらく岩底だと思います。

しかし今日は潮の流れが速く、仕掛けが斜めに傾いてしまいアミコマセがうまく仕掛けの廻りを浮遊してくれるか心配でしたが、、、

第一投目から早速アタリがありました、しかも結構いいヒキをします。

しかし上がってきたのは20cm前後のキュウセン。

外道なのですが前回家族にキュウセンのカルパッチョが好評だったので持ち帰ることにしました。

すぐにまた同じアタリがあり同じくらいのキュウセンが上がってきました。

ツレにもアタリがありました、ナンだろうと思ってたらなんと15cmくらいの「キス」

サビキしかけにもかかるんですね。

私の仕掛けにも同サイズのキスがかかります。

よほど飢えてるのかなぁ?こんなことは初めてです。

またアタリがあったのですがキスかキュウセンだろうと思いしばらくあわせるのを待ってあげてみました。

すると待望のアジ(15cm前後)が鈴なりに4匹かかってきました。

「やった!」と喜んだのもつかの間、後が続かずその後ピタッとあたりが遠のいてしまいました。

気がつくと近くにブイが浮いています。どうやらポイントからちょっとずつ流されていたようです。

しかも波がたかくちょっと酔ってしまったので波のすくない風裏ポイントへ行くことにしました。

ここは砂底の水深8m前後。

アジは難しそうなのでゴカイをつけてちょい投げでキスを狙うことにしました。

どうやらここは穴場ポイントらしく良い型のキス(17~20cm)が飽きることなくかかってくれます。

連れの竿には17cm前後のホウボウまで掛かりました。珍客にびっくり。

ホウボウって「グゥーグゥー」と泣くんですね。

しばらくキス釣りを堪能した後、最後に岩底で釣りをしようということになり場所を変えることにしました。

またサビキ仕掛けにチェンジしてサビきます。

水深は15mくらいでしょうか。

すると連れの竿にアジ(12cm前後)が掛かりました。

これが合図でした。

12~15cmのアジやサバが一気に入れ食いモードに!

我々にしてはこんなに思い通りに釣れることはめずらしくちょっとびっくりしました。

いやぁ大漁大漁。

結局アミコマセがなくなるまでアジを堪能しました。

本日の釣果:

アジ(13~16cm) 多数(サバも含む)。

キス(17~20cm) 10匹

キュウセン(20cm) 2匹

アジはちょっと小さいのが残念でした。

さばくのが面倒だったので小物は開いて干物にしてみたらこれが美味!

ちょっと大き目のアジは妻が大好きな「アジのたたき丼」にしてあげました。

キュウセンやキスは刺身で堪能しました。

ここ杉津は波が穏やかで釣りやすいですね。

キスも大きいですし、秋頃にはサバも大きくなり大物釣りが楽しめるかもしれませんね。

2007年6月 3日 (日)

2007/06/02 三重県五ヶ所湾でのボートアジ釣り

ここのところ天気にも恵まれず釣りから遠ざかっていました。

敦賀方面は強風のため本日は三重の五ヶ所湾に行ってきました。

朝6:30に現地につきましたが心配した風はなく、しかもほぼ無風。

絶好の釣り日和となりそうです。

まずは以前マダイ30cmを釣り上げたポイントAに向かいます。

今日の狙いはアジ。

しかし私はアジ釣りが下手なのでボウズ覚悟でいどみます。

水深は20m前後、なんだか水深15mラインに魚探が反応しています。

こませに市販のアジ集魚剤を入れてドンブリカゴでさびきます。

・・・・がしかしまったくあたりなし。

サビキしかけの下ハリにオキアミをつけてカサゴや外道を狙いますが、ベラすらかかりません。

しかし「アジ釣りは寄せるまでが大変なのだ」という言葉を頭で繰り返しながら1時間ほど繰り返しますが

一向に魚信はありません。

「あ~あ、つまらん」

と思って水面を見ると10cmくらいの小魚がたくさんいます。

イワシ?いやそれにしてはちょっと体系がマルっぽいし、側線らしきものが光っています。

子アジ?サッパ?

ハリは8号ですがイワシや子アジなら1、2匹間違ってかかってくれてもよさそうなのですがコマセには反応するもののハリには一切反応しません。

サビキの種類を変えて気を引こうと思ったのですがそれでもまったくかかりませんでした。

とにかく今日はどのポイントでもこの正体不明の小魚は群れているのですが釣れません。

2,3時間経ったでしょうか?

釣果はというと、イソベラが1匹。。。。。泣きたくなります。

魚のヒキを感じたかったため、アジは諦めてポイントを移動。

水深5m前後の岩場で根魚に遊んでもらうことにしました。

ドウツキの2本ハリに変更してオキアミと魚の切り身をつけて落とします。

するとかなり良いヒキがありあがってきたのは・・・・20cmオーバーのベラ。

まあ、いいや。

ここは開き直ってこいつも食べてやろう。

キュウセンとベラをさらに1匹追加したところでこれまでとは明らかに違うヒキがありました。

正体は「ウミタナゴ」でした。

Img_0108

これが大きくて綺麗な銀色。

家に帰って計ってみると23cmありました。

ウミタナゴって確か水っぽくて刺身には不向きなんですよね?

結局このあと風がでてきてしまい、すごい貧果でしたが納竿としました。

しかしおれは相変わらずアジ釣り下手だなぁ。。。。。。

どうもアジ釣りのコツがわかりません。

それともポイントの選定が悪いのかなぁ????

ベラは塩焼きのつもりだったのですが家族が「生魚」を求めていたので薄切りにしてレタスとオニオンスライスの上に乗せ、和風ドレッシングをかけてカルパッチョ風にしてやりました。

これがなかなか好評でした。

いつもはもって帰らないベラですが食べてみるとなかなかうまいですね。

このベラも身が水っぽいため刺身には不向きなのですがカルパッチョのようにオイルをかけてやればおいしく食べれますね。

ウミタナゴは塩焼きにしようと思っています。

2007年6月 1日 (金)

明日は微妙・・・・

明日の天気ですが風が強そうですね。

風が強いといっきにゴムボート釣りのテンションが下がります。

でもここのところぜんぜんつりにいってないし。

そろそろ行きたいなぁ

明日は福井方面はあきらめて、三重方面に行って風をよけつつ、ちょろっとだけ釣りにいこっと。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »